旅行に強いクレジットカード > 国別クレジットカード情報 > アジア地域 > 台湾旅行にクレジットカードは必要?使えるお店やカード事情を解説

台湾旅行にクレジットカードは必要?使えるお店やカード事情を解説

台湾旅行にクレジットカードは必要?使えるお店やカード事情を解説海外旅行ではクレジットカードが必須なので「台湾旅行でもクレジットカードって必要なの?」「そもそも台湾ってクレジットカード使えるの?」と気になる人も多いかと思います。

先に結論を言うと『クレジットカードは使えるけど、現金で支払う機会の方が多い』です。


台湾のクレジットカード事情

台湾旅行で使いやすい国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBの3つ

台湾は日本と同じぐらいクレジットカードが普及しており、台北や高雄などの定番観光スポットなら問題なく使用することができます。使いやすい国際ブランドは「VISA」「MasterCard」「JCB」の3つ。AMEXとダイナースは加盟店手数料が高いので他の国と同じように使えないことが多いです。

『VISA・MasterCard > JCB』といった感じでVISAやMasterCardの方が対応しているお店は多くなりますが、JCBカードには台湾の優待特典が付いていますので割引料金で観光地やショッピングを楽しみたい場合はJCBカードを1枚発行しておくのがおすすめです。

「JCB海外優待 たびらば」や「JCBハワイガイド」の詳細
↑カードを発行すると会員専用の優待アプリを使える↑

クレジットカードが使えないお店

台湾でクレジットカードが使えないのはタクシー、電車、バス、屋台、中小規模のレストラン、スーパー、コンビニ、マッサージ店です。スーパーなんかでは台湾発行のクレジットカードしか対応していませんし、ナイトマーケットのような屋台は100%現金支払いとなっています。

「美味しいものをたくさん食べたい」といった地元のB級グルメ巡りが旅行の目的の場合はクレジットカードを使う機会はほとんどないと考えて間違いありません。

ナイトマーケット
↑屋台では現金払いが基本↑

クレジットカードが普及しているといっても、『旅行』という面から見れば交通手段や飲食店で使わなければほとんど使う機会はありませんからね。ショッピングの場合はショッピングモールやデパート、免税店など大きな場所なら問題なく使えます

また、台湾で人気のマッサージ(足ツボ)関係のお店でもクレジットカードはほとんど使えません。せっかく入れるお店が見つかったのに「現金を用意してなかった…」なんてことにならないように注意しておきましょう。

台北ナビを使えば、事前にクレジットカードに対応しているお店かチェックすることができるので便利ですよ。

台湾でもクレジットカードが必要ないわけではない

ここまで解説したように台湾ではクレジットカードがなくても困ることはありませんし、現金だけでも十分楽しむことができます。日本と似ていますね。

しかし、クレジットカードが必要ないわけではないので、その点は注意しておきましょう。

クレジットカードが必要なる場面は『ホテルのデポジットを支払う』『海外用WI-Fiのデポジットを支払う』『キャッシング』の3つです。

ホテルのデポジットを支払うためにクレジットカードを使う

ホテルのチェックインではデポジットを請求されます。デポジットの額はホテルによって違いますが、宿泊費の同等以上の額を請求されることが多いです。現金だけしか持っていないと旅行を楽しむ前に手持ちの多くを取られてしまい、非常に困りますよね。

一方、クレジットカードだと現金は減りませんし、チェックアウト時にデポジットを返金してもらえるので損をすることはありません。現金を最終日に返されても空港でお土産を買うぐらいしかできませんしね。

海外用WI-Fiのデポジットを支払う

台湾の空港で海外用Wi-Fiをレンタルするときもデポジットを請求されることがあります。Wi-Fiがあればスマホでネットを使うことができるので、先ほどの台北ナビで人気のお店をチェックしたりクレジットカードを使えるかチェックできるので便利です。

デポジットはレンタル料と同じぐらい取られることがあるので、クレジットカードで支払った方がいいでしょう。

キャッシングに利用

海外旅行に現金がなくなったとき、キャッシングを利用すると便利です。手軽に現金を用意できますし、実は手数料自体もあまりかからないので日本円を両替して使うよりもお得なんですよね。

日本だと「キャッシングをしたら借金地獄になる」と教育されることが多いですが、旅行中に使う金額ぐらいでは借金地獄になることは絶対にありません。利息も数百円程度に収まることも多いですし、キャッシングをした翌月に完済すれば利息は100円以下になることもあります。

ATMの手数料も1万円未満なら108円、1万円以上なら216円なので、そこまで大きな損にはなりません。

台湾でキャッシングしやすいのクレジットカードもVISA、MasterCard、JCBの3つ。VISAは『PLUS』のマークが入ったATMでキャッシングができ、MsterCardとJCBは『Cirrus』のマークが入ったATMでキャッシングが可能です。PLUSとCirrusは世界的な2大決済システムですので、台湾はもちろん世界中のATMに対応しています。

YouBikeの支払いでクレジットカードが必須

人によっては台北市内のレンタル自転車「YouBike」の利用を考えているかと思います。

YouBike(ユーバイク、繁体字: YouBike微笑單車)は台湾の台北市や桃園市など北中部の都市部を中心に展開されている公共レンタサイクルの事業者およびそのブランド。自転車は全てオレンジ色と黄色の塗装で統一されている。主な鉄道駅や公共施設、大型商業施設周辺に無人端末「キオスク」が設置され、現金不要でレンタルできる。

引用元:YouBike – Wikipedia

YouBikeを利用するためには台湾でSNSを受信できる携帯電話と悠遊カードで会員登録が必要となりますが、海外渡航者の場合はクレジットカードを使うことで利用できます

関連記事:YouBikeの使い方(台北)

対応している国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBのみ。AMEXやDinersClubは使えませんので、YouBikeを利用する場合はVISA、MasterCard、JCBのクレジットカードを準備しておきましょう。

まとめ – 現金とクレジットカードどちらも必要

台湾では現金を使う場面が多いですが、クレジットカードがないと不便になるのも確かです。年会費無料のクレジットカードでもVISA・MasterCardならどのお店でも使うことができるので、少なくとも1枚は発行しておきましょう。

また、JCBカードなら優待もありますので、1枚持っておくとお得に台湾旅行が楽しめますよ。

台湾のクレジットカード普及率は日本とほぼ同じぐらいです。日本ではコンビニやデパート、飲食店など基本的にはどこでもクレジットカードが使えますよね?しかし、一方...

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。