旅行に強いクレジットカード > JCBカード > JCB CARD W > JCB CARD Wと楽天カードを比較!普段使いでポイントが貯めやすいのはどっち?

JCB CARD Wと楽天カードを比較!普段使いでポイントが貯めやすいのはどっち?

JCB CARD Wと楽天カードを比較!普段使いでポイントが貯めやすいのはどっち?年会費無料でポイント還元率の高いクレジットカードとして人気のJCB CARD W楽天カード

私自身はどちらのカードも保有しており、毎日のように使っていますが、これから発行を検討している人の中にはどちらを発行するのがお得なのか迷っている方も多いかと思います。

そこで今回は、

  • 普段使いはどちらの方がお得なのか
  • 街中でのポイント還元率は同じなのか
  • どちらの方がポイントが使いやすいのか

といったことを私の経験を踏まえながら詳しく解説していきたいと思います。


両カードのスペックを比較

旅井
まずは両カードのスペックを比較してみましょう。
カード名 JCB CARD W 楽天カード
券面画像 JCB CARD Wの券面 楽天カードの券面
年会費 無料 無料
申込資格 18歳~39歳の安定した収入のある人 18歳以上の安定した収入のある人
家族カード 無料 無料
※5枚まで発行可
ETCカード 無料 年会費540円
国際ブランド JCB VISA/MasterCard/JCB/AMEX
ポイント還元率 通常利用 1.0% 1.0%
Amazon 2.0% 1.0%
楽天関連サービス 1.0% 2.0%~
マイル還元率 ANA:0.3%
JAL:0.3%
スカイ:0.3%
ANA:0.5%
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 2000万円 2000万円
傷害治療補償 100万円 200万円
疾病治療補償 100万円 200万円
救援者費用 100万円 200万円
賠償責任 2000万円 2000万円
携行品損害 100万円 200万円
付帯条件 利用付帯 利用付帯
国内旅行保険 傷害死亡・後遺障害
入院日額
通院日額
付帯条件 利用付帯 利用付帯
電子マネー QUICPay
楽天Edy
QUICPay(JCBの場合)
楽天Edy

おそらくJCB CARD Wと楽天カードで迷っている方はポイントの貯まりやすさを知りたいかと思いますので、まずはそこから解説していきます。

自分が普段使っているサービスで決めるのがおすすめ

ポイント還元率はどちらとも1.0%であるため街中でのお得度はほとんど変わらないように見えますが、ポイント加盟店で利用すると2倍以上のポイントを貯めることができるため、自分が普段使っているお店から決めるのが一番おすすめです。

旅井
「どちらの方が貯めやすい?」という質問への回答も「あなたがどこで使うで決まります」というのが結論になります。どうしても決められない場合は私のTwitterにDM送っていただければお答えします。

例えば、ガソリンスタンドのENEOSはJCB CARD Wと楽天カード両方の加盟店であるため、どちらもポイント2倍で貯めることができます*1。スターバックスであればJCB CARD Wのみポイント10倍で貯めることができます。

このようにお店によってポイントアップの対象が変わりますので、街中で自分が普段使っているお店が対象店として多い方を選ぶとお得です。

ジャンル OkiDokiポイント(JCBのポイント)アップ対象 楽天スーパーポイント(楽天のポイント)アップ対象
ショッピング
  • Amazon
  • 楽天市場
  • セブンイレブン
  • ビックカメラ
  • 小田急百貨店
  • 高島屋
  • 福田屋百貨店
  • Mammy’s
  • 楽天関連サービス(楽天市場、楽天トラベルなど)
  • エースコンタクト
  • メガネストアー
  • Menicon Miru、Miru+
  • 家具・インテリアのルームズ大正堂
  • さかいやスポーツ
  • JEUGIA
  • HAIR&MAKE FUSE
  • てもみん・グローバル治療院
  • リフレッシュ工房オズ
  • 美容室センス
  • hair&color MOVE
  • Hair&Make In grove
飲食
  • スターバックス
  • 一休.comレストラン
  • ワタミグループ
  • ドミノ・ピザ
  • 木曽路グループ
カーライフ
  • 昭和シェル石油
  • ENEOS
  • エッソ
  • モービル
  • ゼネラル
  • ニッポンレンタカー
  • ENEOS
  • エッソ
  • モービル
  • ゼネラル
  • ダンロップ
  • タイヤセレクト
  • タイヤランド
  • キズキレンタルサービス
  • ミスタータイヤマン葛西店
トラベル
  • 一休.com(宿泊予約)
  • 箱根小涌園 天悠
  • ホテル椿山荘東京
  • JTB国内宿泊オンライン予約
  • JCBトラベル パッケージツアー予約
  • 東京ディズニーリゾート(R)への旅トラベル特典
  • 楽天トラベル
  • 得タクネットワーク
  • ベストワンクルーズ
  • エミタス/三ツ矢タクシーグループ
旅井
個人的にはJCBはメジャーなお店、楽天はマイナーなお店&ガソリンスタンドで強いイメージです。

【私の事例1】AmazonではJCB CARD Wをフル活用

いくつか私の事例をもとに、どれぐらいポイントが貯まるのかを解説していきたいと思います。

もともと楽天カードをメインに使っていたためAmazonでも楽天カードを決済していましたが、2018年12月からJCB CARD Wに切り替えました。JCB CARD Wを発行した理由の1つもAmazonでポイント4倍だったからです。

詳しい貯め方や使い方は【JCB CARD W】Amazon使い倒し徹底ガイド【2019年版】でも紹介していますが、1,000円=4ポイントで貯められます。JCBのポイント(OkiDokiポイント)は1ポイント=最大5円の価値があるため、ポイント還元率は2.0%となります。

楽天カードの場合だと100円=1ポイントでしか貯まらず、ポイントの価値も1ポイント=1円ですので、ポイント還元率は1.0%とJCB CARD Wの半分となります。

また、貯めたOkiDokiポイントを1ポイント=3.5円でAmazonの代金として使えるのもかなり魅力。

私が発行したときはなかったような気がしますが(見落としの可能性もありますが)、3月あたりから見かけるようになり、さっそくガンガン使っています。

もともとOkiDokiポイントはnanacoに交換して使おうかなと思っていたのですが、200ポイント単位からしか使えないため少し不便だな~と思っていたのですが、Amazonでの使い道を見つけ、さらに使いやすくなったなと感じました。

【私の事例2】楽天カードで楽天トラベルのホテル代を無料に!

もともとクレジットカードに興味を持ったのは楽天カードのポイントでホテル代を割引にできた経験からでした。楽天カードで貯めたポイントは楽天トラベルで1ポイント=1円として使うことができます。ホテルはもちろん旅館や飛行機代、ツアー料金、レンタカー料金など様々なものが対象です。

さらに、楽天トラベルで楽天カードを決済に使うとポイントが1倍追加され、100円=2ポイントで貯められるようになります。ポイントが貯まってないときでも、次回の旅行のためにお得にポイントを貯められるのは楽天カードならではのメリットでしょう。

また、楽天市場でも楽天スーパーポイントは1ポイント=1円で使えますので、私は忙しくて旅行に行けないときなんかは本を買ってポイントを消費することが多いです。

【私の事例3】JCB CARD Wならセブンイレブンでポイント3倍

JCB CARD Wを発行した目的のもう1つがセブンイレブンでポイント3倍になるからです。普段からお昼ご飯をセブンイレブンで買うことが多かったため発行しました。

もちろんJCB CARD WはQUICPayにも対応しています。

私はGoogle PayのQUICPayに連動して使っていますが、QUICPay(nanaco)に連動して使えばOkiDokiポイント(JCBのポイント)と一緒にnanacoも貯めることができます(私は面倒なのでやってません笑)。

セブンイレブンでQUICPay(nanaco)を使うと…

  • OkiDokiポイント:1,000円 = 3ポイント
  • nanaco:200円 = 1ポイント

ちなみに、OkiDokiポイントは1,000円=3ポイントとなっていますが、『100円=0.3ポイント』といったようにしっかりと計算してくれますので、お昼ご飯で500円分しか使わなかったとしてもポイントが切り捨てられる心配はありませんよ。

楽天市場ならどちらもポイント2倍

楽天カードは楽天関連のサービスでポイントが2倍以上になると解説しましたが、実はJCB CARD WもOkiDokiランド(JCBが運営するポイントモール)を経由して楽天市場で買い物をすればポイントが2倍になります。

一度経由する手間はかかりますが、お得度に関しては変わりません。

旅井
OkiDokiランドを経由すれば様々なオンラインショップでポイントが2倍以上もらえます。そう考えると、通販関連ではJCB CARD Wの方がお得になれるチャンスは幅広いと言えます(良くも悪くも楽天カードは楽天関連に集約している)。

楽天は定期的なポイントアップセールが魅力

楽天市場では楽天スーパーセールやお買い物マラソンなど、定期にポイントアップのキャンペーンが開催されます。「ポイント5倍」や「ポイント10倍」など他のクレカのキャンペーンと比較してもアップ率が高いのが特徴。

楽天カレンダーを見ればキャンペーンがいつ開催されるか確認できます。

楽天カレンダー
こうやってみると、ほぼ毎日何かしらのポイントアップキャンペーンが開催されていますね。

一方、JCB CARD Wに関してはなかなかポイントアップキャンペーンが開催されませんので、爆発力は楽天カードの方が上だと言えます。

無料でコツコツポイントを貯められるのも楽天

楽天カード会員のマイページでは「クリックするだけでポイントプレゼント!」といった感じで、ポイントサイトのようにポイントを貯められる仕組みが用意されています。

楽天マイページでポイントゲット
バナーをクリックするだけだったり、アンケートに答えたり、特定の商品を購入するだけでポイントがもらえますので、スマホでコツコツとポイントを貯めるのが好きな方は相性がいいです。

ただし、この方法で貯められるポイントは有効期限付き(普通のショッピング利用で貯められるポイントとは別)のものですので、期限には注意しておきましょう。

楽天をあまり使わないならJCB CARD Wがおすすめ

個人的には「楽天のサービスを使わないのであればJCB CARD Wでいい」という結論です。ポイントがアップするのは楽天関連のサービスが中心ですから、「街中で利用してお得にポイントを貯めたい」というのであればJCB CARD Wの方がメリットを感じやすいでしょう。

AmazonのヘビーユーザーもJCB CARD W一択ですね。

逆に通販は楽天しか使わなかったり、普段から楽天トラベルで旅行や出張のホテル予約をしているのであれば、毎月貯めたポイントでお得に宿泊費を節約することができます。

自分が普段どの店を使っているかで判断しましょう。

JCBに関してはENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルは、2019年6月30日(日)をもって優待終了となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする