旅行に強いクレジットカード > 海外キャッシング > AMEXと提携会社のAMEXの海外キャッシングについて解説

AMEXと提携会社のAMEXの海外キャッシングについて解説

AMEXと提携会社のAMEXの海外キャッシングについて解説海外ではチップや屋台、交通費のために小銭を用意しておく必要がありますが、その時に海外キャッシングを利用することでお得に現金を用意することができます。海外でキャッシングをするとATM手数料や利息がかかってしまいますが、それらを上乗せして考えても日本円を現地通貨に両替するよりも安くなります。

また、必要なときに必要なだけ用意できるので、最初から大金を持ち歩かずにすみ強盗や盗難にあう確率をグッと減らせるメリットもありますね。

しかし、そんな便利な海外キャッシングにも「アメックスのカードはキャッシングできない」という注意点があります。


個人用のアメックスプロパーカードはキャッシング機能が終了した

もともとはアメックスのプロパーカード(アメックスグリーンアメックスゴールドなど)にも海外キャッシングサービス「エクスプレスキャッシュ」が用意されていました。

しかし、2012年6月にそのサービスは終了しており、個人用のアメックスプロパーカードは全てキャッシングできないようになっています。

来る2012年6月末日をもちまして、弊社カードのキャッシング・サービス、「エキスプレス・キャッシュ」を終了させていただくことになりましたので、下記の通りご案内申しあげます。

貸金業法改正を始めとする昨今の金融情勢の変化を踏まえ、提供いたしております金融サービスの見直しを行なった結果、誠に遺憾ながら、このような結論に至った次第でございます。

現在は法人向けのアメックスプロパーカードだけにキャッシング機能は残っているため、個人事業主の方や法人経営を行っている方は法人向けのアメックスプロパーカードを発行しておいた方が何かと都合がいいでしょう。

セゾンなどの提携会社のアメックスなら海外キャッシング可能

アメックスと提携しているカード(セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードなど)はアメックスではなく各提携会社が用意しているサービスを利用することになるので、海外キャッシングも問題なく利用することができます。

カードのキャッシング枠は各カードによって違いますが、枠さえ用意してしまえばいつでも現地ATMから現地通貨を引き出すことができます。

しかし、セゾンは換算レートが悪い

提携会社のアメックスと言えばセゾン系が人気ですが、セゾンのカードのキャッシング換算レートはあまりよくありません。VISAやMasterCardブランドのカードと比べても、1円~1.2円ほどセゾンの方が上乗せでレートが高くなってしまうことが多いです。

VISAやMasterCard100米ドルを借りて、日本円で1万円を返済する(1米ドル=100円)
AMEX100米ドルを借りて、日本円で1万100円を返済する(1米ドル=101円)

わずかな違いではありますが、少しでもお得にキャッシングをしたいのであればVISAやMasterCardのカードやMUFG AMEXなどでキャッシングした方がいいでしょう

ただ、キャッシング以外の点ではセゾンのアメックスカードは優秀ですので「絶対にセゾンはおすすめできない!」というわけではありませんよ。即日発行できますし、旅行中にカードを紛失してもすぐに代わりのカードを用意してくれるので盗難にも非常に強い便利なカードです(※)。

※:来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

まとめ

アメックスのカードは「プロパーはキャッシングできない」「提携会社ならキャッシングできる」と分類されていますので、アメックスプロパーカードをメインで使用している方は注意しておきましょう。

提携会社カードでもセゾンは換算レートが悪いので、VISAやMasterCardなどのクレジットカードを合わせて持っていくことをおすすめします。

海外旅行や海外出張で中長期滞在をする場合、海外キャッシングを利用する機会も多くなります。そこで気になるのがATM手数料やレート。これらはカード会社によって違うの...

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。