旅行に強いクレジットカード > アメリカン・エキスプレス・カード > SPG AMEXについて > 【入会キャンペーンあり】SPG AMEXの特徴について解説。ホテルの部屋アップグレードや無料宿泊が可能に!

【入会キャンペーンあり】SPG AMEXの特徴について解説。ホテルの部屋アップグレードや無料宿泊が可能に!

SPG AMEXの特徴や海外に強い特典、海外旅行保険について解説スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(通称:SPG AMEX)は、宿泊に特化したアメックスカード。これ1枚を持っていれば国内外の高級ホテルで部屋のアップグレードを受けられたり、クラブフロアの利用特典、年2回の無料宿泊特典など様々なお得な特典を受けられるため、SPG系のホテルやマリオットなどを利用する方で保有している人が多いです。

年会費はそこそこしますが、年会費以上のメリットを1年目から毎年簡単に得ることができる分かりやすさも人気の理由。正直、普通に使っても年間数十万円単位でお釣りが来ます

そこで今回はSPG AMEXの特徴や特典(主にホテル関係)、海外旅行保険などについてご紹介していきたいと思います。

【ちょっと補足】
SPG AMEXはマイルも貯まりやすいカードとしても有名です。ANAやJALをはじめ世界32航空会社のマイルを還元率1.0%以上でゲットできます。SPG AMEXのマイルに関しては別記事「SPG AMEXはマイルを貯めるのにも最適!1.0%の高還元率でANA・JALマイルが貯まる」で記載していますので、陸マイラーの方はそちらを参考にしてください。


SPG AMEX入会キャンペーン情報【最新まとめ】

SPG AMEX入会キャンペーン情報の詳細
現在のSPG AMEXキャンペーン情報は以下のとおり。

  • 入会から3ヶ月以内に合計10万円以上の利用で30,000ポイントプレゼント

入会から3ヶ月以内に合計10万円以上の利用で30,000ポイントプレゼント

SPG AMEXでは入会から3ヶ月以内に合計10万円以上利用すれば追加で30,000ポイントをもらうことができます。家賃や光熱費、携帯料金の支払いをSPG AMEXにしてしまえば3ヶ月で10万円を超えるのは難しくありませんので、比較的簡単に手に入れることができます。

30,000ポイントはANAやJALをはじめ30社の航空会社のマイルと交換(1P⇒1マイル)で交換できたり、ホテルの宿泊費用として利用(1P⇒1円)できます。

SPG AMEXの特徴

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの詳細年会費31000円
国際ブランドAMEX
旅行保険海外:最高1億円(利用付帯) 国内:最高5000万円(利用付帯)
入院・通院300万円
マイル還元率ANA/JAL:1.0%~
  • 宿泊に特化したアメックスカード!無料宿泊も可能
  • 発行するだけでSPGのゴールド会員に!部屋のグレードアップや無料朝食&ドリンクサービス付き
  • 宿泊割引やマイルに交換できるポイントが100円⇒3Pで貯まる

SPG AMEXは宿泊関係に特化したカード。メリットは『スターウッドやマリオット、リッツカールトンのゴールド会員資格』『継続ボーナスでカテ1~6のホテルに2名無料宿泊特典』『マイル還元率1.0%~1.25%(交換先の航空会社が30社以上)』『貯めたポイントは宿泊代金やマイルに交換できる』の4つです。

無条件でSPGやマリオット、リッツカールトンのゴールド会員に

SPG AMEXの一番の魅力がこの特典。無条件で『SPG』『マリオット』『リッツカールトン』のゴールド会員になることができます。ホテルアップグレードやクラブフロアの無料利用、朝食無料などの特典が付いてくるため、宿泊がいつもよりお得になります。

SPG ゴールド会員の特典・1米ドル=9ポイントでポイントが貯まる
・レイトチェックアウト
・部屋のグレードアップ
・選べるウェルカムギフト(ボーナスポイント、客室内での無料のプレミアムインターネットアクセス、無料のドリンクのどれか)
マリオット ゴールド会員の特典・レイトチェックアウト
・部屋のグレードアップ
・ルームタイプ保証
・エグゼクティブラウンジ(クラブフロア)の無料利用
・無料の朝食
・無料の高速インターネット
リッツカールトン ゴールド会員の特典・ザ・リッツ・カールトン・リワードポイントを25%追加
・レイトチェックアウト
・部屋のグレードアップ
・無料の高速インターネット

特によく利用されているのが『部屋のグレードアップ』『エグゼクティブラウンジの無料利用』『無料の朝食』あたりですね。簡単にメリットを享受できるため、この3つを目当てにSPGアメックスを持つ人も多いです。

特に部屋のグレードアップは年末年始やゴールデンウィークなどの繁忙期でも使えるのが魅力。上級会員と一般会員の部屋は分けられており、繁忙期であっても上級会員の部屋には必ず空室があります。そのため、繁忙期でもほぼ間違いなく無条件でグレードアップしてもらうことができます。

エリートメンバー(ゴールド会員、プラチナ会員)の部屋をアップグレードできないことはホテル側にとって絶対に避けたいことですからね。

また、普通にこれらのゴールド会員になろうとすると以下の条件をクリアする必要があります。

SPG1年間で対象ホテルの滞在回数が10回または宿泊日数が25泊以上
マリオット1年間で対象ホテルで50泊以上
リッツカールトン1年間で対象ホテルで50泊以上

どれもかなり厳しいですよね。普通に年数回旅行するだけでは到底達成することができません。クリアできるのは出張が多くて高級ホテルにしか泊まらない経営者ぐらいでしょうか?(笑)

このことから考えても、SPG AMEXを持っていれば無条件でゴールド会員になれるというのはとても大きな魅力です。普通に達成しようとしたら年間100万円以上かかってしまうのが、たった31,000円で持てるわけですからね。

無料宿泊特典が貰える

さらにもう一つ人気の特典が『無料宿泊特典』。継続ボーナスとして、翌年から世界各地のSPGホテルおよびリゾートを1泊1室(2名様まで)無料で泊まることができます(マリオットとリッツカールトンは対象外)。

しかも、祝日やGWなどの繁忙期でもスタンダードルーム(一般クラスの部屋)に空きさえあれば必ず泊まることができます。実際に私もGWに利用したことがありますが、すんなりと予約することができました。

泊まれるホテルは『カテゴリー1~6』と決めらていますが、国内だとほとんどがカテゴリー1~6に入っていますので、特にデメリットになることはありません。

北海道カテゴリー2フォーポイントバイシェラトン函館(函館)
カテゴリー4キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道(余市郡)
シェラトン北海道キロロリゾート(余市郡)
カテゴリー6ウエスティン ルスツリゾート(ルスツ)
宮城県カテゴリー5ウェスティンホテル仙台(仙台)
千葉県カテゴリー6シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(浦安)
東京都カテゴリー5シェラトン都ホテル東京(白金台)
カテゴリー6ウェスティンホテル東京(恵比寿)
神奈川県カテゴリー5横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ(横浜)
京都府カテゴリー5ウェスティン都ホテル京都(京都)
大阪府カテゴリー5ウェスティンホテル大阪(大阪)
シェラトン都ホテル大阪(大阪)
カテゴリー6セントレジスホテル大阪(大阪)
兵庫県カテゴリー4ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス(淡路)
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ(神戸)
広島県カテゴリー5シェラトングランドホテル広島(広島)
宮崎県カテゴリー5シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(宮崎)
沖縄県カテゴリー6シェラトン沖縄サンマリーナリゾート

国内だけでもこれだけのホテルに無料で泊まれます(普通だと1泊5万円~7万円)ので、年1回の国内旅行でも十分に年会費の元を取ることができます

無料宿泊特典を家族旅行で使う場合、子供は適用外になることがほとんど

無料宿泊特典は2名までとなっていますので、添い寝をできるぐらい小さい子供以外は別途料金が必要となります。家族旅行で利用する場合は覚えておきましょう。

ただ、このあたりもホテルによって微妙に対応が違いますので、一度問い合わせてみるのがおすすめ。場合によっては子供1人(または2人)まで一緒に無料にしてもらえることもありますよ。

無料宿泊特典でも部屋のアップグレードは可能

無料宿泊特典を使った場合でもSPG ゴールド会員の特典「部屋のアップグレード」は使うことができます。ただ、アップグレードといっても同じランク内で「眺めのいい部屋」「高階層の部屋」といったちょっとしたアップグレードで終わることがほとんどです。無料で泊まれている分、大きなアップグレードは期待しないようにしておきましょう(笑)

ここまでで魅力を感じるのであれば発行して間違いなし

以上がホテル関係のSPG AMEXのメリットです。『無条件でSPGやマリオット、リッツカールトンのゴールド会員になれる』『無料宿泊特典』この2点を見て「お~結構良さそうだな」と感じたのであれば、SPG AMEXを発行しておいて間違いありません。どちらかを一つ利用すれば年会費以上の元は取れますし、SPG AMEXを持っているのと持っていないのでは普通に予約して泊まった時の満足度も違いますからね。

私はどちらかというと「旅行では毎回違うホテルに泊まりたい」「ラウンジは使いたい」というタイプでしたので、SPG AMEXを持っていて本当によかったと思っています。

どれだけ調べても使ってみると「ココが微妙だな~」と思うカードも多いのですが、ここまでメリットしかなクレジットカードも珍しいです。年会費がネックで踏み切れずにいる方も、お試しとしてまずは1年間使ってみるのも有りだと思いますよ。

SPG AMEXを海外で使うとこんな感じ

SPG AMEXが使える海外地域

先進国なら使えるが、予備でVISAかMasterのカードを持っておきたい。

SPG AMEXは国際ブランドなので、VISAやMasterCardを予備で持っておきたいですね。ただ、SPGとマリオットにあるホテルとは相性がよく、この2つが使えれば旅行で訪れるような国のホテルならほぼコレ1枚でカバーできるので、ホテルの宿泊支払いで困ることはまずないでしょう。

SPG AMEXの旅行保険の充実度

海外旅行保険について

利用付帯の場合
担保内容本会員家族特約家族カード会員
傷害死亡・後遺障害1億円1,000万円5,000万円
傷害治療費用300万円200万円300万円
疾病治療費用300万円200万円300万円
賠償責任4,000万円
救援者費用400万円300万円400万円
携行品損害50万円(3,000円は自己負担)
自動付帯の場合
担保内容本会員家族特約家族カード会員
傷害死亡・後遺障害5,000万円1,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
賠償責任4,000万円
救援者費用300万円
携行品損害50万円(3,000円は自己負担)

【保険の対象者】
カード会員ご本人様はもちろん、配偶者や生計を共にする親族の方まで、傷害死亡・後遺障害保険金などの補償が適用されます。
※:「生計を共にする」とは、健康保険証を共有しているか税法上扶養関係にある場合をいいます。
※:親族とは6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方をいいます。

【補償期間】
カードご加入日(カード発行日)の翌日以降に日本を出発される旅行が対象となります。1旅行につき最長90日間となります。

SPG AMEXの海外旅行保険の内容は上記のとおり。アメックスゴールド並の充実度であり、これ以上の補償額はプラチナカードクラスになります。

アジア地域への旅行ならSPG AMEXの補償だけでも対処できることが多いですが、医療費の高いアメリカなどへの旅行の場合は保険会社の旅行保険へ加入しておきましょう。

航空便遅延費用補償
保険名補償額条件
乗継遅延費用1回の到着便の遅延について
最高20,000円
航空便を乗り継ぐ予定が、乗り継ぎ地点までの到着便の遅延によって搭乗する予定だった航空便に搭乗することができず、到着便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便に搭乗することができなかった場合、ご宿泊料金やお食事代を2万円を限度として補償します。
出航遅延、欠航、搭乗不能費用1回の出航遅延、欠航もしくは運休または搭乗不能について
最高20,000円
搭乗する予定だった航空便について、出航予定時刻から4時間以上の出航遅延や航空便の欠航などで搭乗することができず、出航予定時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合、お食事代を2万円を限度として補償します。
受託手荷物遅延1回の受託手荷物の遅延について
最高20,000円
航空便が目的地に到着してから6時間以内に、カード会員様の身の回り品で搭乗時に航空会社が受託した手荷物が目的地に運搬されなかったために、会員様が目的地において負担した衣類や生活必需品の購入費用を2万円まで補償します。
受託手荷物紛失1回の受託手荷物の紛失について
最高40,000円
航空便が目的地に到着してから48時間以内に、受託した手荷物が目的地に運搬されなかった場合、手荷物は紛失したものとみなし、到着後96時間以内に目的地において負担した衣類や生活必需品の購入費用を4万円まで補償します。

飛行機の遅延や欠航の補償内容は上記のとおり。また、上記の補償とは別にSPG AMEXなら電話一本で最寄のホテルを予約・宿泊できるのも強み。他のカードだと自分でホテルを探したり、見つけても「部屋がいっぱいです」と断られることもありますが、SPG AMEXなら専用デスクに電話するだけで部屋を紹介してもらえますし、系列ホテルならSPG AMEXを提示しただけで部屋を用意してもらうことができます。

SPG AMEXのステータス性はグリーンカードアメックスゴールドよりも劣りますが、ホテル関連に関しての利便性は抜群です。

国内旅行保険について

利用付帯の場合
担保内容本会員家族特約家族カード会員
傷害死亡・後遺障害5,000万円1,000万円5,000万円
自動付帯の場合
担保内容本会員家族特約家族カード会員
傷害死亡・後遺障害

【保険の対象者】
本カード会員および家族カード会員の方のみ。

【補償期間】
カードご加入日(カード発行日)の翌日以降に出発される旅行が対象となります。1旅行につき最長30日間となります。

国内旅行保険は利用付帯の場合のみ適用されます。ケガによる死亡や後遺障害が残る事故に巻き込まれたときに支払われるため、骨折程度の入院・治療では支払われません。

SPG AMEXの旅行に強いホテル以外の特典

  • マイル還元率が高い!ボーナスマイルもあり
  • 空港ラウンジ無料利用や日本語サポートなどのアメックス特典も使える

マイル還元率が高い!ボーナスマイルもあり

SPG AMEXは100円⇒1P⇒1マイル(還元率1.0%)でマイルを貯めることができ、交換先もANAやJALを含めた30社の航空会社があります。通常のクレジットカードはマイル還元率0.5%なので、陸マイラーの人にもおすすめできる1枚だと言えます。

【SPG AMEXの提携マイレージプログラム】
エーゲ航空、アエロメヒコクラブプレミア、アエロプラン/エアカナダ航空、エアベルリン、中国国際航空コンパニオン、ニュージーランド航空エアポインツ、アラスカ航空マイレージプラン、アリタリア航空ミッレミリア、ANAマイレージ航空、アメリカン航空アドバンテージ、エアアジアマイル、アシアナ航空、ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ、中国東方航空、中国南方航空スカイパールクラブ、デルタ航空スカイマイル、エミレーツスカイワーズ、エティハド航空、フライングブルー、Golスマイル、海南航空、ハワイアン航空、JALマイレージバンク、ジェットエアウェイズ、大韓航空、ラタム航空ラタムパス、アヴィアンカ航空LifeMiles、マイルズ&モア、カタール航空、サウジアラビア航空、シンガポール航空クリスフライヤー、タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス、ユナイテッド航空マイレージプラス、ヴァージンアメリカ航空エレベート、ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ、ヴァージンオーストラリア

また、SPG AMEXは60,000ポイント移行ごとに5000マイルもらえるのが特徴

  • 5000P ⇒ 5000マイル
  • 10000P ⇒ 10000マイル
  • 20000P ⇒ 25000マイル
  • 30000P ⇒ 35000マイル
  • 40000P ⇒ 50000マイル
  • 60000P ⇒ 75000マイル
  • 79999P ⇒ 94999マイル

ポイントの移行は一日に239,999Pまでとなっています。しかし、たくさん交換すればお得というわけでもなく、還元率自体は1.25%(1P⇒1.25マイル)なので2万ポイント以上であれば自分の好きな分だけ交換すれば大丈夫です。

ANAカードやJALカードはマイル還元率1%が基本なので、実は本家カードよりもマイルが貯まりやすいんですよね。これ以上ショッピングや光熱費の支払いでマイルが貯まりやすいカードはなく、あっても面倒な手間と労力を使わなければいけないものばかりなので、手軽に貯めるならSPG AMEXが最強です。

↓もっとSPG AMEXのマイルについて知りたい方はこちらをクリック
SPG AMEXはマイルを貯めるのにも最適!1.0%の高還元率でANA・JALマイルが貯まる

空港ラウンジ無料利用や日本語サポートなどのアメックス特典も使える

国内主要空港ラウンジやハワイ・ホノルル空港ラウンジを同伴者1名まで無料利用できたり、旅行中の24時間日本語トラベルサポートなど、アメックス共通特典もしっかりと利用することができます。

  • 空港ラウンジ無料利用
  • スーツケース無料宅配
  • レストラン予約や緊急時の日本語サポート『オーバーシーズ・アシスト』
  • 京都観光ラウンジ無料利用
  • 無料ポーターサービス
  • チケット・アクセス
  • ゴールド・ワインクラブ

SPG AMEX海外キャッシングが使えないのは残念

メリットの多いSPG AMEXですが、現地通貨を用意する方法として一番お得な海外キャッシングを使えないのは残念ですね。SPG AMEXに限らず、アメックスのプロパーカードは全て海外キャッシング機能が付いていません

もしお得に現地通貨を用意するのであれば、海外キャッシング用のクレジットカードを1枚持っておくと便利です。

関連記事:海外キャッシングにおすすめのクレジットカード3枚

SPG AMEXのスペック

カード名スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
カードデザインスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
申込資格年齢20歳以上
年会費31000円
家族カード15500円/1枚
ETCカード年会費無料(新規発行手数料は1枚につき850円+税)
発行期間1週間~3週間
国際ブランドAMEX
マイルANA:1.0%、JAL:1.0%
20000P移行ごとに5000マイルプレゼント
海外旅行保険傷害死亡・後遺障害1億円(自動付帯は5000万円)
傷害治療補償300万円(自動付帯は200万円)
疾病治療補償300万円(自動付帯は200万円)
救援者費用400万円(自動付帯は300万円)
賠償責任4,000万円
携行品損害50万円
国内旅行保険傷害死亡・後遺障害5000万円
電子マネー楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica
ポイント還元率1.0%

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。