AAマイルを貯めるならAAdvantage VISA カードとSPG AMEXどちらがおすすめ?比較してみた

AAマイルを貯めるならAAdvantage VISA カードとSPG AMEXどちらがおすすめ?比較してみたアメリカン航空のマイル(以下:AAマイル)を貯められるクレジットカードとして定番なのがAAdvantage VISA カードですが、実は国内発行のクレジットカードにはもう1枚AAマイルを貯められるクレジットカードがあります。

それがSPG AMEX(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの略称)。SPG AMEXは世界的なホテルグループ『マリオットボンヴォイ』の上級会員になれるクレジットカードですが、実はマイル還元率の高いクレジットカードとしても人気です。

マイル交換対象の航空会社マイレージにはアメリカン航空のAAdvantage(アドバンテージ)も含まれており、場合によってはAAdvantage VISA カードよりも効率よくAAマイルを貯めることも可能です。

SPG AMEXならマイル還元率1.25%も可能

AAdvantage VISA クラシックワイドカードの詳細AAdvantage VISA クラシックワイドカードAAdvantage VISA ゴールドカードの詳細AAdvantage VISA ゴールドカードSPGSPG AMEX
申込条件満18歳以上(高校生除く)で、安定した収入のある方満25歳以上で安定した収入のある方満20歳以上で安定した収入のある方
年会費8,000円15,000円31,000円
国際ブランドVISAVISAAMEX
マイル還元率1.0%1.0%1.0%~1.25%

今回はAAdvantage VISA カードの中でマイル還元率が1.0%であるAAdvantage VISA クラシックワイドカードとAAdvantage VISA ゴールドカードをSPG AMEXと比較していきます。

まず、クラシックワイドカードとゴールドカードは100円=1マイルでAAマイルが直接貯まり、SPG AMEXは100円=3P=1マイルと一度ポイントを経由してからAAマイルを貯めることができます。マイル還元率にするとどちらも1.0%であるため、ポイント交換の手間がある分SPG AMEXの方が少しだけ劣っていると言えます。

しかし、SPG AMEXは60,000ポイント移行ごとに5000マイルもらえる特典が付いており、最大でマイル還元率1.25%にまで引き上げることもできるため、SPG AMEXの方が効率よくAAマイルを貯めることができます。

【SPG AMEXのポイント交換の例】

  • 30000P ⇒ 10000マイル(還元率1.00%)
  • 45000P ⇒ 15000マイル
  • 60000P ⇒ 25000マイル(還元率1.25%)
  • 90000P ⇒ 35000マイル
  • 120000P ⇒ 50000マイル

さらに、SPG AMEXのポイント有効期限は無制限であるため、60,000ポイントまで貯めてから一気にAAマイルに交換することは誰にでも可能です。

損益分岐点は年間利用金額200万円、400万円、600万円のいずれか

今回比較する中で一番年会費の安いクラシックワイドカードとSPG AMEXを比較すると、年会費の差は23,000円。マイル還元率が1.25%になるとは言え、これをペイできるか不安になりますよね。

どちらのカードを発行した方がお得なのかは『損益分岐点』を考えると判断できます。

1マイルの価値を2円、4円、10円とそれぞれ想定した場合、

年間利用金額クラシックワイドカードSPG AMEX
2円4円10円
200万円20,000マイル+1万円
(25,000マイル)
+2万円
(25,000マイル)
+5万円
(25,000マイル)
400万円40,000マイル+2万円
(50,000マイル)
+4万円
(50,000マイル)
+10万円
(50,000マイル)
600万円60,000マイル+3万円
(75,000マイル)
+6万円
(75,000マイル)
+15万円
(75,000マイル)

ビジネスクラスやファーストクラスへのグレードアップでマイルを使う場合(1マイル=10円換算)は年間利用金額200万円で年会費の差額以上にお得になりますし、比較的マイル価値が安くなるエコノミークラスの特典航空券(1マイル=2円、4円)だと400万円や600万円が損益分岐点となります。

200万円未満では両カードのマイル還元率は1.0%で同じであるため、クラシックワイドカードの方がお得です。

また、『60,000ポイントごとに5,000マイル追加』という特典を考慮すると300万円や500万円といった利用金額は200万円や400万円と同じお得度となりますので、損益分岐点にはなりません。

どのタイミングで年会費以上の恩恵が出るかはマイルの使い方(どの区間か、どの席か、など)によって変わってきますので、自分のマイルの使い方を想定して損益分岐点を判断しましょう。

SPG AMEXには高級ホテルへの無料宿泊特典などもある

先ほどはマイルの貯まりやすさだけを基準にAAdvantage VISA カードとSPG AMEXどちらがお得かを解説しましたが、SPG AMEXにはマイル以外のメリットがいくつもあります。

その中で特に注目したいのが『年1回の無料宿泊特典』。世界的なホテルグループ『マリオットヴォンボイ』参加ホテルを1泊1室(2名様まで)無料で宿泊が可能に。しかも、祝日やGWなどの繁忙期でもスタンダードルーム(一般クラスの部屋)に空きさえあれば必ず泊まることができます。

泊まれるホテルは『交換レート1泊50,000Marriott Bonvoyポイント未満』のホテル。カテゴリーで言えば1~6が対象になりますので、国内だけでも1泊5万円~7万円ですので、この特典だけでもSPG AMEXの年会費の元を取ることも難しくありません

この点も考慮してAAdvantage VISA カードとSPG AMEXを比較すると、よりSPG AMEXの方がお得に感じる方も多いかと思います。

まとめ

以上を簡潔にまとめると、

  • 年間200万円未満の決済金額である ⇒ AAdvantage VISA クラシックワイドカード
  • 年間200万円以上の決済金額である ⇒ SPG AMEX
  • ホテルの無料宿泊などにも興味がある ⇒ SPG AMEX

となります。

一般的な航空系カード(ANAカードやJALカードなど)であれば搭乗時の積算マイル追加があるため、飛行機にたくさん乗る場合は持っていたほうがお得なのですが、AAdvantage VISA カードはショッピング利用だけがAAマイル付与の対象となりますので、飛行機にたくさん乗る場合でも特に優位性はありません。

純粋に年間の利用金額だけでAAdvantage VISA カードとSPG AMEXのどちらを発行した方がお得か判断しましょう。

【各カードの申込はこちら】

タイトルとURLをコピーしました