旅行に強いクレジットカード > セゾンカード > セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードについて > セゾンブルーは海外旅行の利用だけでも年会費の元を取れる?

セゾンブルーは海外旅行の利用だけでも年会費の元を取れる?

セゾンブルーは海外利用のみでも年会費の元を取れる?セゾンブルーは海外に強い特典が豊富なので、「海外利用しか考えていない」という方も多いかと思います。実際に当サイトでも、セゾンブルーは海外で使うことを目的とする方のみにおすすめしているのですが、「年1回しか海外旅行行かないけど、それでも年会費の元は取れるの?」と疑問に思う方も多いはず

そこで今回は、セゾンブルーは海外利用のみでも年会費の元を取れる?ということについて解説していきたいと思います。


年1回の海外旅行でも余裕で元を取れる!充実の特典たち

先に結論から言うと、年に1回しか海外旅行へ行かない人でも余裕で年会費の元を取ることができます

セゾンブルーの年会費は3,000円(税抜)ですが、ザッと見ただけでも以下のようなメリットがあり、この年会費では考えられないほど充実しています。

【セゾンブルーの便利な特典】

  • 海外アシスタンスデスク
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス
  • 「tabiデスク」パッケージツアーご優待
  • 海外利用でポイントが2倍

『手荷物無料宅配サービス』を例に見ていきましょう。JALやANAにも手荷物宅配サービスがあり、料金を比較すると

セゾンブルー 3,000円
JAL空港宅配サービス 200マイル(200マイル貯めるのに2万円~4万円の決済が必要)
ANA空港宅配サービス 2000円

「ANAより少し高く、JALよりは安い」といった感じですね。これだけ見るとANAの方がお得ですが、手荷物宅配サービス以外のサービスも含めて考えれば、セゾンブルーの方がお得だと言えます。

渡航先で日本語対応してもらえる『海外アシスタンスデスク』や『海外Wi-Fiレンタル割引サービス』『ゴールドカード並みの海外旅行保険』など、どれも海外旅行をお得に・安全にしてくれる特典ですよ。

逆に「これらの特典を3,000円支払えば受けられますよ」というサービスがあったら、加入しておきたくなりませんか?

アジア圏への旅行なら海外旅行保険だけで元が取れる

セゾンブルーはゴールドカード並の海外旅行保険を付帯しており、ケガ・病気の治療費に支払われる保険は300万円まで補償されています。

中国や韓国、タイ、シンガポールなどアジアの国々はアメリカやヨーロッパと比べて医療費が安く、1週間入院しても保険料は滅多に100万円を超えません。セゾンブルーの海外旅行保険だけでも、十分カバーすることができます。

空港で加入できる掛け捨ての海外旅行保険は1万円以上かかりますので、たった1回アジア圏へ旅行へ行くだけでも十分年会費の元を取ることができます。

しかも、セゾンブルーなら面倒な加入手続きをする必要がなく、カードを持っているだけで保険の適用対象となりますので、忙しい旅行前に面倒な手間を増やしてしまうこともありません。

海外へ行った時だけに使うこと自体も実は大きなメリット

『海外利用のみ』というのも、実は大きなメリットになります。

海外ではスキミングや盗難などの不正利用の可能性もありますよね?セゾンブルーは不正利用への保証がキチンとしているので電話一本で不正利用分を補償してくれるのですが、その際しばらくの間カードが使えなくなります

これが普段使っているクレジットカードだと、かなり困りますよね。公共料金や携帯料金の支払いなんかにも使っていた場合、とても面倒なことになります。

そこで国内外で利用するクレジットカードを分けておくことで、リスクの分散が可能になるわけです。

「国内ではポイントが貯まりやすいクレカを使って、海外旅行は保険が充実したセゾンブルーを持っていく」なんて使い方、クレカ上級者みたいでカッコいいですよね。

また、クレカはそれぞれ特徴があるので、場面ごとに使い分けるのはお得度も高く、理にかなっています。

まとめ

私もセゾンブルーを愛用し海外旅行では必ず所持していましたが、やはり1枚あるととても便利ですよ。特に海外アシスタントデスクは事前にネットやガイドで調べた情報には載っていないことも教えてもらえますので、より海外旅行を楽しめます。

また、各種の保険・サービスを利用するときに「とりあえずサポートに電話すればOK」というのもありがたいです。分かりやすく説明してもらえますし、ついでに別のことまで聞けるのは一つの会社でまとめて色々なサービスを提供している強みだと言えます。

他のクレジットカードと比べても年会費3,000円は安い方なので、1枚持っておいて損はありませんよ。

セゾンブルー申し込みはこちら

LINEで送る
Pocket

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。




スポンサードリンク






セゾンブルーは海外旅行の利用だけでも年会費の元を取れる?:関連ページ

セゾンブルーなら海外キャッシングも可能!利用方法や暗証番号の確認方法を解説
海外旅行でセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(通称:セゾンブルーアメックス)を持っているとキャッシングで現地通貨を簡単に手に入れることができます。手数料も日本円を直接両替するよりも安くてお得。 アメックス本家 […]
コレだけは知っておきたい!セゾンブルーの審査基準や難易度まとめ
25歳以下は年会費無料でありながらゴールドカード並みの海外旅行保険や本家アメックスの旅行に強い特典を付帯したセゾンブルーアメックス。 信販会社のクレディセゾンとアメリカン・エキスプレスが提携したクレジットカードであるため […]
セゾンブルーとVISAカード、海外旅行に持っていくならどっちがおすすめ?
セゾンブルーの国際ブランドは『アメックス』のみですので、VISAブランドのカードが欲しい場合は別途もう1枚発行する必要があります。 しかし、いくら海外旅行にクレジットカードが必要だと言っても「むやみにカードを発行したくな […]
セゾンブルーなら即日発行も可能!すぐに受け取るための条件は?
セゾンブルーは申し込みをした日に受け取ることができる即日発行可能なクレジットカードです。「出張まで時間がない」「海外旅行に行くけどクレジットカードが必要とは知らなかった」など、急いでクレジットカードを発行したいときにも非 […]
セゾンブルーとセゾンゴールドアメックスの違いは何?インビテーションはあるの?
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンブルー)とセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンゴールドアメックス)の違いやインビテーションについて解説していきたいと思います。 目次1 セ […]
え…嘘でしょ…?セゾンブルー申込前に知っておきたい3つのデメリット
セゾンブルーは海外旅行で便利な特典や海外旅行保険がゴールドカード並みに充実しているクレジットカードとして有名です。年会費も25歳まで無料で使えるため、学生や社会人など若い世代を中心に人気を集めています。 しかし、どんなク […]
【追記あり】セゾンブルーはICチップが搭載されてないけど大丈夫?デメリットや搭載されない理由を解説
セゾンブルーは25歳以下なら年会費無料で使え、旅行保険の充実度や海外旅行に強い特典が年会費無料とは思えないぐらい豊富な魅力的なカードです。 しかし、それゆえに『ICチップがない』というのは非常に気になりますよね。セキュリ […]
セゾンブルーとセゾンパールは何が違うの?海外旅行へ持っていくならどっちがおすすめ?
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンブルー)とセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンパール)は、どちらも海外に強いアメックスブランドであり、本家のプロパーカードと比べると審査基準 […]
セゾンブルーアメックスは学生でも発行可能!学生におすすめの2つの理由
「学生が海外旅行へ行くならセゾンブルー(セゾンブルー・アメリカン・セキスプレス・カード)がいいよ」というのは有名な話です。実際、セゾンブルー側も海外旅行好きな若者をターゲットにサービスを調整しているため、クレジットカード […]
セゾンブルーのU25応援キャンペーンで26歳未満は年会費無料!海外旅行保険やメリットになる特典まとめ
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(通称:セゾンブルー)は、安い年会費と手厚い海外旅行保険を備えたコストパフォーマンスの高いクレジットカード。年会費3,000円でありながら、海外旅行保険で一番利用頻度の高い傷 […]