旅行に強いクレジットカード > JCBカード > JCB CARD W > JCB CARD Wのマイル還元率:貯めやすさや交換できるマイルについて解説

JCB CARD Wのマイル還元率:貯めやすさや交換できるマイルについて解説

JCB CARD Wのマイル還元率:貯めやすさや交換できるマイルについて解説今回はJCB CARD Wのマイルについて解説していきます。JCB CARD Wで貯められるOkiDokiポイントはANAマイルJALマイルスカイマイル(デルタ航空)の3つに交換することができます。

JCB CARD W自体はポイント還元率1.0%以上あるため、年会費無料のクレジットカードの中では比較的マイルの貯めやすいカードだと言えます。


JCB CARD Wのマイル還元率

JALマイル ANAマイル スカイマイル
交換レート 1P ⇒ 3マイル 1P ⇒ 3マイル 1P ⇒ 3マイル
最小交換単位 500P 500P 500P
マイル還元率 0.3% 0.3% 0.3%

JCB CARD Wのマイル還元率や交換レートは上記の通り。基本的にどのマイルに交換してもお得度は変わりません

1ポイントあたりのマイル還元率は0.3%ですが、JCB CARD Wは1,000円=2Pで貯まるため、実際のマイル還元率は0.6%となります。一般的なクレジットカードのANAマイル還元率の平均は0.3%ほどですので、少しだけお得だと言えます。

マイル交換先が多いのは魅力

他のクレジットカードは「JALマイルだけ交換可能」「ANAマイルだけ交換可能」といったように特定のマイルにしか交換できないケースが多いですが、JCB CARD Wのポイント(okiDokiポイント)なら3つのマイルに交換できます。

メイン利用する航空会社が変わることは珍しくありませんので、気軽に交換先を変えられるのは魅力。

ANA SKYコインにも交換可能

ANAではマイル以外に「ANA SKYコイン」というものがあります。ANA SKYコインは航空券割引や別のポイントサービスに使うことでマイル有効期限が切れてムダになってしまうのを防ぐことができます。

【ANA SKYコインの使い道】

  • 10コイン(10円分)単位で利用可能
  • 航空券や旅行商品に使える
  • 燃油サーチャージの支払いにも利用可能

使い道もマイルよりも幅広いため、場合によってはANA SKYコインの方が使いやすいこともあります。

JCB CARD Wでマイルを貯めるのはあり?

個人的にはJCB CARD Wでマイルを貯めるのはなしです。理由は『他のクレジットカードの方が効率よくマイルを貯められるから』です。

例えば、ANAマイルであれば、JCBのANA一般カードを使うとOkiDokiポイントをANAマイルに1P ⇒ 5マイル、移行手数料を支払えば1P ⇒ 10マイルで交換することができます。

マイル還元率に換算すると0.5%~1.0%。JCB CARD Wのマイル還元率は0.6%ですから、移行手数料を支払えばANA一般カードの方が効率よくマイルを貯められます。

ここで一度、JCB CARD WとANA一般カードを比較してみましょう。

JCB CARD W券面JCB CARD W JCB CARD W券面ANA一般カード
年会費 無料 2,000円
国際ブランド JCB JCB/VISA/MasterCard
マイル還元率 0.6%
(1,000円=2P=6マイル)
・0.5%(5マイルコース)
(1,000円=1P=5マイル)

・1.0%(10マイルコース)
(1,000円=1P=10マイル)
移行手数料
(10マイルコースの場合)

(利用不可)
年5,000円
(VISA、MasterCardは年6,000円)

10マイルコースに加入すれば、ANA一般カードのマイル還元率はJCB CARD Wの約2倍。トータルの年会費は高くなってしまいますが、1マイルの価値が2円(特典航空券に交換する場合)だとすると損益分岐点である『年間100万円』以上を使うのであればANA一般カードの方が効率よくマイルが貯まる計算になります。

ビジネスクラスやファーストクラスへのグレードアップなら1マイルの価値は10円にまで跳ね上がるので、損益分岐点となる年間利用金額はさらに低くなります。

旅井
少し難しい話になってしまいましたが、基本的にはJCB CARD WよりもANA一般カードの方が効率よくマイルを貯められるという話です。

JALマイルやスカイマイルに関しても、各航空会社が発行するクレジットカードの方がマイル還元率が高い(基本的には還元率0.5%以上)ため、本気でマイルを貯めたい場合はそちらの方がおすすめです。

【各航空会社が発行するクレジットカード】

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする