旅行に強いクレジットカード > エポスゴールドカード > 旅行に万能な1枚!エポスゴールドカードのメリット・デメリット

旅行に万能な1枚!エポスゴールドカードのメリット・デメリット

旅行に万能な1枚!エポスゴールドカードのメリット・デメリットマルイのクレジットカードとして有名なエポスカードのゴールドカードにあたるのがエポスゴールドカード。格安な年会費でありながらポイント還元率が高く、海外旅行保険も充実、国内・海外限らず優待割引が用意されているなど総合的にスペックの高いクレカとなっています。

当サイトは旅行(と出張)に関連するクレジットカードのメリット・デメリットを紹介していますので、今回はエポスゴールドカードをそういった視点からご紹介していきたいと思います。


エポスゴールドカードの特徴(メリット)

エポスゴールドカードの詳細 年会費 5,000円 条件付無料
国際ブランド VISA
旅行保険 海外:1000万円(自動付帯)
ポイント 100円⇒0.5P(エポスポイント)
マイル還元率 ANA:0.3%
  • 年間50万円以上の利用で年会費永年無料
  • 年会費無料で国内空港ラウンジを使うことも可能
  • 全国1万店舗以上で優待特典あり

ゴールドカードなのに年会費が安い!条件クリアで年会費無料も可能

エポスゴールドカードの最大の特徴はゴールドカードでありながら年会費が5,000円と安く、条件をクリアすればずっと年会費無料で持つことができることです。

【年会費無料の条件】

  • 年間利用金額が50万円以上
  • エポスカードからのインビテーション

エポスゴールドカードは年間利用金額が50万円を超えると、翌年度以降は年会費無料で持つことができます。一部の支払いは例外となるものの、光熱費や家賃、携帯料金など毎月の支払いに使えば50万円を超えることは難しくありませんので、誰でも年会費無料にできるチャンスがあります。

また、エポスカードからのインビテーション(招待)であれば、最初から年会費無料で持つことができます。インビテーションの条件も「エポスカードで年間利用金額が50万円を超える」となっていますので、おそらく達成できない方はいないでしょう。

年会費無料のゴールドカードはなかなか存在しませんから、これがあることによって付帯されている特典やポイントの貯まりやすさの見方が変わってきます。

ポイント還元率が高く有効期限も無制限

エポスゴールドカードの通常ポイント還元率は0.5%(200円=1ポイント)です。

しかし、マルイやモディで使えば2倍の200円=2ポイントで、選べるポイントアップショップを利用すれば対象ショップで3倍の200円=3ポイントでエポスポイントを貯めることができます。

【選べるポイントアップショップとは】
300以上のいろいろなショップから、よく利用するショップを最大3つまでエポスNetから登録するだけで、エポスカードご利用時のエポスポイントが『最大3倍』になるエポス会員専用サービス。Amazonや楽天市場、楽天トラベル、じゃらん、Expedia、ユニクロ、カラオケ館、スタバ、東横イン、イオン、ローソン、セブンイレブンなど、あらゆるショップが対象となっています。対象ショップはこちら

貯めたポイントはマルイでのショッピング割引や通販での割引、ギフトカードへの交換、マイルや他社ポイントへの移行に使えますので、使い道に困ることはありません。有効期限も条件なしの無制限

ボーナスポイントがあるから実はマイルも貯めやすい

エポスゴールドカードには利用金額に応じたいボーナスポイントが存在します。

年間利用額 金額に応じたポイント ボーナスポイント 合計獲得ポイント
50万円 通常:2,500ポイント
リボ払い:5,000ポイント
2,500ポイント 通常:5,000ポイント(還元率1.0%)
リボ払い:7,500ポイント(還元率1.5%)
100万円 通常:5,000ポイント
リボ払い:10,000ポイント
10,000ポイント 通常:15,000ポイント(還元率1.5%)
リボ払い:20,000ポイント(還元率2.0%)

※:100万円以上はボーナスポイント10,000ポイントで固定

100万円以上利用すればポイント還元率を1.5%~2.0%まで引きあげることができます。ゴールドカードは特典の内容が良くても意外とポイント還元率が高くないものも多いですので、ポイントをたくさん貯めたい人にとってはかなりおすすめの1枚だと言えます。

貯まったポイント割引やギフトカードへの交換に使うのもいいですが、旅行好きならANAマイルまたはJALマイルへの交換に使うのもおすすめです。

【100万円で貯まるマイル数】

  • エポスゴールドカード:100万円で9,000マイル or 12,000マイル
  • ANA一般カード:100万円で5,000マイル or 10,000マイル
  • JAL普通カード:100万円で5,000マイル or 10,000マイル

本家ANAカードやJALカードよりもマイル還元率が高いため、陸マイラーであればエポスゴールドカードの方が効率よくマイルを貯めることができます。ポイントの有効期限が無制限であることも考えても、相性はこちらの方が上です。

国内空港ラウンジが使える

エポスゴールドカードには国内空港ラウンジの無料利用特典が付帯されています。旅行や出張での長い飛行機の待ち時間を専用のラウンジでゆっくり過ごすことができます。ラウンジによっては電源を完備した席も用意されていますので、仕事をしながら過ごすこともできますよ。

ゴールドカードならば一般的な特典ではありますが、「年会費無料のクレジットカードで国内空港ラウンジが使える」と考えれば希少性はかなり高いと言えます。

海外旅行保険が充実している

傷害死亡・後遺障害 1,000万円
傷害治療補償 300万円
疾病治療補償 300万円
救援者費用 20万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 100万円

エポスゴールドカードはゴールドカードの中でも特に海外旅行保険が充実しており、一番利用頻度の高い「傷害治療補償(ケガの治療費を補償)」と「疾病治療補償(病気の治療費を補償)」の項目が300万円まで補償されています。一般的なゴールドカードは200万円ほどですので、100万円も多い計算になります。

傷害死亡・後遺障害の項目は1,000万円とやや少なめですが、使うことはほとんどありませんので気にする必要はないでしょう。

付帯条件は自動付帯となっていますので、エポスゴールドカードを持っているだけで保険が適用されます。キャッシュレスにも対応しているため、現地での診察料や手術費用、入院費用はエポスゴールドカードで支払うことができます(エポスが指定する病院へ行く必要がありますので、必ず先にサポートデスクに電話しましょう)。

エポトクプラザで国内・海外問わず飲食・宿泊施設の割引優待がある

エポス会員専用の優待サイト「エポトクプラザ」では様々な飲食・宿泊施設で割引優待が用意されています。

旅行関係だけで見ても「タイムズレンタカーの25%割引」「H.I.S.でポイント5倍」「日本旅行でポイント5倍」「ホテルでの宿泊料金割引や部屋のグレードアップ」「観光スポットでの入場料無料」などがあり、お得な国内旅行を楽しむことができます。

海外ではタイ・ハワイ・台湾・韓国の4ヶ所で割引優待が用意されています。詳しくはこちら

エポスカードのデメリット

国内旅行保険が付帯されていない

海外旅行保険は充実していますが、国内旅行保険については一切付帯されていません。ゴールドカードであれば国内旅行保険が付帯されているものが普通ですので、この点はデメリットと言えます。

家族カードがない

エポスゴールドカードには家族カードが用意されていません。

一応、エポスファミリーゴールドという代替サービスによって二親等以内で18歳以上(高校生を除く)の他の家族10人まで紹介することは可能ですが、普通のクレジットカードと同じように本人の信用情報で審査されますので普通に落とされることもあります。学生であったり専業主婦の方だと落とされる可能性もありますので、注意しておきましょう。

ポイントに関しては普通の家族カードのようにシェアしあえますし、家族合計の年間利用金額に応じてファミリーボーナスポイントを貰うこともできます。

家族の合計年間利用金額 ファミリーボーナスポイント
100万円以上 1,000P
200万円以上 2,000P
300万円以上 3,000P

300万円以上利用すれば合計で6,000ポイント貰うことができます。

エポスカードゴールドのスペック

カード名 エポスゴールドカード
カードデザイン エポスゴールドカードの詳細
申込資格 年齢20歳以上で安定した収入のある方
年会費 5,000円 条件付無料
家族カード
ETCカード 無料
発行期間 通常2~3週間
国際ブランド VISA
マイル ANAマイル 1ポイント⁼0.6マイル(1000ポイント以上600マイル単位)
JALマイル 1ポイント⁼0.5マイル(1000ポイント以上500マイル単位)
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 最大1,000万円
傷害治療補償 300万円
疾病治療補償 300万円
救援者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
国内旅行保険
利用限度額
キャッシング手数料 18.00%
電子マネー
ポイント還元率 0.50%~2.0%

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする