旅行に強いクレジットカード > JALカード > JALカード VS ANAカード!どっちの方がお得に使えるか比較

JALカード VS ANAカード!どっちの方がお得に使えるか比較

JALカード VS ANAカード!どっちの方がお得に使えるか比較航空系クレジットカードの定番がJALカードANAカード。クレジットカードについて詳しくない人にとっては、いまいち違いが分かりにくいかと思います。

そこで今回はJALカードとANAカードをマイルの貯まり方や移行手数料を比較しながら、どちらの方がお得なのかについて解説していきたいと思います。

ちなみに先に結論を言っておくと、一番お得になるのは「いつも使っている航空会社のカードを使う」という方法です。


搭乗、買い物、入会・継続!マイルが貯まるタイミングは3つ

クレジットカードでマイルが貯まるタイミングは搭乗時のフライトマイルの追加と買い物時の決済と入会や継続のボーナス
マイルの貯まるタイミングには「搭乗時」「買い物時」「入会・継続時」の3つがあります。JALカードとANAカードを比較する場合は、この3つをポイントに比較すると判断しやすいです。

搭乗時のマイルは「区間基本マイル」×「運賃種別ごとに決まっている積算率」で決まる

搭乗時のマイルは「区間基本マイル」×「運賃種別ごとに決まっている積算率」で決まる
飛行機に乗ると貯まるマイル数は「区間基本マイル」×「運賃種別ごとに決まっている積算率」によって算出されます。

搭乗区間(東京発) JAL ANA
大阪 280 280
札幌 510 510
名古屋 193 193
福岡 567 567
沖縄(那覇) 984 984
釧路 555 555
青森 358 358
グアム 1,561 1,561
ケアンズ 3,651 3,651
ソウル 758 758
タイペイ 1,330 1,330
ニューヨーク 6,723 6,723

上記はJALとANAの区間基本マイルですが、どちらも違いはありません。この他の目的地であっても区間基本マイルが変わることはありませんので、両社ドローということになります。

積算率 JAL ANA
100% 普通運賃/往復割引/ビジネスきっぷ 往復運賃/ビジネスきっぷ
75% 先得割引/特便割引/株主割引 特割/旅割/株主優待割引
50% 個人包括旅行割引運賃 個人包括旅行割引運賃/スマートU25/スマートシニア空割
対象外 特典航空券 特典航空券

運賃種別ごとに決まっている積算率に関しても違いはありません。

クレジットカード特典によるフライトマイルの追加数も変わらない

JALカードとANAカードには搭乗時の特典としてフライトマイルの追加があります。

JAL普通カード JAL CLUB-Aカード
JAL CLUB-Aゴールドカード
ANA一般カード ANAワイドカード
ANAワイドゴールドカード
フライトマイル 10%追加 25%追加 10%追加 25%追加

一般カードであるJAL普通カードとANA一般カードは10%の追加、上位カードであるJAL CLUB-AカードとJAL CLUB-Aゴールドカード、ANAワイドカードとANAワイドゴールドカードに関しては25%の追加となっており、こちらも違いはありません。

このことからも分かるように、基本的にはどちらのカードも搭乗時のマイル付与率は変わらないと言えます。

突き詰めると裏技的な方法でマイル付与率を上げることもできますが、「最近よく飛行機に乗るし、JALカードかANAカードを作ればマイルがたくさん貯まると思って気になっている」ぐらいの人であれば、間違いなく普段利用している飛行機を基準にJALカードかANAカードを作っていた方がお得です。裏技はそれなりの知識が必要になるため、クレカとマイルを極めるぐらいの気持ちで挑まなければ中途半端になってしまうだけですからね。

迷ったら普段利用している就航都市から選んでみる

JALとANAの就航都市の違い
JALカードとANAカードで迷った場合は就航都市を比較するのもおすすめです。国内線では青森県、山形県、和歌山県でJALのみが、富山県、鳥取県、山口県、佐賀県でANAのみが就航しています。

就航都市(国内線) JAL ANA
稚内 ×
オホーツク紋別 ×
根室中標津 ×
青森 ×
三沢八戸 ×
大館能代 ×
山形 ×
仙台 ×
庄内 ×
八丈島 ×
新潟 ×
富山 ×
能登 ×
南紀白浜 ×
鳥取 ×
米子 ×
岩国 ×
萩・石見 ×
佐賀 ×
奄美大島 ×

また、国際線に関しても就航都市に違いがあります。

就航都市(国際線) JAL ANA
中国 上海(浦東)
上海(虹橋)
北京
大連
広州
天津
香港
上海(浦東)
上海(虹橋)
北京
大連
青島
広州
杭州
瀋陽
厦門
成都
武漢

香港
アジア ソウル(金浦)
釜山
台北(桃園)
台北(松山)
高雄
クアラルンプール
バンコク
シンガポール
ホーチミンシティ
ハノイ
ジャカルタ
マニラ
デリー
ソウル(金浦)
台北(桃園)
台北(松山)
バンコク
シンガポール
ホーチミンシティ
ハノイ
ジャカルタ
クアラルンプール
マニラ
ヤンゴン
プノンペン

デリー
ムンバイ
アメリカ ニューヨーク
サンディエゴ
シカゴ
ボストン
サンフランシスコ
ロサンゼルス
ダラス
バンクーバー
ホノルル
コナ
グアム
ニューヨーク
ワシントンD.C.
サンノゼ

シカゴ
シアトル
サンフランシスコ
ロサンゼルス
ヒューストン
バンクーバー
ホノルル
メキシコシティ
ヨーロッパ ロンドン
パリ
フランクフルト
ヘルシンキ
モスクワ
ロンドン
パリ
フランクフルト
ミュンヘン
デュッセルドルフ
ブリュッセル
オセアニア シドニー
メルボルン
シドニー

例えば、中国に注目してみるとANAの方が就航都市が多くなりますので、マイルを貯められる機会も多くなります。利用する就航都市は人によって大きく違うと思いますので、飛行機の搭乗でマイルを貯める場合はこのあたりをポイントにJALカードとANAカードを選ぶといいでしょう。


続いて買い物時のマイルの貯まりやすさについて比較していきます。

陸マイラーは注目!買い物でのマイルの貯まりやすさを比較

まずは基本!JALカードとANAカードの買い物時のマイルを手に入れるまでの流れ

JAL普通カードなら直接JALマイルが貯まる
JALカードとANAカードはそれぞれ買い物時のマイルの貯まり方が違います。

  • JALカード:利用金額に応じてJALマイルが直接貯まる
  • ANAカード:利用金額に応じて貯まるポイントをANAマイルに交換する

JALカードは利用金額200円ごとに1JALマイルが直接貯まり、ANAカードは利用金額1000円ごとに1P貯まり、貯まったポイントを1⇒5ANAマイルで交換することができます。どちらも利用金額200円⇒1マイルでゲットできますので、マイル還元率は同じです。

JALカードの方が面倒な手続きをせずにマイルを貯められるメリットがありますが、お得度で言えばそれほど大きな違いはありません。

ただ、JALカードは200円ごとにマイルを貰えますので、コンビニなどの少額でも気軽に貯められる点ではJALカードの勝ちとなります。

JALカードとANAカードは年会費(移行手数料)を払うことで貰えるマイル数を増やせる

JALカードとANAカードは追加年会費を払うことで貰えるマイル数を増やすことができます。

プログラム名 年会費 貰えるマイル数
ショッピングマイル・プレミアム 3,000円 100円⇒1JALマイル
10マイルコース 6,000円 1000円⇒1P⇒10ANAマイル

JALカードはショッピングマイル・プレミアムというプログラムに参加することで、ANAカードは移行手数料として年会費6,000円を支払うことで100円⇒1マイルでゲットすることができます。

年会費だけ見ればJALカードの方が3000円も安いですが、ANAカードはマイル交換しなければ年会費を支払う必要がありませんし、ポイント期限が2年であることを考えれば2年に一回交換することでJALカードと同じコストにまで下げることができます。

JALカードとANAカードのマイル移行手数料が実質同じに

私は年に1回はマイルを航空券に交換するためANAカードだと年会費が高くなってしまい使っていないのですが、マイルをじっくりと貯める陸マイラーの方であればJALカードもANAカードもあまりコストに違いはありません。

ボーナスマイルも両社大きな違いはなし

航空系カードでは『初回入会ボーナス』『毎年継続ボーナス』『フライト時の搭乗ボーナス』3つのボーナスマイルを貰うことができます。

JAL普通カード JAL CLUB-Aカード
JAL CLUB-Aゴールドカード
ANA一般カード ANAワイドカード
ANAワイドゴールドカード
入会 1,000マイル 5,000マイル 1,000マイル 2,000マイル
継続 1,000マイル 2,000マイル 1,000マイル 2,000マイル
搭乗 10% 25% 10% 25%

JAL CLUB-AカードJAL CLUB-Aゴールドカードの入会ボーナスだけが5,000マイルとズバ抜けていますが、基本的にはボーナスマイルに違いはありません。

「ANAカードは搭乗しなくても貰える」「JALカードは搭乗しないと貰えない」という条件がありますので、陸マイラーの方はANAカードの方が気軽にマイルを貯めることができます。上記で解説した移行手数料のことを考えても、ANAカードは陸マイラー向けのカードと言えますね。

普段よく使う航空会社のカードを持つのが一番お得

ここまでで解説してきたように、ショッピング時のマイル還元率やフライト時のボーナスマイルはほとんど一緒です。ですので、単純に自分が普段使っている航空会社のカードを発行しておくのが一番おすすめとなります。せっかく貯めたマイルも使えなければ意味がありませんからね。

細かい点で比較すると「ANAカードの方が若干陸マイラー向けかな?」という感じですが、積極的にマイルを使う人や飛行機に乗る機会が多い人であれば、ハッキリ言って違いはありません。カードデザインだけで選んでしまったもいいレベルです。

電子マネーで貯まることにも注目

対象のカードを使っている場合は、電子マネーのチャージや利用でもマイルやポイントを追加で貯めることができます。

JAL普通カード
JAL CLUB-Aカード
JAL CLUB-Aゴールドカード
JMB WAONカード200円利用ごとに1マイル
JMB WAONカードへのチャージ200円ごとに1マイル
ANA JCBワイドゴールドカード Edy200円利用ごとに1マイル

JALカードはイオングループやマクドナルド、ファミリーマートなどで提携カードのJMB WAONカードを利用することで追加マイルを貰うことができます。また、チャージ時にも1マイル追加で貰えますので、イオングループやマクドナルドなどの対象店舗で使えば200円利用ごとに3マイルも貯めることができます。

一方、ANAカードはANA JCBワイドゴールドカードのみEdy利用でANAマイルを貯められるようになっています。普段からEdyを利用する機会がある人はコチラの方がお得です。

まとめ

個人的にJALカードとANAカードを使ってみた感想ですが、JALカードの方がわざわざポイントからマイルに交換する手間もありませんし、コンビニなどの特約店で追加でマイルを貰える特典もあるので、特にJALとANAで使う航空会社を決めていないのであればJALカードの方がおすすめです。とにかくJALカードの方が分かりやすいです。

これまではANAカードの方がマイルが貯まりやすいと言われていましたが、2018年現在は度重なる改悪によって、結構めんどくさい裏技を使わなければ効率よくマイルを貯められないんですよね…

簡単にマイルをザクザク貯めたいのであれば、JALカードの方が簡単ですよ。

【関連記事】

JALカードを比較!陸マイラーにおすすめの最強JALカードを紹介
JALマイラーなら必ず持っておきたいのがJALカード。他のクレジットカードとは違い、カード利用によって直接マイルを貯めることができる(普通はポイント交換)ため、普...

JALマイルが効率よく貯まるおすすめクレジットカード
JALマイルを効率よく貯める方法は「飛行機に頻繁に乗るか?」「ショッピングなどをメインに貯めるのか?」によって変わり、選ぶべきクレジットカードも変わってきます。...
ANAマイルが効率よく貯まるおすすめクレジットカード
当ページでは、ANAマイルが効率よく貯まるおすすめのクレジットカードをご紹介しています。前回は航空会社を限定せずに「マイルの貯まりやすさ」に絞っておすすめのクレ...

LINEで送る
Pocket

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。



スポンサードリンク






JALカード VS ANAカード!どっちの方がお得に使えるか比較:関連ページ

ANA VISA nimocaカードの特徴やANAマイル、nimocaの貯まり方を解説
ANAと主に九州で有名なnimoca、そしてVISAカードで定番の三井住友が提携したクレジットカードがANA VISA nimocaカード。ANAマイル、nimoca、ワールドプレゼントポイントの3つを貯めることができ、 […]
ANAワイドゴールドカードの海外旅行保険や特典について解説
ANAワイドゴールドカードは、ANAカードの中でもトップクラスに位置するクレジットカード。フライト時でも普段のショッピングでも、どちらでもAMAマイルをザクザク貯めることができるので、マイルを効率よく貯めたい人におすすめ […]
ANAカード(学生用)
ANAカード(学生用)は、その名のとおり学生専用のANAカードです。 ANA一般カードと機能は同じで在学中は年会費が無料ですので、学生なら絶対にこのカードがお得です。 入会ボーナスで1,000マイルがもらえる他、毎年継続 […]
ANAワイドカードの特徴やメリット、マイルの貯まりやすさを解説
ANAカードの中で中間のランクに位置するANAワイドカード。今回は下位カードのANA一般カードやゴールドカードであるANAワイドゴールドカードと比較しながら、「どういった人がお得になれるカードなのか?」「年会費以上のメリ […]
陸マイラー必見!ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の特徴やマイルの貯まりやすさを解説
ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)は、ANAマイルを貯めたい陸マイラーに最もおすすめしたいカード。「ソラチカカードよりもANAマイルをためやすいカードはない」と言われるほど人気の1枚で […]
ANA一般カードの特徴やメリット、マイルの貯まりやすさを解説
AHAカードの中で一番スタンダードなのがANA一般カード。「ANAマイルを貯めたいな」と考えて発行を検討しても、いざ調べてみると特徴(メリット)が分かりづらかったり、そもそもANAカードの種類が多すぎて本当にお得なのか分 […]
ANA VISA Suicaカードの特徴やメリット・デメリットを解説!マイルやSuicaの貯まり方はどんな感じ?
ANA VISA SuicaカードはANAカードの中でも特にSuicaが貯めやすいカード。『ANA一般カードにSuicaをプラスした』とイメージすれば分かりやすいですね。通勤・通学で頻繁にSuicaを貯める人ほどお得にな […]
ANA JCB一般カード
ANA JCB一般カードは、ANAマイラーなら必須のカードであるANAカードの中でもスタンダードなクレジットカード。 手軽な年会費が魅力で、ANAカードの機能を初めて経験する人におすすめの入門カードと捉えてよいでしょう。 […]
ANAカード比較
ANAカードは、EdyやSuica、PASMOなどのIC機能とクレジット機能が付いたANAマイレージクラブのカードです。 ANAカードもJALカードと同じく、日ごろのショッピングや食事で100円ごとに1マイル貯めることが […]