旅行に強いクレジットカード > ANAカード > ANA一般カード > ANA一般カードの特徴やメリット、マイルの貯まりやすさを解説

ANA一般カードの特徴やメリット、マイルの貯まりやすさを解説

ANA一般カードの特徴やメリット、マイルの貯まりやすさを解説AHAカードの中で一番スタンダードなのがANA一般カード。「ANAマイルを貯めたいな」と考えて発行を検討しても、いざ調べてみると特徴(メリット)が分かりづらかったり、そもそもANAカードの種類が多すぎて本当にお得なのか分からないですよね。

今回は特徴(メリット)やマイルの貯まりやすさ、他のANAカードとの違いについて簡単にご紹介していきたいと思います。


ANA一般カードの特徴(メリット)

ANA一般カードの詳細 年会費 2,000円 初年度年会費無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
旅行保険 海外/国内:最高1,000万円(自動付帯)
ポイント 1,000円=1P(ワールドプレゼント or OkiDokiポイント)
マイル還元率 ANA:0.5%~1.0%
  • スタンダードなANAカード
  • 1,000円⇒1P⇒5マイルでANAマイルが貯まる
  • 入会や継続、搭乗でボーナスマイルが貰える
  • JCBブランドならマイル移行手数料が安い

一番スタンダードなANAカードであり、マイルの貯まり方やボーナスマイル数は基本的なものとなっています。初めてANAカードを作る人にとっては一番おすすめのクレカであり、使っていきながら上位カードであるANAワイドカードANAワイドゴールドカードに切り替えていく方も多いです。

後ほど詳しく解説しますが、ショッピングでのマイル還元率は0.5%~1.0%。ANA搭乗時は区間基本マイル10%追加となっています。

上位カードにすると搭乗時のマイルや入会・継続のボーナスマイルが増えるだけですので、「年に2~3回しかANAに乗らない」「ショッピングでANAマイルを貯めたい」という場合はANA一般カードでも十分年会費以上の利益を得ることができます。

ANA一般カードのショッピングでのマイルの貯まりやすさ

基本は1,000円 ⇒ 1P ⇒ 5マイルで貯まる

ANA一般カードで決済すると、1,000円利用ごとにワールドプレゼントポイント(国際ブランドがJCBの場合はOkiDokiポイント)が1ポイント貯まり、貯まったポイントは1ポイント⇒5マイルでANAマイルで交換することができます。ポイントの有効期限は2年、ANAマイルの有効期限は3年ですので、合計で有効期限は5年となります。

ポイントからマイルへの交換は、毎月自動で交換してくれる「自動移行方式」手動で好きな時に交換できる「応募方式」の2種類があります。手数料などに関してはどちらも無料で統一されていますので、自分の好きな交換タイミングで決めてOKです。

提携店で使うと追加でANAマイルが貰える

ANAカードマイルプラス提携店・対象商品でANA一般カードを使うと、100円または200円=1マイルを追加で貰うことができます。

提携店・対象商品 追加マイル
ANA航空券購入 100円=1マイル
ANA機内販売 100円=1マイル
イトーヨーカドー 200円=1マイル
セブンイレブン 200円=1マイル
マツモトキヨシ 100円または200円=1マイル
スタバ 200円=1マイル
ENEOS 100円=1マイル

この他にも様々な場所でマイル追加となりますので、普段利用しているお店がANAカードマイルプラス提携店・対象商品に含まれているのであればANA一般カードを使っておかないともったいないですよ。

移行手数料を払えば交換後のマイル数が2倍!

ANA一般カードでは「5マイルコース」と「10マイルコース」の2種類が用意されており、最初は5マイルコースで設定されています。

しかし、移行手数料として年間6,000円(JCBの場合は5,000円)を払って「10マイルコース」に変更すれば、1Pごとに10マイル貰えるようになります。ショッピングでたくさんANAマイルを貯めるのであれば加入は必須

ただ、10マイルコースの移行手数料は交換しなかった年はかかりませんので、「応募方式」を選択して2年に1度ポイントからマイルに交換すれば移行手数料を2年ごとの支払いに節約することも可能です。陸マイラーであればじっくりポイントを貯める方も多いかと思いますので、この裏技で余計な出費を抑えておくことをおすすめします。

ANA一般カードのボーナスマイル

  • 初回搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 毎年継続ボーナス:1,000マイル
  • 区間基本マイル:10%追加

ANA一般カードを発行して初めてANAに乗ったタイミングで、ボーナスマイルとして1,000マイルを貰うことができます。ショッピングで貯める場合は20万円~10万円の決済が必要ですので、このマイル数はありがたいですね。

また、ANA一般カードを使い続ければ継続ボーナスとして1,000マイルを毎年貰うことができます。

ANA搭乗時は区間基本マイルが10%追加で貰うことができます。「区間基本マイルって何?」という方は、ANAに乗った時に貰えるマイルが10%増えると認識しておけばOKです。

航空券の決済でANA一般カードを使えば100円=1マイルが追加でもらえますので、ANAマイルを本気で貯めるのであれば持っておかないと損ですよ。

ANA一般カードの海外旅行保険

死亡・後遺障害 1,000万円
傷害治療費用
疾病治療費用
携行品損害
賠償責任
救援者費用 100万円
ショッピング保険

ANA一般カードの海外旅行保険は自動付帯ですので、カードを持っているだけで適用してもらうことができます。

ただ、一番利用頻度の高い「傷害治療費用(ケガの治療費を補償)」と「疾病治療費用(病気の治療費を補償)」、それから「携行品損害(カメラやスマホの故障・盗難を補償)」の補償額が0円となっていますので、実質意味のない海外旅行保険と言えます。

万が一の時にクレジットカードの海外旅行保険を使おうと考えている場合は、エポスカードのように上記3つがしっかりと補償されているクレカを発行しましょう。

ANAワイドカードやANAワイドゴールドカードとの違い

ボーナスマイルと区間基本マイルがアップ

ANA一般カード ANAワイドカード
ANAワイドゴールドカード
初回搭乗ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
毎年継続ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
区間基本マイル 10%追加 25%追加

ANAワイドカードやANAワイドゴールドカードになるとボーナスマイルと区間基本マイルがアップします。区間基本マイルの追加数アップを考えれば、ANAにたくさん乗る人ほど上位カードの恩恵を受けられることになります。

逆に「年に2~3回しかANAに乗らない」という場合は、わざわざ上位カードを選ぶ必要はありません。ANA一般カードが一番年会費に合った恩恵を受けることできます。

ANAワイドゴールドカードになるとラウンジ特典などを追加される

さらに、ANAワイドゴールドカードになるとゴールドカードの特典である「空港ラウンジ無料利用特典」や「充実した海外旅行保険」などが付帯されるようになります。

また、移行手数料無料で10マイルコースを利用できますが、カード自体の年会費が14,000円となっていますので、やはりゴールドカードとしての特典に魅力を感じないのであればANAワイドカードやANA一般カードの方が年会費以上のメリットを得やすいです。

ANA一般カードのスペック

カード名 ANA一般カード
カードデザイン ANA一般カードの詳細
申込資格 年齢18歳以上(高校生を除く)
年会費 2,000円 初年度年会費無料
家族カード 1,000円/1枚
ETCカード 500円/1枚
発行期間 通常2~3週間
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
マイル ANAマイル 1ポイント⁼5マイル(5マイルコース)
1ポイント⁼10マイル(10マイルコース)
JALマイル
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 1,000万円
傷害治療補償
疾病治療補償
救援者費用 100万円
賠償責任
携行品損害
国内旅行保険 傷害死亡・後遺障害 1,000万円
入院日額
通院日額
利用限度額 20万~100万円
キャッシング手数料 18.00%
電子マネー 楽天Edy、iD(VISA/MasterCard)、QUICPay(JCB)
ポイント還元率 0.5%~1.0%

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする