旅行に強いクレジットカード > イオンカード > イオンJMBカード > JALカードとイオンJMBカードの違いを解説!マイルを貯めるならどっち?

JALカードとイオンJMBカードの違いを解説!マイルを貯めるならどっち?

一般的なJALマイルが貯まるクレジットカードと言えばJALカードですが、JALカードにはいくつか提携カードが存在します。イオンJMBカードもその一つ。

イオンJMBカードはJALとイオンが提携したクレジットカードであり、電子マネーWAONを200円利用するごとに1マイル貯められるのが特徴です。しかし、あくまでも「イオンカード」という立場ですので、ボーナスマイルやJALカード割引特典航空券、ショッピングマイル・プレミアムなどJALカードの特典は利用することができません

ここがJALカードとイオンJMBカードの大きな違いとなります。


JALカードでできるのにイオンJMBカードではできないこと

  • 家族プログラムが使えない
  • ボーナスマイルが貰えない
  • JALカード割引特典航空券が使えない
  • WAONへのクレジットチャージ分はマイル積算対象外
  • WAONへのオートチャージ分はマイル積算対象外
  • ショッピングマイル・プレミアムが使えない
  • ツアープレミアムが使えない
  • 旅行保険が付帯されていない
  • JALビジネスきっぷが使えない
  • BLUE SKYなど対象店舗での割引
  • 対象店舗でのマイル2倍付与

具体的な内容で見ると、ザっとこのような違いがあります。

家族プログラムが使えない

JALカードには「JALカード家族プログラム」と呼ばれるサービスが用意されており、家族カードで貯めたマイルを特典航空券などに交換するタイミングで合算することができます。手数料なども一切かからないため、家族みんなでJALマイルを貯める際には必須のサービスだと言えます。

しかし、イオンJMBカードではJALカード家族プログラムを利用することができません。家族カードは発行できますが、こちらも家族会員のJMBお得意様番号の口座にマイルが貯まってしまいますので、事実上合算は不可能です。

ボーナスマイルが貰えない

JALカードには「入会搭乗ボーナス」「継続搭乗ボーナス」「区間基本マイルの追加」の3つのボーナスマイルがあります。継続搭乗ボーナスだけでも毎年1,000マイル~2,000マイル貰えるため、JALマイラーにとっては魅力的なサービスだと言えます。

しかし、イオンJMBカードにはボーナスマイルが付与されていません。現金に換算すると10万円~40万円の差が毎年出ますから、年会費を考慮してもJALカードの方がお得度は高いです。

JALカード割引特典航空券が使えない

JALカード割引特典航空券の詳細
JALカードを持っていれば通常よりも少ないマイル数でマイルと航空券を交換することができます。こちらもJALマイラーにとっては魅力的な特典ですので、付帯されていないのは残念ですね。

WAONへのクレジットチャージ分はマイル積算対象外

JAL普通カードJAL CLUB-Aカードなど特定のJALカードを使ってJMB WAONカードにクレジットチャージをすると、200円チャージごとに1マイル貰うことができます。

しかし、イオンJMBカードは対象外ですので、WAONへクレジットチャージしてもマイルは貯められません。

JALカードとJMB WAONカードの組み合わせなら『クレジットチャージ』と『WAONの利用』でマイルの2重取りができることを考えると、クレジットチャージで貯まらないのは残念。せっかく毎月5日・15日・25日の「お客さまわくわくデー」で貰えるマイルが2倍になるわけですから、クレジットチャージでもマイルが貯まるようになれば最強のカードになれるのにもったいないです。

WAONへのオートチャージ分はマイル積算対象外

クレジットチャージと同じくオートチャージでもマイルを貯めることはできません。

ショッピングマイル・プレミアムが使えない

ショッピングマイル・プレミアム(年会費3,000円)に加入すれば、通常利用で貰えるマイル数が2倍(100円=1マイル)になります。陸マイラーに限らずJALカード保有者の8割が加入している定番のサービスですが、イオンJMBカードはイオンカードであるためショッピングマイル・プレミアムに加入することができません。

このことからも分かるように、イオンJMBカードはイオン限定でJALマイルを貯めるサブカードとして使うのが一番効率がいいです。

光熱費や家賃の支払い、普段の買い物でマイルを貯めるならJALカードの方がたくさんマイルが貯まります。

ツアープレミアムが使えない

ツアープレミアム(年会費2,000円)に加入すれば、JAL搭乗時に区間基本マイルを100%追加してもらえます。単純に飛行機に乗った時のマイルが2倍以上になるわけですから、JALをたくさん利用する場合は加入しておかないと損です。

旅行保険が付帯されていない

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険・国内旅行保険を使えば万が一の事故や病気で発生する治療費を補うことができますが、イオンJMBカードには一切付帯されていません。エポスカードのように年会費無料で海外旅行保険が充実しているクレカで補うことは可能ですが、「なるべく少ない枚数にしたい」という場合はデメリットになりますね。

JALビジネスきっぷが使えない

JALビジネスきっぷの詳細
JALビジネスきっぷは当時の予約・変更に対応してもらる航空券のこと。使う人は限られるかと思いますが、イオンJMBカードでは使うことができません。

BLUE SKYなど対象店舗での割引

JALカードを持っていれば機内販売やBLUE SKYなど対象店舗で割引価格で購入することができます。割引になるのはJALに関係する店舗だけですので、年に1回ぐらいしか利用しない人にとってはそこまで大きなデメリットではないかもしれませんが、旅行好きや出張の多い方にとっては損になるポイントです。

対象店舗でのマイル2倍付与

割引だけではなくマイルが2倍で貰える特典もあります。こちらは航空券購入だけではなくファミリーマートやイオン、ENEOSなど様々な場所が対象となりますので、普段使っているお店でマイルがたくさん貰える方も多いかと思います。

参考:JALカード特約店

ショッピングマイル・プレミアムに加入していれば100円=2マイルで貯まるわけですから、陸マイラーにとってはかなりありがたいですね。

イオンJMBカードは、たまにJALを利用するライトユーザー向けカード

ここまでの紹介でも分かるように、イオンJMBカードは本家JALカードと比べるとJALマイルは貯まりにくいです。本気でJALマイルを貯めたい場合は、迷わず本家JALカードを選ぶべき。

では、どんな人がイオンJMBカードを持つべきかというと「普段はあまり飛行機を使わないけど、たまに帰省でJALを使う」というようなライトユーザーです。

イオンJMBカードは年会費無料で持つことができますし、イオンJMBカード1枚で支払いができ、マイルを貯めることもできます。本家JALカードは一番スタンダードなカードでも年会費がかかりますし、イオンで効率よくマイルを貯めるためにJMB WAONカードを別途用意する手間もかかります。

本気でJALマイルを貯めたい人であればそこまで苦にはなりませんが、「たまに乗る飛行機がちょっとだけお得になればいい」ぐらいの方はイオンJMBカードがちょうどいいかと思います。

イオンJMBカードの詳細 年会費 無料
国際ブランド VISA/Master/JCB
旅行保険
ポイント
マイル還元率 JAL:0.5%~1.25%
  • ショッピング利用200円=1マイル貯まる
  • WAON利用200円=1マイルで貯まる
  • 毎月5日・15日・25日はマイルが2倍!

【JALカードについてはこちら!】

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする