銀聯カードとは:銀聯の意味と日本で発行できる銀聯カードまとめ

銀聯カード
銀聯カードとは、中国発祥の銀聯(ぎんれん)を国際ブランドとするクレジットカードやプリペイドカード、デビットカードの総称です。

⇒銀聯公式サイト

銀聯とは

銀聯は中国で生まれた国際ブランドのことです。日本でいうとJCBのようなもの。

もともと中国では様々な銀行があったのですが、それぞれ独自のシステムやルールで運営されており、かなり使いづらい状態だったため、2002年3月26日に中国人民銀行の主導で「中国の銀行・クレジットカードを使いやすくしよう!」という目的で作られたのが誕生の理由です。

VISAやMasterCardは「世界中で決済をしやすくしよう!」という目的で作られた国際ブランドですので、規模は違えど理由はほぼ同じですね。

ただ、中国ではVISAやMasterCardがそこまで普及していなかったため、銀聯が登場したことによって『中国で一番使える国際ブランドは銀聯』という地位を確立しました。当サイトの中国のクレジットカード事情でも「海外旅行ではVISAかMasterCardのクレジットカードが必須ですが、中国旅行では銀聯が必須です」と解説していますが、2019年現在もその状況は変わっていません。

また、中国人旅行客の進出とともに銀聯が使えるお店も世界中に広がり、日本、韓国、タイ、シンガポール、アメリカ、ドイツ、フランス、オーストラリアなど、約20カ国に加盟店を持っています。日本でも「UnionPay(ユニオンペイ)」というロゴを見たことがある人も多いはず。

銀聯のロゴ
数は少ないですが日本国内でも銀聯カードを発行している会社はあります(後述します)が、基本的には中国人観光客向けのマークだと認識していて問題ないでしょう。

銀聯カードを発行する意味

日本人が銀聯カードを発行するのは海外旅行や海外出張で中国(香港と台湾を除く)を訪れるときでしょう。

そもそも現在の中国ではQRコード決済のAlipay(アリペイ)WeChatペイ(ウィーチャット)が2強であり、都市部ではこの2つのアプリを持っていないと支払いに不便に感じるほど生活に根付いています。

しかし、AlipayもWeChatペイも日本国内の銀行口座は登録することができず、実質使うことができません。利用するためには中国国内の銀行口座を新しく開設する必要があります。

そこで、銀聯カードの出番です。

銀聯カードは普通のクレジットカードやプリペイドカードと同じように誰でも発行することができ*1、新規での口座開設なども必要ありません。使えるお店の数もAlipayやWeChatペイよりも少なくはなりますが、持っていないよりはマシです。

日本国内で発行できる銀聯カード一覧

カード名発行会社年会費特徴
三井住友銀聯カード券面三井住友銀聯カード三井住友無料三井住友が発行する銀聯カード。一番ベーシックでおすすめ
ANA銀聯カード券面ANA銀聯カード三井住友無料ANAマイル貯めている人向け。1,000円=1P=5マイルで貯まる
Trip.comグローバルカード券面Trip.comグローバルカード三井住友無料Trip.comでホテル宿泊料金が5%~10%OFF
MUFG銀聯カード券面MUFG銀聯カード三菱UFJニコス無料海外利用でポイント2倍。ゴールドカードもある
※:MUFGカードを持っていない場合は発行できません
NEO MONEY券面NEO MONEYクレディセゾン無料プリペイドカードが欲しい場合はコレ
中国銀行デビットカード券面中国銀行デビットカード中国銀行(※1)1,000円中国銀行の銀聯カード。東京、横浜、名古屋、大阪、神戸の支店で作れる
※:中国銀行の口座開設も必要
中国工商銀行デビットカード券面中国工商銀行デビットカード中国工商銀行1,100円中国工商銀行の銀聯カード。東京と大阪の支店で作れる
※:中国工商銀行の口座開設も必要
※1:岡山県にある中国銀行ではなく、中華人民共和国にある銀行のこと

日本国内での銀聯カードの作り方

日本国内での銀聯カードの作り方は、普通のクレジットカードやプリペイドカード、デビットカードと同じです。

クレジットカードであれば、カード会社の公式サイトから申し込みを行い、所定の審査に合格することで発行してもらうことができます。国内の銀行口座でも発行が可能です。

プリペイドカードはクレジットカードよりも審査が楽で、申込年齢も「13歳から」と低め。親の同意も必要ありません。中学生や高校生が中国旅行に行くときに発行するといいでしょう。

デビットカードは、その銀行の銀行口座を開設することで発行することができます。日本国内に用意された支店に行き、窓口で申し込みを行いましょう。

クレジットカードの場合は一定の審査があります。
タイトルとURLをコピーしました