旅行に強いクレジットカード > セゾンカード > セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードについて > セゾンブルーのU25応援キャンペーンで26歳未満は年会費無料!海外旅行保険や特典まとめ

セゾンブルーのU25応援キャンペーンで26歳未満は年会費無料!海外旅行保険や特典まとめ

セゾンブルーのU25応援キャンペーンで26歳未満は年会費無料!海外旅行保険や特典まとめセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(通称:セゾンブルー)は、安い年会費と手厚い海外旅行保険を備えたコストパフォーマンスの高いクレジットカード。年会費3,000円でありながら、海外旅行保険で一番利用頻度の高い傷害・疾病治療補償が300万円と、ゴールドカード並みに充実しているのが魅力。

さらに、海外旅行に強い特典が満載のアメックスの特徴もしっかりと引き継いでおり、『手荷物無料配送サービス』『ホテル・レストランの予約・観光スポットの紹介・緊急時の日本語サポートをしてくれる海外アシスタントデスク』『海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス』なども利用することができ、どの点から見ても海外旅行の強い味方になってくれる1枚だと言えます。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードがU25応援キャンペーンで26歳以下は年会費無料!

現在はU25応援キャンペーンを行っており、26歳未満は年会費無料で利用することができます。このキャンペーンを行っていることからも分かるように、セゾンブルーは18歳以上ならば学生や新社会人など収入の少ない人でも簡単に発行できるようになっています。

「海外旅行を機に初めてクレジットカードを作る」という方にもおすすめ。キャンペーンを利用するための条件なども特になく、下記のリンクの公式ページから申し込むだけでU25応援キャンペーンが適用されます。

セゾンブルーの特徴

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細 年会費 3000円 26歳まで年会費無料
国際ブランド AMEX
旅行保険 海外/国内:最高3000万円(自動付帯)
入院・通院 300万円
キャッシュレス 対応
  • 26歳になるまで年会費無料
  • 旅行保険が充実!入院・通院に関する保険はゴールドカード並みの300万まで保障
  • 即日発行も可能だから急いで欲しい時にも◎

上記でも少し説明したように、セゾンブルーの魅力は『年会費が安いのに海外旅行保険や特典が充実している』というところ。「クレジットカードがあれば保険会社の海外旅行保険に入らなくていいと聞いた」「大学生だけど今度友達と海外旅行へ行く」「学生のうちに世界一周したいから旅行保険が充実したカードが欲しい」という方にピッタリです。

年会費は3,000円と非常に安く、U25応援キャンペーンがあるので26歳になるまでは年会費無料で利用することができます。26歳以上の人も初年度年会費無料ですので、お試し感覚で使えますね。

海外旅行保険は傷害治療補償(ケガの治療費を補償)と疾病治療補償(病気の治療費)がそれぞれ300万円ずつ自動付帯で付いていますので、セゾンブルーを持っているだけで万が一のトラブルに対処することができます

さらに、支払いは『キャッシュレスに対応』していますので、現地で入院費用や手術費用を立て替える必要がありません。傷害・疾病治療補償が充実していてもキャッシュレスに対応していなければ、何十万円・何百万円とかかる治療費を現地の病院で支払わなければなりませんので、『キャッシュレスに対応』というのは大きなポイントです。

また、世界主要都市に設置された『海外アシスタントデスク』へ行けば、現地でのイベントやホテル・レストランの情報を教えてもらったり、チケットの手配・予約なども代行してもらえます。全て日本語対応なので、外国語があまり話せない人でも存分に海外を楽しむことができますよ。緊急時には『海外ホットライン』に電話することで、病院の紹介などを日本語で対応してもらえるので安心。

セゾンブルーを旅行で使うことこんな感じ

セゾンブルーが使える海外地域

先進国なら使えるが、予備でVISAかMasterのカードを持っておきたい。

セゾンブルーの国際ブランドはアメックスです。アメックスはアメリカ発祥のブランドであり『富裕層御用達』というイメージが強いです。そのため、アメリカやヨーロッパなどの先進国では問題なく使用することができますが、少しマイナーな国や最近成長中のアジアの国々では微妙に使えないお店・ホテルが増えてきます。

また、ヨーロッパでもマイナーな地域へ行くと対応していない場合が多くなりますので、VISAかMasterブランドのクレジットカードを合わせて持っておくと安心です。

基本的にはVISAとMasterがセット対応していますので、どちらでもOKですが、個人的にはVISAブランドのクレジットカードがおすすめ。傷害・疾病治療補償が充実している年会費無料クレジットカードのエポスカードや、国内でどこに出しても恥ずかしくない普段使いができる三井住友VISAカードがVISAブランドですからね。この2つはセゾンブルーと合わせて持つときにもおすすめです。

セゾンブルーの旅行保険の充実度

海外旅行保険について

担保内容 本会員 ファミリー会員
傷害死亡・後遺障害 3,000万円 1,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 3,000万円(1,000円は自己負担)
救援者費用 200万円
携行品損害 30万円(3,000円は自己負担)(※1)

※1:1品あたり10万円が限度

【保険の対象者】
本カード会員および家族カード会員の方のみ。

【補償期間】
カードご加入日(カード発行日)の翌日以降に日本を出発される旅行が対象となります。1旅行につき最長90日間となります。

セゾンブルーの海外旅行保険の内容は上記のとおり。家族カードを所有している人も充実した海外旅行保険を自動付帯で利用することができます。「自分は同行しないが、家族カードを持った息子が友達と海外旅行へ行く」という場合でもしっかりと保険が適用されますので、安心ですね。付帯条件は自動付帯なので、持っておくだけで保険が使えます。

ただ、問題は「この補償額で足りるのか?」というところですが、『アメリカは物足りない、ヨーロッパはギリギリ、アジア圏なら十分』といった感じです。

アメリカは世界的に見ても医療費がとにかく高く、1日入院しただけでも100万円以上かかってしまうことも珍しくありません。1週間骨折で入院した人が入院費用・手術費用・救急車費用含めて1000万円近く請求された話もありますからね。

なので、アメリカへ旅行に行く際は保険会社の海外旅行保険に加入しておくのがおすすめ。保険会社の海外旅行保険は傷害・疾病治療補償が無制限ですので、治療費が高いアメリカでも安心して旅行ができます。

ヨーロッパはもう少し医療費が安いため、セゾンブルーと他のクレジットカードを合わせて持ち、傷害・疾病治療補償を500万円以上にしておくのがおすすめ。先ほども紹介したエポスカードが年会費無料で傷害治療補償200万円、疾病治療補償270万円と高額補償なのでおすすめですよ。

エポスカードは海外でも使いやすい?旅行保険や特典まとめ
エポスカードは、海外旅行保険(傷害・疾病治療補償)を付帯した年会費無料のクレジットカードをお探しの方におすすめのカードです。傷害治療補償は200万円、疾病治療補...

中国や韓国などのアジア圏へ行く場合は医療費が安いので、セゾンブルー1枚でも問題ありません。シンガポールが比較的医療費が高めですが、それでも100万円を超えることは珍しいので、300万円まで補償されていれば問題ないでしょう。

国内旅行保険について

担保内容 本会員 ファミリー会員
傷害死亡・後遺障害 3,000万円 1,000万円
入院日額 5,000円
通院日額 3,000円

【保険の対象者】
本カード会員および家族カード会員の方のみ。

【補償期間】
カードご加入日(カード発行日)の翌日以降に出発される旅行が対象となります。1旅行につき最長30日間となります。

国内旅行については上記のように補償されます。携行品損害はありませんので、残念ながらスマホをなくしたり、カメラを壊してしまっても補償されません。医療費に関しては別途保険に加入されている方も多いかと思いますので、このぐらいの補償額でも問題ないでしょう。

セゾンブルーの旅行に強い特典

海外旅行の特典について

  • 海外アシスタントデスク&海外ホットライン
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 海外用Wi-Fi&携帯電話レンタルサービス
【海外アシスタントデスク&海外ホットライン】

セゾンブルーは、独自にJTBグローバルアシスタントと提携し海外51都市に『海外アシスタントデスク』を設置しています。海外アシスタントデスクでは現地情報を仕入れることができたり、予約の代行を行ってもらうことができます。現地情報についてはあらかじめチェックしていく方も多いかと思いますが、いざ行ってみると分からないことも多くなりますので、海外アシスタントデスクは便利ですよ。

また、事故やパスポートの紛失などのトラブル時には『海外ホットライン』をに電話することで、日本語で対応してもらうことができます。病院や警察の手配&アドバイス、盗難時の手続き、日本人医師または日本語が話せる医師・医療従事者の紹介など、本当に助かるものばかりです。

AMEXブランドのカードは似たようなサービスで『アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス』というサービスがあるのですが、こちらは現地語または英語でしか対応していません。

そう考えるとJCBとの提携によって使える『海外アシスタントデスク』と『海外ホットライン』は、とても心強い味方になってくれます。対応は24時間ですので、時差などを気にする必要もありません。

【手荷物無料宅配サービス】

海外旅行からの帰国時は空港から自宅まで、カード会員1人につきスーツケースなどの手荷物1個を無料で配送してもらえます。

※対象空港
成田空港、羽田空港(国際線ターミナル)、関西国際空港、中部国際空港

【海外用Wi-Fi&携帯電話レンタルサービス】

海外用にWi-Fiや携帯電話をレンタルできるサービスもありますが、セゾンブルーを持っていてれば、もっとお得にWi-Fi・携帯電話をレンタルすることができます。

JAL ABC テレコムスクエア ビジョン
Wi-Fiルーター アジア:690円/日
欧米:840円/日
アジア:630円/日
欧米:900円/日
アジア:536円/日~
ヨーロッパ:776円/日~
ハワイ:776円/日~
海外用携帯電話(※) 250円/日(10日間無料) 永久無料(通常1日600円)

※:通話料は有料

特に携帯電話はかなりお得ですね。通常1日600円もするテレコムスクエアの携帯電話が無料でレンタルできるのはありがたい。

国内旅行の特典について

  • 特になし

国内旅行の特典については特にありません。ゴールドカード以上になると国内30ヶ所以上の空港ラウンジを使えたりするのですが、この価格帯のクレジットカードでは付いていません。

なので、セゾンブルーは海外旅行(または海外出張)の際に使うのがおすすめです。

セゾンブルーのスペック

カード名 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
カードデザイン セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
申込資格 年齢18歳以上で電話連絡可能な方(高校生を除く)
年会費 3000円 26歳まで年会費無料
家族カード 1000円/1枚 ※4枚まで発行可
ETCカード 無料
発行期間 最短即日
国際ブランド AMEX
マイル ANAマイル 1ポイント⁼3マイル(200ポイント以上600マイル単位)
JALマイル 1ポイント⁼2.5マイル(200ポイント以上500マイル単位)
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 3000万円
傷害治療補償 300万円
疾病治療補償 300万円
救援者費用 200万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 30万円
国内旅行保険 傷害死亡・後遺障害 3000万円
入院日額 5000円
通院日額 3000円
利用限度額 初年度は150万円まで
キャッシング手数料 18.00%
電子マネー QUICPay、楽天Edy、iD(携帯)
ポイント還元率 0.5%~1.08%