クレジットカード活用術

クレジットカードの本当の便利さを感じるのは、海外へ行った際と言っても過言ではありません。

まず第一に、海外で大きな現金を持ち歩くのは、もしもの際に非常に危険です。
現金はなるべく持たないようにして、できるだけクレジットカードで支払い、現金が足りなくなった場合は現地のATMからクレジットカードで引き出すようにしましょう。
ただし、ゴールドカードは治安の悪い地域ではあまり見せない方が安全ですので、支払い用に一般カードも持ち歩きましょう。

それ以外にも海外でクレジットカードが役に立つことは多いので、海外旅行・出張の前に確認しておきましょう。

クレジットカードのメリットはポイントやマイルだけではない。海外で便利な6つの活用術

1.VISAかMasterCardを必ず1枚は持っていく

VISAかMasterCardブランドのカードを必ず1枚は持っていくようにしましょう。
有名な観光地では他の国際ブランドでも利用できる場合が多いですが、ちょっと中心部から外れただけ、VISAかMasterCardしか使えなくなることも。
2ブランド以上のクレジットカードを持っていくのは海外旅行はでは基本ですので、お忘れなく!

【国際ブランドの加盟店数】

ブランド 加盟店数
VISA 約3,000万店
MasterCrad 約3,590万店
JCB 約2,400万店

2.手数料は両替よりもお得な場合も

海外へ行く際は空港や現地の銀行などで両替することになるが、現金は最小限にしてクレジットカードで支払う方がいいです。
日本人観光客が多い地域であれば安い両替所もあるが、カード払いのポイント付与分なども含めると大差はないと言えます。

【為替手数料の計算方法】

[現地通貨支払い額]×[基準レート]+[事務処理コスト(%)]
例えば1ドル=100円の時にJCBカードで100ドル支払った場合
[100ドル]×[100円]+[1.6%]=10,160円 さらにポイントも貯まる!

特にマイナーな国となると、両替手数料が10%を超えるなんてことも珍しくないですが、そうした場合は両替よりも現地のATMで現金をキャッシングした方が安上がりです。
借入日・返済日にもよりますが、事務処理コストが1.6%で年利18%なら、最初の支払日に返済して1.2~2.8%前後でしょう。

VISAやMasterCardのホームページでは、ATMの設置場所が検索できるようになっているので出発前に確認しておきましょう。

3.旅行傷害保険は利用付帯に注意

クレジットカードに付帯している旅行傷害保険は、自動付帯と利用付帯があり、前者は自動的に保険が適用されますが、後者は旅行にまつわる費用をクレジットカードで支払った場合のみが適用条件になります。
もし利用付帯のクレジットカードしか持っていなければ、旅行代金は必ずそのクレジットカードで支払いましょう。

【海外旅行傷害保険の利用付帯条件の一例】

利用条件 内容
搭乗する公共交通乗用具 飛行機、船など海外へ行く際の運賃。国内で空港などへ行く際の交通費を含む場合もあるので、事前にカード会社に確認しましょう。
参加する募集型企画旅行 パッケージツアーなどの料金。出国前に一部でも代金の支払いを終えていないと適用されない場合もある。

4.優待サービスを活用

まずは旅行の出発前に役立つサービスから。
クレジットカードおよびクレジットカード会社によって受けられる優待サービスの中身は異なりますが、代表的なものは以下の表のとおりです。

【主な海外旅行向け優待サービス】

  • パッケージツアー割引
  • 空港手荷物宅配
  • 空港クローク
  • 空港送迎タクシー
  • 空港駐車場
  • レンタル携帯・WiFi
  • レンタカー
  • 免税店
  • おみやげ手配
  • 外貨購入・宅配

※優待内容はカードによっては異なります

どれも優待内容は割引が中心で、サービスによっては現地で手配すると面倒なものが多く、ぜひ出発前に予約して利用したいですね。
特におみやげ手配などは使わなそうに思いがちですが、旅先で時間がなくなって、結局空港で高いものを買ってしまがちです。
帰国後でも利用できるの有降活用しましょう。

5.優待ガイドを活用


JCBが発行している「JCB優待ガイド」

カード会社や国際ブランドによっては、観光地で利用できる優待ガイドを用意していることもあります。
旅行前に取り寄せたり、インターネット上で見られるものあり、国際線が発着する主要な国内空港にも置いてあります。
優待だけではなく、地図や現地デスクの連絡先なども書いてあるので、いざという時にも便利ですよ。

最近では優待ガイドのアプリ版もあります。
JCBとMasterCardが提供しており、どちらも優待内容の案内だけではなく、地図が見れたり、緊急連絡先が確認できたり、ATMの使い方が確認できたりと非常に便利です。
旅先にスマートフォンを持っていく場合は、事前にダウンロードしておきましょう。

6.海外デスクを活用

いざという時に頼りになるのが、現地の海外サービスデスク。
ほとんどのカードが主要都市に提携するデスクがあり、日本語でも対応できるスタッフを用意しています。
下表はJCBの「JCBプラザ」の所在地ですが、JCBのロゴがついているカードを持っていれば誰でも利用可能です。
現地で困ったことがあったら気軽に訪れてみましょう。

【JCBの旅行デスク所在地(計51都市)】

地域 都市
北米 ホノルル、グアム、サイパン、ロサンゼルス、ラスベガス、サンフランシスコ、ニューヨーク、オーランド、シカゴ、バンクハーバー、トロント
中南米 サンパウロ、リマ、カンクン
アジア ソウル、釜山、台北、北京、上海、香港、大連、シンガポール、クアラルンプール、バリ、マニラ、ジャカルタ、バンコク、ホーチミンシティ、シェムリアップ
オセアニア シドニー、ゴールドコースト、オークランド、ケアンズ、パース、クイーンズタウン、フィジー
ヨーロッパ パリ、ロンドン、ローマ、ミラノ、ジュネーブ、マドリード、バルセロナ、フランクフルト、ウィーン、コペンハーゲン、アムステルダム、ブタペスト、イスタンブール、アテネ
アフリカ カイロ

≫旅行に強いJCBカードの一覧へ


クレジットカード活用術:関連ページ

クレジットカードの海外ショッピング利用や海外キャッシングの手数料について解説
海外旅行でクレジットカードを使えば現金よりもお得にショッピングができたり、キャッシングを利用することで日本円を両替するよりも安く現地通貨を手に入れることができます。 ただ、意外と「手数料」を気にされる方も多いですので、今 […]
JTBやHISの旅行代金をクレジットカードで支払うことは可能!支払いの流れやメリットを解説
JTBやHISなどのツアーに申込むと旅行代金が20万円近くしてしまうことも珍しくなく「クレジットカードで分割で支払いたい」と考える方も多いかと思います。JTBやHISといった大手旅行代理店ではクレジットカードでの支払いに […]
海外旅行保険で本当に見るべきポイント
クレジットカードの魅力の一つに旅行保険があります。 例えば、「海外旅行保険最高3,000万円自動付帯」や「国内旅行保険最高1,000万円利用付帯」といったものです。 これはクレジットカードを持っている(または旅費の一部を […]
海外でキャッシングする方法
海外旅行・出張の際はクレジットカードでのキャッシングが便利なのですが、使ったことがない人の中にはキャッシングの方法を知らないから少し不安だという方もいるでしょう。 そこで当ページでは海外ATMでキャッシングをする方法をご […]
マイルを貯める小技集
小さなマイルも逃さないことが、夢の特典航空券を手に入れるコツです。 少しの手間と工夫でマイルを増やせる、お得な8つの方法をご紹介します。 目次1 JAL航空券は楽天トラベルで!2 楽天市場でマイル3重取り3 アマゾンでJ […]
クレジットカード用語
クレジットカードの用語は、慣れている人と慣れてない人で解釈が異なってしまうことも少なくありません。 また、クレジットカードに慣れてない人にとっては用語自体の意味がよくわからない・・・ということも。 クレジットカードは元々 […]