旅行に強いクレジットカード > JCBカード > JCB一般カード > JCB一般カードを旅行で使うとどんな感じ?メリット・デメリットや海外旅行保険について解説

JCB一般カードを旅行で使うとどんな感じ?メリット・デメリットや海外旅行保険について解説

国内では有名なJCB一般カード。使えるお店も多く、旅行関連の割引や貯めたポイントをディスニーランド、USJなどのチケットと交換することができるため、旅行にもメリット多いカードとなっています。

しかし、一方で「海外では使えない場所が多くて不便」などの口コミもあり、本当のところどうなの?と疑問に感じる人も多いはず。

そこで今回はJCB一般カードの機能を旅行関連に絞ってご紹介していきたいと思います。

↓ネット入会で初年度年会費無料↓
公式ページはこちら

JCB一般カードの特徴

JCB一般カードの詳細年会費1,250円(初年度無料)
国際ブランドJCB
旅行保険海外/国内:最高3000万円(利用付帯)
ポイント還元率0.50%~2.50%
交換可能マイルANA、JAL、スカイ
  • 条件クリアでずっと年会費無料も可能!
  • ポイント還元率は高くないが交換先は豊富!
  • 現地でお得になる優待アプリが利用可能!

利用条件によっては2年目以降も年会費無料!

JCB一般カードは初年度年会費無料、条件を満たせば2年目以降も無料で使用することができます。

無料利用の条件は「MyJチェック」の登録しており、年間のカード利用額が50万円以上であること。MyJチェックとは、カード利用代金明細書の送付を停止し登録したEメールアドレスに毎月の振込み内容の確定を送ってくれるサービスです。Web明細のことですね。登録しておいて特にデメリットになることもありません。

「年間のカード利用額が50万円以上」は普段からあまりお金を使わないようにしている人にとっては、ハードルが高く感じるかもしれませんが、月々の公共料金や携帯電話の料金をJCB一般カードで支払えば年間50万円も難しいことではありません。月に42,000円以上であれば条件を満たせますので、毎年年会費無料で使用することも十分可能と言えるでしょう。

ポイント還元率は高くないが交換先は豊富!マイルを貯めることも可能

まずはJCB一般カードの基本的な特徴を見ていきます。JCBカードの中で一番スタンダードなカードなこともあり性能は標準的。ポイント還元率0.5%でOki Dokiポイントを貯めることができ、貯めたポイントはキャッシュバックやnanacoポイント、マイルなど様々なものと交換することができます。

移行先必要ポイント数交換ポイント数
キャッシュバック13
nanacoポイント2001000
Amazon5001500
ANA5001500
JAL5001500

還元率は決して高くありませんが年会費自体がそんなに高くありませんので、お得感はありますね。還元率がいいカードは年会費もそれなりに高くなるため、所得と出費が多い人ほどお得になりますが、そうでないならJCB一般カードぐらいが一番ムダなくお得に利用できます。

上記で紹介しているポイント交換先は一部だけであり、このほかにもディスニーランドやUSJのパスチケットと交換することもできますので、国内旅行でテーマパークへ行くことが多い人にはおすすめの1枚です。

海外旅行で利用する場合はポイント2倍がありがたいですね。国によってはほとんど使えないこともあります(後述します)が、宿泊費や食事代などをこまめにJCB一般カードで支払うと国内に戻ってきたときもお得になります。

JCB一般カードを旅行で使うことこんな感じ

JCB一般カードが使える海外地域

アジアやグアム・ハワイなど日本人がよく行く国なら使えるが、予備でVISAかMasterのカードを持っておきたい。

「JCBは海外では使えない」と言われますが、日本人観光客の多い国・地域では使えることが多いです。具体的には中国や韓国、グアム、ハワイなど。こういった場所ではJCB優待が用意されていることも多く、レストランや観光スポット、お土産店など様々な場所で割引が適用されることもありますよ。

「JCB海外優待 たびらば」や「JCBハワイガイド」といったスマホアプリとしてクーポンが用意されていますので、使いやすさも抜群。

VISA(またはMaterCard)はサブカードとして1枚持っておくと、万が一JCBで支払えない場合に助かります。三井住友VISAクラシックカードAなら国際ブランドがVISAで使いやすく、かつJCB一般カードと同じスタンダードな1枚ですので相性も抜群なのでおすすめです。

三井住友VISAクラシックカードAは、三井住友VISAカードの中でも海外旅行に強いクレジットカード。安い年会費に充実した海外旅行保険が自動付帯されているため、海外旅行...

JCB一般カードの旅行保険の充実度

海外旅行保険について

担保内容本会員
傷害死亡・後遺障害3,000万円
傷害治療費用100万円
疾病治療費用100万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
携行品損害100万円
ショッピング保険100万円
付帯条件利用付帯

海外旅行保険も標準的。ケガや病気の治療費が補償される傷害治療費用と疾病治療費用が100万円までしか補償されませんので、アメリカやヨーロッパなど医療費の高い国へ行く場合は掛け捨ての旅行保険へ加入しておくことをおすすめします。

旅行中の携帯電話やカメラの故障は携行品損害が100万円まで補償されるので大丈夫でしょう。

盗難による不正利用も過去60日までさかのぼって保障してもらえます。

国内旅行保険について

担保内容本会員
傷害死亡・後遺障害3,000万円
入院日額
通院日額
付帯条件利用付帯

JCB一般カードの国内旅行保険は傷害死亡・後遺障害のみ保障されます。

JCB一般カードの旅行に強い特典

海外旅行の特典について

  • JCB GLOBAL WiFiを優待価格で提供
  • 現地でお得になる優待アプリ
  • 万が一の場合も日本語でサポート「JCBプラザ」
【JCB GLOBAL WiFiを優待価格で提供】

JCB GLOBAL WiFi
海外旅行で役立つWi-Fiルーターを20%OFFの会員限定価格でレンタルすることができます。世界200ヶ国以上に対応。スマホやノートパソコンをストレスなくフル活用することができます。

⇒海外でも定額インターネットJCB GLOBAL WiFi専用ホームページへ


【現地でお得になる優待アプリ】

「JCB海外優待 たびらば」や「JCBハワイガイド」の詳細
先ほども紹介したようにJCB一般カードを持っていれば「JCB海外優待 たびらば」や「JCBハワイガイド」といったスマホアプリとしてクーポンを利用することができます。

ホテルやレストラン、ショップ、レジャー、チケットなど様々な場所で割引が適用されますので、よりお得に海外旅行を楽しむことができますよ。

【対象エリア】

  • ハワイ
  • グアム/サイパン
  • アメリカ本土
  • カナダ
  • オーストラリア/ニュージーランド
  • 韓国
  • 台湾
  • シンガポール
  • 香港/マカオ
  • タイ
  • 中国
  • インドネシア
  • ベトナム
  • マレーシア
  • フランス
  • イタリア
  • イギリス
  • ドイツ
  • スイス/オーストリア
  • スペイン


【万が一の場合も日本語でサポート「JCBプラザ」「JCBプラザ ラウンジ」】

「JCBプラザ」は、海外に設置されたサービス窓口です。JCB加盟店の予約や観光に関する問い合わせをJCBプラザ・スタッフが日本語で対応してくれます。「JCB一般カードを無くしてしまった…」といったトラブル時にもサポートしてもらえます。

さらに場所にってはワンランクグレードアップした「JCBプラザ ラウンジ」を利用することも可能。ドリンクサービスや現地ガイドブックの無料配布などをプラスアルファで行っていますので、ぜひチェックしておきたいですね。

国内旅行の特典について

  • JR東海のエクスプレス予約を利用可能
  • トヨタレンタカー最大5%割引
【JR東海のエクスプレス予約を利用可能】

JCB一般カードを持っていれば東海道・山陽新幹線(東京~博多間)の座席をオンライン予約できるエクスプレス予約を利用することができます。搭乗1時間前までなら何度でも予約が変更できます。旅行の進み具合に合わせて新幹線の時間を変えられるのはありがたい。急遽「あっ!ここも行ってみたい!」と思った時にサッと新幹線の時間を変更できます。


【トヨタレンタカー最大5%割引】

JCB一般カードで支払うと全国のトヨタレンタカーで基本料金が最大5%割引になります。旅行先の足としてレンタカーを利用する場合に役立ちますね。

旅行でのJCB一般カードのデメリット

空港ラウンジが使えない

JCB一般カードでは空港ラウンジの無料利用特典が付帯されていません。JCBカードで空港ラウンジが使えるのはゴールド以上ですので、家族で旅行するときなどに「空港ラウンジでくつろぎたいな~」という場合は一つランクが上のJCBゴールドカードがおすすめです。

JCB一般カードは決してマイルが貯まりやすいカードではない

JCB一般カードでもOki DokiポイントをANAマイルやJALマイルに交換することができます。しかし、還元率は決していいわけではありません。あくまでも「マイルに交換することもできますよ」というレベルです。

もしマイルをガッツリ貯めて飛行機へ乗りたい場合は、JCB一般カードとは別にマイル専用のカードを用意しておくのが鉄則。詳しくは「普段のショッピングや光熱費の支払いでマイルがザクザク貯まるおすすめクレジットカード」でも紹介していますが、カードによっては1年でグアムへの往復航空券分のマイルを貯めることも可能ですよ。

マイルが貯まれば航空券の代金として使ったり、ビジネスクラスやファーストクラスへの席のグレードアップに使え、旅行をより快適なものにすることができます。マイルは...

JCB一般カードのスペック

カード名JCB一般カード
カードデザインJCB一般カードの詳細
申込資格18歳以上で本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
年会費1,250円 初年度無料
家族カード432円/1枚
ETCカード無料
発行期間通常1週間程度
国際ブランドJCB
マイルANAマイル1ポイント⁼3マイル(500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
JALマイル1ポイント⁼3マイル(500ポイント以上1ポイント単位、交換上限15,000ポイント)
スカイマイル1ポイント⁼3マイル(500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
海外旅行保険傷害死亡・後遺障害3000万円
傷害治療補償100万円
疾病治療補償100万円
救援者費用100万円
賠償責任2,000万円
携行品損害100万円
国内旅行保険傷害死亡・後遺障害3000万円
入院日額
通院日額
ショッピング利用枠公式サイト参照
海外キャッシング利用枠公式サイト参照
キャッシング手数料18.00%
電子マネーQUICPay、楽天Edy
ポイント還元率0.50%~2.50%
↓ネット入会で初年度年会費無料↓
公式ページはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。