台湾旅行にクレジットカードは必要?最新のクレジットカード事情や使えるお店・使えないお店を解説

台湾旅行にクレジットカードは必要?使えるお店やカード事情を解説海外旅行ではクレジットカードが必須なので「台湾旅行でもクレジットカードって必要なの?」「そもそも台湾ってクレジットカード使えるの?」と気になる人も多いかと思います。

先に結論を言うと『クレジットカードは使えるけど、現金でしか支払えない機会も多い』です。具体的にはタクシーや屋台などは現金払いが基本。

今回は台湾のクレジットカード事情を交えながら、使いやすいクレジットカードや使える場所・使えない場所などを解説していきますので、これから台湾旅行に行かれる方はぜひ参考にしてみてください。

台湾のクレジットカード事情

台湾のクレジットカード事情

世界のキャッシュレス化の流れにあわせ、台湾でもキャッシュレス化は進んでいます。もともと台湾は観光によって経済が成り立っている背景もあり、日本人だけではなく韓国や中国、シンガポール、欧米など様々な場所から観光客がやってきます。

多国籍な勧告客の支払いをスムーズにしなければ観光による収益を保つことができませんので、台湾では驚くほど多彩な決済方式が採用されています

日本に住んでいてもSuicaやPayPayなど多様な決済方式があり「どれかにまとめてくれないと分からない」と思う方も多いかと思いますが、台湾はそれ以上に多くの決済方式に対応していると認識しておいて間違いありません。

クレジットカード単体での決済はもちろん、Apple PayやGoogle Pay、Line Pay、サムスンペイ、アリペイ、WeChatなどの電子マネーやQRコード決済にも対応しています。

しかし、一方で小さな飲食店では未だに現金払いしか対応していないこともあります。日本と同じです。外国人に最も人気の小籠包店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」も現金払いのみ。

クレジットカードと少額の台湾ドルを持ち歩くのが一番安全で最適です。

台湾旅行の時にお金をどうするべきかって結構迷いますよね。台湾ドルへの両替やクレジットカードなどが定番ですが、実はLINE Payがかなり使いやすいので、普段から愛用...

台湾旅行で使いやすい国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBの3つ

使いやすい国際ブランド(クレジットカードのマーク)は「VISA」「MasterCard」「JCB」の3つ。

VISAとMasterCardは海外旅行の定番であり、基本的にこの2つが使えない場所はありません。VISAは世界シェア1位、MasterCardは世界シェア2位ですからね。

「JCBは海外で使いづらい」と言われていますが、ここ数年は日本人観光客の多い地域で提携店を増やすことに力を入れているため、台湾では驚くほど使いやすいです(逆にアメリカやヨーロッパからは撤退気味)。

『VISA・MasterCard > JCB』といった感じでVISAやMasterCardの方が対応しているお店は多くなりますが、JCBカードには台湾の優待特典が付いていますので割引料金で観光地やショッピングを楽しみたい場合はJCBカードを1枚発行しておくのがおすすめです。

「JCB海外優待 たびらば」や「JCBハワイガイド」の詳細↑カードを発行すると会員専用の優待アプリを使える↑

一方、AMEXとダイナースは加盟店手数料が高いので他の国と同じように使えないことが多いです。

特にAMEXはクレジットカード初心者でもよく分からずに店頭勧誘で発行してしまっているケースがありますので、もし自分のクレジットカードがAMEX(下画像のマークが付いている)であれば、新しくVISAやMasterCardのクレジットカードを発行しましょう。

AMEXのロゴ

台湾でクレジットカードが使える場所・使えない場所

クレジットカードが使える場所

  • ショッピングモール内のお店
  • カフェ
  • スーベニアショップ
  • 免税店
  • YouBike

台湾内でクレジットカードが使える場所はいくつかありますが、上記あたりを覚えておけばいいでしょう。最近できたお店や国際的なチェーン店が1つの目安となります。

また、人によっては台北市内のレンタル自転車「YouBike」の利用を考えているかと思います。

YouBike(ユーバイク、繁体字: YouBike微笑單車)は台湾の台北市や桃園市など北中部の都市部を中心に展開されている公共レンタサイクルの事業者およびそのブランド。自転車は全てオレンジ色と黄色の塗装で統一されている。主な鉄道駅や公共施設、大型商業施設周辺に無人端末「キオスク」が設置され、現金不要でレンタルできる。

引用元:YouBike – Wikipedia

YouBikeを利用するためには台湾でSNSを受信できる携帯電話と悠遊カードで会員登録が必要となりますが、海外渡航者の場合はクレジットカードを使うことで利用できます

対応している国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBのみ。AMEXやDinersClubは使えませんので、YouBikeを利用する場合はVISA、MasterCard、JCBのクレジットカードを準備しておきましょう。

関連記事:YouBikeの使い方(台北)

クレジットカードが使えない場所

  • タクシー
  • 電車・地下鉄(MRT)
  • コンビニ
  • 屋台
  • 中小規模のレストラン
  • スーパー
  • マッサージ店

台湾でクレジットカードが使えないのは上記のとおり。スーパーなんかでは台湾発行のクレジットカードしか対応していませんし、ナイトマーケットのような屋台は100%現金支払いとなっています。

「美味しいものをたくさん食べたい」といった地元のB級グルメ巡りが旅行の目的の場合はクレジットカードを使う機会はほとんどないと考えて間違いありません。

ナイトマーケット↑屋台では現金払いが基本↑

また、台湾で人気のマッサージ(足ツボ)関係のお店でもクレジットカードはほとんど使えません。せっかく入れるお店が見つかったのに「現金を用意してなかった…」なんてことにならないように注意しておきましょう。

台北ナビを使えば、事前にクレジットカードに対応しているお店かチェックすることができるので便利ですよ。

コンビニはクレジットカードが使えないが、Apple Payは使える

台湾はセブンイレブンやファミリーマート、サークルケイ、ハイライフなどのコンビニがあり、日本並に出店されているため頻繁に見かけます。しかし、クレジットカード払いには対応していません

対応策としては以下の3つがあります。

  • コンビニ内のATMで海外キャッシングをする
  • 悠遊カード(EasyCard)を使う
  • Apple Payを使う

コンビニ内にあるATMは海外キャッシングが可能ですので、一度現金を引き出してからレジに行くといいでしょう。

悠遊カード(EasyCard)台湾のSuica的なICカードである「悠遊カード」を使う場合は、あらかじめチャージしておいた金額分を決済として使えます。日本人も台湾の空港やコンビニで悠遊カードを買えますので、台湾旅行で持っておくと便利です。

また、台湾のコンビニではApple Payでの決済もできるため、Apple Payとクレジットカードを紐づけしておけば問題なく使用することができます。普段利用している人はもちろん、iPhoneを使っているのならこれを機に登録しておくのもおすすめです。

スーパーは店舗によってクレジットカードが使えない

クレカが使えるスーパー
  • 頂好(ウェルカム)
  • 家楽福(カルフール)
  • 松青
  • JASONS
クレカが使えないスーパー
  • 全聯福利中心

スーパーでお土産や食事を買う人もいるかと思いますが、全聯福利中心はクレジットカードが使えないので注意しておきましょう。有名な大手スーパーなので利用しやすいメリットはありますが、クレジットカードを使いたい場合は頂好や家楽福、松青を利用しましょう。

国際ブランドはVISA、MasterCard、JCB、AMEXが使えます(JASONSはAMEXが使えません)。

台湾には複数枚のクレジットカードを持って行くと安心

台湾で使いやすいクレジットカードはVISA、MasterCard、JCBの3つと紹介しましたが、普通なら問題なく使えるお店でも磁気不良などによってエラーが発生することがあります。海外旅行好きにとっては結構当たり前のトラブルなのですが、あまり海外に行かない人はかなり焦るかと思います。

こういったこと↑も珍しくありませんので、最低でも2枚はクレジットカードを持って行くことをおすすめします。

台湾でもクレジットカードが必要な場面がある

ここまで解説したように台湾ではクレジットカードがなくても困ることはありませんし、日本のように現金だけでも十分楽しむことができます。

しかし、海外旅行ならではのクレジットカードが絶対に必要になる場面もあります。具体的には『ホテルのデポジットを支払う』『海外用WI-Fiのデポジットを支払う』『キャッシング』の3つです。

ホテルのデポジットを支払うためにクレジットカードを使う

ホテルのチェックインではデポジットを請求されます。デポジットの額はホテルによって違いますが、宿泊費の同等以上の額を請求されることが多いです。現金だけしか持っていないと旅行を楽しむ前に手持ちの多くを取られてしまい、非常に困りますよね。

一方、クレジットカードだと現金は減りませんし、チェックアウト時にデポジットを返金してもらえるので損をすることはありません。現金を最終日に返されても空港でお土産を買うぐらいしかできませんしね。

海外用Wi-Fiのデポジットを支払う

台湾の空港で海外用Wi-Fiをレンタルするときもデポジットを請求されることがあります。Wi-Fiがあればスマホでネットを使うことができるので、先ほどの台北ナビで人気のお店をチェックしたりクレジットカードを使えるかチェックできるので便利です。

デポジットはレンタル料と同じぐらい取られることがあるので、クレジットカードで支払った方がいいでしょう。

海外キャッシングに利用

台湾ドルを用意する方法は『日本円を空港や台湾国内の銀行で両替する』『台湾のATMでクレジットカードを使って引き出す(海外キャッシング)』の2パターンがあります。

両替は「分かりやすい」というメリットがありますが、両替手数料が高かったり、台湾ドルが必要になったときにわざわざ街中で両替所を探す手間がかかるデメリットがあります。

一方、海外キャッシングなら現地ATM(どこにでもある)でクレジットカードを入れるだけで台湾ドルが引きだせますし、手数料も両替よりも安いです。

【手数料の目安】

  • 海外キャッシング:1円 =0.28台湾ドル
  • 両替:1円 =0.26~0.27台湾ドル

1万円両替したら「海外キャッシングなら2,800円」「両替なら2,700円」と100円近くの差がでますので、ATMから引き出した方が節約になります。

頻繁に台湾旅行に行っている人ほど海外キャッシングを利用しています。普通に生活しているとキャッシングを利用する機会はあまりありませんが、台湾旅行の際はぜひ使ってみてください。

台湾旅行でもクレジットカードを使った方が台湾ドルでの支払いよりも手数料がお得と言われていますが、具体的にどれぐらいの手数料がかかるのかを知らない方も多いはず...

まとめ – 現金とクレジットカードどちらも必要

台湾では現金を使う場面が多いですが、クレジットカードがないと不便になるのも確かです。年会費無料のクレジットカードでもVISA・MasterCardならどのお店でも使うことができるので、少なくとも1枚は発行しておきましょう。

また、JCBカードなら優待もありますので、1枚持っておくとお得に台湾旅行が楽しめますよ。

台湾旅行ではクレジットカードが必要ですが、日本だとクレジットカードを使わなくても生活に支障が少ないため「持ってない」という人も多いはず。そこで今回は台湾で使...
初めて台湾へ旅行に行く人だと、クレジットカードと現金のどちらを持って行くべきか分からない方も多いはず。特に若い人だとクレジットカード自体を持ったことがなく、...

タイトルとURLをコピーしました