旅行に強いクレジットカード > JCBカード > JCB CARD W > JCB CARD Wの評判・口コミ

JCB CARD Wの評判・口コミ

JCB CARD Wの評判・口コミ今回はJCB CARD Wの評判や口コミをまとめていきたいと思います。

私自身もJCB CARD Wを愛用しており、Amazonでのポイントアップやセブンイレブンでのポイント3倍、39歳以下なら発行できてずっと年会費無料などのメリットを受け取っているのですが、これから発行する人はイマイチ信じられなかったり、使うまで分からない大きな落とし穴があるのでは?と疑ってしまう部分もあるかと思いますので、発行前の参考材料としてお使いください。


JCB CARD Wの評判・口コミ

JCB CARD Wの悪い評価

JCB CARD Wのいい評価

JCB CARD Wの評判まとめ

JCB CARD Wの評判をまとめると

【いい口コミ】

  • ポイント還元率が高い
  • 年会費無料で使える
  • 自営業でも審査に通れる

【悪い口コミ】

  • kyashやorigamiに登録できない
  • 39歳を超えてるから発行できない
  • ポイント交換先が少ない

このような感じ。

やはり他の方もポイント還元率の高さや年会費無料で使えることが魅力のようですね。JCB CARD Wは常にポイント還元率1.0%(クレジットカードの平均ポイント還元率は0.5%)であり、さらに対象店舗なら2倍、3倍などでポイントをもらえます。

『Amazonが発行するクレジットカードよりもAmazonでポイントが貯まる』ということに私も非常に魅力を感じて発行しました(笑)

審査の難しさに関しては「年会費無料」ということもあり簡単だろうと思っていましたが、自営業の方でも作ることができるんですね。自営業は収入が不安定なため「クレジットカードを作るのが難しい」と言われていますが、信用情報に傷が付いていなければ問題なく発行できのるでしょう。

大学生や新社会人の方でも安心して申込できますね。

一方、悪い口コミに関しては『kyashやorigamiに登録できない』『39歳を超えてるから発行できない』『ポイント交換先が少ない』といった意見が多く見られますね。年齢に関してはどうしようもないため、他2点についてお話したいと思います。

KyashOrigamiというのはスマホのキャッシュレスアプリのことで、クレジットカードを登録しておくと対象店舗でスマホだけで決済ができるようになります。どちらもJCB非対応ですので普段から使っている人にとっては不便かもしれませんね。

ただ、まだまだ利用している人の方が少ないでしょうし、QUICPayなどをメインに使う場合は特に必要ありませんので、特に大きなデメリットにならない人も多いのではないでしょうか。私も特に不便に感じたことはありません。

ポイント交換先はnanacoやスタバ、マイルなどはもちろん、キャッシュバックにも対応していますし、USJやディズニーランドのチケット交換にも使え、むしろ他のクレジットカードと比較しても多い方です。

交換できる他社ポイントだけに絞って見ても、

  • nanacoポイント
  • dポイント
  • WALLET ポイント
  • ビックポイント
  • ビックネットポイント
  • ベルメゾン・ポイント
  • ジョーシンポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • セシールスマイルポイント
  • 楽天Edy
  • カエトクカード
  • スターバックス カード チャージ
  • Tポイント
  • WAONポイント

これだけの交換先があります。このあたりは人によって大きく好みが分かれるかと思いますが、問題なさそうであれば発行して間違いありません。

JCB CARD Wの発行は公式サイトからだけ

JCB CARD Wの発行は公式サイトからのネット入会しか対応していません。

⇒公式の申し込みページ

店頭申込などは用意されていませんので、間違えないようにしましょう。

逆に言えば、申込の場所を間違えずに済むメリットがあると言えます。定期的に開催されているキャンペーンも間違えずに適用してもらうことができますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする