旅行に強いクレジットカード > マイルを貯める > 効率的なマイルの貯め方

効率的にマイルを貯める8つの方法

マイルはを貯めると飛行機に安くもしくはタダで乗ることができると言われていますが、そもそもマイルとはどんなものかをしっかりと把握できていない人は多いのではないでしょうか?
そこで、マイルのことを詳しく知らない方のために、効率的なマイルの貯め方をご紹介します。

そもそも「マイル(マイレージ)」って何?

正式には「マイレージサービス」。
そもそもは、航空会社のリピーターを獲得するために、会員旅客に対して搭乗距離に応じたポイント=マイルを付与し、積算マイルに応じて無料航空券や割引航空券、座席アップグレードなどの提供をしています。
世界で初めて提供したのはアメリカン航空で、1981年に開始して、わずか1年で100万人の会員を獲得しました。
現在は搭乗だけではなく、提携カードの使用などでもマイルが貯まる仕組みが作られ、ショッピング利用などでマイル「陸マイラー」も増えています

【マイルを貯める主な3つの方法】

  1. 飛行機に乗る
  2. 提携クレジットカードを利用
  3. 他のポイントから交換

まずはマイレージサービスに登録しよう!

マイレージを貯めるには、航空会社のマイレージサービスに参加しなければなりません。
入会は無料がほとんどです。
日本では、JALANAがメジャーとなっているので、その2社が選択肢となるでしょう。
マイレージのリアルタイムの積算数は、各社マイレージサービスのサイトで確認できます。

JALマイレージバンク

提携カードのサービス内容などを分かりやすく説明しているのが特徴です。
マイル初心者でも理解しやすく、WEB限定の特典航空券ディスカウントマイル情報も!

ANAマイレージクラブ

サービスの説明からマイルの貯め方、提携クレジットカードについて紹介しています。
キャンペーン情報についてもリアルタイムで更新しています。

一般カードで陸マイルを貯める

航空会社の提携カードを持たなくても、マイルを貯めることは可能です。
飛行機にもほとんど乗らない「陸マイラー」なら、年間コストが安い一般カードで貯めた方がお得です。

例えば「漢方スタイルクラブカード」は、貯めたポイントを500ポイント単位でANAマイルに移行できるカード。
還元率は1.05%と通常のANAカードにも劣らず、マイル移行手数料は無料といいことずくめです。
nanacoチャージでポイントが貯まるのも、航空会社カードにはないメリットとも言えます。

また「エクストリームカード」は「ANA To CARD PASMO JCB」との二枚持ちで真価を発揮するカード。
ソラチカカードのメトロ会員に登録したうえで、普段の買い物にはエクストリームカード使う。

この方法で、貯めたポイントをエクストリームカードポイント→Gポイント→メトロポイント→ANAマイルの順に移行させると、還元率は1.35%にも達します。
さらに年間30万円以上の利用で年会費も無料になります。

航空会社カードで陸マイルを貯める。JALカードとANAカードの違いをチェックしよう

マイルを貯める王道は、JALカードやANAカードなどの航空会社提携カードを持つことです。
飛行機に乗るたびにボーナススマイルがもらえたり、特約店で使うと2倍のマイルがもらえたりと、航空会社ならではの特典も多いです。
なので、本格的にマイルを貯めるなら、作っておくのがおすすめです。

では、JALカードとANAカードはどう違うのでしょうか?
年会費は横並びですが、大きな違いは一部カードの積算率を1%(通常の積算率は0.5%)にするための手数料です。
JALカードは年間3,240円で一律ですが、ANAカードは国際ブランドによって異なります(JCBは年間2,160円、VISAとMasterCardは年間6,480円)。

また、提携企業にも注目したい。
例えば小田急線沿線在住なら、小田急グループとの提携カードを発行しているJALがお得です。

一方、東京メトロをよく使うならANAのほうが貯まりやすいです。
WAONユーザーなら、WAONチャージで貯まるJALカードの方がいいでしょう。

【JALカードの特徴】

  • 直接マイルが貯まる
  • 普通カードの年会費は2,160円(JALアメリカン・エキスプレス・カードのみ6,480円)
  • マイル積算率は0.5%または1%(別途年間3,240円が必要)の2パターン
  • 入会後初搭乗時、毎年初搭乗時にボーナスマイルが貯まる
  • JR東日本、東急、小田急などの提携カードを発行

【ANAカードの特徴】

  • ポイントをマイルに移行
  • 一般カードの年会費は2,160円(ANAアメリカン・エキスプレス・カードのみ7,560円)
  • マイル付与率は0.5%または1%(一部、別途年間2,160円~6,480円が必要)の2パターン
  • 入会時、毎年カード継続時にボーナスマイルが貯まる
  • JR東日本、東急、東京メトロなどの提携カードを発行

サイトを経由するだけ!ネットショップで陸マイルを貯める

ネットショッピングをする際に肝心なのは、「特定のサイト」を経由することです。
各ショッピングサイトを訪れる前に、いったん「JMBモール」や「ANAマイレージモール」を経由する。
たったこれだけで、購入金額に応じたマイルが加算されます。

例えば、ANAマイレージモールを経由して楽天市場で1万円分の買い物をすると50マイル(200円=1マイル)が付与されます。
加えて、決済時にANAカードを使うと100マイル(100円=1マイル/1,000円=10マイルコースを選択した場合)を獲得できます。

さらに、楽天スーパーポイントが100ポイントが貯まり、このポイントも50マイルに移行できます。
これで、マイルの3重取りが達成されます。

1万円の買い物で合計200マイル貯まるのですから、見逃せません。

共通ポイントをマイルに交換する

TポイントやnanacoポイントはANAのマイルに、PontaポイントはJALマイルに移行できるので、積極的に活用しましょう。
ただし、移行の際にはポイントの価値が目減りするので注意してください。

また、直接移行するよりも複数のポイントサイトを経由したほうがお得な場合もあります。
ポイ探」で移行方法をチェックしておきましょう。

ポイント名 JAL ANA
Tポイント × 500ポイント→250マイル
Pontaポイント 2ポイント→1マイル
※交換には「JMBローソンPontaカードVISA」が必要
×
nanacoポイント × 500ポイント→250マイル
Gポイント 30ポイント→10マイル 30ポイント→10マイル
ネットマイル 1200ポイント→200マイル 540ポイント→100マイル
PeXポイント 4,000ポイント→100マイル 3,500ポイント→100マイル

特約店を使って2倍のマイルを稼ぐ!

JALマイラーならマイルが通常の2倍貯まる「JALカード特約店」、ANAマイラーならマイルが1.5~2倍貯まる「ANAカードマイルプラス加盟店」の利用がお得です。
どちらもコンビニやスーパー、ドラッグストア、ガソリンスタンドなど、生活に密着した有名店が数多く参加しています。
毎日の買い物には、できるだけこうした店を利用しましょう。

【JALカードの特約店】

コンビニ ファミリーマート
スーパー・デパート イオン、大丸、松坂屋、プランタン銀座、岩田屋、丸井今井など
カフェ・レストラン ロイヤルホスト、三笠会館、ぼてじゅうなど
その他 紀伊国屋書店、エネオス、ハックドラッグ、ノジマ、メガネストアー、スポーツオーソリティなど

【ANAカードマイルプラス加盟店】

コンビニ セブンイレブン、ココストアイースト
スーパー・デパート 高島屋、大丸、松坂屋、阪急百貨店、阪神百貨店
カフェ・レストラン スターバックス
その他 エネオス、出光、アイシティ、マツモトキヨシ、ニッポンレンタカー

JALカードからWAONへチャージ

電子マネー「WAON」をよく使うなら、JALカードの利用が絶対お得!
JALカードは、WAONへのチャージでマイルを貯められる唯一のクレジットカードです。

ほかに用意するものは、年会費無料の「JMB WAONカード」またはおサイフケータイのアプリ「モバイルJMB WAON」。
これを対象のJALカードと紐付けると、チャージ時に100円=1マイル(JALカードショッピングマイル・プレミアム入会時)が貯まる仕組みです。

さらに、WAONでの支払い時には200円=1マイルが貯まるので、合計で200円=3マイルが貯まる計算になります。
ただし、チャージでマイルが貯まるのは2015年3月31日までのキャンペーンで、以降の継続は未定です。
また、一部のJALカードは対象外なので注意しましょう。

ホテルやレストランのクチコミ投稿で最大毎月600マイル!

世界中の旅行者のクチコミを集めた「トリップアドバイザー」。
このサイトにクチコミを投稿すると、3件につき150マイルがもらえます。

クチコミの内容はホテル、レストラン、観光スポットのどれでもOKですが、3件のうち1件はホテルを含むことが条件です。
毎月最大600マイル(クチコミ12件)まで獲得できるので、旅行から戻ったら早めに投稿しておきましょう。

なお、投稿前にウェブサイトからのキャンペーン参加が必須です。
また、JALとANAのうち、どちらか一つにしか参加できないので注意しましょう。

国内線に乗るたびにデルタ500マイルをGET!

日本国内線に乗るたびに、デルタ航空のマイル(スカイマイル)が500マイルもらえる。
そんな夢のようなキャンペーンが実施されています。

ニッポン500マイル・キャンペーン」は、国内に定期運航しているすべての航空会社・運賃・路線が対象。
JAL、ANAはもちろん、スカイマークやLCCでもOKで、特典航空券で利用した場合でもマイルがもらえます。

参加するには、スカイマイル会員への登録(無料)が必須です
まずは、デルタ航空のホームページから登録手続きをしましょう。

期間 ~2016年3月31日
対象路線 日本国内定期路線(すべての航空会社・運賃・クラス)
獲得マイル 片道フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイル。
期間中、最大10フライト分まで(一般会員の場合)
参加方法 デルタ航空ホームページからボーナスマイル加算申請フォームを印刷
必要事項を記入し、搭乗券(半券)のコピーを貼付する
デルタ航空ニッポン500マイル・キャンペーン係(FAX:03-3505-2721または03-3505-2751)へ送る

効率的なマイルの貯め方:関連ページ

航空系クレジットカード一覧
クレジットカードは利用悪に応じてマイルを貯めることができますが、航空系クレジットカードなら飛行機に乗るタイミングでも追加でマイルを貯めることができるので、旅行や出張で飛行機に乗る機会が多い人ほどお得になることができます。 […]
JALマイルが効率よく貯まるおすすめクレジットカード
JALマイルを効率よく貯める方法は「飛行機に頻繁に乗るか?」「ショッピングなどをメインに貯めるのか?」によって変わり、選ぶべきクレジットカードも変わってきます。JALを頻繁に利用する場合はJALカードでもたくさんJALマ […]
ANAマイルが効率よく貯まるおすすめクレジットカード
当ページでは、ANAマイルが効率よく貯まるおすすめのクレジットカードをご紹介しています。前回は航空会社を限定せずに「マイルの貯まりやすさ」に絞っておすすめのクレジットカードをご紹介しましたが、今回はANAマイルを貯めるこ […]
普段のショッピングや光熱費の支払いでマイルがザクザク貯まるおすすめクレジットカード
マイルが貯まれば航空券の代金として使ったり、ビジネスクラスやファーストクラスへの席のグレードアップに使え、旅行をより快適なものにすることができます。 マイルは飛行機に乗ったときのボーナスで貯めることもできますが、クレジッ […]
飛行機にあまり乗らない人が効率よくANAマイルを貯められるカード
普段のショッピングや光熱費などの支払いでもANAマイルを貯められるのがクレジットカードのメリット。『陸マイラー』という言葉があるように、飛行機に乗る機会が少なくてもしっかりとマイルを貯めることができ、カードによっては年1 […]
飛行機にあまり乗らない人が効率よくJALマイルを貯められるカード
「飛行機にはあまり乗らないけど、年1回の旅行でJALを利用するためにマイルを貯めたい」という方におすすめのクレジットカードをご紹介します。 クレジットカードならショッピングや光熱費の支払いなどで貯めたポイントをJALマイ […]
効率的なマイルの使い方
マイルを貯めると格安で飛行機に乗れることは知っている人が多いのですが、実はマイルの使い方はそれだけではありません。 もちろん、「飛行機に格安で乗りたい」という人にとってはありがたいものです。 しかし、「忙しくて飛行機にあ […]