旅行に強いクレジットカード > JCBカード > JCB CARD W > JCB CARD Wは海外で使える?:海外旅行保険や空港ラウンジ、海外キャッシング情報まとめ

JCB CARD Wは海外で使える?:海外旅行保険や空港ラウンジ、海外キャッシング情報まとめ

JCB CARD Wは海外で使える?:海外旅行保険や空港ラウンジ、海外キャッシング情報まとめJCB CARD Wを『海外旅行・海外留学・海外出張で使う』という点からメリット・デメリットを解説していきます。

  • JCB CARD Wは海外でも使える?
  • 海外旅行保険の補償額は?
  • 海外キャッシングがお得って本当?
  • 空港ラウンジは使える?

こういったことを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

\ 今すぐ申込たい人はこちら /
申込ページはこちら

JCB CARD Wの海外での使いやすさ

まずはJCB CARD Wの使いやすさについてみてみましょう。

アジアの国々では使いやすい

韓国シンガポールなどアジアの国々ではJCB加盟店が多数存在するため、観光地周辺であれば問題なく使用できるお店が多いです。

JCB自体がアジアでの提携店拡大に力を入れているため、今後もどんどん使いやすくなっていくと予想されます。

JCBカード会員限定の優待アプリ「たびらば」でも、割引対象店舗はアジアの国々が中心となっています。

アメリカやヨーロッパでは支払いに使えないことも

一方、アメリカ本土ヨーロッパなどはJCBが使える方が珍しいです。日本では知名度の高いJCBも、国によっては「聞いたことがない」と言われることもあります。

「JCBはアメリカでは使えない」というのは有名な話ですが、JCBのクレジットカードをしか持っていない人にとっては「本当に使えないの?新しくVISAとかMasterCardを発行...

もしこれからアメリカ本土やヨーロッパに旅行に行くのであれば、VISAかMasterCardを必ず持っていきましょう。この2つであれば支払いで使えないことは絶対にありません(エラーは除く)ので、安心して海外旅行を楽しむことができます。

ハワイとグアムなら問題なく使える

ただし、ハワイとグアムは別。昔から日本人観光客の人気スポットですのでJCBも力を入れており、使えない場所の方が珍しいです。

トロリーバスの無料特典や飲食店での割引などJCB限定の優待サービスも多数用意されていますので、むしろ使わない方が損ですよ。

もちろんホテルやお土産店などもJCBで決済することはできます。

海外キャッシングの手数料が安くてお得

クレジットカードは支払い以外にも使い道があるため、アメリカやヨーロッパでも決してJCB CARD Wが全く使えないわけではありません。

海外キャッシングにおすすめのクレジットカード3枚でも紹介していますが、JCB CARD Wは海外ATMで現地通貨を引き出すときのATM手数料が無料です。普通のクレジットカードは1回100円~200円の手数料がかかりますので、海外キャッシングを頻繁に利用する人ほどお得です。

繰り上げ返済も電話で対応

また、JCB CARD Wはキャッシングの明細が出たタイミングでサポートセンターに電話をすることで繰り上げ返済も可能です。繰り上げ返済で通常よりも早くキャッシングを返済すれば利息を少なくすることができます。

さらに、キャッシングをした日から電話をした日まで期間を利息の対象日としてくれるため、繰り上げ返済の電話をかけた日から帰国までに数日時間があったとしても、ムダな利息を発生させてしまう心配もありません。

残念ながら国際電話の通話料は発生しますが、SkypeやLINE Out等のIP電話を使えば多少電話代を安く抑えることができます。

返済はカード引き落とし日にまとめて行われる

JCB CARD Wの海外キャッシングで利用したお金はカードの引き落とし日(通常は翌月10日)にショッピング利用分とまとめて引き落とされます。

繰り上げ返済をした場合はJCBが指定する口座への振り込み(コンビニ払いや引き落としには未対応)となります。電話でオペレーターに口座番号などを教えてもらえますので、忘れずにメモしておきましょう。

海外旅行保険の補償額はそこそこ多い

補償項目 補償額
傷害死亡・後遺障害 2000万円
傷害治療補償 100万円
疾病治療補償 100万円
救援者費用 100万円
賠償責任 2000万円
携行品損害 100万円

JCB CARD Wの海外旅行保険は上記のとおり。特に重要なのは一番利用頻度の高い『傷害治療補償(ケガの利用費を補償)』『疾病治療補償(病気の治療費を補償)』の2つですが、JCB CARD Wは年会費無料のわりに「100万円」と高めの補償額が付帯されています。

年会費無料のクレジットカードの中には補償していないものも多いので、そこそこ海外旅行保険は充実していると言えます。

ちなみに付帯条件は利用付帯です。ツアー料金や宿泊代、航空券代をJCB CARD Wで決済すると海外旅行保険を適用してもらうことができます。

関連記事:JCB CARD Wの国内旅行保険はなし

空港ラウンジは使えない

JCB CARD Wには空港ラウンジの無料利用特典は付帯されていません。JCBのプロパーカードの中で空港ラウンジ特典が付いているのはJCBゴールドカード以上の上位カードです。

もし格安で空港ラウンジを使いたいのであれば楽天プレミアムカードがおすすめ。

世界中の空港ラウンジを使えるプライオリティ・パスの無料利用特典が付いているクレジットカードの中でトップレベルに年会費が安い(1万円)ため、プライオリティ・パスの所有目的に発行する人もいるほど。

普通にプライオリティ・パスを発行すると年会費399ドル(4万円以上)かかりますので、楽天プレミアムカードの特典を利用したほうが圧倒的にお得です。

年会費無料と考えれば優秀

以上がJCB CARD Wを『海外旅行・海外留学・海外出張で使う』という点からメリット・デメリットの解説です。

アメリカやヨーロッパ、オーストラリアなどに行く場合はサブカードとして持っていくのがいいでしょう。メインカードはVISAやMasterCardの方が支払いに困ることもありません。

逆に『アジア旅行の支払いや優待割引で使うなら問題なし』といったところでしょう。年会費無料であることを考えると、これほど海外で優待が多く、海外旅行保険の充実したカードはなかなかありません。

また、ポイント還元率も常に1.0%(平均は0.5%)でポイントも貯めやすいカードです(ちなみに海外利用はポイント2倍)ので、海外旅行から帰って来た後も国内でメインカードとして役立ってくれますよ。

実際に私も発行してみましたので、申込方法や手順を知りたい方は参考にしてみてください↓

JCB CARD Wの申し込み方法を画像付きで解説:実際に申込んでみた

JCB CARD Wに実際に申込んだので、今回はその時のキャプチャ画像を使って申し込み方法について解説していきたい思います。ちなみに先に結論を書くと、私は申し込みから3...

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする