旅行に強いクレジットカード > 三井住友VISAカード > 三井住友VISAデビュープラスカード > 三井住友VISAデビュープラスカードと楽天カードを比較:発行するならどっちがお得?

三井住友VISAデビュープラスカードと楽天カードを比較:発行するならどっちがお得?

三井住友VISAデビュープラスカードと楽天カードを比較初めてのクレジットカードのおすすめとして三井住友VISAデビュープラスカード楽天カードが紹介されることが多いです。どちらも年会費無料*1で使うことができ、ポイント還元率も1.0%と高還元率なのが特徴で使い勝手がいいのが初心者にもおすすめの理由です。

しかし、特徴が似ているからこそ「どっちを発行した方がいいの?」と迷う方も多いはず。

そこで今回は三井住友VISAデビュープラスカードと楽天カードを比較し、どちらの方がお得度が高いかを解説して行きたいと思います。

旅井
クレジットカードはその人のライフスタイルとの相性があり、全員がお得になるものはありません。しっかりと違いを学び、自分に合った方を発行しましょう。

三井住友VISAデビュープラスカードと楽天カードの比較表

三井住友VISAデビュープラスカード券面三井住友VISAデビュープラスカード 楽天カード券面楽天カード
申込条件 満18歳~25歳の方 満18歳以上の方
年会費 無料(※1) 無料
国際ブランド VISA VISA/MasterCard/JCB/AMEX
家族カード 無料
※5枚まで発行可
ETC 年会費500円(税抜) 年会費500円(税抜)
ポイント還元率 1.0%
(1,000円=2P)
1.0%
(100円=1P)
マイル還元率 ANA:0.3% ANA:0.5%
電子マネー iD(カード型)
iD(携帯)
PiTaPa
WAON
Visaのタッチ決済
楽天Edy
QUICPay(JCBの場合)
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 2000万円
傷害治療補償 200万円
疾病治療補償 200万円
救援者費用 200万円
賠償責任 2000万円
携行品損害 200万円
付帯条件 利用付帯
国内旅行保険 傷害死亡・後遺障害
入院日額
通院日額
付帯条件
※1:前年1回以上のご利用があれば(ご利用が無い場合、税抜1,250円+税)

ポイントの貯まりやすさを比較

三井住友VISAデビュープラスカードは1,000円利用ごとに2ポイント、楽天カードは100円利用ごとに1ポイント貯まります。『ポイント』といっても、デビュープラスはワールドプレゼントポイント、楽天カードは楽天スーパーポイントと呼ばれるそれぞれのカード会社が提供するポイントが貯まります。

これだけだと楽天カードの方がポイントが貯まるように感じますが、ワールドプレゼントポイントは1ポイント=5円相当の価値があり、楽天スーパーポイントは1ポイント=1円相当の価値であるため、還元率にするとどちらも1.0%となります。お得度は変わりません。

三井住友VISAデビュープラスカード券面三井住友VISAデビュープラスカード 楽天カード券面楽天カード
ポイントの価値 1000円=2P=10円相当 100円=1P=1円相当

また、デビュープラスは1,000円=2ポイントとなっているものの、1,000円未満の利用分も「0.○○ポイント」と細かくポイント付与されますので、コンビニなどの少額利用もムダになる心配はありません。

コンビニやマクドナルドでお得なのはデビュープラス

普通に使えばお得度は同じですが、クレジットカードごとにポイントアップ優待店が用意されているため、普段自分が使っているお店が優待店に含まれていれば優劣に差が出てきます。

デビュープラス使うとセブンイレブンやファミリーマート、マクドナルドなどでポイントが最大10倍になります。カード払いはもちろん、電子マネーのiDを使ってもポイントアップの対象となりますので、お得度はかなり高め。

三井住友カードでポイントアップ

【ポイントアップ対象店】

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド
旅井
対象店舗でポイント5倍になる特典ですがデビュープラスにはポイント2倍の特典が最初から付いているので、合計すると10倍(1,000円=10P)で貯められます。

一方、楽天カードも楽天ポイントカードが使えるお店でポイントアップしますがアップ率は最大2倍と少なめ。対象店がデビュープラスよりも多いため「いろいろなお店を利用する」といった場合は楽天カードの方がポイントが貯まりやすいですが、「お店は特定の場所しか利用しない」という場合は特化したデビュープラスがおすすめです。

楽天関連サービスを使うなら楽天カードがお得

また、楽天カードは楽天市場や楽天トラベルといった楽天関連のサービスでポイントが多くもらえます。

サービス名 ポイントアップ率
楽天トラベル 最大2倍
楽天市場 最大3倍
楽天Rakoo 最大2倍
楽天ブックス 最大3倍

さらに、楽天は定期的にポイントアップキャンペーンを行っているので、うまく活用すれば10倍や20倍といった高還元でポイントを貯めることも可能です。

旅井
楽天のサービスを使う人限定ですが、10,000円使ったときに本来であれば100ポイントのところ300ポイントや400ポイントを簡単に貯められるのが楽天カードの魅力です。

Amazonなど楽天以外の通販はデビュープラスの方がお得

デビュープラスはポイントUPモールと呼ばれる三井住友のポイントサイトを経由することで、Amazonをはじめとした通販でもらえるポイントがアップします。一部ご紹介すると以下のようなサイトが対象となります。

対象サイト ポイントアップ率
Amazon 2倍
楽天市場 2倍
Yahoo!ショッピング 2倍
Amazonファッション 9倍
イトーヨーカドー通販 5倍
ビックカメラ 4倍
Apple 4倍

実店舗では楽天カードの方が幅広くポイントアップ対象になりますが、ネットショッピングではデビュープラスの方がポイントアップ対象が多くポイントが貯まりやすくなっています。

電子マネーを比較

次に電子マネーを比較します。デビュープラスではiD、楽天カードでは楽天Edy(JCBならQUICPay)を使うことができます。

使えるお店が多いのはiD

正確な数字は発表されていないため分かりませんが、2019年現在iDは全国50万店舗、楽天Edyは45万店舗で使えると言われています。コンビニをはじめとしたメジャーな場所ではどちらも対応しているケースがほとんどですが、地方に住んでいる人ほど対応店舗の多いiDの方が便利です。

ジャンル iDiDが使えるお店 楽天Edyが使えるお店
コンビニ セイコーマート、セブンイレブン、デイリーヤマザキ、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソン セイコーマート、セブンイレブン、デイリーヤマザキ、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソン
スーパー・モール イトーヨーカドー、イオン、ビブレ、マックスバリュ イトーヨーカドー、サニーマート、コープ、ハローデイ、ゆめタウン・ゆめマート
ドラッグストア サンドラッグ(※)、ドラッグセガミ(※)、日本調剤(※)、マツモトキヨシ(※) ドラッグイレブン、ドラッグセガミ、日本調剤(※)、マツモトキヨシ
グルメ かっぱ寿司、牛角、とんかつ浜勝、はま寿司、ガスト、ジョナサン、バーミヤン、CoCo壱番屋(※)、すき家(※)、マクドナルド、ミスタードーナツ(※)、モスバーガー(※)、ロッテリア(※) とんかつ浜勝、ガスト、ステーキガスト、ジョナサン、バーミヤン、ほっともっと(沖縄)、ケンタッキー(沖縄)、マクドナルド、ミスタードーナツ(※)、モスバーガー(※)、すき家(※)、ドミノ・ピザ、吉野家(※)、リンガーハット、ロイヤルホスト
カフェ コメダ珈琲店(※)、タリーズ(※) コメダ珈琲店、サンマルクカフェ(※)、タリーズ(※)、ドトールコーヒー(沖縄)
居酒屋 魚民、庄や、白木屋、福福屋、和民、笑笑、やきとり道場 魚民、白木屋、福福屋、笑笑
家電量販店 エディオン(※)、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ エディオン(※)、ケーズデンキ、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、PC DEPOT、ビックカメラ、ヨドバシカメラ
ガソリンスタンド エネオス(※1)、エッソ・モール・ゼネラル(※1) エッソ・モール・ゼネラル(※)
ホテル・旅館 INTERCONTINETAL TOKYO BAY、京王プレッソイン、相鉄フレッサイン、阪急阪神第一ホテルグループ、ROUTE INN ANAクラウンプラザホテル、INTERCONTINETAL、ウェスティンホテル東京、コンフォートホテル、品川プリンスホテル、東急ホテルズ、西鉄イン、リッチモンドホテル、ROUTE INN
※:一部店舗利用不可
※1:セルフSSのみ

それぞれ一部だけご紹介すると上記のような感じ。普段の生活でよく利用するお店は人によって違ってくるかと思いますので、それぞれの利用可能店舗をチェックし、自分にあった方を選ぶといいでしょう。

また、楽天カードは国際ブランドをJCBにすることでQUICpayを利用することができるため、さらに幅広いお店で使うことも可能です。

QUICPayが使えるお店

利便性が高いのもiD

楽天Edyは事前にチャージが必要ですが、iDはチャージが必要ありません。後払い式であるため、カード決済と一緒に請求が来ます。

チャージするタイプだとレジで支払うタイミングで「残高が足りなかった!汗」となることがありますので、マメな性格な人でないと少し不便です。

一応、楽天カードには楽天Edyのオートチャージ機能付きのものがありますので、楽天Edyを使う予定の場合は申込のタイミングで選択しておきましょう。オートチャージに対応している店舗で利用すると、自動的に足りない残高をチャージしてもらえます。

お得度が高いのは楽天Edy

楽天Edyの魅力は利用やチャージでも楽天スーパーポイントが貯まること。それぞれ200円ごとに1ポイント貯まるため、楽天カードと楽天Edyを併用すれば200円=4ポイント(ポイント還元率2.0%)で貯めることが可能です。

一方、iDは利用・チャージでポイントは貯まりません。

海外旅行での使いやすさを比較

安心して使えるのはデビュープラス

スキミングやスリなどによる盗難・不正利用が起きた場合、カード会社が提供しているサポートデスクに電話連絡し、カードの利用停止&再発行を行ってもらう必要があります。

しかし、楽天カードはお世辞にもサポートデスクの対応がいいとは言えないため、緊急時のサポート力はいまいちだと言えます。焦っているのに電話が繋がらなかったり、「うちの部署ではないので別のところに問い合わせてください」とたらい回しにされるのは、かなりのストレスです。

一方、デビュープラスは三井住友が運営していることもありサポートデスクの対応も迅速。安心して海外旅行を楽しむことができます。

海外旅行保険が充実しているのは楽天カード

海外旅行保険が充実しているのは楽天カード。ホテルの宿泊費や航空券代などで楽天カードを利用すると、最高2,000万円まで補償してもらうことができます。

特に注目したいのは『傷害治療費用(ケガの治療費を補償)』『疾病治療費用(病気の治療費を補償)』の項目。それぞれ200万円補償されているため、医療費の安いアジア圏であれば楽天カードの海外旅行保険だけである程度の病気・ケガに備えることができます。

旅行前にわざわざ掛け捨ての海外旅行保険に入る手間が省けますし、1万円近くする保険料も必要ありません。

支払いが楽なのは楽天カード

デビュープラスはVisaのタッチ決済、楽天カードはMasterCardを選ぶことでMasterCard Contactlessと呼ばれるコンタクトレス決済を利用することができます。普通のカード払いは店員にカードを渡して暗証番号を入力することで決済が完了しますが、コンタクトレス決済ではカードを専用の機械にかざすだけで決済が完了します。

暗証番号を入力したり、サインを書く手間が省けることはもちろん、カードを機械に通したり店員に待たす必要がなくなることでスキミング防止にも役立ってくれます

日本ではVisaのタッチ決済やMasterCard Contactlessが利用できるお店をあまり見かけたことがないかもしれませんが、海外では普及している(特に欧米&オーストラリア)決済方法ですので、海外旅行ではかなり便利です。

また、Apple Payに登録することでApple Pay経由でMasterCard Contactlessを使うことも可能です(VISAは不可)。わざわざ楽天カードをお財布から取り出す手間すらも省けます。

まとめ

以上をまとめると、

こんな人におすすめ
三井住友VISAデビュープラスカード券面三井住友VISAデビュープラスカード
  • 特定のお店でポイントをガッツリ貯めたい
  • いろいろな場所で電子マネーを使いたい
  • チャージはない方がいい
  • 海外でも安心して使いたい
楽天カード券面楽天カード
  • 幅広いお店でポイントを貯められるようにしたい
  • 楽天市場や楽天トラベルをよく利用する
  • 電子マネーでもポイントを貯めたい
  • 海外でも利便性良く使いたい

といった感じです。クレカとして安心して使いたいのであればデビュープラス、とにかくポイントをたくさん貯めたいなら楽天カードを選ぶといいでしょう。

また、どちらも発行するということも可能(私もそうしました)ですので、実際に利用してみて自分にメリットが大きいと感じた方だけを残すことも可能です。ネットの情報だけでは意外なメリット・デメリットが分かりますし、もっと自分にふさわしいクレジットカードに出会うヒントにもなるかもしれませんよ。

三井住友VISAデビュープラスカードは年1回以上の利用が条件

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする