旅行に強いクレジットカード > アメリカン・エキスプレス・カード > 年会費無料のアメリカン・エキスプレス・カードはある?全カードの年会費を紹介

年会費無料のアメリカン・エキスプレス・カードはある?全カードの年会費を紹介

年会費無料のアメリカン・エキスプレス・カードはある?全カードの年会費を紹介
旅行に特化した特典で多くの海外旅行好きから人気のアメリカン・エキスプレス・カード。年会費が他のクレジットカードと比べても高いため「年会費に見合ったメリットがあるか心配…」という理由から発行をためらってしまう方も多いはず。

「いっそ年会費無料のアメリカン・エキスプレス・カードがあってくれれば…」そう思う方も多いはず。

そこで今回はアメリカン・エキスプレス・カードの年会費を紹介しながら、年会費無料でアメリカン・エキスプレス・カードを持つ方法なども紹介していきたいと思います。


アメックスのプロパーカードで年会費無料のクレジットカードはない

アメリカン・エキスプレス・カードにはアメックス本体が提供する「プロパーカード」と他のカード会社と提携して提供する「提携カード」の2種類があります。

プロパーカードには年会費無料のアメックスカードが用意されておらず、一番年会費の安いANAアメリカン・エキスプレス・カードでも年会費7,000円かかります。

アメリカン・エキスプレス・カード
(アメックスグリーン)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
(アメックスゴールド)
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
(ANAアメックス)
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
(ANAアメックスゴールド)
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
(スカイトラベラー)
アメリカン ・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
(スカイトラベラープレミアム)
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
(デルタアメックス)
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
(デルタアメックスゴールド)
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
(SPGアメックス)
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード
(ペルソナアメックス)
券面画像 アメックスグリーン アメックスゴールド ANAアメックス ANAアメックスゴールド スカイトラベラー カイトラベラープレミアム デルタアメックス デルタアメックスゴールド SPGアメックス ペルソナアメックス
年会費 12,000円
※初年度年会費無料
29,000円
※初年度年会費無料
7,000円 31,000円 10,000円 35,000円 12,000円 26,000円 31,000円 14,000円
家族カード 6,000円/1枚 1枚目は無料
(2枚目以降は12,000円+税)
2,700円/1枚 15,500円/1枚 5,000円/1枚 17,500円/1枚 6,000円/1枚 12,000円/1枚 15,500円/1枚 7,000円/1枚
発行期間 通常1~2週間 通常1~2週間 通常1~3週間 通常1~3週間 通常1~2週間 通常1~3週間 通常1~3週間 通常1~3週間 通常1~3週間 通常1~3週間
ポイント還元率 0.33%~0.40% 0.33%~0.50% 0.33%~0.75% 0.33%~1.00% 0.33%~0.40% 0.33%~1.00% 1.00% 1.00% 1.00% 1.00%
マイル ANA:1P⇒0.5~1.0マイル
その他:1P⇒0.5~0.75マイル
ANA:1P⇒0.5~1.0マイル
その他:1P⇒0.5~0.75マイル
ANA:1P⇒1.0マイル ANA:1P⇒1.0~3.0マイル ANA:1P⇒1.0マイル
その他:1P⇒1.0マイル
ANA:1P⇒1.0マイル
その他:1P⇒1.0マイル
スカイ:1P⇒1.0マイル スカイ:1P⇒1.0マイル ANA:1P⇒1.0~1.25マイル
JAL:1P⇒1.0~1.25マイル
その他:1P⇒1.0~1.25マイル
海外旅行保険 最高5,000万円 最高1億円 最高3,000万円 最高1億円 最高3,000万円 最高5,000万円 最高5,000万円 最高1億円 最高1億円 最高5,000万円

アメックスグリーンとアメックスゴールドなら初年度の年会費無料なら可能

初年度だけで見ればアメックスグリーンアメックスゴールドの2枚が年会費無料で持つことができます。条件は特定の申し込みページから申し込むだけ。特に難しいことはありませんので、「年会費に見合ったメリットがあるか心配…」という方は利用してみましょう。

アメックスグリーン初年度年会費無料 申込ページ
アメックスゴールド初年度年会費無料 申込ページ

会社の福利厚生でアメックスゴールドが年会費無料なことも

アメックスゴールドの場合は会社の福利厚生の一つとして年会費無料で保有できます。こちらは福利厚生が続く限りずっと年会費無料となります。

意外と自社の福利厚生を把握している方は少ないですので、サラリーマンの方であれば一度チェックしてみるのもいいかもしれませんね。

セゾンアメックスカードなら年会費無料で持つことができる

アメリカン・エキスプレス・カードの提携カードであるセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードであれば、年会費無料で保有することも可能です。

セゾンパール(※1) セゾンブルー(※2) セゾンゴールドアメックス(※3) セゾンプラチナビジネスアメックス(※4)
券面画像 セゾンパール セゾンブルー セゾンゴールドアメックス セゾンプラチナビジネスアメックス
年会費 1,000円
初年度年会費無料
年1回以上の利用:次年度年会費無料
3,000円
26歳まで年会費無料
10,000円
初年度年会費無料
21,600円
家族カード 無料 ※4枚まで発行可 1,000円/1枚 ※4枚まで発行可 1,000円/1枚 ※4枚まで発行可 3,240円/1枚
発行期間 最短即日(※) 最短即日(※) 最短即日(※) 最短3営業日
ポイント還元率 0.50%~1.00% 0.50%~1.08% 0.75%~1.00% 0.50%~1.00%
マイル ANA:1P⇒3マイル
JAL:1P⇒2.5マイル
ANA:1P⇒3マイル
JAL:1P⇒2.5マイル
ANA:1P⇒3マイル
JAL:1P⇒2.5マイル
ANA:1P⇒3マイル
JAL:1P⇒2.5マイル
海外旅行保険 最高3,000万円 最高5,000万円 最高1億円

※:来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。
※1:セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの略称。以下セゾンパールと記載
※2:セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの略称。以下セゾンブルーと記載
※3:セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの略称。以下セゾンゴールドアメックスと記載
※4:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの略称。以下セゾンプラチナビジネスアメックスと記載

セゾンアメックスカードの中で申し込みでゲットできるのは上記の4枚のカード。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパールの券面セゾンパールは年1回以上利用すればずっと年会費無料で持つことができます。アメックスの旅行特典は付帯されていますが、ある程度制限はされています。具体的には「日本語でトラベルサポート」「手荷物無料宅配サービス」「海外・国内旅行保険」が使えませんので、アメックス感はかなり薄れたカードとなっています。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルーの券面セゾンブルーは25歳以下なら年会費無料で持つことができます。このあたりから「日本語でトラベルサポート」「手荷物無料宅配サービス」「海外・国内旅行保険」などが付帯されるため、アメックスとしての機能を体感することができます。

特に海外旅行保険に関してはゴールドカード並みの額が自動付帯されています。一番利用頻度の高い「傷害治療補償(ケガの治療費を補償)」と「疾病治療補償(病気の治療費)」がそれぞれ300万円まで補償されているため、世界一周旅行を行うバックパッカーの方でもお守り代わりとして持っている方が多いです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールドアメックスの券面セゾンゴールドアメックスは初年度年会費無料で持つことができます。2年目以降は10,000円かかりますが、『空港ラウンジの利用特典』『プライオリティ・パスの優待割引』『国内でポイント1.5倍(海外では2倍)』『手荷物無料宅配サービス』『海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス』『最高5000万円の国内・海外旅行保険』など通常のゴールドカードと比べても群を抜いて優れていますので、年会費以上の価値は余裕であります。

特に『プライオリティ・パスの優待割引』は最高ランクのプレステージ会員を年会費1万円の優待価格でできるできますので、通常は約4万円ほどすることを考えれば3万円お得になっている計算になります。

本家アメックスプロパーカードのアメックスグリーンアメックスゴールドにもプライオリティ・パスの無料発行特典が付帯されていますが、こちらは一番下のランクであるスタンダード会員となるため、実際に空港ラウンジを利用するときは1人27米ドルを支払う必要があります。

プレステージ会員なら本人は無料で空港ラウンジを使用できますので、利用するたびに約3,000円の差が開いていきます。海外旅行へ行く機会が多い人ほどセゾンゴールドアメックスの方がお得になります。

会社の福利厚生で年会費無料にすることも可能

アメックスゴールドと同じくセゾンゴールドアメックスも会社の福利厚生として年会費無料で保有することが可能です。

年会費無料の条件は非常に簡単ですので、気になる方は一度チェックしてみるといいでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナビジネスアメックスの券面セゾンプラチナアメックスはインビテーション(招待性)でしかゲットすることができませんが、セゾンプラチナビジネスアメックスに関しては申し込みで保有することができます。初年度のみ年会費無料

「ビジネス」と付いていますが個人でも申し込むことができ、特典内容も個人の方でも十分にメリットのあるものとなっています。むしろ、ビジネス色の方が薄いため、ビジネスカードよりかは個人のカードとして使ったほうが年会費以上のメリット得やすいです。

本家JALカードよりもJALマイルが貯めやすかったり、プライオリティ・パスのプレステージ会員が年会費無料で発行できたりなど、プラチナカードにふさわしい魅力的な特典が多数付帯されています。

まとめ

アメリカン・エキスプレス・カードは旅行特典の充実したクレジットカードとして有名ですが、いざ発行すると高い年会費に見合ったメリットがあるのか気になる方も多いと思います。正直な話、国内だけで利用するのであれば恩恵は薄いですが、海外旅行や海外出張へ行くのであれば1枚持っているだけで旅行の快適さは断然変わります。

プロパーカードであればアメックスグリーンアメックスゴールドが初年度年会費無料。特にアメックスゴールドは年会費3万円近くしますので、これが無料になるのは大きなメリットです。万が一満足いかなければすぐに解約すればいいだけです。

「百聞は一見に如かず」ではありませんが、実際に使ってみて初めて見えてくるメリット・デメリットもありますので、お試し感覚で使ってみても損はありませんよ。

提携カードであればセゾンブルー以上がおすすめ。このあたりからアメックスの旅行特典が本家並みに使え始めてきますし、使い方によってセゾンアメックスカードの方がメリットの多い方もいると思います。あと、単純に年会費が全体的にセゾンアメックスカードの方が安いですので、その分年会費に見合ったメリットを得やすいですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする