旅行に強いクレジットカード > アメリカン・エキスプレス・カード > ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード > ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのメリット・デメリット

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのメリット・デメリット

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードANAアメックスのゴールドカードがANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(通称:ANAアメックスゴールド)。最大の魅力はANA航空券の購入をはじめとしたANAグループでの利用でマイル還元率3.0%となり、本家ANAワイドゴールドカード以上にANAマイルが貯まる点です。

「毎月8万円分はANAに乗ってる」といったANAヘビーユーザーほど、年会費以上のメリットを得ることができます。

今回はANAアメックスゴールドの特徴(メリット・デメリット)を詳しく解説していきますので、発行の検討材料としてご活用ください。

↓合計50,000マイル 入会キャンペーン中↓
申込ページはこちら

ANAアメックスゴールドの特徴(メリット)

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細 年会費 31,000円
国際ブランド AMEX
旅行保険 海外:最高1億円(利用付帯) 国内:最高5000万円(利用付帯)
ポイント 100円=1P(メンバーシップ・リワードポイント)
マイル還元率 ANA:1.0%以上
  • ANA航空券購入はポイントが2倍!最大マイル還元率3.0%に
  • 貯まったポイントは1000P=1000マイルで交換可能!
  • 空港ラウンジ無料利用や手荷物無料宅配サービスなど旅行に強い特典も満載

ANAグループの利用でポイントが2倍!

ANAアメックスゴールドでは100円利用ごとにメンバーシップ・リワードポイントを1ポイント貯めることができ、貯めたポイントは1,000ポイント=1,000マイルで交換が可能です。マイル還元率は1.0%でであり、ANAワイドゴールドカードやANAアメックスと同じであるため、特に優位性はありません。

しかし、ANA航空券購入をはじめとしたANAグループでの利用はポイントが2倍になるため、マイル還元率2.0%にまで一気に跳ね上がります

【ポイント2倍になる例】

  • ANA航空券、旅行商品のご購入(※)
  • 機内販売

※旅行会社、各空港の貨物カウンター経由は対象外

他のカードと比較すると以下の通り。

カード名 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードANAアメックスゴールド ANAアメリカン・エキスプレス・カードANAアメックス ANAワイドゴールドカードANAワイドゴールド
年会費 31,000円 7,000円 14,000円
マイル還元率
(ANAグループでの利用)
2.0% 1.5% 1.0%
マイル還元率
(通常利用)
1.0% 1.0% 1.0%
マイル移行手数料 無料 年間5,000円 無料

ANAアメックスゴールドは『メンバーシップ・リワード ANAコース』に登録することでANAマイルへと交換することができます。ANAワイドゴールドと同じく移行手数料は無料です。

逆に2~3ヶ月に1回ぐらいしかANAに乗らないのであればANAアメックスが一番コスパがいいです。メンバーシップ・リワード ANAコースへの加入が必要になるものの、トータル年会費はANAワイドゴールドカードよりも安め。

ANAグループで利用すればANAマイル還元率も0.5%ほど上回っています。

【少し補足】
ANAワイドゴールドは以下の3つの条件をクリアするとマイル還元率を最大1.648%にまで引き上げられます。

  • LINEポイントルートを使う
  • マイ・ペイすリボの登録&利用
  • 年間300万円以上の決済

正直言ってかなり面倒です。LINEポイントルートとは、複数のポイントサイトを経由して還元率を落とさずにポイントをマイルに交換する方法なのですが、サイトへの登録や手続きなど手間がかかります。

また、マイ・ペイすリボの登録&利用に関しては手数料が発生しない限りマイル還元率アップに必要な『ボーナスポイント』をもらえませんので、手数料の分だけ出費が大きくなります。支払い金額の設定を間違えれば、手数料と還元率で相殺もありえます。

このようなデメリットも踏まえ、当サイトでは(仮に還元率が下がっても)普通に使うだけでANAマイルを効率よく貯められるANAアメックスをおすすめしています。

ANAカードマイルプラス提携店なら100円=1マイルで直接貯まる

ANAカードマイルプラス提携店で利用するとポイントとは別に100円=1マイルでANAマイルを貯めることができます。代表的な提携店は以下の通り。

  • ANA航空券の購入
  • ANA機内販売
  • 提携ホテル(ザ・テラスホテルズ、オークラ ホテルズ & リゾーツ、東急ホテルズなど)
  • タクシー・ハイヤー
  • 鉄道・バス
  • 空港駐車場
  • セブンイレブン
  • マツモトキヨシ

先ほどのANAグループでの利用(航空券や機内販売の購入など)でポイントが2倍になる特典とあわせると、100円=3マイル(2ポイント + 1マイル)で貯められる計算になります。マイル還元率3.0%は非常に強力です。

この他にも様々な分野で提携店が用意されていますので、ANAカードマイルプラス提携店(リンク先ページ下部)をチェックして利用しているお店が多ければ、ANAアメックスゴールドを使うメリットがさらに大きくなります。

ポイント有効期限・年間移行制限が無制限

ANAアメックスゴールドのポイントは有効期限は無制限です。好きなタイミングでANAマイルに交換することができるため「忙しくてマイルに交換しても使う機会がないな」という場合に、ムダにすることなくしっかりと貯めることができます。

ANAワイドゴールドの場合、ポイント有効期限は3年。ANAアメックスゴールドの方が余計な制限がありません。

また、年間移行ポイント数の制限に関しても無制限となっていますので、使うタイミングでドバっと交換することも可能です。

空港ラウンジが同伴者1名まで無料で使える

ゴールドカードでは一般的ですが、国内外の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で使うことができます。

【対象空港ラウンジ】
新千歳空港/函館空港/青森空港/秋田空港/仙台空港/羽田空港/成田国際空港/新潟空港/富山空港/中部国際空港/小松空港/大阪国際空港(伊丹空港)/関西国際空港/神戸空港/岡山空港/広島空港/米子空港/山口宇部空港/高松空港/松山空港/徳島空港/北九州空港/福岡空港/長崎空港/大分空港/熊本空港/鹿児島空港/那覇空港/ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)

ただ、プロパーカードのアメックスゴールドならプライオリティ・パスも付き、さらに多くの空港ラウンジを使うことができるため、そういった点ではデメリットだと言えます。

ボーナスマイルがもらえる

ANAアメックスゴールドはANAワイドゴールドと同等のボーナスマイルをもらうことができます。

  • 入会ボーナス:2,000マイル
  • 毎年継続ボーナス:2,000マイル
  • 区間基本マイル:25%追加

ANAアメックスゴールドのデメリット

年会費が高い

ANAアメックスゴールドの年会費は31,000円。他のANA系クレジットカードと比較してもトップレベルの高さです。

  • ANAアメックスゴールド:31,000円
  • ANAアメックス:7,000円
  • ANAワイドゴールドカード:14,000円
  • ANAダイナースカード:27,000円

先ほども解説したようにANAに乗る頻度が多ければ年会費以上の恩恵は得られますが、「旅行関連の特典を使いたい」「ショッピングでマイルを貯めたい」と言った場合は、ほぼ間違いなく年会費のもとを取れません。

ANAグループ以外の特典やショッピング利用でのマイルの貯まりやすさはANAワイドゴールドカードと同等であるため、年会費を考えてもANAワイドゴールドカードで十分です。

まとめ

ANAアメックスゴールドの特徴は『ANA航空券購入でのマイル還元率が高い』といった非常にシンプルなものです。マイル還元率2.0%(100円=2ポイント=2マイル)に加え、ANAカードマイルプラス提携店の特典によりトータルで100円=3マイル貯まるわけですから、出張や旅行で毎月何度もANAに乗る人は簡単に年会費の元を取ることができます。

また、それだけ頻繁にANAを利用すればANA最上級会員「ダイヤモンドサービス」のメンバーになることができ、同年会費のANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・ゴールド・カードが手に入り、ANAラウンジの無料利用をはじめとした様々な特典が付与されます。伸びしろがある点を考慮しても、発行する価値は十分あるでしょう。

最後に私ならこんな人にANAアメックスゴールドをおすすめする、という条件を書いておきます。

【ANAアメックスゴールドと相性のいい人】

  • 毎月国内線を4往復以上利用する人
  • 毎月国際線を利用する人
  • 年会費が気にならず、自分がANAに乗った時最大限にマイルを貯めたい人
↓合計50,000マイル 入会キャンペーン中↓
申込ページはこちら

ANAアメックスゴールドのスペック

カード名 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
カードデザイン ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細
申込資格 20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
年会費 31,000円
家族カード 15,500円/1枚
ETCカード 年会費無料
発行期間 通常1~3週間
国際ブランド AMEX
マイル ANAマイル メンバーシップ・リワード・プラスの場合(年会費:無料)
1000ポイント⁼1000マイル(1000ポイント単位)
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 1億円
傷害治療補償 300万円
疾病治療補償 300万円
救援者費用 400万円
賠償責任 4,000万円
携行品損害 100万円
国内旅行保険 傷害死亡・後遺障害 5,000万円
入院日額
通院日額
手術補償
電子マネー 楽天Edy
ポイント還元率 0.33%~1.00%
↓合計50,000マイル 入会キャンペーン中↓
申込ページはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする