旅行に強いクレジットカード > JALカード > JAL普通カード > JAL普通カードの特徴やマイルの貯まりやすさを解説!他のJALカードと比較して誰におすすめ?

JAL普通カードの特徴やマイルの貯まりやすさを解説!他のJALカードと比較して誰におすすめ?

JAL普通カードの特徴やマイルの貯まりやすさを解説!他のJALカードと比較して誰におすすめ?JALが発行する一般カードがJAL普通カード。年会費も安く、JALマイルを貯めるための入門用クレジットカードとして用意されています。

今回はJAL普通カードの特徴やマイルの貯まりやすさ、他のJALカードと比較して本当にお得になれるのか?ということについて解説していきたいと思います。


JAL普通カードの特徴

JALカード 普通カードの詳細 年会費 2,000円 初年度年会費無料
国際ブランド VISA/Master/JCB
旅行保険 海外/国内:最高1000万円(自動付帯)
ポイント
マイル還元率 JAL:0.5%~1.0%
  • 一番スタンダードなJALカード
  • 初年度年会費無料、次年度も2000円と格安で持ちやすい
  • 入会・搭乗時にボーナスマイルあり

JAL普通カードの特徴は『JALマイルの貯まりやすさ』です。通常のクレジットカードでは利用金額に応じて貯めたポイントをJALマイルに交換しなければいけませんが、JAL普通カードの場合はポイント交換なしで直接JALマイルを貯めることができます

JAL普通カードなら直接JALマイルが貯まる

JAL普通カードでは200円利用ごとに1JALマイルを貯めることができます。

ポイント経由でJALマイルを貯められるクレジットカードはたくさんありますが、基本的にポイントを経由すると還元率は落ちてしまい、還元率0.5%や0.3%ほどになってしまいます。また、交換手続きなどの手間を考えれば、直接JALマイルを貯められるJAL普通カードは使い勝手もいいと言えます。

マイル関連の特典

さらに、JALマイルが貯まりやすい特典に以下のようなものがあります。

JALカードショッピングマイル・プレミアムでマイルの貯まりやすさ2倍に

JALカードショッピングマイル・プレミアムの詳細
JALカードショッピングマイル・プレミアムというプログラムに入会することで、JALマイルが100円利用ごとに1マイル貯められるようになります。ポイントの貯まりやすさは2倍に。

年会費は別途3,000円(税別)必要となりますが、年に30万円以上カード利用すれば年会費3000円分の元をマイルでゲットできます。光熱費や家賃などの支払いにJALカードを設定しておけば年30万円は簡単に越えられますので、誰でもお得にマイルを貯められます。

JALカード特約店でもマイルの貯まりやすさ2倍に

JALカード特約店の例
JALグループの航空券やJAL/JTA機内販売などをはじめ、特定のホテルやレストラン、ショッピング店でJAL普通カードを使うと、200円利用ごとに2マイル貰うことができます。JALカードショッピングマイル・プレミアムと組み合わせれば、200円で4マイルも貯められますので、JALマイラーにとっては非常に強力な1枚となります。

JALカード特約店はファミリーマートなど普段利用するお店も多いですので、こちらも簡単にお得になることができます。

定期的にマイルが貯まるフライトボーナスマイル

貰えるマイル数
入会搭乗ボーナス(1回のみ) 1,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル
搭乗時ボーナス フライトマイルの10%プラス

JALカードであればボーナスマイルとして、上記のタイミングでJALマイルを受け取ることができます。

JALカード ツアープレミアムに加入すれば区間マイルの100%マイルが貯まる

JALカード ツアープレミアムの詳細
通常のフライトマイルは50%~75%ですが、JALカード ツアープレミアム(年会費2,000円)に加入すればフライトマイルを100%にまで引き上げることができます。パッケージツアーはもちろん、国内線の「先得」も対象となります。

JALカード ツアープレミアムの例

JAL陸マイラーも愛用!イオンでさらにマイルが追加で貯まる

JALカードはWAONのチャージや支払いでもマイルが貯まる
JAL普通カードとJMB WAONカードを持っていれば、WAONのチャージや支払いでもマイルを追加で貯めることができます。

JAL普通カードからJMB WAONカード(またはモバイルJMB WAON)にチャージをすると100円ごとに1マイルを、JMB WAONカード(またはモバイルJMB WAON)で支払いをすると200円ごとに1マイルを貰うことができます。

イオンはもちろんファミリーマートやローソンなど身近なコンビニでもWAONを使うことができますので、簡単にマイルを貯めることができます。陸マイラーの定番手法ですから、普段使いでJALマイルを貯めたい人にはかなりおすすめです。

その他の旅行関連特典

機内販売割引

JAL/JTA機内販売商品が10%割引になります。

空港店舗・免税店での割引サービス

以下の店舗でJALカードを提示するだけで割引になります。JALカードで支払ってもいいですし、現金で支払っても割引で購入することができます。

空港 対象店舗 サービス内容
国内空港 BLUE SKY 1,000円以上で5%割引
那覇空港/石垣空港 コーラルウェイ 1,000円以上で10%割引
関西国際空港 <アプローズ3階店 アプローズ2階店 アプローズゲートショップ/td>

1,000円以上で5%割引
YOUR WRAP 600円~1,000円の料金から一律50円引き(荷物1個あたり)
羽田空港/成田空港 空港免税店 5%割引

ホテルニッコー&JALシティの割引・特典

ホテルニッコー&JALシティの割引・特典
世界のどこでも、日本のおもてなしと優雅なひとときを提供する「ニッコー・ホテルズ・インターナショナル」、質の高い快適なひとときをお約束する「ホテルJALシティ」では、お得な宿泊プランや特典が用意されています。1泊あたり200マイル~1,000マイル積算されますので、旅行中にもJALマイルを貯められます。

JALパックの割引

国内・海外パッケージツアーが最大5%の割引になります。

JALビジネスきっぷ

JALビジネスきっぷの詳細
JALビジネスきっぷは、当日の予約・変更が可能な航空券購入サイトです。JALカード会員のみが利用することができ、「当日の航空券購入」「区間マイルが普通運賃と同じだけたまる」「同一区間であれば、往復でも同一方向2回でも利用可能」といったメリットもあります。

JAL普通カードの旅行保険はあまり意味がない

JALマイルが気軽に貯めやすいJAL普通カードですが、デメリットもあります。それが『旅行保険』

JAL普通カードの海外旅行保険と国内旅行保険の中身を見てみると

海外旅行保険 死亡・後遺障害 1,000万円
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用
ショッピング保険
国内旅行保険 死亡・後遺障害 1,000万円
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金

一番利用頻度の高い『傷害治療補償(ケガの治療費を補償)』と『疾病治療補償(病気の治療費を補償)』の項目が一切保証されませんので、飾りのようなものです。

海外へ行くときは空港で加入できる掛け捨ての海外旅行保険や海外旅行保険が充実したクレジットカードを持っておきましょう。

他のJALカードと比較して誰におすすめか解説

JALカードにはJAL普通カード以外にもJAL CLUB-AカードJAL CLUB-Aゴールドカードなどがあります。このあたりのカードと比較するとどのJALカードが一番お得か分からなくなりがちですが、選び方のポイントとしては「年に何回JAL飛行機を利用するか?」という部分になります。

JAL CLUB-AカードやJAL CLUB-Aゴールドカードなど、上位のJALカードになるほど搭乗ボーナスが多くなりますが、ショッピングで貯まるマイルに関しては変わりません。JAL CLUB-Aカードでも200円利用ごとに1マイル(ショッピングマイル加入時は100円=1マイル)ですし、JAL CLUB-Aゴールドカードは100円=1マイルですが年会費16,000円と高めですので、あまりJAL飛行機に乗らない人にとってはコストの方が大きくなりやすいです。

年3回以下の搭乗ならJAL普通カードがちょうどいいです。

JAL普通カードはJALカードの基本的なサービスを利用できる入門用カードでありながら、実は年会費以上のメリットを得やすいクレジットカードですので、初めてのJALカードとしておすすめです。

JAL普通カードのスペック

カード名 JAL普通カード
カードデザイン JAL普通カードの詳細
申込資格 年齢18歳以上で電話連絡可能な方(高校生を除く)
年会費 2000円 初年度年会費無料
家族カード 1000円/1枚
ETCカード 年会費無料
発行期間 通常4週間
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
マイル ANAマイル
JALマイル 200円=1マイル
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 1000万円
傷害治療補償
疾病治療補償
救援者費用 100万円
賠償責任
携行品損害
国内旅行保険 傷害死亡・後遺障害 1000万円
入院日額
通院日額
利用限度額 最高50万円まで
キャッシング手数料 18.00%
電子マネー 楽天Edy、WAON
ポイント還元率 0.5%~1.00%
LINEで送る
Pocket

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。




スポンサードリンク