旅行に強いクレジットカード > 国別クレジットカード情報 > アジア地域 > 中国旅行ではクレジットカードは使えない?ちょっと特殊なカード事情

中国旅行ではクレジットカードは使えない?ちょっと特殊なカード事情

中国旅行ではクレジットカードは使えない?ちょっと特殊なカード事情海外旅行ではクレジットカードを持っておくことで支払いが簡単になったり、クレジットカードを持っていないと損をするような場面があるので「絶対に持っていくもの」という認識があります。

中国は日本よりもクレジットカード社会が進んでおり、上海や北京などの大都市ならクレジットカードが使えないお店はほとんどありません。百貨店やコンビニ、レストランなど問題なく使用することができます。ATMも至るとことにあるため、キャッシングで困ることもありません

しかし、「日本で発行したクレジットカードは使いにくい」というのが中国の面白いところ。今回は中国のクレジットカード事情について簡単にご紹介したいと思います。

【先に結論】

  • 内陸部では支払い・キャッシングでVISA、MasterCardでも使えないことが。銀聯カード(ぎんれんかーど)なら使える
  • 上海や北京など外国人観光客が多い場所はVISA、MasterCardが問題なく使える。JCBとAmexは拒否されることが。
  • ATMでのキャッシングならVISA、MasterCard、JCB問題なく使える(こちらも外国人観光客が多い場所のみ)
  • 上海ディズニーはワゴンのお店以外はVISA、MasterCard、JCBが使える

中国では銀聯カードが主流!内陸部だとVISA、MasterCardでも使えないことが

中国で使いやすいクレジットカードの国際ブランドの種類

銀聯カードとは中国発祥のカードのこと

クレジットカードにはVISAやMasterCard、JCBといったものがあることは知っている方も多いかと思います。これらは国際ブランドと呼ばれる、決済システムの種類を表しています。

日本で有名なJCBは日本の会社が開発した決済システムであるため、国内のほとんどのお店がJCBを導入しており、結果的に「JCBのクレジットカードは日本ならどこでも使える」という状況になっています。海外では「日本の決済システムをわざわざ導入するメリットがない」「そもそもJCBを知らない」といった理由から普及しておらず、「海外ではJCBは使えない」と言われています。

では、銀聯カードは何かというと、中国の国際ブランド『銀聯(ぎんれん)』が付いたクレジットカードやプリペイドカードのことを意味します

銀聯のロゴ

↑銀聯のロゴ↑

最近は日本も中国人観光客が多いですから、銀聯に対応したお店が増えています。ロゴを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?『銀聯』ではなく『UnionPay(ゆにおんぺい)』と呼ぶこともあります。

「銀聯カード持ってない?」と聞かれることも多い

日本ではVISA、MasterCard、JCBの国際ブランドが人気であり、世界中で見るとVISAとMasterCardのクレジットカードが主流です(2つのブランド合わせると世界シェアは50%以上)。

しかし、中国では銀聯(ぎんれん)と呼ばれる国際ブランドが主流であり、VISAやMasterCardのクレジットカードを出しても「中国のクレジットカード(銀聯カード)を持っていないか?」と聞かれます(特に内陸部)。

日本に住んでいると銀聯カードを聞いたことがない方も多いかもしれませんが、世界シェアは10%ほどで、JCBよりも圧倒的に多いです(JCBは世界シェア1%)。

AMEXやダイナースは加盟店手数料が高いので中国以外の国でも使えないことが多いですが、中国ではVISA・MasterCard・JCBの加盟手数料も高く感じるらしく、加盟店手数料が0円の銀聯カードを要求されることが多いわけです。

また、VISAやMasterCardは使えても加盟店手数料をこちらに負担させてくるお店もあるので、結果的に損をしてしまうこともあります。海外旅行では必須と言われているVISAやMasterCardのクレジットカードも中国では使いにくいカードに分類されてしまうわけです。

しかし、逆を言えば銀聯カードさえ持っていれば中国での支払いに困ることはほとんどありません。クレジットカード社会は日本よりも圧倒的に進んでおり、電車やバス、タクシー、屋台など以外ならどこでもカードで決済できますからね。

国内でも銀聯カードを発行することはでき、三井住友カードの銀聯カード「三井住友銀聯カード」なんかもありますので、中国に行く前に1枚発行しておきましょう。

香港や上海などの都会ならVISA、MasterCardが問題なく使える

中国旅行の際に上海に行く方も多いかと思いますが、上海はもともと外国人が非常に多い都市であるためVISAやMasterCardが使えます。すでにどちらかのクレジットカードを持っているのであれば、わざわざ新しくカードを発行する必要はありません。

しかし、JCBとAMEXとDinersに関しては支払いに使えないことが多いです。百貨店やホテルでも断られますので、必ずVISAかMastercardのクレジットカードを用意しておきましょう。

上海ディズニーは外国人観光客も多いため、ワゴンのお店以外ならVISA、MasterCard、JCB、AMEX、Dinersどれでも問題なく使うことができます。このあたり「さすがディズニー」ですよね。日本のディズニーランドは「おもてなし」に力を入れていますが、上海のディズニーランドは「アトラクション」に力を入れていますのでスリリングな体験を楽しめますよ。

もちろん香港ディズニーも全く同じ感じで、ワゴンのお店以外ならVISA、MasterCard、JCB、AMEX、Dinersどれでも問題なく使うことができます。

中国でクレジットカードが使えるお店、使えないお店

【クレジットカードが使える場所】

  • コンビニ
  • 観光地(ただし雑技団や施設の入場料などは人民元での支払いが必須)
  • 外資系飲食店
  • 百貨店
  • ホテル
  • 少し高めのレストラン

【クレジットカードが使えない場所】

  • 電車・地下鉄
  • バス
  • タクシー
  • 屋台
  • 地元の飲食店
  • 地方にあるお店

上海や北京など有名な観光地や日本人観光客が頻繁に利用するお店・レストランなどでは問題なくクレジットカードを使用することができます。銀聯カードだけではなくVISA・MasterCardでも対応していることが多いです。

JCB・AMEX・ダイナースは大きいお店でも使えないことが多いので、中国旅行の場合は「銀聯カード」と「VISAかMasterCard」をそれぞれ1枚ずつ持っていくのがおすすめです。

高額な買い物はクレジットカード、少額な買い物は現金(人民元)が安心

人民元
「中国旅行にクレジットカードって絶対必要なの?」「現金だけじゃ旅行できないの?」という方も多いかと思いますが、現金だけでも中国旅行は可能です。「特に地元の人しか知らないような飲食店巡りをしたい」「市場や観光スポット巡りをしたい」といった感じで、一気に高額なお金を使わない場合は現金だけでも問題なく旅行を楽しめます。

しかし、買い物を1万円以上する高額な商品を購入する場合はクレジットカードが必要となってきます。現金でも支払うことができますが、店員からかなり嫌な顔をされます

人民元は紙幣としての質が低く、簡単に偽札が作れてしまいます。そのため、お店では店員が人民元を1枚ずつチェックすることもあり、高額な商品だと大量の人民元をチェックしなければならず手間がかかります。

場合によっては「カードじゃないとダメです」と断れてしまうこともあるので、1枚はカードを持っておくと安心です。

ホテルのチェックインではクレジットカードが必要

海外ホテルのチェックインではデポジットを請求されるので、クレジットカードを持っておくと便利です。現金でもデポジットは支払えますが、宿泊料金と同等以上(1.5倍ぐらいの請求が多い)を請求されるため、現金だと旅行を楽しむ前に多くのお金を失ってしまいます。

なので、クレジットカードでデポジットを支払うのがおすすめです。

ちなみに、中国ではチェックイン時にパスポートも一緒に提出する必要があります。中国では海外旅行者は公安に宿泊先を教える義務があり、ホテル側がその代行を行うためにパスポートを要求されます。

キャッシングは空港やホテルに設置してあるATMならVISA、MasterCard、JCBが使える

支払いとは違い、ATMでのキャッシングは「〇〇のクレジットカードは使えない」ということがありません。「VISA、MasterCard、JCB」が全て使えるか?全て使えないか?のどちらかです。

外国人観光客が多い空港やホテルに設置してあるATMならVISA、MasterCard、JCBのクレジットカードで問題なくキャッシングをすることができます。

また、外国人観光客の多い観光地や大使館の集まる場所など、外国人居留民の多い地域では海外クレジットカードが使用可能なATMを設置している銀行が多いですので、キャッシングに困ることはありません。

まとめ

以上が中国でのクレジットカード事情です。現金よりもクレジットカードの方がお得になりますが、少額の支払いでは現金を多用するので、4万円分ぐらいの人民元を用意しておきましょう。これだけあれば2日間は遊び倒すことができます。

クレジットカードを利用する場合は「銀聯カード」と「VISAかMasterCard」をそれぞれ1枚ずつ持っていくと完璧。銀聯カードは日本国内でも発行することができるので、旅行へ行く前に発行しておきましょう。申込からカードが手元に届くまで2週間ぐらいかかるので、早めの申込を。

【中国のクレジットカード事情まとめ】
・中国はクレジットカード社会が日本よりも進んでいる
 ∟理由1.銀聯(ぎんれん)カードと呼ばれるデビットカードを発行しており、中国人のほとんどが使っている
 ∟理由2.人民元は質が悪く偽札が作りやすい。お店で使うと店員は全てチェックしないといけないから面倒。高額な現金支払いは嫌われるので注意

・中国では銀聯カードが一番使いやすい
 ∟VISAやMasterCardでもお店側に加盟店手数料がかかるので、少額の決済で利用すると嫌がられる&使えない場合もある
 ∟銀聯カードは加盟店手数料0円なので、少額の決済でも使えるお店が多い

・日本でも三井住友カードで銀聯カードを発行することができます
 ∟中国への旅行が多い人や滞在期間が長い人は作っておくと便利

・中国の上海や北京などの大都市なら問題なく使えるが、少し離れた地域に行くと使えないお店も増えるので注意
 ∟都市部でも電車やバス、タクシー、屋台などではカードが対応していないこともあるので人民元を用意しておこう
 ∟「地元の人しか知らない飲食店に行きたい」といった少しコアな旅行を考えている場合はカードよりも人民元を中心に使うことを想定しておいた方がいい
 ∟コンビニや観光地、外資系飲食店、百貨店、ホテル、少し高めのレストランならクレジットカードが使える

中国旅行や中国出張で必要になる『クレジットカード』。当ページでは中国のクレジットカード事情を踏まえながら、選び方や使いやすいクレジットカード・割引が特典があ...
LINEで送る
Pocket

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。




スポンサードリンク






中国旅行ではクレジットカードは使えない?ちょっと特殊なカード事情:関連ページ

韓国カジノのチップをクレジットカードで買う時の手数料・注意点まとめ
韓国の人気スポットの1つであるカジノ。日本では体験できない場所なので、パラダイスカジノやセブンラックカジノなどに行く方も多いかと思います。 しかし、ここで気になってくるのが「韓国のカジノでチップはクレジットカードは買える […]
東方神起&ギフト券!JCBカードで新羅免税店キャンペーン
韓国人気スポットの一つである新羅免税店のキービジュアル「東方神起」に関するキャンペーン情報です。JCBカードを持っているとギフトカードや東方神起クリアファイル、東方神起デザインのTmoneyカードを貰えるチャンス! 目次 […]
韓国でJCBのクレジットカードが使えるお店や特典について解説
国内では当たり前のJCBですが「海外ではJCBは使えない」と言われることが多いです。普段から愛用している方にとっては「え?また新しくクレジットカード作らないといけないの?」と少し面倒に感じますよね。 しかし、結論から言う […]
韓国旅行経験者に聞いた「このクレジットカード使える?使えない?」 – 口コミを集めてみた
今回は実際に韓国旅行へ行ったことがある方に「自分の持っているクレジットカードは使えた?(or 使えなかった?)」を口コミしてもらいました。「韓国ではクレジットカードを使えるって聞くけど、やっぱり実際に行った人の体験を聞か […]
シンガポール旅行でクレジットカードは必要?現金だけだと不便なこと5つ
シンガポールはアジアの中でも人気の観光地であり、日本人の旅行者も多いです。「海外旅行ではクレジットカードが必須」と言われていますが、今度のシンガポール旅行が初めての海外旅行だと「クレジットカードを持ってない」という方も多 […]
シンガポール旅行におすすめのクレジットカードと選び方
目次1 シンガポールにおすすめのクレジットカードの選び方2 シンガポール旅行におすすめのクレジットカード2.1 安定のVISAカード!三井住友VISAクラシックカードA2.2 年会費無料なのにゴールド並の旅行保険!エポス […]
タイ旅行でお得!優待が多くてどこでも使えるおすすめのクレジットカード
クレジットカードがあれば優待割引を受けることができ、お得にタイ旅行を楽しむことができます。日本ではあまりカードを使う習慣がない人も、タイ旅行中はどんどん使っていきましょう。 バンコクやチェンマイなど人気の観光地はもちろん […]
タイでクレジットカードは必要?タイのクレジットカード事情を解説
タイは東南アジアの中でも人気の観光地であり、日本からの直行便で7時間と行きやすいこともあって、日本人の観光客が非常に多いです。バンコクなんかは日本人だけではなく中国人や韓国人、アメリカ人など様々な人がいます。1人旅として […]
知らないと損する!台湾旅行におすすめのクレジットカード
台湾のクレジットカード普及率は日本とほぼ同じぐらいです。日本ではコンビニやデパート、飲食店など基本的にはどこでもクレジットカードが使えますよね? しかし、一方でちょっと田舎にあるような個人経営のお店だったり屋台などでは現 […]
台湾旅行にクレジットカードは必要?使えるお店やカード事情を解説
海外旅行ではクレジットカードが必須なので「台湾旅行でもクレジットカードって必要なの?」「そもそも台湾ってクレジットカード使えるの?」と気になる人も多いかと思います。 先に結論を言うと『クレジットカードは使えるけど、現金で […]