旅行に強いクレジットカード > プリペイドカード > 対策は2つ!高校生が海外旅行へ行くときクレジットカードはどうする?

対策は2つ!高校生が海外旅行へ行くときクレジットカードはどうする?

対策は2つ!高校生が海外旅行へ行くときクレジットカードはどうする?最近では高校生同士で海外旅行へ行く人も増えてきていますが、クレジットカードはどうすればいいのでしょうか?クレジットカードは18歳以上しか作ることができませんし、18歳でも高校生は対象外となっているため、どのクレジットカードも発行することができません。

しかし、高校生でもできる対策が2つありますので、今回はそのあたりを解説していきたいと思います。


対策1.家族カードを使用する

クレジットカードには家族カードというものがあります。発行者の配偶者(夫や妻)や子供用に発行できるカードであり、基本的には18歳以上しか発行できませんが、海外旅行での利用を目的にしている場合は15歳以上から発行を許可しているカード会社もあります

前述したように、原則的に高校生は家族カードを使用することができません。しかし、留学など「海外で使用する」という前提がある場合はその限りではございません。三井住友カードにおける家族カードのお申し込みは「原則として高校生を除く満18歳以上のお子さま」となっていますが、「海外留学など海外でカードを利用する場合は「中学生を除く満15歳~18歳のお子さま」もお申し込み可能としています。

三井住友カードでは中学生を除く15歳~18歳を対象に家族カードを許可しています。

両親の許可ありで海外へ行く場合は、一度相談してみるといいでしょう。特に審査はありませんし、利用明細は発行者である両親とまとめられていますので、管理もしやすくなります。

両親のクレジットカードを使うことはできない

ホテルの予約などで両親のクレジットカードを使いたいと考えている方もいるかと思います。しかし、法律上、家族であっても本人以外がクレジットカードを使うことは認められていません。現地ホテルでチェックインしようとしても「このカードは使えません」と拒否されてしまいますので、注意しておきましょう。

対策2.プリペイドカードを発行する

プリペイドカードは、あらかじめ入金(チャージ)しておいた分だけ使えるカードです(クレジットカードは後払い)。クレジットカードとは違って15歳以上から発行できますので、高校生でも持つことができます。というか、高校生の海外旅行ではこっちの方が主流です。

審査もありません。誰でも発行できます。家に連絡が来たり、アルバイト先に連絡が行くこともありませんので、誰にもバレずに発行できます。

使い方もクレジットカードと全く同じであるため、お店での支払いや電車・バスに乗るときなどにも問題なく使えます

また、チャージしているお金を現地通貨として現地ATMから引き出すこともできますので、「小銭がなくなってきたな~」というときも心配ありません。

デメリットは、チャージしている分だけしか使えないということ。海外滞在中はチャージすることができず、基本的には国内でのみチャージが可能となっています。両親に頼めば代わりにチャージしてもらえますが、「黙って海外へ行きたい」という場合は難しくなるかと思います。

ただ、出国前にたくさん入金しておけば回避できるデメリットですので、高校生が海外旅行に行く場合はプリペイドカードが最強だと言えます。おすすめのプリペイドカードについては↓以下のページを参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。


この記事のURLをコピーする