旅行に強いクレジットカード > JCBカード > JCB CARD W > JCB CARD WとJCB CARD EXTAGEを比較:今から発行するならWでOK

JCB CARD WとJCB CARD EXTAGEを比較:今から発行するならWでOK

JCB CARD WとJCB CARD EXTAGEを比較
10代20代の若年層向けのJCBカードにJCB CARD WとJCB CARD EXTAGEというクレジットカードがあります。両カードとも同じJCB発行であり、ポイント還元率や年会費などが非常に似ているため、クレジットカード初心者の多くは

「どっちを発行すればいいの?」
「どっちを発行したほうがお得なの?」

と疑問に持つかと思います。実際に私もJCB CARD Wを発行する際に「違いは何だ?」と徹底的に調べたため、その気持ちはとてもよく分かります。

そこで今回は、JCB CARD WとJCB CARD EXTAGEを比較し、その違いについて詳しく解説&どちらを発行すればいいのかを説明したいと思います。


まずは結論!今から発行するならJCB CARD Wで間違いなし

先に結論から述べると、今から発行するならJCB CARD Wで間違いありません。

そもそも、もともとはJCB CARD EXTAGEが20代限定のJCBカードとして存在しており、年会費無料やポイント還元率アップなど一般のJCBカードよりも優遇する特典をたくさん付帯していました。「20代なら迷わずJCB CARD EXTAGEを発行しておくべき」と言われたほど。

しかし、2017年10月にJCB CARD Wが登場し、全てが変わりました

何とJCB CARD Wも年会費無料やポイント還元率アップなど、JCB CARD EXTAGEにあった優遇特典とほぼ同じものを付帯しており、さらに『申し込み対象年齢を39歳まで引き上げ』『ポイント還元率アップは無期限』『上位カードへの更新がなく一生使える』といったプラス要素まで追加されていたのです。

完全にJCB CARD EXTAGEをパワーアップさせて登場したわけです。

JCB CARD Wが登場した理由は明かされていませんが、おそらく最近は年会費無料でポイント還元率の高いクレジットカード(楽天カードなど)が人気であるため、JCBも利用者を増やすために発行したのだと予想されます。

後ほど違いは深堀していきますが、今から発行するならJCB CARD Wで間違いないと断言しておきます。

JCB CARD WとJCB CARD EXTAGEの比較表

JCB CARD W券面JCB CARD W JCB CARD EXTAGE券面JCB CARD EXTAGE
申込条件 18歳~39歳 18歳~29歳
年会費 無料 5年間無料
(6年目以降は自動更新)
家族カード 無料 5年間無料
(6年目以降は自動更新)
ETC 無料 無料
国際ブランド JCB JCB
ポイント還元率 1.0%以上
(入会から3ヶ月間2.0%)
0.5%以上
(入会から3ヶ月間1.5%)
マイル ANA:0.3%
JAL:0.3%
スカイ:0.3%
ANA:0.3%
JAL:0.3%
スカイ:0.3%
電子マネー QUICPay、楽天Edy QUICPay、楽天Edy
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 2000万円 2000万円
傷害治療補償 100万円 100万円
疾病治療補償 100万円 100万円
救援者費用 100万円 100万円
賠償責任 2000万円 2000万円
携行品損害 100万円 100万円
国内旅行保険 傷害死亡・後遺障害
入院日額
通院日額

年会費を比較

年会費はどちらも無料ですが、JCB CARD EXTAGEは『発行から5年間』という縛りが付いています。6年目以降はJCB一般カードに自動更新され、年会費は1,250円となります。

一方、JCB CARD Wは年数による縛りはありませんし、申込可能年齢である39歳を超えてもずっとJCB CARD Wを使い続けることができます。このことは直接JCB CARD Wに問い合わせて確認しましたので、40歳以降のJCB CARD Wを使い続けることができます。

関連記事:【問い合わせてみた】JCB CARD Wにインビテーションなし!40歳以上になっても使い続けられます

旅井
JCB CARD EXTAGEはあくまでも「JCBカードのお試し版」といった印象ですね。

ポイントの貯まりやすさを比較

JCB CARD Wのポイント還元率は1%、JCB CARD EXTAGEのポイント還元率は0.75%(年間利用額が20万円未満の場合は0.5%)。入会から数ヶ月はポイント還元率がアップするものの、基本的には、この還元率でポイントが貯まっていきます。

JCB CARD W券面JCB CARD W JCB CARD EXTAGE券面JCB CARD EXTAGE
ポイント 1,000円=2ポイント 1,000円=1~1.5ポイント
ポイント還元率 1.0% 0.5%~0.75%

両カードで貯まったポイントの使い道は全て同じですので、単純にたくさん貯まるJCB CARD Wの方がお得です。

ポイントアップの特約店もJCB CARD Wの方がお得

JCBカードはJCBオリジナルパートナーと呼ばれる特約店で利用すると、もらえるポイントが常に2倍以上になるのですが、倍率はどちらのカードも同じであるため元のポイント還元率が高いJCB CARD Wの方がお得です。

電子マネーや旅行保険はその他の特典は同じ

年会費やポイント還元率以外の特典に関しては全て同じです。

電子マネーはQUICPayと楽天Edyを利用できるため使い勝手は全く同じ。Apple PayやGoogle Payにも登録が可能です。

旅行保険の内容も全く同じ。海外旅行保険は最高2,000万円が自動付帯で補償され、国内旅行保険は補償なしです。

ゴールドカードへグレードアップできるのはJCB CARD EXTAGEだけ

JCB CARD Wはずっと使い続けられる代わりに、JCBゴールドカードJCBプラチナカードへのインビテーション(招待)はありません。

一方、JCB CARD EXTAGEはゴールドカードであるJCB GOLD EXTAGEへグレードアップさせたり、一度JCB一般カードに更新をし、その後、JCBゴールドやJCBプラチナなどへグレードアップしていくことが可能です。

クレジットカードを持つ理由は人によって様々ですが、例えば「30代になったゴールドカードを持っておきたい」「プラチナカードやブラックカードを持ちたい」という目標があるのであればJCB CARD EXTAGEの方が都合がいいです。

旅井
特にJCBのブラックカードであるJCBザ・クラスは下位カードを年間何百万円も使用することでしか発行できません。

ゴールドカード以上になってもポイント還元率はJCB CARD Wの方が上であるため、ポイントをたくさん貯めるだけならJCB CARD Wで十分ですが、空港ラウンジ無料特典をはじめとした様々なサービスを利用したい場合は上位カードを目指すといいでしょう。

まとめ

JCB CARD Wの方が後に登場したこともあって、完全にJCB CARD EXTAGEの上位互換となっています。JCB CARD EXTAGEの申し込みページにも「JCB CARD Wがあります!」といった告知が出てくるぐらいですから、おそらくJCB側もJCB CARD Wを今後の若年層向け主流カードとして考えていると予想されます。

年会費やポイント還元率の高さなど、単純なスペックだけ比較してもJCB CARD Wの方が優れているのは明らかですので、これから発行するのであればJCB CARD Wで間違いありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする