旅行に強いクレジットカード > セゾンカード > セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードについて > セゾンブルーとVISAカード、海外旅行に持っていくならどっちがおすすめ?

セゾンブルーとVISAカード、海外旅行に持っていくならどっちがおすすめ?

セゾンブルーとVISAカード、海外旅行に持っていくならどっちがおすすめ?セゾンブルーの国際ブランドは『アメックス』のみですので、VISAブランドのカードが欲しい場合は別途もう1枚発行する必要があります。しかし、いくら海外旅行にクレジットカードが必要だと言っても「むやみにカードを発行したくない(増やしたくない)」という人も多いはず。

そこで今回は、セゾンブルーとVISAカード海外旅行に持っていくならどっちがおすすめ?ということについて解説していきたいと思います。


1枚しか持っていかないならVISAで決まり!支払いは全てカバーできる

もし海外旅行に1枚しかクレジットカードを持っていけない場合はVISAカードを持っていきましょう。VISAブランドは世界中のお店・ホテルで決済することができるシェアNo.1の国際ブランドですので、海外旅行では必須となります。

VISAよりも支払いで有利な国際ブランドは一つもありません。

一方、アメックスは世界シェアNo.4。お店やホテル側からすれば提携手数料が高いため、アメックスでの決済に対応していないことが多いです。私も経験があるのですが、ホテルのロビーで「アメックス決済可能」と表記されてあるのに、実際に支払いで提出すると「少し前にアメックスはやめた」と拒否されてしまいました。

ただでさえ言葉が通じない海外で、ムダなトラブルは精神的に疲れてしまいますので、快適な旅行を楽しむのであればVISAブランドのクレジットカードが必須ですよ。

今からVISAのクレジットカードを発行するなら三井住友VISAクラシックカードAがおすすめ。VISAなので世界中で使えることはもちろんのこと、国内が誇るメガバンクのクレジットカードですので、セキュリティ面や不正利用時の対応がとにかく丁寧で海外でも安心して使うことができます。

特に三井住友VISAクラシックカードAは三井住友VISAカードの中でも海外旅行保険が充実していますので、海外旅行好きなら万能に使える1枚ですよ。

参考:海外旅行に強い三井住友VISAクラシックカードAの海外旅行保険や特典まとめ【最新キャンペーン情報あり】

特典や海外旅行保険の充実度はセゾンブルーの勝ち!サブカードとして優秀な1枚

ただ、旅行に強い特典や海外旅行保険など支払い以外の点に関していえばセゾンブルーの方が勝っていることが多いです。セゾンブルーは年会費わずか3,000円という安さでありながら、ゴールドカード並の特典・保険を付帯しています。

【セゾンブルーの魅力的な特典・保険の例】

  • 現地で日本語サポート「海外アシスタントデスク」
  • 空港~自宅間でお手伝い!手荷物無料宅配サービス
  • 海外用Wi-Fi&携帯電話が会員料金でレンタル可能
  • 入院・通院に関する保険はゴールドカード並みの300万まで保障(自動付帯)

決済用のカードとしては弱いですが、サブカードとして持っていく分にはかなり強力。VISAブランドのカードと合わせて持っていけば、より快適な旅行を楽しむことができます。セゾンブルーなら、ただ持っておくだけで旅行保険を適用してもらうことができますしね。

世界一周旅行をするバックパッカーの人なんかは、お守り代わりとして持っていることも多いですよ。

海外アシスタントデスクも現地の美味しい飲食店や限定イベント、緊急時のサポートなどを全て日本語で対応してもらえますので、外国語に自信がない人でも思いっきり現地を楽しむことができます。

また、25歳以下なら年会費無料キャンペーンも行われていますので、持っておいて損になることはありませんよ。

↓キャンペーン詳細はこちら↓
セゾンブルーの公式サイトへ

お得度は互角!使い方によってカードを選ぼう

カードによる特典割引は、それぞれのカードによって違いますので互角です。例えば、VISAブランドのエポスカードなら台湾一の高さを誇る『台北101』の展望台やレストラン・ショップで割引を受けられたり、韓国ロッテ免税店で最大15%OFFになる『ロッテ免税店VIPカード』を現地で貰うことができる割引サービスがありますし、セゾンブルーなら大手旅行サイト「エクスペディア」でホテルや航空券の割引を受けることができます。

何がお得になるかは行く国によって変わってきますので、「自分はどっちがお得なのか?」ということをチェックして選ぶにしましょう。

まとめ

以上が、セゾンブルーとVISAカード海外旅行に持っていくならどっちがおすすめ?ということについての解説です。一番おすすめなのは『VISAカードをメインにし、セゾンブルーをサブカードとして使う』という方法。支払いも特典も保険も全てカバーすることができますので、快適で安全な旅行を楽しむことができますよ。

LINEで送る
Pocket

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。



スポンサードリンク






セゾンブルーとVISAカード、海外旅行に持っていくならどっちがおすすめ?:関連ページ

セゾンブルーなら海外キャッシングも可能!利用方法や暗証番号の確認方法を解説
アメックスプロパーカードは海外キャッシングができませんが、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(通称:セゾンブルー)であれば海外キャッシングが可能です。 目次1 キャッシング限度額と暗証番号の確認方法2 セゾン […]
コレだけは知っておきたい!セゾンブルーの審査基準や難易度まとめ
25歳以下は年会費無料でありながらゴールドカード並みの海外旅行保険や、本家アメックスの旅行に強い特典を付帯したセゾンブルー。今回はそんなセゾンブルーの審査について解説していきます。 目次1 まずは基本から!セゾンブルーの […]
セゾンブルーなら即日発行も可能!すぐに受け取るための条件は?
セゾンブルーは申し込みをした日に受け取ることができる即日発行可能なクレジットカードです。「出張まで時間がない」「海外旅行に行くけどクレジットカードが必要とは知らなかった」など、急いでクレジットカードを発行したいときにも非 […]
セゾンブルーとセゾンゴールドアメックスの違いは何?インビテーションはあるの?
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンブルー)とセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンゴールドアメックス)の違いやインビテーションについて解説していきたいと思います。 目次1 セ […]
え…嘘でしょ…?セゾンブルー申込前に知っておきたいデメリット
セゾンブルーは海外旅行で便利な特典や海外旅行保険が充実しているクレジットカードとして有名です。年会費も25歳まで無料で使えるため、学生や社会人など若い世代を中心に人気を集めています。 しかし、どんなクレジットカードでもそ […]
セゾンブルーはICチップが搭載されてないけど大丈夫?デメリットや搭載されない理由を解説
セゾンブルーは25歳以下なら年会費無料で使え、旅行保険の充実度や海外旅行に強い特典が年会費無料とは思えないぐらい豊富な魅力的なカードです。しかし、それゆえに『ICチップがない』というのは非常に気になりますよね。 セキュリ […]
セゾンブルーとセゾンパールは何が違うの?海外旅行へ持っていくならどっちがおすすめ?
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンブルー)とセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンパール)は、どちらも海外に強いアメックスブランドであり、本家のプロパーカードと比べると審査基準 […]
セゾンブルーは海外利用のみでも年会費の元を取れる?
セゾンブルーは海外に強い特典が豊富なので、「海外利用しか考えていない」という方も多いかと思います。実際に当サイトでも、セゾンブルーは海外で使うことを目的とする方のみにおすすめしているのですが、「年1回しか海外旅行行かない […]
セゾンブルーアメックスが海外旅行好きの学生におすすめの理由3つ
「学生が海外旅行へ行くならセゾンブルー(セゾンブルー・アメリカン・セキスプレス・カード)がいいよ」というのは有名な話です。実際、セゾンブルー側も海外旅行好きな若者をターゲットにサービスを調整しているため、クレジットカード […]
セゾンブルーのU25応援キャンペーンで26歳未満は年会費無料!海外旅行保険や特典まとめ
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(通称:セゾンブルー)は、安い年会費と手厚い海外旅行保険を備えたコストパフォーマンスの高いクレジットカード。年会費3,000円でありながら、海外旅行保険で一番利用頻度の高い傷 […]