旅行に強いクレジットカード > AIRDOカード > AIRDO VISA クラシックカードのメリット・デメリット:AIRDO利用の多い北海道住みなら3往復で1回無料搭乗のチャンス!

AIRDO VISA クラシックカードのメリット・デメリット:AIRDO利用の多い北海道住みなら3往復で1回無料搭乗のチャンス!

AIRDO VISA クラシックカードのメリット・デメリット:AIRDO利用の多い北海道住みなら3往復で1回無料搭乗のチャンス!AIRDOカードは北海道の航空会社「AIR DO(エアドゥ)」が発行するクレジットカード。当然、AIR DOに乗る人にメリットがある特典内容となっているため、北海道に住んでいたり、逆に北海道へ旅行に行く機会が多い方なら発行する価値が出てきます。

今回はAIRDOカードの一般カードにあたるAIRDO VISA クラシックカードのメリット・デメリットについてまとめていきますので、気になっている方は参考にしてみてください。


まずは確認:分かりにくいAIRDO VISA クラシックカードのポイント制度について

AIRDO VISA クラシックカードでは「AIRDOポイント(DOマイルとも呼ぶ)」「ワールドプレゼントポイント」の2種類のポイントが用意されています。それぞれは、

  • 貯まるタイミング
  • 使い道

の2つが違います。

AIRDOポイント(DOマイル)は航空券の交換だけに使える

貯まるタイミング ・AIRDOホームページ内での航空券購入
・入会ボーナス
・AIRDO搭乗時(6搭乗に1回)
・ワルドプレゼントポイントからの交換
使い道 特典航空券との交換

AIRDOポイント(DOマイル)はAIRDOはマイルと同じ機能を持っているため、特典航空券に交換して無料で飛行機に乗ることができます。

普通にAIROD航空券を買っても100円ごとに1ポイント貯められるのですが、AIRDO VISA クラシックカードで決済すれば150円ごとに1ポイント追加でもらえるので、より効率よくAIRDOポイントを貯められるようになります。

ワールドプレゼントポイントは様々なアイテムに交換可能

貯まるタイミング AIRDO VISA クラシックカードのAIRDO航空券購入以外の利用
使い道 ・AIRDOポイントへの交換
・その他の商品券や他社ポイント、キャッシュバックなどへの交換

ワールドプレゼントポイントとは、AIRDO VISA クラシックカードの共同発行元である三井住友のポイント制度です。こちらは、いわゆる「私たちが一般的にイメージするクレジットカードのポイント」となっています。

食事やお買い物、光熱費の支払い、通販での購入などでAIRDO VISA クラシックカードを使うと、1,000円決済ごとに1ポイント貯まります。

貯まったポイントはAIRDOポイントやnanacoポイント、楽天ポイント、キャッシュバックなど様々なものに交換可能です。

AIRDO VISA クラシックカードの特徴(メリット)

AIRDO VISA クラシックカードの券面画像 年会費 1,600円
国際ブランド VISA
旅行保険 海外/国内:2,000万円(自動付帯)
ポイント還元率 0.50%~(AIRDOポイントorワールドプレゼント)
交換可能マイル
  • 入会でAIRDOポイントが200ポイントもらえる
  • AIRDOホームページで航空券を買うと150円=1Pで貯まる
  • 搭乗ボーナスで100ポイントもらえる
  • 普通のカード利用でも1万円ごとにAIRDOポイントが2.5P貯まる

AIRDO VISA クラシックカードのメリットは上記の4つ。一言でいうと「AIRDOに乗った時とクレジットカードを使った時にAIRDOポイント(DOマイルとも呼ぶ)を貯められる」という機能を持っています。

AIRDOポイントはAIRDOの航空券に交換することができます。ANAやJALのマイルのようなものだとイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

航空券の交換に必要なポイント数は「ハイシーズン(H)」「レギュラーシーズン(R)」「ローシーズン(L)」の3つの期間ごとによって違います。

路線 H R L
東京~札幌 1,800 1,600 1,400
東京~函館
札幌~名古屋
札幌~神戸
東京~旭川 2,000 1,800 1,600
東京~女満別
東京~釧路
東京~帯広
札幌~仙台 1,600 1,400 1,200
函館~名古屋

シーズンチャート

  • H:3/16~3/31、4/28~5/7、8/3~8/16、12/22~1/7、3/15~3/21
  • R:3/1~3/15、4/1~4/27、 5/8~8/2、 8/17~10/31、 3/1~3/14
  • L:1/5~2/28、11/1~12/21、1/8~2/28

シーズンチャートについては公式サイトに分かりやすく画像で載っていますので、そちらもあわせてご参考に。

AIRDOポイントの有効期限は2年ですので、2年以内に必要ポイント数を貯められそうであれば発行する価値ありです。普段からAIRDO VISA クラシックカードを使っていれば年1回のペースでAIRDOに無料で乗ることも可能ですよ。

では、具体的にどのようにAIRDOポイントが貯まっていくのか見ていきましょう。

入会でAIRDOポイントが200ポイントもらえる

AIRDO VISA クラシックカードは発行するだけでAIRDOポイントが200ポイントもらえます。条件なども特にありませんので、誰でも絶対にもらうことができます。

200ポイントが少なそうに感じますが、例えばレギュラーシーズンの東京~札幌の特典航空券は1,600ポイントで交換できますので、入会だけで必要ポイント数の12.5%を達成できる計算になります。

特にAIRDOは航空券の価格が安いため、入会ポイントはとても貴重な存在だと言えます。

AIRDOホームページで航空券を買うと150円=1Pで貯まる

AIRDOホームページで航空券を買うときにAIRDO VISA クラシックカードで決済すると、150円ごとにAIRDOポイントが1ポイント貯められます。年間2,000ポイントまでが上限となりますので、30万円分のAIRDO航空券を購入すると、それ以上は貯まりません。

上位カードのAIRDO VISA ゴールドカードなら2,500ポイントまで貯められますので、AIRDOの利用回数が多い方はそちらの方がおすすめです。

ちなみに、AIRDOダイナミックパッケージは対象外です。

また、4月1日~翌年3月31日までの間の航空券購入金額に応じて、6月末頃にポイントが積算されます。航空券を買ったらすぐにポイントが付与されるわけではありませんので、注意しておきましょう。

搭乗ボーナスで100ポイントもらえる

AIRDOに1回搭乗するとボーナスとしてAIRDOポイントが100ポイントもらえます。

また、AIRDOには6回搭乗ごとに100ポイントもらえるサービスが復活しますので、たくさんAIRDOを利用する人ほど特典航空券ゲットまでの道のりが短くなります。

  • 搭乗1回目:100ポイント
  • 搭乗7回目:+100ポイント
  • 搭乗13回目:+100ポイント
  • 搭乗18回目:+100ポイント

3往復ごとに100ポイント追加されると考えれば分かりやすいですね。

普通のカード利用でも1万円ごとにAIRDOポイントが2.5P貯まる

ワールドプレゼントポイントは様々なアイテムに交換可能」でも紹介したように、普通にクレジットカードとして使った場合はワールドプレゼントポイントが1,000円決済ごとに1ポイント貯まります。

ワールドプレゼントポイントはAIRDOポイントに100ポイント⇒25ポイントで交換できますので、普段の生活からコツコツ貯めて「あと30ポイントでAIRDOポイントを特典航空券に交換できる!」というときに使うといいでしょう。

AIRDOポイント以外の交換先は以下のとおり。

交換先 必要ポイント数 交換後のポイント数
ANAマイル 1 3~15マイル
ANAマイル 1 3~15マイル
ミッレミリアマイレージ 1 3マイル
クリスフライヤーマイレージ 1 3マイル
dポイント 200 1,000
ベルメゾン・ポイント 200 1,000
Joshinポイント 200 1,000
WALLETポイント 200 1,000
ビックポイント 200 1,000
ヨドバシカメラゴールドポイント 200 1,000
楽天スーパーポイント 200 1,000
PiTaPaショップdeポイント 200 1,000
Tポイント 200 900
楽天Edy 200 600
WAONポイント
(三井住友)
200 1,000
WAONポイント
(その他)
200 600
Gポイント 200 1,000
カエトクチャージ
(ペルソナVISA)
200 800
カエトクチャージ
(その他)
200 600
nanacoポイント 200 600
スターバックスカード 200 800
タリーズカード 200 900
Amazonギフト券 200 1,000
Google Playギフトコード 200 1,000

AIRDO機内販売が10%割引

AIRDO VISA クラシックカードでAIRDO機内販売を決済すると10%割引になります。1,000円以上の利用が条件ですので、その点だけは注意しておきましょう。

AIRDO VISA クラシックカードのデメリット

年1回ぐらいしかAIRDOに乗らない人は得られる恩恵が少ない

AIRDO VISA クラシックカードの最大の特徴は「AIRDO航空券購入で貯まるポイントの多さ」です。通常のポイント付与と合わせると300円=5ポイント(通常利用の3ポイント+カード特典の2ポイント)で貯められるので、普通の人よりも約1.6倍の早さでAIRDOポイントを貯められます。

しかし、年1回しかAIRDOに乗らない人はショッピング利用からの交換がメインとなってしまい、非常に効率が悪いです。

例えば、レギュラーシーズンの東京~札幌の特典航空券は1,600ポイントで交換できますが、ショッピングだけで貯める場合は640万円必要です。有効期限が2年あると言っても、年間320万円なんて決済できませんよね。

一方、AIRDOに乗る場合は3往復で片道1回無料で乗れる計算になりますので、旅行や出張で1年に3往復AIRDOに乗る人だけにメリットのあるクレジットカードだと言えます。

AIRDO VISA クラシックカードのスペック

カード名 AIRDO VISA クラシックカード
カードデザイン AIRDO VISA クラシックカードの券面画像
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
年会費 1,600円 ※初年度年会費無料
家族カード 600円 ※初年度年会費無料
ETCカード 公式サイト参照
発行期間 通常1週間程度
国際ブランド VISA
マイル ANA:0.3%~0.5%
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療補償 50万円
疾病治療補償 50万円
救援者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 15万円(3,000円自己負担)
国内旅行保険 傷害死亡・後遺障害 2,000万円(300万円は自動付帯)
入院日額
通院日額
ショッピング利用枠 10~80万円
海外キャッシング利用枠 0~50万円
電子マネー iD
ポイント還元率 0.5%~

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする