旅行に強いクレジットカード > 旅行・出張の目的別で選ぶ > 海外旅行をきっかけに初めてクレジットカードを発行するならコレがおすすめ

海外旅行をきっかけに初めてクレジットカードを発行するならコレがおすすめ

海外旅行をきっかけに初めてクレジットカードを発行するならコレがおすすめ「海外旅行にはクレジットカードが必須」ということを聞いて初めてクレジットカードを大学生・専門学生の方もいるかと思います。クレジットカードにはそれぞれ強みがありますので、上手に使いこなせれば海外旅行を”より快適に””よりお得に”楽しむことができます。

しかし、クレジットカードは国内だけでも数百種類あり、初めてクレジットカードを作る人にとっては「いったいどのクレジットカードを使えばいいのか分からない…」という方も多いかと思います。

そこで今回は、海外旅行で使えて社会人になっても使い続けられるおすすめのクレジットカードと簡単な選び方をご紹介していきたいと思います。


簡単なクレジットカード選びのポイント3つ

ポイント1.国際ブランドはVISAかMasterCardを選ぶ

クレジットカードにはVISAやMasterCard、JCBといった国際ブランドが付いています。国際ブランドは利用できる決済システムを表しており、利用するレストランやホテルがその決済システムに対応していなければ支払いとしてクレカを使用することはできません。

VISAとMasterCardにしか対応していないホテルではJCBは使えない

海外旅行で「VISAとMasterCardが一番使える」「JCBは日本みたいには使えない」という口コミが多いのは、海外ではVISAとMasterCradに対応しているお店がほとんどだからです。日本ではVISAとMasterCardに加えてJCBやAMEX、DinersClubなどどんな国際ブランドのクレカでも使用できるため気にする場面も少ないですが、海外旅行で使う場合はしっかりと確認しておきましょう。

ポイント2.銀行系クレカは社会人になっても人前で出しやすい

クレジットカードには主に「銀行系」「信販系」「流通系」の3つの発行元があります。

↓スマホは横にスクロールできます↓
銀行系 信販系 流通系
主なクレカ 三井住友カード
MUFGカード(三菱東京UFJ銀行)
JCBカード
アメリカン・エキスプレス・カード
ライフカード
ダイナースクラブカード
楽天カード
エポスカード
セゾンカード
特徴 セキュリティ面が強く人前で出しても恥ずかしくない いろいろな企業と提携してお得な特典が多い 年会費無料も多くポイントも貯まりやすい
ポイント 貯まりにくい 貯まりにくい 貯まりやすい
審査レベル 難しい(学生は簡単) 難しい 簡単
安全面 高い 高い 低い

一般的な傾向は上記の通り。最近ではポイントの貯まりやすさを重視する人が多いため流通系のクレカが人気ですが、「社会人になったときも使う」「海外でも使う」ことを考えれば銀行系クレジットカードがおすすめです。

社会人になればビジネス場面で人前でクレカを出す時がありますが、その時楽天カードやエポスカードなど流通系クレカだと正直恥ずかしいです。最近の若い人はあまりそういったことに関心がないようですが、年齢が高い人ほどこういった部分を細かく見ていますし、上場企業や会社の上層部の方ほど気にする人が多いです。

「出世なんて興味ない」「社外の人と付き合いがあるような仕事には就かない」というのであれば気にする必要はないかもしれませんが、基本的には持っておいたほうがいいです。

銀行系と流通系を1枚ずつ持つのも一つの方法。私も人前では三井住友VISAカード、ネット通販関係は楽天カードと使い分けています。

また、銀行系はセキュリティ面がしっかりとしており、例えば海外旅行で不正利用にあった時の対応なども丁寧です。一方、流通系はサポートに重きを置いていないためサポートデスクへの電話が繋がらなかったり、繋がっても「こちらでは対応できません。○○に問い合わせてください」と、たらい回しにされることもあります。

海外ではスキミングやスリの被害が比べ物にならないぐらい多いですから、安心面を考えても銀行系を1枚発行しておきたいですね。

一般的に銀行系クレカは審査が難しいですが、学生であれば学生用カードもありますし、親の信用情報で審査してもらえますので、アルバイトをしていなくても審査に合格することができます。むしろ新入社員になってから発行する方が審査が難しいですので、学生のうちに発行しておかないと損です。

ポイント3.海外旅行保険は傷害治療費用と疾病治療費用の2項目を見る

クレジットカードには海外旅行保険が付帯されているため、わざわざ掛け捨ての海外旅行保険に加入する手間を省くことができます。

海外旅行保険にはいくつか項目があり、一番利用頻度の高い項目は「傷害治療費用(ケガの治療費を補償)」「疾病治療費用(病気の地要否を補償)」。この2つの補償額が高ければ、旅行中にケガや病気になった時も安心です。

ただ、学生が発行できるレベルのクレカでは付帯されていないことも多く、選択肢は「エポスカード」「楽天カード」「学生専用ライフカード」の3つに絞られます。これらは学生でも発行できるクレカにも関わらず傷害治療費用と疾病治療費用が200万円以上(ゴールドカード並み)補償してもらえます。

↓スマホは横にスクロールできます↓
エポスカード券面画像エポスカード 楽天カード券面画像楽天カード 学生専用ライフカード券面画像学生専用ライフカード
年会費 無料 無料 無料
国際ブランド VISA VISA/MasterCard/JCB VISA/MasterCard/JCB
ポイント還元率 0.5%~1.25% 1.0%~4.0% 0.5%~1.0%
傷害治療費用 200万円 200万円 200万円
疾病治療費用 270万円 200万円 200万円
携行品損害 20万円 20万円 20万円
付帯条件 自動付帯 利用付帯 自動付帯

特にエポスカードは疾病治療費用が270万円も補償してもらえますので、かなり心強いですよ。自動付帯という持っているだけで保険を適用してもらえる条件ですので、お守り代わりの1枚になってくれます。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードの詳細 年会費 無料(※)
国際ブランド VISA
旅行保険
ポイント 1.00%~1.50%(ワールドプレゼントポイント)
マイル還元率 ANA:0.6%
  • 世界中どこでも使える安心のクレジットカード
  • 年会費が安く、通常時からポイント2倍で貯まる
  • クレヒスを育てることでゴールドカードにグレードアップできる

初めてのクレジットカードにふさわしい三井住友VISAカードの18歳~25歳限定カードが三井住友VISAデビュープラスカード(通称:デビュープラス)。誰もが知る三井住友ですのでステータス性もあり、26歳を越えればゴールカードへグレードアップできます。ビジネスシーンでの利用で人前で使っても恥ずかしくありません。

国際ブランドはVISAであるため、支払い用として完璧。

ポイント還元率も1%(100円⇒1P)と高く(平均は0.5%)、貯めたポイントはキャッシュバックや電子マネー、マイル、T-POINT、dポイントなど様々なことに使うことができます。ムダになることが一切ありません。

旅行保険は付帯されていませんので、エポスカード学生用ライフカードなどと合わせて海外旅行へ持っていくと安心です。

※前年1回以上のご利用があれば(ご利用が無い場合、税抜1,250円+税)

エポスカード

エポスカードの詳細 年会費 無料
国際ブランド VISA
旅行保険 海外:最高500万円(自動付帯)
ポイント還元率 0.5%~1.25%
マイル還元率 ANA/JAL:0.25%
  • 年会費無料カードの中ではトップレベルの傷害・疾病治療補償の充実度
  • 国内飲食店やカラオケの優待サービスが豊富
  • 全70種類の豊富なカードデザインで女性から人気

海外旅行保険の中でも特に利用頻度が高い『傷害治療補償(ケガの治療費を補償)』と『疾病治療補償(病気の治療費を補償)』がそれぞれ200万円以上補償されるのが最大の特徴。年会費1万円以下のクレジットカードだと最大でも100万円までしか補償されないことを考えれば、この補償額は非常に心強いです。

また、補償額が充実しているだけではなく、緊急時には医師・医療施設の紹介や医療費キャッシュレスサービス、医療施設への移送、救援者の渡航・宿泊手配など、どれもありがたい特典ばかり。

中でも『キャッシュレスサービス』は非常にありがたい。

海外旅行保険は帰国後に保険金をもらうことができるため、現地での支払いを立て替えなければなりません。しかし、高額の治療費を請求されたときに「現金で払えない」「カード枠の上限を超えている」といった理由で支払いが難しいことがあります。

ですが、キャッシュレスサービスがあることで現地の立て替えは不要となり、現金やカード枠の上限を気にする必要がなくなります。慣れない土地での事故や病気で、たださえ気持ちに余裕がない時に、スムーズに支払いを終わらせられるのは非常に助かります。自己負担は一切ありません。

また、国内ではシダックスやビッグエコーなどの大手カラオケ店、ロイヤルホストや魚民などの飲食店、OIOI(マルイ)など全国7000店舗で優待(割引)を利用することができ、お得にショッピングを楽しめます

貯まったポイントは、全国共通ギフト券(VISAギフトカード)やiTunesギフトコード、スターバックスカードなどの商品券や、ANAマイル・JALマイル、ドコモポイントなどにも交換することができます。

最短即日発行も可能ですので、ネットから申し込み後マルイ店頭へ行けばエポスカードをゲットすることができます(申し込みは以下の公式ページからできます)。

学生専門ライフカード

学生専用ライフカードの詳細 年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
旅行保険 海外:最高2000万円(自動付帯)
ポイント 100円⇒1P(LIFEサンクスポイント)
マイル還元率 ANA:0.5%
  • 海外でのカード利用は5%キャッシュバック
  • 年会費無料で持ちやすい
  • 日本語での海外アシスタントサービス

大学生や専門学生なら学生専用ライフカードもおすすめ。海外旅行中に決済したカード利用額の5%がキャッシュバックされるので、お得に旅行を楽しむことができます。キャッシュバックは登録した銀行口座に入金されます。

これほどキャッシュバック率の高いカードはありませんので、学生の方が羨ましくなります(笑)。

また、年会費無料にもかかわらず入院や通院で支払われる海外旅行保険が200万円もあるのは魅力的(相場は0円~50万円)。アメリカとヨーロッパだと医療費が高いので200万円では足りませんが、中国や韓国などのアジア地域では1週間入院しても医療費が10万円~30万円と安いので、学生専用ライフカードを1枚持っていれば空港などで加入する掛け捨ての旅行保険は不要となります。

JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGEの詳細 年会費 無料
国際ブランド JCB
旅行保険 海外:最高2000万円(利用付帯)
ポイント 0.50%~2.50%(OkiDokiポイント)
マイル還元率 ANA/JAL:0.3%
  • 29歳以下限定のJCBカード!
  • 5年間年会費無料&ポイント還元率高め
  • 貯めたポイントでディスニーランド入場券もゲットできる

JCB CARD EXTAGEは29歳以下の社会人・学生に向けに作られたクレジットカード。国際ブランドがJCBなので日本人があまり旅行に行かない地域では使えないことも多いですが、ハワイやホノルル、中国・韓国・台湾などは問題なく使用することができます。JCB優待のお店も多いので、むしろ1枚持っておくとお得になることも。

国内ではJCBはVISAと並ぶステータスカードなので、どこに出しても恥ずかしくありません。

年会費は発行から5年間無料。家族カードやETCカードも無料で発行することができます。

決済ごとにOkiDokiポイントを貯めることができ、入会月から3ヶ月は還元率1.5%(1000円⇒3P)、4ヶ月目以降も還元率0.75%で貯めることができます。さらに、海外利用では常にポイント2倍で貯めることができます。

その他にもスタバやAmazon、オリックスレンタカー、セブンイレブン、JCBトラベルなど様々な場所で3倍~10倍のポイント優待が用意されているので、普通に使っているだけでもザクザクポイントが貯まっていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。