旅行に強いクレジットカード > 国別クレジットカード情報 > ヨーロッパ > イギリスのクレジットカード事情:クレカ決済できる場所・できない場所を解説

イギリスのクレジットカード事情:クレカ決済できる場所・できない場所を解説

イギリスのクレジットカード事情:クレカ決済できる場所・できない場所を解説このページでは初めてイギリスを旅行する人のために、イギリスのクレジットカード事情から「どういったお店でクレカ決済できる(orできない)」「具体的なカードの使い方」といったことまで解説して行きたいと思います。


イギリスのクレジットカード事情

ロンドンをはじめとした伝統ある街や美しい自然のカントリーサイドといった各種見所がたくさんあるイギリス。米国のように比較的どこでもカードを使える「カード社会」です。現金を持ち歩かない人も珍しくありません。

買い物や飲食など各種支払いにデビッドカードやクレジットカードを利用する現地人も非常に多いため、クレジットカードはいろいろなところで使えます(詳しい場所は後ほど紹介)。

カード決済できないトラブルに備えて少額のポンドを用意していれば、後はカード決済をメインに観光しても問題ありません。

またイギリスで発行されているクレカはICチップ内蔵で暗証番号やサインが要らないコンタクトレス決済(かざすだけでできる決済)に対応したものが多く、バスや地下鉄などはSuicaやPASMOのような感覚でスッと通過する現地人が多いです。

コンタクトレス決済の目印

↑このマークがあればコンタクトレス決済に対応↑

日本のクレジットカードではアメックスのプロパーカード三井住友カードが対応しているため、持っている方はメインで使うとわざわざ小銭を取り出す手間を省くことができますよ。

イギリスで使いやすい国際ブランド

定番はVISAとMasterCard

やはりイギリスでも使いやすい国際ブランドVISAとMasterCardです。それぞれ1枚ずつ持って行けば、急に使えなくなったり、無くしてしまった時もスムーズに対応することができます。

JCBは観光地用に使おう

日本で人気のJCBですが、残念ながらイギリスで使える店はわずか。私の経験ではロンドンの日本人観光客向けの店や施設、レストランぐらいです。

ただ、ロンドンには他ヨーロッパの主要観光都市と同様JCBプラザがありますので、現地情報の収集や休憩などに便利です。

アメックスはコンタクトレス決済に使える

海外ではなかなか使いづらいアメックスですが、先ほども説明したようにアメックスプロパーカードならコンタクトレス決済に対応しているため、ICカード感覚で交通機関を利用することができます。

「楽天カードのアメックス」のような提携カードは残念ながらコンタクトレス決済に対応していませんが、アメックスで利用できるATMはたくさんありますので、海外キャッシング用としては利用することができます。

ダイナースはあまり使えない

空港の免税店、国際的な観光地やロンドンの高級店・ホテルで使える程度。メインカードとして使うのはおすすめしません。

イギリスでクレジットカードが使える場所・使えない場所

クレカ決済できる場所

ロンドンイギリスでは少額でもクレジットカードを使える場所がたくさんあります。限度額以内の高額でない支払いならコンタクトレス決済が利用できるところも多く、急いでいるときは特に便利です。

  • 各種小売店(デパート、スーパー、ドラッグストア、専門店など)
  • 薬局
  • ホテルや宿泊施設
  • 駅や空港
  • 地下鉄やバス・トラムの券売機
  • コンサートや劇場のチケットショップ
  • レストラン・飲食店・パブ
  • テイクアウェイ(軽食の持ち帰り)
  • ガソリンスタンド
  • タクシー
  • 銀行ATM
  • ニューススタンド・売店
  • 郵便局

このようにどこでも使えるようですが、小さな店などでは少額の利用を断られることもあります。

同様にタクシーの支払いも料金が少ない近距離は断られることもあります。タクシー利用にカードで支払いたい時は、乗車前に行先を伝えて、それでカードが使えるかどうか確認しておくと安心です。

また、店やパブなど混んでいて、支払いに時間がかかりそうなときは、少額ならば現金で払ってしまった方が早いでしょう。

比較的安全な国と言われていますが、多額の現金を持ち歩くのも防犯上お勧めできませんし紛失もありえますので、イギリス旅行には海外キャッシングが便利です。銀行ATMは建物内だけでなく、通り沿いの建物の外壁や駅などの公共施設内にもあります。

利用の際は人通りが少ない場所や時間帯は避けるなど状況に応じて注意し、周りから暗証番号を見られないようにして使いましょう。海外キャッシングが利用できるように旅行前に暗証番号だけでなく利用方法や利用限度額、手数料などの詳細についてカード会社に確認しておくこともお忘れなく。

クレカ決済できない場所

  • 安売り/ディスカウント店
  • 露天の売店(果物など)
  • 自動販売機(お菓子、飲み物など)

使えそうな店でも利用できないことも例外的にあります。チップの支払いやちょっとした飲み物、露店でのお土産購入などに、小銭を含めて少しは現金を持ち歩かないと不便です。

支払い方法はサインよりも暗証番号が基本

イギリスでは不正利用防止のために暗証番号の入力を求められることが多いです。サインで決済するのは、高級なレストランぐらい。

お店でクレジットカードを使う場合「I’ll pay by card. (アイル・ペイ・バイ・カード)」と言います。

すると専用の機械を渡されますので、クレカの暗証番号(ピンコード)を入力しましょう。暗証番号はカードを作った時に設定した4桁の番号です。海外キャッシングの際に利用する番号と同じですので、必ず控えておきましょう。

また、決済後に明細をもらえますので、こちらも必ず受け取り、常に金額を確認するクセをつけておきましょう。稀に金額が違うことがありますからね。

Apple Payを使えばもっと支払いが楽に

Apple PayApple Payはイギリスでも普及しており、日本のApple Payも問題なく使用することができます。しかも、Apple Pay自体に各国際ブランドのコンタクトレス決済機能が搭載されているため、クレジットカードを登録しておくだけでコンタクトレス決済が可能となります。

【イギリスで使えるApple Payのコンタクトレス決済】

  • MasterCardコンタクトレス
  • JCB Contactless
  • American Express Contactless

上記の3つの国際ブランドであれば、コンタクトレスのマークがある場所で使うことができます。VISAのみが使えません

クレジットカードと一体型になっているコンタクトレス決済を使う場合、カードの選択肢が狭まってしまいますが、Apple Pay経由であればコンタクトレス機能が付いていないクレジットカードも利用できるようになりますので、コンタクトレス決済が普及しているイギリスでは事前に準備しておくと、旅行がより快適になりますよ。

旅井
ちなみに、コンタクトレス決済機能が付いたクレジットカードを知りたい方はコンタクトレス決済対応クレジットカード【一覧】をご覧ください。

まとめ

比較的安全な国と言われているイギリスですが、やはりロンドンなど都市の繁華街や観光スポットではスリなどの軽犯罪があり、現金をたくさん持って移動するのはあまりお勧めできません。折角の旅行も気を付けてばかりでは楽しさも半減。

なので、VISAかMasterCardを必ず持って行きましょう。2枚あれば1枚が利用限度額を超えてしまったときに安心ですし、海外キャッシング利用と使い分けたりできるので、できれば両方とも1枚ずつ持っておくことをおすすめします。

暗証番号は海外キャッシングとクレカ決済に必要ですので、カード会社に事前に問い合わせておくように。

また、合わせて盗難、紛失といった際にすぐに無効化できるように、カード会社の海外旅行時用の緊急連絡先も控えておくと安心です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする