旅行に強いクレジットカード > 国別クレジットカード情報 > 北アメリカ > アメリカ旅行でクレジットカードがない場合のデメリット

アメリカ旅行でクレジットカードがない場合のデメリット

アメリカ旅行でクレジットカードがない場合のデメリットハワイ・ホノルルを含め、アメリカ旅行ではクレジットカードは必須です。持っていないあらゆる場面で不利になってしまいます。クレジットカードを持たずにアメリカを旅行するのは、銃を持たずに戦場に出るようなもの。「トラベラーズチェックを使えば現金を持ち歩かないから大丈夫でしょ?」なんて考えている人は間違いなく行った後に後悔しますよ。

しかし、日本だとクレジットカードがなくても生活できるので、カード自体に縁がなかった人も多いはず。

そこで今回は「アメリカ旅行でクレジットカードがない場合、どういったデメリットがあるのか?」をご紹介していと思います。

搭乗員付きツアーならクレジットカードがなくてもOK

デメリットを紹介する前に。前提として「搭乗員付きツアー」と「個人旅行(搭乗員なしのパックツアー含む)」でクレジットカードの必要性は変わってきます。ツアーの場合はホテル料金やレンタカーの支払いなどがなく、お金を使うのはショッピングやお土産を買う時ぐらいです。クレジットカードの利用頻度が少なく、持っていなくても存分に旅行を楽しむことができます。

しかし、個人で計画して旅行に行く際はあらゆる場面でカードが必要になってきます。ホテルのデポジット、ホテルのサービスを受けて別途料金が発生した場合、レンタカーの支払い、ガソリンスタンドの支払いなどクレジットカードがなければ不便です。

盗難やスリ・強盗に現金全てを奪われた場合、大使館がすぐ近くにあれば問題ありませんが、無ければ行くまでの交通費をどうするかが問題になります。旅行期間が長いほど大金を持ち歩かなければならず、スリや強盗に合う確率は高くなります。

クレジットカードの場合は盗んでも本人以外使用できないので、スリや強盗がわざわざ狙うことはありません。

ホテルの予約ができない&デポジットが払えず泊まれない

旅行へ行く前に自宅からホテルを予約しますよね?日本だと現地のカウンターで支払いできますが、アメリカではクレジットカード支払いにしか対応していないことも多いです。特に人気のホテルやおすすめのホテルなどはほぼ間違いなくカード支払いです。

仮に現金で支払えたとしても、カウンターではデポジットのためにカードの提示を求められます。こちらは必ずあります。

デポジットとは?
デポジットとは、支払保険金(預り金)のこと。宿泊途中に無断で逃げられてもいいようにチェックイン時にデポジットを払わせることで損を防ぐのが目的です。クレジットカードでデポジットを支払わせれば後からカード会社に請求できますし、現金を支払わせておけばいつ逃げられても問題はありませんからね。

また、アメリカのホテルではミニバー利用料金や電話代、クリーニング代などがレイトチャージとしてチェックアウト時に請求されることがあります。「旅行中に現金を使いすぎて手持ちがない…」となってしまうと大変です。

万が一の請求にも対処できるのがクレジットカードのメリットだと言えます。

レンタカーが借りられない

広大な土地であるアメリカでは車が必須。レンタカーをクレジットカードなしで借りることは100%できません。「数千ドルのデポジットを支払っても免許証だけでは万が一の保証ができないので貸せません」と断れてしまいます。

VISAやMasterCardの場合はクレジットカードを2枚提出させられることもありますので、レンタカーを借りる予定がある場合は複数枚のカードを持ち歩くようにしましょう。アメックスブランドのカードなら「1枚提出でOK」の場合も多いです。

両替手数料がもったいない&現金がなくなったときが大変

現金を所持するためには現地通貨への両替が必要ですが、手数料が結構かかります。現地通貨から円に両替する場合も手数料がかかります。いざ欲しいものがあったときに現金が足りなければ両替商を探すことになります。

クレジットカードなら余計な手数料は発生しませんし、利用限度額さえ越えなければいくらでも使うことができます。年会費無料のクレジットカードでも限度額80万円ぐらいあるので、よっぽど無茶な支払いをしなければ1枚のカードだけで支払いをできるでしょう。

また、お店によってはトラベラーズチェックを拒否されることもあります。クレジットカードなら偽札の心配もありませんからね。カード社会のアメリカだからこそカードへの信頼が身についているのでしょう。

最低でも2枚のクレジットカードを持っておこう

以上がアメリカ旅行でクレジットカードがない場合のデメリットです。とにかく不便なことが多いですしトラベラーズチェックは使えないこともあるので、カードは必ず持っておきたいですね。

お店によっては国際ブランドの問題で使えないことがあったり複数枚のクレジットカードを請求されることもあるので、最低でも2枚のクレジットカードを用意しておくこと。VISAとMasterCardは必ずどちらか1枚用意しておきましょう。VISA、MasterCard、AMEXを1枚ずつ持っておくのが完璧な状態です。JCBは使えないことが多いので注意。

海外旅行をきっかけに初めてクレジットカードを発行するならコレがおすすめ
「海外旅行にはクレジットカードが必須」ということを聞いて初めてクレジットカードを作る人もいるかと思います。クレジットカードにはそれぞれ強みがあるので、上手に...
アメリカ旅行に強いおすすめのクレジットカード4つ
アメリカでは日本と違ってクレジットカードを使うのが一般的。「コーヒー一杯を買うときでもカードで支払う」というのも珍しくありません。アメリカでは多額のお金を持...

アメリカ旅行でクレジットカードがない場合のデメリット:関連ページ

【利用者の口コミまとめ】アメリカやハワイってクレジットカード使えるの?
セゾンカード アメリカ合衆国 ニューヨーク ホテル ニューヨークのホテルは高額なので有名ですが、私も旅行でマンハッタンでのホテルは高すぎて選べませんでした。実際に予約していったホテルはクイーンズのホテルでした。地下鉄では […]
ハワイ旅行にクレジットカードは必要?クレジットカード事情を解説
ハワイをはじめ、海外旅行ではクレジットカードが必須ですが、今までカードを持っていなかった人にとっては「絶対に必要なの?」と疑問に感じる方も多いかと思います。また、たとえクレジットカードを持っていたとしても「アメックをメイ […]
ハワイ旅行におすすめのクレジットカード&選び方
ハワイではアメリカ本土を同じようにクレジットカード社会が進んでいますので、1000円以下の支払いでもカードを使うほど当たり前のものとなっています。カードを持っておけば多額の現金を持ち運ばずに済み、強盗や盗難にあう確率をグ […]
アメリカ旅行に強いおすすめのクレジットカード4つ
アメリカでは日本と違ってクレジットカードを使うのが一般的。「コーヒー一杯を買うときでもカードで支払う」というのも珍しくありません。アメリカでは多額のお金を持っていると強盗に襲われるかもしれないので、お店側も現金支払いより […]