旅行に強いクレジットカード > 三井住友VISAカード > 三井住友VISAプライムゴールドカード > 三井住友VISAプライムゴールドカードの旅行関連の特典まとめ:国内・海外問わず使い勝手◎

三井住友VISAプライムゴールドカードの旅行関連の特典まとめ:国内・海外問わず使い勝手◎

三井住友VISAプライムゴールドカードの旅行関連の特典まとめ三井住友VISAプライムゴールドカードの旅行関連の特典を国内・海外両方まとめていきます。空港ラウンジや海外旅行保険、現地での使い勝手の良さなどを知りたい方は参考にしてみてください。


海外での使いやすさ

全世界どこでも使える

三井住友VISAプライムゴールドカードの国際ブランドはVISAMasterCardの2つ。申し込みの際にどちらでも好きな方を発行することができます。

VISAとMasterCardは世界一位、二位のシェアを誇っているため、世界中のどのお店でも使うことができます。「海外旅行に行くならVISA(またはMasterCard)が必須」というのは海外旅行好きの常識でもあります。

どちらの国際ブランドでも選べる三井住友VISAプライムゴールドカードは、海外旅行中のメインカードとしても不足はありません。

また、三井住友VISAプライムゴールドカードにはデュアル発行という独自サービスを利用することで、VISAとMasterCardを両方発行する際に2枚目の年会費を1,000円(税抜)にすることができます。

こういったサービスも他のクレジットカードではなかなかありませんので、海外旅行に三井住友VISAプライムゴールドカードを持って行くメリットの1つだと言えます。

Apple Payやコンタクトレス決済対応で支払いがスムーズ

最近は国内でキャッシュレスが推進され始めてきましたが、海外も国によっては日本よりもキャッシュレス化が進んでおり、様々な支払い方法に対応しています。

iPhoneやApple Watchで決済できるApple Payは海外でも使うことができ、台湾のコンビニのように「カード払いはできないけどApple Payなら支払える」といったケースもあります。

また、これから発行する三井住友VISAプライムゴールドカードはコンタクトレス決済にも対応しており、レジや改札でカードをかざすだけで決済が完了できるようになっています。

三井住友VISAプライムゴールドカードのコンタクトレスのマーク

↑コンタクトレスのマーク(赤枠)↑
コンタクトレス決済に対応したカードは上画像のようにマークが入っています。

イギリスはロンドンオリンピックをきっかえにコンタクトレスが普及し、お店や改札で使うことができますし、シンガポールも2019年からMRTで使うことができます。

いずれにしても、一定以上の金額を超えない限りはサインや暗証番号が不要ですので、海外でも”よりスムーズな”決済が可能となります。

旅行保険の充実度

海外旅行保険について

項目 本会員/家族会員 家族特約
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円(※1) 最高1,000万円
傷害治療補償 300万円 200万円
疾病治療補償 300万円 200万円
救援者費用 500万円 200万円
賠償責任 5,000万円 2,000万円
携行品損害 50万円 50万円
※1:1,000万円までは自動付帯

三井住友VISAゴールドカードの海外旅行保険は上記の通り。付帯条件は自動付帯です。事前手続きなしで保険を適用してもらえるのでありがたいですね。

一番利用頻度の高い『傷害治療補償(ケガの治療費を補償)』『疾病治療補償(病気の治療費を補償)』が300万円補償されるのは優秀。200万円までしか補償されないゴールドカードも多いですからね。

アメリカやヨーロッパなどの医療費の高い国は1日入院しただけで100万円の医療費を請求されるため300万円の補償では少し不安ですが、韓国や中国、シンガポールなどのアジア圏なら医療費も安いので十分です。わざわざ海外旅行保険に加入する手間を省くことができます。

一方、同じく利用頻度の高い『携行品損害(持ち物の紛失・盗難を補償)』は50万円までしか補償されないのは残念。海外に持って行くもので高価なものと言えば、腕時計、スマホ、カメラ、ノートパソコンぐらいですので50万円でもカバーできないことはないですが、100万円補償のゴールドカードもありますので比較すると劣っていると言えます。

また、家族特約によってクレジットカードを持っていない『本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族』または『本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子』も保険の対象になるのも魅力。こちらも付帯条件は自動付帯となります。

国内旅行保険について

項目 本会員/家族会員
傷害死亡・後遺障害 5,000万円(※1)
入院保険金日額 5,000円
通院保険金日額 2,000円
手術保険金 20万円
※1:1,000万円までは自動付帯

国内旅行保険の内容は上記の通り。普通のゴールドカードは傷害死亡・後遺障害しか補償されてない場合が多いので、三井住友VISAプライムゴールドカードの国内旅行保険は充実していると言えます。

また、こちらも付帯条件は自動付帯となっていますので事前手続きは不要です。

宿泊関連の特典

Reluxで国内ホテル・旅館の宿泊費が5%割引

国内の厳選されたホテル・旅館を宿泊予約できるRelux(リラックス)の決済で三井住友VISAプライムゴールドカードを使うと、5%が優待割引されます(初回は7%割引)。特に難しい条件もなく、Vpass(三井住友カード会員サイト)で掲載されているクーポンコードをReluxの決済画面で入力するだけでOK。

Reluxに掲載されているホテル・旅館は他のビジネスホテルなどと比べると高く、1泊数万円することも珍しくありませんから、5%割引はかなり大きいです。

さらに、Reluxは常に宿泊費の5%がポイントとして貯まりますので、優待割引とあわせると驚異の10%還元となります。

詳しい手順などは三井住友のクレジットカードでReluxが5%~7%割引に!で解説していますので、そちらを参考に。

Hotels.comで宿泊費が4%~9%割引

Hotels.comは国内外の宿泊施設を予約できるサイト。優待特典として以下の2つから選ぶことができます。

  • 宿泊料金9%OFF
  • 4%OFF+Hotels.com Rewards(10泊につき1泊無料)

『4%OFF+Hotels.com Rewards』はどちらかというと頻繁に旅行に出かける人向け。Hotels.com経由で10泊すると、Hotels.com内にある世界中の254,000軒のホテルで1泊無料宿泊ができるようになります。

適用除外期間もなく、大手ホテルチェーンからビーチリゾート、ビジネスホテル、旅館、ゲストハウスまで、あらゆるタイプの宿泊施設が対象となりますので、使い勝手も抜群です。

逆に「今回だけ利用したい」という場合は『宿泊料金9%OFF』を利用するといいでしょう。

どちらもVpass内でコードが用意されています。Hotels.comの決済画面で入力すると割引が適用されます。

VJホテルステイプランで全国のシティホテル・リゾートホテルが優待料金に

VJホテルステイプランは三井住友カード会員が全国のシティホテル・リゾートホテルに優待料金で宿泊できるサービスです。専用の予約回線が用意されており、そちらから宿泊予約をし、フロントで三井住友VISAプライムゴールドカードを使って決済すると優待料金で宿泊が可能となります。

除外日は設定されていますが、公式サイトや宿泊予約サイトと料金を比較するための選択肢として持っておいて損はありません。場合によっては、最安値での宿泊も可能です。

参考にホテルオークラ福岡の宿泊料金をVJホテルステイプラン、ホテルオークラ福岡公式サイト、楽天トラベル、じゃらんで比較しておきます。

2019/07/25~26の宿泊料金
1名利用 2名利用
VJホテルステイプラン 14,300円 10,600円
公式サイト 13,365円 14,985円
楽天トラベル 14,580円 16,650円
じゃらん 15,999円 20,999円
※2019年6月17日の最安値宿泊料金です。

この日は1名利用は公式サイト、2名利用はVJホテルステイプランが最安値でした。

VJトラベルデスクで国内・海外ツアーが最大5%割引

VJトラベルデスクと呼ばれる専用デスクに問い合わせると、国内・海外のパッケージツアーが最大5%割引となります。特に海外旅行は「よく分からないからツアーで行きたい」という方も多いかと思いますので、利用すると便利でお得ですよ。

日本旅行やJALパックなど定番のツアーも対象となりますので、使い勝手も◎

空港関連の特典

空港ラウンジの無料利用特典

北海道 新千歳空港、函館空港
東北 青森空港、秋田空港、仙台国際空港
中部 新潟空港、富山空港、小松空港、中部国際空港
関東 成田国際空港、羽田空港
近畿 伊丹空港、関西国際空港、神戸空港
中国 岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港
四国 徳島空港、高松空港、松山空港
九州 福岡空港、北九州空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、鹿児島空港
沖縄 那覇空港
海外 ダニエル・K・イノウエ国際空港

三井住友VISAプライムゴールドカードの本会員と家族会員が上記の空港ラウンジを無料で利用することができます(同伴者は有料)。

JAL ABCによる空港宅配サービス、手荷物預かりサービスなど

三井住友VISAプライムゴールドカードを持っているとJAL ABCのサービスを優待料金で利用することができます。

サービス名 優待料金 内容
空港宅配サービス 通常料金から15%割引 国際線を利用の際、指定場所⇔空港間(※)で荷物を宅配してもらえる
手荷物預かりサービス 通常料金から15%割引 空港(※)で手荷物を預かってもらえる
レンタルモバイルサービス レンタル料50%OFF
通話料15%OFF
空港で海外用携帯・海外用WiFiルーター・ポケトーク(POCKETALK®)をレンタルできる
スーツケースレンタルサービス 通常料金より15%OFF JAL ABCが提供するスーツケースをレンタルできる
※:成田国際空港、羽田国際空港、関西国際空港、中部国際空港

VJデスク

世界の主要都市に設置されている「VJデスク」を利用すると現地の観光情報の提供からレストラン・チケットの予約、カードやパスポートの紛失・盗難時のサポートまで、全て日本語で対応してもらうことができます。

どれも海外旅行初心者にはありがたいサービスですので、持っておいて損はありません。

VJデスクダイヤル一覧

まとめ

以上が三井住友VISAプライムゴールドカードに付帯されている旅行関連の特典です。今回は特徴的なものだけに絞ってご紹介しましたが、実際にはもっと多くのサービスが用意されていますので、ぜひ使い倒してお得で快適な旅行を楽しんでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする