旅行に強いクレジットカード > JCBカード > OkiDokiポイントとは?貯め方・使い方・有効期限まとめ

OkiDokiポイントとは?貯め方・使い方・有効期限まとめ

OkiDokiポイントOkiDokiポイントJCBのプロパーカードとJCBのANAカード*1で貯めることができるポイント。通常利用では1,000円利用ごとに1~2ポイントが貯まり、提携店やポイントアップサイトでの利用では1,000円利用ごとに2~20ポイントで貯めることも可能。

貯まったポイントはギフトカードや他社ポイント、商品などと交換ができます。特にディズニーリゾートの入場チケットはJCBならではの交換先となりますので、クレジットカードのポイントを貯めてお得にディズニー旅行を楽しみたい方にとっては最適です。

旅井
【備考】
話を分かりやすくするため、以降はANAのJCBカードもJCBプロパーカードに含めて解説していきます。

OkiDokiポイントの貯め方

OkiDokiポイントはJCBのプロパーカードを利用すると利用金額に応じて付与されます。使う場所はコンビニでも光熱費でも通販でも電子マネーでもOKです。

1,000円利用ごとに1~2ポイントもらえますが、正確には『カード締め日の合計利用金額に応じて付与』となりますので、コンビニなどの数百円の決済も無駄になることはありません。

OkiDokiポイント付与の仕組み
JCBカードの締め日は毎月15日ですから、もし999円以下の端数がある場合はコンビニで飲み物を買って1,000円単位を超えるように調整するとポイントがしっかりと貯められます。

JCBスターメンバーズでポイント付与率アップ

JCBスターメンバーズ
もう少し正確に解説すると、JCBのプロパーカードには年間の利用金額に応じてポイント付与率がアップするJCBスターメンバーズという会員制度があるため、さらに多くのポイントがもらえる可能性もあります。

具体的な付与率のアップはカードごとに違いますので、以下のカード別ポイント付与率をご覧ください。

カード別ポイント付与率

カード名 年会費 年間利用金額 ポイント還元率
JCB CARD W券面JCB CARD W 無料
(JCBスターメンバーズ対象外)
常に1.0%
(JCBスターメンバーズ対象外)
JCB CARD R券面JCB CARD R 無料 常に1.0%
(1,000円=2P)
JCB CARD EXTAGE券面JCB CARD EXTAGE 5年間無料
(JCBスターメンバーズ対象外)
0.75%
(1,000円=1.5P)
JCB GOLD EXTAGE券面JCB GOLD EXTAGE 5年間3,000円
(JCBスターメンバーズ対象外)
0.75%
(1,000円=1.5P)
JCB一般カードの券面画像JCB一般カード 1,250円 30万円未満 0.5%
(1,000円=1P)
30万円以上 0.55%
(1,000円=1.1P)
50万円以上 0.60%
(1,000円=1.2P)
100万円以上 0.75%
(1,000円=1.5P)
JCBゴールドカード券面JCBゴールドカード 10,000円 30万円未満 0.5%
(1,000円=1P)
30万円以上 0.55%
(1,000円=1.1P)
50万円以上 0.60%
(1,000円=1.2P)
100万円以上 0.75%
(1,000円=1.5P)
300万円以上 0.80%
(1,000円=1.6P)
JCBゴールド ザ・プレミア券面JCBゴールド ザ・プレミア 5,000円 30万円未満 0.5%
(1,000円=1P)
30万円以上 0.55%
(1,000円=1.1P)
50万円以上 0.60%
(1,000円=1.2P)
100万円以上 0.80%
(1,000円=1.6P)
300万円以上 0.85%
(1,000円=1.7P)
JCBプラチナの券面画像JCBプラチナ 25,000円 30万円未満 0.5%
(1,000円=1P)
30万円以上 0.55%
(1,000円=1.1P)
50万円以上 0.60%
(1,000円=1.2P)
100万円以上 0.80%
(1,000円=1.6P)
300万円以上 0.85%
(1,000円=1.7P)
JCB THE CLASSの券面画像JCB THE CLASS 招待 30万円未満 0.5%
(1,000円=1P)
30万円以上 0.55%
(1,000円=1.1P)
50万円以上 0.60%
(1,000円=1.2P)
100万円以上 0.80%
(1,000円=1.6P)
300万円以上 0.85%
(1,000円=1.7P)

上記の表で分かるように、一番OkiDokiポイントの貯まるJCBカードはJCB CARD WJCB CARD Rです。どちらも年会費無料のクレジットカードですが、ポイントの貯まりやすさに特化して作られているため、OkiDOkiポイントをたくさん貯めたい場合は最適です。

関連記事:JCBでポイントが一番貯まるのはどれ?JCBカード全7枚を比較してみた

ANAカードの場合はポイント付与率が少し違う

JCBのANAカードもJCBスターメンバーズの対象ですが、上記のプロパーカードよりもポイント付与率が少しだけ低いです。

カード名 年会費 年間利用金額 ポイント還元率
ANA一般カードの券面ANA一般カード 2,000円 50万円以上 0.55%
(1,000円=1.1P)
100万円以上 0.60%
(1,000円=1.2P)
ANAワイドカードの券面ANAワイドカード 7,250円 50万円以上 0.55%
(1,000円=1.1P)
100万円以上 0.60%
(1,000円=1.2P)
ANAワイドゴールドカードの券面ANAワイドゴールドカード 14,000円 50万円以上 0.55%
(1,000円=1.1P)
100万円以上 0.60%
(1,000円=1.2P)
300万円以上 0.625%
(1,000円=1.225P)
ANAカードプレミアムの券面ANAカードプレミアム 70,000円 50万円以上 0.55%
(1,000円=1.1P)
100万円以上 0.60%
(1,000円=1.2P)
300万円以上 0.625%
(1,000円=1.225P)

300万円以上利用してもポイントは本来の25%増しにしかなりませんので、特に気にする必要はないでしょう。わざわざポイントアップを目指して利用頻度を上げる必要はありません。

提携カードのJCBはOkiDokiポイントは貯まらない

例えば、楽天カードリクルートカードなどの券面を見てみるとJCBのマークが付いているとがあります。これらはJCBと提携した『提携カード』です。貯まるポイントは各カード会社独自のポイントとなります。

リクルートカード

↑JCBのマークがあるけど貯まるのはリクルートポイント↑

先ほどから紹介している『プロパーカード』というのはJCBが自社で発行しているクレジットカードのことですので、OkiDokiポイントを貯めたい場合は間違えないようにしましょう。

JCBのプロパーカードとは、JCBが自社で発行するクレジットカードのことを指します。別名では「オリジナルシリーズ(OSシリーズ)」とも呼ばれています。今回はクレジッ...

提携店での利用はポイント付与率が2倍以上になる

ORIGINAL SERIESパートナーロゴ
ORIGINAL SERIESパートナーと呼ばれる提携店で利用するとOkiDokiポイントが2倍以上貯まります。

ポイントアップ提携店 アップ倍率
昭和シェル 2倍
ENEOS 2倍
Amazon 3倍~
※MyJチェック*2未登録の方は2倍~
スターバックス 10倍
ビックカメラ 2倍
セブンイレブン 3倍
一休.comレストラン 3倍
小田急百貨店 3倍
ワタミグループ 3倍
ニッポンレンタカー 2倍
高島屋 3倍
AOKI 5倍
箱根小涌園 天悠 2倍
ホテル椿山荘東京 5倍
ドミノ・ピザ 2倍
洋服の青山 5倍
一休.com(宿泊予約) 3倍

中には事前登録が必要なものありますので、ORIGINAL SERIESパートナー公式サイトで事前にご確認ください。

OkiDokiランドを経由すればポイント最大20倍

OkiDokiランド
OkiDokiランドはJCBが運営するポイントアップサイト。Amazonや楽天など対象店をOkiDokiランドを経由して利用することで、OkiDokiポイントが追加されます。

会員登録は無料。買い物のたびにログインが必要となりますが最大で20倍のポイントがもらえますので、効率よくポイントを貯めるなら絶対に使っておいたほうがいいです。

OkiDokiランド経由でのポイント付与

↑カードに直接貯まるポイントとは別に付与される↑

OkiDokiポイントの使い道

OkiDokiポイントの使い道は様々。全てを紹介することはできませんので、ここでは定番の使い道をいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

使い道 交換レート 還元率 交換単位
Amazon 1ポイント=3.5円 0.35% 1ポイント
Amazonプライム ギフトコード 1100ポイント=1年分 0.45% 1100ポイント
iTunesカード 250ポイント=1,000円分 0.40% 250ポイント
Google Play ギフトコード 250ポイント=1,000円分 0.40% 250ポイント
nanacoポイント 1ポイント=5ポイント 0.50% 200ポイント
Pontaポイント 250ポイント=1,000ポイント 0.40% 250ポイント
スターバックスカードチャージ 1ポイント=4円分 0.40% 200ポイント以上1ポイント単位
JALマイル 1ポイント=3マイル 0.30% 500ポイント以上1ポイント単位
ANAマイル 1ポイント=3マイル 0.30% 500ポイント以上1ポイント単位
スカイマイル 1ポイント=3マイル 0.30% 500ポイント以上1ポイント単位
dポイント 1ポイント=4ポイント 0.40% 200ポイント以上1ポイント単位
WALLET ポイント 1ポイント=4ポイント 0.40% 200ポイント以上1ポイント単位
ビッグポイント 1ポイント=5ポイント 0.50% 200ポイント以上1ポイント単位
ベルメゾン・ポイント 1ポイント=5ポイント 0.50% 200ポイント以上1ポイント単位
ジョーシンポイント 1ポイント=5ポイント 0.50% 200ポイント以上1ポイント単位
楽天スーパーポイント 1ポイント=4ポイント 0.40% 200ポイント以上1ポイント単位
楽天Edy 1ポイント=3ポイント 0.30% 200ポイント以上1ポイント単位
カエトクカード 1ポイント=4円分 0.40% 200ポイント以上1ポイント単位
WAONポイント 1ポイント=4ポイント 0.40% 200ポイント以上10ポイント単位
JCBプレモカード 1ポイント=5ポイント 0.50% 200ポイント以上1ポイント単位
Tポイント 1ポイント=4ポイント 0.40% 100ポイント
JCBプレモデジタル 250ポイント=1,000円分 0.40% 250ポイント
自治体ポイント 250ポイント=1,000円分 0.40% 250ポイント
キャッシュバック 1ポイント=3.0円 0.30% 1ポイント
東京ディズニーリゾート パークチケット1枚 1600ポイント=7,500円 0.47% 1600ポイント
東京ディズニーセレブレーションホテル “ウィッシュ”スタンダードルーム宿泊利用券 15000ポイント=7000円~65,000円 0.05%~0.43% 15000ポイント

一番お得に使うなら還元率0.5%のもの(nanacoやビッグポイント、JCBプレモカードなど)に交換するといいでしょう。

私自身は利便性を考えてAmazonでの購入代金として使用しています。還元率0.35%でお得度は下がりますが、nanacoやビッグポイントを使う機会がないため、これで満足しています。

関連記事:OkiDokiポイントをAmazonで使う方法(手順)

ANAマイルやJALマイルに関しては還元率0.3%での交換となります。サブカードとして使うなら問題ありませんが、本気でマイルを貯めるためのクレジットカードとして使う場合はANAカードやJALカードなどを使ったほうが効率がいいです。

OkiDokiポイントの有効期限

OkiDokiポイントの有効期限は獲得から24ヶ月後です。2019年1月に獲得したら、2021年1月末に失効します。

国際ブランドがJCBのANAカードのこと。ANAカードにはVISAやMasterCardなどもありますが、これらはOkiDokiポイントを貯めることができません(代わりにワールドプレゼントポイントが貯まります)。
JCBのWeb明細のこと。無料で登録できる

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする