旅行に強いクレジットカード > ANAカード > ANAワイドゴールドカードの海外旅行保険や特典について解説

ANAワイドゴールドカードの海外旅行保険や特典について解説

ANAワイドゴールドカードの海外旅行保険や特典について解説ANAワイドゴールドカードは、ANAカードの中でもトップクラスに位置するクレジットカード。フライト時でも普段のショッピングでも、どちらでもAMAマイルをザクザク貯めることができるので、マイルを効率よく貯めたい人におすすめの1枚です。

入会・継続ボーナスとしてそれぞれ2,000マイルもらえる他、搭乗時の区間基本マイル25%追加など、マイルがお得に貯まる特典がついています。

ANAワイドゴールドカードの特徴

ANA ワイドゴールドカードの詳細 年会費 14,000円
国際ブランド VISA/Master/JCB
旅行保険 海外/国内:最高5000万円(自動付帯)
入院・通院 150万円
マイル還元率 ANA:1.0%
  • 貯めたポイントは1ポイント⇒10マイルで交換可能!
  • 入会&毎年の継続で2000マイルもらえる
  • フライト時の区間基本マイルは25%も追加!

ANAワイドゴールドカードはとにかくマイルが貯まりやすいのが特徴。他のANAカードは200円⇒1マイルでマイルを貯めることができ、100円⇒1マイルで貯めるには移行手数料6,000円(税抜)を年に1回支払う必要があります。

しかし、ANAワイドゴールドカードは移行手数料が無料で100円⇒1マイルで貯めることができます。マイルを貯める時に「飛行機にあまり乗らない」「買い物をメインで貯めたい」というような陸マイラーの方もいるかと思いますが、ANAカードの中で一番マイル還元率が高いので、陸マイラーの方にもおすすめです。

光熱費や携帯料金などもANAワイドゴールドカードで支払えば、年に1回の東京~沖縄間の往復航空券分のマイルぐらいは簡単に貯めることができます。

もちろん「入会と毎年の継続で2,000マイル、区間基本マイル25%プラス」と、出張などで飛行機に乗る人も効率よくANAマイルを貯めることができます。『国内主要空港ラウンジの無料利用』『ANAの機内販売10%OFF』『ANAグループ空港免税店10%OFF』『ビジネスクラス専用カウンターをANA国際線エコノミー利用時でも利用できる』など、旅行や出張を快適&お得にしてくれる特典満載です。

ANAワイドゴールドカードを旅行で使うとこんな感じ

ANAワイドゴールドカードが使える海外地域

VISA、Masterにすれば全世界使える

ANAワイドゴールドカードの国際ブランドはVISA、Master、JCBの3つが用意されており、好きなブランドを選ぶことができます。『VISAとMaster』『JCB』に分けて特徴が違い、マイル付与率や旅行保険の充実度が違ってきます。

しかし、使いやすさで考えればVISA、Masterなら世界中で使うことができますので、海外旅行での使用を考えるならVISAかMasterブランドにしておくのがいいでしょう。JCBも中国や韓国、ハワイなど日本人が頻繁に旅行へ行く地域ならJCB優待店も多くなりお得なのですが、北米やヨーロッパなどではまだまだ使えない店やホテルも多いですので、VISAやMasterを別で用意し、ANAワイドゴールドカードをサブカードとして使うのがおすすめです。

ANAワイドゴールドカードの旅行保険の充実度

海外旅行保険について

担保内容 VISA/Master JCB 家族特約(VISA/Master) 家族特約(JCB)
傷害死亡・後遺障害 5,000万円(※1) 1億円(※2) 最高1,000万円
傷害治療費用 300万円 300万円 50万円 200万円
疾病治療費用 300万円 300万円 50万円 200万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1,000万円 2,000万円
救援者費用 400万円 500万円 50万円 200万円
携行品損害 50万円 15万円 50万円

※1:1000万円は自動付帯。残り4000万円は利用付帯の場合に適用。
※2:5000万円は自動付帯。残り5000万円は利用付帯の場合に適用。

ANAワイドゴールドカードの海外旅行保険の内容は上記のとおり。少し見づらいですが、VISA/MasterよりもJCBの方が保険内容は充実しています。カードを持たない配偶者や子供、両親も保険を適用してもらえる『家族特約』が付いているのはありがたいですが、VISA/Masterだと一番利用頻度の高い傷害治療補償(ケガの治療を補償)と疾病治療補償(病気の治療を補償)が50万円まで補償してもらえないので、少し心細いです。

アメリカやヨーロッパなど医療費の高い地域では1日入院しただけで医療費が100万円以上かかることも珍しくないですし、中国や韓国など比較的医療費が安い国でも少なくとも100万円補償は欲しいので、ANAワイドゴールドカードの家族特約で海外旅行中の保険をカバーするのはおすすめしません。

カード本会員の補償に関してはVISA/Master/JCBどれを選んでも300万円補償してもらえるので、アジア地域への旅行ならANAワイドゴールドカードだけでカバーするのも難しくはありません。アメリカやヨーロッパなどの先進国の場合は、保険会社の旅行保険に加入しておいた方がいいでしょう。

航空便遅延費用補償
保険名 補償額 条件
乗継遅延費用 1回の到着便の遅延について
最高20,000円
航空便を乗り継ぐ予定が、乗り継ぎ地点までの到着便の遅延によって搭乗する予定だった航空便に搭乗することができず、到着便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便に搭乗することができなかった場合、ご宿泊料金やお食事代を2万円を限度として補償します。
出航遅延、欠航、搭乗不能費用 1回の出航遅延、欠航もしくは運休または搭乗不能について
最高20,000円(※1)
搭乗する予定だった航空便について、出航予定時刻から4時間以上の出航遅延や航空便の欠航などで搭乗することができず、出航予定時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合、お食事代を2万円を限度として補償します。
受託手荷物遅延 1回の受託手荷物の遅延について
最高20,000円(※1)
航空便が目的地に到着してから6時間以内に、カード会員様の身の回り品で搭乗時に航空会社が受託した手荷物が目的地に運搬されなかったために、会員様が目的地において負担した衣類や生活必需品の購入費用を2万円まで補償します。
受託手荷物紛失 1回の受託手荷物の紛失について
最高40,000円(※2)
航空便が目的地に到着してから48時間以内に、受託した手荷物が目的地に運搬されなかった場合、手荷物は紛失したものとみなし、到着後96時間以内に目的地において負担した衣類や生活必需品の購入費用を4万円まで補償します。

※1:VISA/Masterは1万円補償
※2:VISA/Masterは2万円補償

飛行機は遅延したり飛ばなくなったりしたときの補償は上記のとおり。こちらもJCBの方が補償内容が充実しています。航空便遅延費用補償はゴールドカード以上にしか付帯されていないので、この点は他のANAカードとの比較ポイントになるかと思います。海外旅行へ行く頻度の高い人ほどメリットは大きくなります。

国内旅行保険について

担保内容 VISA/Master JCB
死亡後遺障害 5,000万円
入院保険金日額 5,000円
手術保険金日額 入院日額×倍率(10倍、20倍または40倍)
通院日額 入院日額×倍率(10倍、20倍または40倍)

国内旅行保険についてはVISA/Master/JCBは全て同じ。他のクレジットカードは『死亡後遺障害』しか補償されていなことも多いので、入院や手術、通院まで補償してもらえるのはかなり貴重です。

ANAワイドゴールドカードの旅行に強い特典

  • ビジネスチェックインが利用できる
  • 国内主要空港ラウンジの無料利用
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンクが無料
  • 医師にいつでも相談できる『ドクターコール24』

ビジネスチェックインが利用できる

ANA国際線エコノミークラスを利用するときも、ビジネスクラス専用カウンターを利用できます。一般の人とは違って優先的に飛行機に乗れるので、家族で旅行へ行くときなんかにも役立ちますよ。

国内主要空港ラウンジの無料利用

国内の主要九浦港ラウンジを無料で利用することができます。ラウンジ内は飲食無料ですし、電源コンセントや新聞、雑誌など、くつろぐための設備が整っているので、より快適な旅行・出張を体験できます。

【対象空港】
新千歳空港、函館空港、青森空港、秋田空港、仙台空港、新潟空港、富山空港、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、小松空港、伊丹空港、関西国際空港、神戸空港、岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、徳島空港、高松空港、松山空港、福岡空港、北九州空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、鹿児島空港、那覇空港

面倒な手続きなどはなく、ANAワイドゴールドカードと航空券を提示するだけで利用できます。

提携ホテル朝食・ウェルカムドリンクが無料

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンの各ホテルをANAカード会員宿泊割引サービスで宿泊すると、朝食とウェルカムドリンクを無料でサービスしてもらえます。

医師にいつでも相談できる『ドクターコール24』

ドクターコール24は24時間いつでも電話で医師や看護師など医療従事者に相談できるサービス。旅行中はもちろん日常でも使うことができるので、小さな子供がいると助かりますね。

クレジットカードでは専用デスクに電話をして緊急時の相談をすることができますが、電話にでるスタッフは医療従事者ではないので、救急車の手配や病院の紹介ぐらいしかしてもらえません。しかし、ドクターコール24なら医学的なことを直接聞くことができるので、このサービスを目当てにANAワイドゴールドカードを発行する人もいるぐらいです。

ANAワイドゴールドカードのスペック

カード名 ANAワイドゴールドカード
カードデザイン ANA ワイドゴールドカードの詳細
申込資格 年齢20歳以上(VISA/Masterは30歳以上)で安定した収入のある方(学生は不可)
年会費 14000円
家族カード 4000円/1枚
ETCカード 500円
発行期間 最短3営業日
国際ブランド VISA/Master/JCB
マイル ANAマイル メンバーシップ・リワード・プラスの場合(年会費:無料)
1000ポイント⁼1000マイル(1000ポイント単位)
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 1億円(VISA/Masterは5000万円)
傷害治療補償 300万円
疾病治療補償 300万円
救援者費用 500万円(VISA/Masterは400万円)
賠償責任 1億円(VISA/Masterは5000万円)
携行品損害 50万円
国内旅行保険 傷害死亡・後遺障害 5000万円
電子マネー iD、PiTaPa、楽天Edy、iD(携帯)(JCBはPiTaPa、QUICPay、楽天Edy)
ポイント還元率 0.5%

ANAワイドゴールドカードの海外旅行保険や特典について解説:関連ページ

ANAカード(学生用)
ANAカード(学生用)は、その名のとおり学生専用のANAカードです。 ANA一般カードと機能は同じで在学中は年会費が無料ですので、学生なら絶対にこのカードがお得です。 入会ボーナスで1,000マイルがもらえる他、毎年継続 […]
ANAワイドカード
ANAワイドカードは、AN一般カードの機能がワンランク上に上がったクレジットカードです。 具体的にランクが上がった機能は下記の通りです。 ANA一般カード ANAワイドカード 初回搭乗ボーナス 1,000マイル 2,00 […]
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、ANAマイル・メトロポイント・OkiDokiポイントを貯めることができ、貯めたポイントはマイルに移行できることから最もANAマイルが貯まるクレジットカ […]
ANA一般カード
ANA一般カードは、日ごろのショッピングでも飛行機に乗った時でもお得にANAマイルを貯めることができるクレジットカード。 一般カードですので年会費も安く、ANAカードの機能を知るために初めて使う人におすすめです。 初年度 […]
Suicaを利用する人ほどマイルが貯まる!ANA VISA Suicaカードの特徴を解説
ANA VISA SuicaカードはANAカードの中でも特にSuicaが貯めやすいカード。『ANA一般カードにSuicaをプラスした』とイメージすれば分かりやすいですね。通勤・通学で頻繁にSuicaを貯める人ほどお得にな […]
ANA JCB一般カード
ANA JCB一般カードは、ANAマイラーなら必須のカードであるANAカードの中でもスタンダードなクレジットカード。 手軽な年会費が魅力で、ANAカードの機能を初めて経験する人におすすめの入門カードと捉えてよいでしょう。 […]
ANAカード比較
ANAカードは、EdyやSuica、PASMOなどのIC機能とクレジット機能が付いたANAマイレージクラブのカードです。 ANAカードもJALカードと同じく、日ごろのショッピングや食事で100円ごとに1マイル貯めることが […]