初心者にはどれが最適?海外旅行におすすめのクレジットカード10選

海外旅行におすすめのクレジットカード

このページでは、初めての海外旅行者向けに海外現地で使いやすさと安全性を重視したおすすめのクレジットカードを紹介しています。

  • 現地レストランやショッピングの支払いで使える
  • ホテルやレンタカーのデポジット支払いで使える
  • 現地ATMでキャッシングができる(両替より少ない手数料で現地通貨を引き出せる)

このようなクレジットカードを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

紹介しているクレジットカードは海外旅行クレジットカード選びのポイントを全ておさえたものに厳選しています。

また、ページの下部では、逆に絶対に使ってはいけないクレジットカードも紹介していますので、カード選びに失敗したくない人は、一緒に参考にしてみてください。

海外旅行の経験がある程度あり「そろそろ旅行に特化したクレジットカードが欲しいな」という場合は目的別おすすめのクレジットカードをご覧ください。

マイルの貯まりやすさや高級ホテル優待、利用できる空港ラウンジの多さなど、それぞれに特化したクレジットカードを詳細を紹介しています。

三井住友カード A

三井住友VISAクラシックカードA券面年会費1,500円(税抜) 初年度年会費無料
国際ブランドVISA/MasterCard
旅行保険海外/国内:最高2500万円(自動付帯)
ポイント1,000円=1P(ワールドプレゼントポイント)
マイル還元率ANA:0.3%
  • 世界中どこでも使える安心のクレジットカード
  • 年会費が安く、海外・国内旅行保険がしっかりと付帯されている
  • クレヒスを育てることでゴールドカードにグレードアップできる

世界中の店舗で支払いに使える

三井住友カード Aは三井住友カードの中でも海外旅行に特化させたクレジットカードです。国際ブランドはVISAとMasterCardの好きな方を選べます。

VISAとMasterCardは国際ブランドの中でも提携店の数が多く、世界的に有名な決済関連レポート「The Nilson Report(ザ・ニルソン・レポート)」の調査(Purchase Transactions On Global Cards 2017)によると2017年の世界でのクレジットカード取引数はVISAが1位、MasterCardが2位と言われています。下画像を見ても特にVISAが圧倒的なのは明らか。

国際ブランド別取引量2017年版

旅井
旅井

『取引数が多い』ことは『その国際ブランドのカードでたくさん決済に使われている』ということを意味しますので、間接的に提携店舗数も多いということが言えます。

特に学生の方は初めてのクレジットカードであることも多いかと思いますので、最初の1枚は買い物、ホテル、公共交通機関、どの場面でも問題なく支払いとして使える三井住友カード Aがおすすめです。

学生カードもあるが普通のカードがおすすめ

三井住友カード Aに一般の人向けのカードと、大学生や専門学生など向けの学生カードの2種類があります。券面のデザイン(見た目)は全く同じですが、ショッピング利用枠やキャッシング利用枠の上限が異なります。

社会人の方が一般の人向けのカードを選ぶのは当然ですが、学生の方も一般の人向けのカードを選ぶことをおすすめします。

学生カードはショッピング利用枠が最高30万円、キャッシング利用枠が最高5万円までしか使うことができず、海外旅行では不便です。特に1週間以上の長期滞在はもちろん、短期滞在でも緊急でカードが必要になったとき「利用枠が足りない…」なんてことになったら大変です。

必ず一般の人向けのカードを選択するようにしましょう。

エポスカード

エポスカード券面年会費無料
国際ブランドVISA
旅行保険海外:最高500万円(自動付帯)
ポイント200円=1P(エポスポイント)
マイル還元率ANA/JAL:0.25%
  • 年会費無料カードの中ではトップレベルの傷害・疾病治療補償の充実度
  • 国内飲食店やカラオケの優待サービスが豊富
  • 全70種類の豊富なカードデザインで女性から人気

ゴールドカード並みの海外旅行保険を付帯

エポスカードはOIOI(マルイ)のクレジットカードですが、海外旅行保険の内容が他の年会費無料のクレジットカードと比べると高いので、海外旅行用のクレジットカードとしてもおすすめです。

傷害治療費用(ケガの治療費の補償額)は200万円、疾病治療費用(病気の治療費の補償額)は270万円、携行品損害(スマホやかめらの盗難被害を補償)は20万円。一般的なゴールドカードでもそれぞれ200万円の補償(携行品損害は50万円ですが)が多いため、年会費が一切かからずにここまで補償額が高いのは非常にありがたいです。

日本国際観光学会論文集『海外旅行保険における疾病リスクの補償範囲拡大の変遷と今後の課題』によると海外旅行保険の補償項目別事故件数は、傷害治療費用と疾病治療費用が45.9%、携行品損害が34.9%と、この3項目だけで8割以上を占めていますからね。

また、空港で加入できるAIG損保や東京海上日動の海外旅行保険はアジアへの2泊3日旅行で3,000円~3,500円、4泊5日のヨーロッパ旅行で4,100円~5,000円ほどかかるので、保険料の節約にもなります。航空券代やホテル宿泊費で予算を使いすぎた時ほど頼りになるでしょう。

韓国、台湾、タイ、ハワイで優待割引

エポスカードにはエポトクプラザと呼ばれるエポスカード会員限定の優待サイトが用意されています。このエポトクプラザを利用すると韓国、台湾、タイ、ハワイの現地ショップやレストラン、マッサージ、免税店で割引にしてもらえるため、お得に旅行を楽しむことができます。

利用方法も『スマホで対象ページを見せてエポスカードで決済する』だけと非常に簡単。対象4ヶ国への旅行を計画しているのであれば、持っておいて損はありません。

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード券面年会費無料
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
旅行保険海外:最高2000万円(自動付帯)
ポイント100円⇒1P(LIFEサンクスポイント)
マイル還元率ANA:0.5%
  • 海外でのカード利用は5%キャッシュバック
  • 年会費無料で持ちやすい
  • 日本語での海外アシスタントサービス

利用金額の5%がキャッシュバック

学生専用ライフカードは大学生、専門学生、短大生、大学院生などが使えるライフカードです。社会人が使うライフカードと比べると利用者が限定されている分、優れた特典が追加されているのが特徴です。

中でも魅力的なのは『利用金額の5%がキャッシュバックされる』特典。例えば、ホテル宿泊費と現地での出費で合計10万円を学生専用ライフカードで決済した場合、5,000円(10万円の5%)が現金として登録口座に戻ってくるわけです。

他のクレジットカード(例えばREX CARD)でもキャッシュバック特典が用意されていることもありますが、還元率は0.5%~1.5%が多いため、学生専用ライフカードのキャッシュバック還元率5%は強烈だと言えます。

旅井
旅井

ちなみに社会人になると通常のライフカードに切り替わりキャッシュバック特典はなくなります。学生の間だけ役に立つクレジットカードだと割り切って使うのが効率的です。

海外旅行保険の補償額も高い

エポスカードと同じく学生専用ライフカードの海外旅行保険も充実しています。傷害治療費用と疾病治療費用は最高200万円、携行品損害は20万円。

海外旅行保険を利用するための条件である付帯条件もクレジットカードを持っているだけで利用できる自動付帯であるため、事前手続きなしで保険を適用してもらえます。

海外現地で体調を崩し病院へ行きたくなったらライフカード株式会社が用意する専用の電話番号『(81)3-3431-1037』に連絡すれば、病院の紹介や具体的な保険の利用方法を聞くことができます。

Booking.comカード

Booking.comカード券面年会費無料
国際ブランドVISA
旅行保険海外/国内:最高2,500万円(利用付帯)
ポイント100円=1P(Booking.comカードキャッシュバックポイント)
マイル還元率ANA:0.5%
  • 無条件でBooking.genius会員にアップグレード
  • Booking.com宿泊で宿泊額×5%でポイントが貯まる
  • ポイントは自動的に翌月にキャッシュバック
  • Rentalcars.comでレンタカーが8%OFF

Booking.comでとにかくお得!

Booking.comカードはBooking.comと三井住友が提携したクレジットカードです。名前からも分かる通りBooking.comでお得になる特典が満載ですので、Booking.comで海外ホテルの宿泊予約をする人は持っておいて損はありません

【Booking.comに関する特典】

  • 無条件でBooking.Genius会員にアップグレード
  • Booking.com宿泊で宿泊額×5%でポイントが貯まる
  • ポイントは自動的に翌月にキャッシュバック
  • Rentalcars.comでレンタカーが8%OFF

Booking.comカードを持っているだけで上記全てのメリットを得ることができます。

また、Booking.Genius会員になると対象の宿泊先が10%割引になったり、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、空港シャトル、ウェルカムドリンク、無料Wi-Fiなどの優待サービスが無料で利用できるようになります。

ポイントは100円=1ポイントで貯まり、1ポイント=1円でキャッシュバックしてもらえます。還元率は1.0%であるため学生専用ライフカードに比べると還元率は劣りますが、Booking.com宿泊で宿泊額×5%がポイントで貯まることを考えれば、ホテル宿泊費に関して言えばトータルのお得度は変わらないと言えます。

カード名Booking.comカード券面Booking.comカード学生専用ライフカード券面学生専用ライフカード
ホテル宿泊費1万円で貯まるポイント(※)500ポイント100ポイント
キャッシュバック率1%5%
キャッシュバック金額500円500円
※:Booking.com経由での予約

海外現地での支払いやBooking.com以外での宿泊予約では差が出ますが、レイトチェックアウトや無料Wi-Fiなど滞在時のメリットも得られることを考慮すれば、Booking.comカードの方が魅力を感じる方も多いでしょう。

セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!券面年会費無料
国際ブランドVISA/Mastercard/JCB
旅行保険
ポイント200円=1P(わくわくポイント)
交換可能マイルJAL:0.25%
  • 年会費無料で使える
  • 海外キャッシングのATM手数料が無料
  • ネットから簡単に繰り上げ返済可能
  • 海外利用はポイント3倍

海外現地で使うお金を少ない手数料で用意できる

海外旅行で頭を悩ますのが『現地通貨を用意する方法』。日本国内の空港や銀行で両替することもできますが、一般的には手数料が高くなるため、その分損する傾向にあります。

そこで現地ATMでクレジットカードのキャッシング機能を使い、直接現地通貨を引き出す海外キャッシングと呼ばれる方法を利用します。そして、この海外キャッシングと相性がいいのがセディナカードJiyu!da!です。

セディナカードJiyu!da!は海外ATMの利用手数料(1回100円~200円)が無料であり、繰り上げ返済(返済日よりも前に返済を行うこと)をスマホから手続きすることで利息を最大まで減らすことができるため、他のクレジットカードよりも少ない手数料で現地通貨を引き出すことができます。

国際ブランドもVISAとMasterCardどちらを選ぶこともできるため、世界中のATMで利用できます。米ドル、ユーロ、ポンド、ウォン、バーツ、どんな通貨を手に入れる時にでも役立ってくれます。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード券面年会費3000円 26歳まで年会費無料
国際ブランドAMEX
旅行保険海外/国内:最高3000万円(自動付帯)
ポイント1,000円=1P(永久不滅ポイント)
マイル還元率ANA:0.30%、JAL:0.25%
  • 26歳になるまで年会費無料
  • 海外旅行保険が充実!入院・通院に関する保険はゴールドカード以上の300万まで保障
  • 即日発行も可能だから急いで欲しい時にも◎(※)

※:来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

プラチナカード並みの海外旅行保険を付帯

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(通称:セゾンブルーアメックス)は25歳以下なら年会費無料で使えるクレジットカード。株式会社クレディセゾンとハイステータスなカードで有名なアメリカン・エキスプレスが提携しているカードであるため、付帯された海外旅行保険や旅行特典はレベルの高いものとなっています

特に海外旅行保険は傷害治療費用と疾病治療費用がプラチナカード並みの300万円まで補償されています。仮に26歳以上で年会費3,000円が発生したとしても、この年会費帯ではトップレベルの補償額です。

また、サポートデスクに電話した時の対応力もあり、スムーズに最寄り病院の紹介および保険利用の方法を説明してもらえます。単純な補償額だけではなく、実際に保険を使う場面での使いやすさも含め、優秀なクレジットカードです。

国際ブランドがAMEXなので決済として使いづらいのが残念

ただ、セゾンブルーアメックスの国際ブランドはAMEXですので決済用としては使えない場面も多いです。そのため、国際ブランドがVISAかMasterCardのクレジットカードとの2枚持ちがおすすめです。

ANAカード(学生用)

ANAカード(学生用)券面年会費無料
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
旅行保険海外/国内:最高1,000万円(自動付帯)
ポイント1,000円=1P(ワールドプレゼント or OkiDokiポイント)
マイル還元率ANA:0.5%~1.0%
  • 学生専用のANAカード
  • 1,000円⇒1P⇒5~10マイルでANAマイルが貯まる
  • 入会や継続、搭乗でボーナスマイルが貰える
  • JCBブランドならマイル移行手数料が安い

学生カードにしかない特典が満載

ANAに乗る機会が多かったり、ANAが好きな場合はANAカードがおすすめ。

ANAカード(学生用)は大学生や専門学生、大学院生など学生だけが使えるANAカード(ANAが提供するクレジットカード)です。ANA一般カード(通常のANAカード)とは違い、在籍中は年会費無料であったり、スマート U25という学割航空券での搭乗時の積算マイルが2倍(50%から100%にアップ)になったり、メリットが多くなっています

また、1年間に利用したANAグループ(ANA・エアージャパン・ANAウイングス)やスターアライアンス加盟航空会社およびスターアライアンスコネクティングパートナー運航便の搭乗分については、マイルとは別にプレミアムポイントと呼ばれるポイントが積算されます。プレミアムポイントを貯めるとANA会員としてのランク(「ステータス」という)が上がり、上級会員になるとステータスに応じたサービスを利用できます。

学生の方は「航空会社の上級会員」と言われてもピンと来ないかもしれませんが、ANAが提供する空港ラウンジ『ANA LOUNGE』を使えたり、専用チェックインカウンターで一般の人とは違う場所からスムーズに飛行機に乗れたり、エコノミークラスのワンランク上のシートであるプレミアムエコノミークラスに無料アップグレードしてもらえたりなど、スペシャルな扱いをしてもらえるようになります。

海外旅行中に使用するならVISAかMasterCardのANAカード(学生用)がおすすめ

ANAカード(学生用)も国際ブランドをVISA、MasterCard、JCBの中から好きなものを選ぶことができます。VISAとMasterCardは1,000円利用ごとにワールドプレゼントポイントが1ポイント貯まり、1ポイント=5マイルでANAマイルに交換することができます。

さらに、別途年会費6,000円(税別)を支払うことで1ポイント=10マイルでANAマイルに交換することができます。

一方、JCBの場合は1,000円利用ごとにOkiDokiポイントが1ポイント貯まり、1ポイント=10マイルでANAマイルに交換することができます。別途年会費6,000円(税別)を支払う必要がないので通常であれば国際ブランドがJCBのANAカード(学生用)がおすすめなのですが、JCBは海外で使えないケースが多いため、海外旅行中にも使用するならVISAかMasterCardのANAカード(学生用)の方が使い勝手がよくおすすめです。

JAL CLUB EST

JALカード CLUB-AカードのJAL CLUB ESTの詳細年会費JALカード年会費+5,000円(税別)
国際ブランドVISA/Master/JCB
旅行保険海外/国内:最高5000万円(自動付帯)
ポイント0.50%~1.00%
マイル還元率JAL:0.5%~2.0%
  • 20代限定のお得なJALカード
  • 高級空港ラウンジ「サクララウンジ」を年5回まで無料利用可能
  • 普通のJALカードよりもマイルが貯まりやすい

20代限定の最強JALカード

JALに乗る機会が多かったり、JALが好きな場合はJALカードがおすすめ。

JAL CLUB ESTは20代だけが使えるJALカードです。通常のJALカードの年会費よりも5,000円(税別)高いのですが、増えた年会費以上のメリットを得られるクレジットカードとなっています。

【JAL CLUB ESTのメリット】

  • JAL上級会員だけが利用できるサクララウンジを年5回利用できる
  • マイル有効期限が36ヶ月から60ヶ月
  • e JALポイントを毎年5,000円分プレゼント
  • JALビジネスクラス・チェックインカウンター利用特典
  • JAL CLUB EST限定ボーナス1,000マイル
  • 搭乗ボーナス5%追加
  • FLY ONポイントを毎年初回搭乗時に2,000Pプレゼント
  • ショッピングマイル・プレミアムに年会費無料で加入

JALマイルの貯まりやすさは普通のJALカードと同じ『100円~200円利用ごとに1マイル』ですが、有効期限が伸びたことで余裕を持ってマイルを貯められますし、JAL含むワンワールド加盟航空会社に搭乗した時の積算マイル(搭乗ボーナス)が5%アップするので、トータルで見ればJAL CLUB ESTの方がマイルを貯めやすいです。

また、JAL上級会員だけが利用できるサクララウンジ(羽田空港の国際線にある空港ラウンジ)を年5回まで使えるのも大きな魅力。高級ホテル並みの上質な空間でフライトまでの時間を待つことができ、メニュー豊富なビュッフェや無料のドリンクサービス(アルコール類あり)でお腹を満たすこともできます。

PC用の席や授乳室もあるので出張や家族旅行でも活躍してくれる1枚です。

楽天カード

楽天カード年会費無料
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB/AMEX
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
ポイント100円=1P(楽天ポイント)
マイル還元率ANA:0.5%
  • ポイント還元率の高い年会費無料クレジットカード
  • 楽天トラベルでは100円で2ポイントも貯まる
  • 貯めたポイントは楽天市場や楽天トラベルで使える
  • プリペイド型電子マネー「Edy」搭載

ポイントが貯まって次回の海外旅行の費用を節約できる

楽天カードは楽天グループが発行するクレジットカード。楽天カードマンのテレビCMでも有名ですよね。年会費無料、ポイント還元率1.0%(100円=1ポイント)、18歳以上であれば学生や新社会人でも比較的審査に合格しやすいといった理由があり、多くの利用者がいます。

この楽天カードで貯まるポイント『楽天ポイント』は、宿泊予約サイト『楽天トラベル』で1ポイント=1円で使うことができます。ホテル宿泊料金や航空券の費用、海外ツアーの料金の節約になるため、今回の海外旅行費用をできるだけ楽天カードで支払っておくことで、次の旅行をお得にすることも可能です。

また、楽天市場や楽天ブックスなどでも1ポイント=1円で利用できますので、パスポート入れやスーツケース、観光用バッグ、ガイドブック、会話集など海外旅行に必要なものをポイントで購入することもできます。

サポート力が悪いので海外旅行中は扱いに注意

ただ、楽天カードはサポート力が低く、海外旅行中に緊急でカード会社に問い合わせても繋がらなかったり、サポートセンターの対応がイマイチだったりすることもあります。

また、2019年10月から引受保険会社が三井住友海上から楽天損保に変更されたことで、海外旅行保険が使いにくくなりました。

傷害治療費用と疾病治療費用が200万円補償されているため補償額は十分なのですが、そもそもの電話受付時間が短いため使えない可能性もあります。

もし楽天カードを使うのであれば、サブカードとしてエポスカードセゾンブルーアメックスなど海外旅行保険が使いやすいクレジットカードを持っておくことをおすすめします。

SPGアメックス

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード券面年会費31000円
国際ブランドAMEX
旅行保険海外:最高1億円(利用付帯) 国内:最高5000万円(利用付帯)
ポイント100円=3P(Marriott Bonvoyポイント)
マイル還元率ANA/JAL:1.0%~
  • 宿泊に特化したアメックスカード!無料宿泊も可能
  • 発行するだけでマリオットボンヴォイのゴールド会員に!部屋のグレードアップや無料朝食&ドリンクサービス付き
  • 宿泊割引やマイルに交換できるポイントが100円⇒3Pで貯まる

マリオットボンヴォイの上級会員になれる

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(通称:SPGアメックス)は、世界最大のホテルチェーン『マリオット・インターナショナル』や『スターウッドホテル&リゾート』『ザ・リッツカールトン』などのホテルがお得に使えるクレジットカードです。

いわゆる高級ホテルに関する特典が多いため、30代以上でラグジュアリーな海外旅行が好きな人におすすめの1枚。

SPGアメックスを持っているとマリオット・インターナショナルが提供する会員プログラム『マリオットボンヴォイ』のゴールド会員になることができます。

内容は宿泊料金の割引や無料Wi-Fi、モバイルチェックイン、客室アップグレード、レイトチェックアウト、宿泊時にもらえるポイント25%加算など。

また、カード発行の翌年以降は年1回ホテルへの無料宿泊が可能となります(同伴者1名も無料)。1泊5万円以上するようなホテルも対象となっているため、正直この特典だけで年会費のもとは取れます。

対象ホテルは日本だけではなくハワイやグアムなど世界中どこの加盟ホテルでも大丈夫ですし、ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始などの長期休暇でも無料宿泊特典を利用できます。

実はマイルも貯まりやすい

SPGアメックスのポイントはANAやJAL含め世界32社の航空会社マイルを交換することができます。さらに一定のポイントごとに交換すればもらえるマイルが多くなり、最大マイル還元率1.25%(100円=1.25マイル)もらえる計算になります。

先ほど紹介したANAカードやJALカードでもマイル還元率は0.5%~1.0%ですので、カード利用でマイルを貯めることに関してはSPGアメックスの方がマイルが貯まりやすいです。頻繁に飛行機に乗らないのであれば検討してみる価値は十分あります。

目的別おすすめクレジットカード【中級者・上級者向け】

クレジットカードに詳しかったり、海外旅行の経験が多い人であれば、自分がクレジットカードに求めている条件もある程度わかっているかと思います。

例えば、以下のような感じですね。

  • 「年会費無料で自動付帯の海外旅行保険を付帯したクレジットカードを3枚発行したい」
  • 「プライオリティ・パスを発行してチャンギ国際空港のPlaza Premium Loungeを使いたい」
  • 「海外キャッシングに強いクレジットカードを使ってお得に現地で使うお金を手に入れたい」

海外旅行の目的ごとに特化したクレジットカードの選び方やおすすめカードをこのページで紹介するのは難しい(解説量が多くなってしまう)ため、目的にあわせて以下のページを参考にしてください。

海外旅行におすすめできないクレジットカード

逆に海外旅行には不向きなクレジットカードも存在します。旅行向けの特典や海外旅行保険が付帯していないこともおすすめできない理由の1つですが、さすがにそれだと100種類以上のクレジットカードが当てはまってしまいますので、ここでは一番基本的な『海外現地での支払い』ができないカードに絞ってご紹介します。

JCBカード

JCBは海外で使えないことが多いです。使える国はハワイ、韓国、台湾、タイなど日本人観光客が頻繁に訪れる場所ですが、それでもたまに使えない場面に出くわします。

JCBカードは『海外現地で使える会員限定の優待特典』や『JCBプラザと呼ばれる現地トラベルデスク』など他のクレジットカードにはない魅力が多いため使い方によっては非常に強力なのですが、海外旅行に慣れていなかったり、「とりあえず支払いで使えるカードを探している」という場合は、VISAやMasterCardのクレジットカードが無難です。

すでにJCBカードを持っている人もサブカードとしてVISAやMasterCardのクレジットカードを準備しておきましょう。

国際ブランドがJCBのクレジットカード

JCBカードとはJCBが自社で発行するクレジットカード(「プロパーカード」と呼ぶ)ですが、これとは別に提携カードと呼ばれるものもあります。

国際ブランドの種類はクレジットカードに書かれている
例えば、上画像のように同じ楽天カードでも『VISAの楽天カード』もあれば『JCBの楽天カード』もあります。

このようなカードが提携カードと呼ばれるものであり、使えるお店やホテルはJCBカードと同じであるため、海外旅行では使いづらいです。

もし今持っているクレジットカードにJCBのマークが付いているのであれば、JCBカードと同じようにVISAやMasterCardのクレジットカードを準備しておくことをおすすめします。

渡航先の国で選ぶ、おすすめクレジットカード

例えば、使えないお店が多いアメリカン・エキスプレスも本場のアメリカであれば使えるお店が多いですし、中国は銀聯カードと呼ばれる中国発祥の国際ブランドを持ったクレジットカードが一番使いやすかったり、国ごとにクレジットカード事情は違います。

ですので、渡航先の国にあわせてクレジットカードを選ぶのも有効な手段です。

詳しくは以下の各ページでご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました