旅行に強いクレジットカード > セディナカード > セディナカードJiyu!da! > 【完全版】セディナカードJiyu!da!の支払い方法丸わかり:リボ払いやよゆう払い、コンビニ払いを分かりやすく解説

【完全版】セディナカードJiyu!da!の支払い方法丸わかり:リボ払いやよゆう払い、コンビニ払いを分かりやすく解説

【完全版】セディナカードJiyu!da!の支払い方法丸わかり:リボ払いやよゆう払いを分かりやすく解説セディナカードJiyu!da!は年会費無料で使えたり、他のセディナカードよりもポイントアップ対象店が多く、お得度の非常に高いクレジットカードです。

しかし、『リボ払い専用』となっているため「リボ払いって何?」「普通の支払いとどう違うの?」と疑問に持つ方も多いかと思います。

また、セディナカードJiyu!da!の公式サイトを見ると『よゆう払い』や『月々払い』といった他のクレカでは見られない用語も出てくるため、クレカ初心者にとっては少し難しく感じますよね。

そこで今回はそのあたりの用語も解説しながらセディナカードJiyu!da!の支払い方法について詳しく解説していきたいと思います。


セディナカードJiyu!da!の支払いの仕組み

セディナカードJiyu!da!の支払い方法セディナカードJiyu!da!の支払い方法は『月々払い』『よゆう払い』の2つから成り立っています。

月々払いはリボ払いのこと

『月々払い』というのがリボ払いのことを指しています。

【リボ払いとは】
毎月あらかじめ設定しておいた金額分だけを支払う方法のこと。例えば、支払額を1万円に設定しているとき、カードで5万円分の買い物をしても、翌月の引き落としでは1万円しか引き落とされません。

リボ払いを利用すれば「今月お金に余裕がないのカード使いすぎたかも…」というときも焦ることなく対象することができます

また、リボ払いは一括払いと違って利息が発生するのも特徴。セディナカードJiyu!da!の利息の計算方法は以下の通りです。

利息 =前月末リボ払いご利用残高 ×実質年率15.0% ÷12ヵ月

例えば、前月末リボ払いご利用残高が1万円だとすると、利息は『10,000円 ×0.15 ÷12 =125円』となります。

当然ですが、カードを使いすぎるとリボ払いの残高が増えて利息も多くなってしまいますので、使い過ぎには十分注意が必要です。

月々払い(リボ払い)を上手に使いこなす方法

リボ払いの支払い金額を低くしておけば毎月の支払は楽になりますが、利息が増え続けて一生支払いが続く危険性もあります。

そのため、リボ払いの支払い金額をカードの利用限度額いっぱいにまで設定しておくのがポイントです。こうすることによって毎月の支払いが一括払いと同じになり、リボ払い残高を常に0円でキープすることができます。

リボ払い残高を0円にキープできれば利息も発生しませんので、普通のクレジットカードと同じように使うことができます。

【リボ払い残高0円での利息】
0円×0.15 ÷12 =0円

リボ払いの金額は申込時は2万円までしか設定できない

セディナカードJiyu!da!の申込時のリボ払い設定欄
セディナカードJiyu!da!の申し込みページを確認すると、リボ払い設定欄が「5,000円コース」「10,000円コース」「20,000円コース」の3種類のみとなっています。

リボ払いの利息を減らすためには、リボ払いの支払い金額をカード限度額と同じに設定する必要があるため、20,000円までしか設定できないのは困りますよね。

気になってセディナに問い合わせてみたところ、『2万円以上に設定するためには、セディナカードJiyu!da!が手元に届いた状態でアンサーセンターに問い合わせてください』とのことでした。

【アンサーセンター電話番号】

そうすればカード限度額と同じ金額にリボ払いを設定できます。セディナカードJiyu!da!を手に入れた際は、すぐにでも設定しておくことをおすすめします。

よゆう払いは繰り上げ返済のこと

『よゆう払い』というのは、カードの支払い日よりも前に支払いを行うことです。一般的には繰り上げ返済とも呼ばれます。

先ほどの月々払い(リボ払い)の利息は『前月末リボ払いご利用残高』が多いほど増える仕組みとなっています。

そのため、よゆう払いで多めに支払いをしておけば前月末リボ払いご利用残高を減らすことができ、結果的に利息も減らすことができます

セディナカードJiyu!da!のよゆう払いを利用する場合と利用しない場合

よゆう払いは銀行ATMやコンビニ、ネット、銀行振込で支払い可能

よゆう払いの支払い方法は幅広く用意されています。

支払い先 支払い方法
ATM入金 指定金融機関のATMへクレジットカードを差し込み、ご入金。

インターネット入金 OMC PlusのPay-easy(ペイジー)を利用してお客様の口座よりお振込み
Loppi(ロッピー) Loppi(ロッピー)を利用してご入金
銀行振込 楽だデスクにお電話いただき、当社指定口座へお振込み
【楽だデスク(オペレーター対応)】
0120-440-620
※受付時間:9:30〜17:00(1月1日休)
オペレーターへのお問い合わせは(9)を選択してください。

コンビニ払いで気軽に支払える

セディナカードJiyu!da!はコンビニでの支払いにも対応しています。

申込の際に『口座引き落とし』と『コンビニ払い』のどちらか好きな方を選ぶことができますので、コンビニ払いを希望する人は『コンビニ払い』を選んでおきましょう。

コンビニ払いの手数料は以下の通りです。

  • 10,000円未満の支払い:64円(税込)
  • 50,000円未満の支払い:108円(税込)
  • 50,000円以上の支払い:324円(税込)

nanacoでも支払えるのでお得

コンビニ払いのメリットの1つに『nanacoで支払える』というメリットもあります。セディナカードJiyu!da!のコンビニ払いはセブンイレブンも対象店舗となっていますからね。

しかも、セディナカードJiyu!da!で貯められる「わくわくポイント」はnanacoポイントに交換することができます。

わくわくポイントをnanacoポイントに交換

当然、セディナカードJiyu!da!を使うほどnanacoポイントも貯まる仕組みになっていますので、コンビニ払い手数料を上回るメリットがあると言えます。

一括払いや分割払いと比べてデメリットは何?

先ほども少し解説しましたが、一括払いと比べると利息が発生することがデメリットだと言えます。一括払いなら利用した金額分だけが引き落とされますからね。

ただ、リボ払いも支払い金額をカード限度額と同じ額に設定しておけば実質一括払いと全く同じにすることができますので、利息を回避することは全く難しくありません。

また、クレジットカードなら店頭で「分割払いお願いします」と伝えれば複数回に分けた分割払いができます。リボ払いと仕組みが似ていますが、分割払いは2回払いまでなら手数料が無料です。

ただ、3回以上で分割払いする場合はリボ払いとほぼ同じぐらいの利息が発生しますので、特に大きな違いはありません。

支払い日は月末締めの翌月27日払い

支払い日は翌月の27日となります。「月末締め」というのは、『月末までの利用分を翌月の27日請求しますよ』という意味です。

もし1月1日~31日までに3万円を使った場合、2月27日に請求が来ます。

まとめ

以上がセディナカードJiyu!da!の支払いについての解説です。

月々払い(リボ払い)やよゆう払いが一括払い・分割払いと比べると少し特殊なので難しく感じますが、『リボ払いの支払額をカード限度額と同じに設定しておく』たったこれだけで利息による損をなくすことができますので、「解説を読んでみたけどよく分からなかったな」という方も、ぜひやってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする