国内旅行保険を理解しよう:必要性、加入方法、注意点、おすすめまとめ【保険料比較表あり】

国内旅行保険旅行保険と言えば海外旅行保険が有名ですが、実は国内旅行保険というものもあります。国内旅行保険とは、国内旅行中のケガや病気の治療費や旅行先で他人の持ち物を紛失した場合の弁償代、紛失したスマホやカメラの修理代、飛行機の遅延・欠航による損害などを補償してもらえる保険のことです。

必要かどうかでいえば必要なのですが、保険料も発生するため「入らないでいいなら入りたくない」という方も多いはず。

そこでこのページでは、国内旅行保険の基本的な情報から、どういった人は加入した方がいいのか?、加入するためにはどうすればいいのか?、加入するときの注意点、おすすめの国内旅行保険などを解説していきたいと思います。

国内旅行保険の概要

国内旅行保険は旅行中のケガや死亡、持ち物の紛失、飛行機の遅延など、様々な損害を補償してもらえる保険のことです。提供する保険会社ごとに補償範囲が異なります。具体的には以下の通り。

保証項目補償内容
死亡・後遺障害旅行中の事故で死亡または後遺障害が残った場合に支払ってもらえる保険金
入院日額旅行中のケガで入院が必要になった場合に支払ってもらえる保険金。1日あたり5,000円もらえるものが多い
手術費用旅行中のケガで手術が必要になった場合に支払ってもらえる保険金。10万円、30万円、50万円など何パターンか補償額が用意されているものが多い
通院日額旅行中のケガで通院が必要になった場合に支払ってもらえる保険金。1日あたり5,000円もらえるものが多い
携行品損害旅行中に持ち物を紛失した際に修理費用を補償してもらえる保険金。カメラやスマホなどが対象になる
個人賠償責任他人の所有するものを壊してしまった場合に発生する弁償代を補償してもらえる保険金
救援者費用入院が必要になったとき旅行先の病院まで親族が来る時に発生する交通費を補償してもらえる保険金
航空機遅延・欠航費用天候の悪化などで飛行機が遅延または欠航した際に発生する宿泊費や飲食代を補償してもらえる保険金。

基本的には上記の項目ごとに補償額が設定されています。保険会社が用意する約款(「やっかん」、保険内容が書かれた書類)を見ると詳しく書かれているのですが、文字がビッシリと記載されており、非常に読みづらいものが多いです。

ですので、約款を見る場合は上記で紹介した保証項目に絞って確認すると、効率よく情報をチェックすることができます

国内旅行保険が必要な人

「国内旅行保険が必要ない」と言われるのは、国民健康保険(または健康保険)に加入しており、ケガや病気をしても医療費の負担が少ないからです。海外では日本の保険が適用されず、医療費を全額負担しなければいけないため海外旅行保険への加入が必要になります。

しかし、国内旅行保険の概要で解説したように、国内旅行保険は死亡した時や持ち物の紛失した時の修理代、他人の所有物を壊した時の弁償代など国民健康保険(または健康保険)にはない補償項目が用意されていますので、「もし私が死んだら妻に保険金を残したい」「このカメラのレンズ20万円するから傷がついた時の保険をかけたい」「スマホをよく落とすから画面が割れた時に対処したい」といった場合にも柔軟に対応できます。

特に以下のような人は、国内旅行保険への加入を推奨します。

旅行先で山登りやダイビングなどアクティブな活動をする人

山登り旅行先でのアクティブな活動は観光やショッピングに比べると事故のリスクが高くなりますよね?最悪の場合、死亡事故に繋がるケースもありますので、国内旅行保険に加入しておいた方がいいでしょう。

保険会社によってはアクティブ内容に特化している保険を用意していることもあり、山登りは山岳保険、ダイビングはダイビング保険などがあります。特化した保険は通常の国内旅行保険ではカバーされない部分も補償してもらえるのが魅力です。

例えば、通常の国内旅行保険ではピッケルを使った本格的な登山は保険対象外となっています(道具を使わない軽い登山が対象)が、山岳保険であれば対象になります。また、遭難時の救助費用も対象になるなど補償範囲も登山分野に広く特化しています。

小さな子供と一緒の旅行

小さな子供との旅行行動的な子供であれば怪我をする可能性が高いですし、宿泊施設の備品を壊してしまう可能性もあります。温泉で足を滑らせて頭を強く打ったり、旅館に置いてある高価な壺を壊してしまったり、観光地で売っている商品を壊してしまったりなど、親御さんであれば心配な方も多いはず。

こういったケースでは入院日額や通院費額、個人賠償責任などが助けてくれますので、加入しておくと安心して旅行を楽しむことができます。

台風や雪の多い時期に飛行機を使う人

台風台風や雪によって飛行機が飛ばなくなったり、遅延することは珍しくありません。特に7月~9月にかけての沖縄旅行は台風が、12月~2月の北海道旅行は雪が多いため、該当する時期に旅行を計画している人ほど必要性は高くなります。

一般的に保険会社の航空機遅延・欠航費用はオプションとして付けるケースが多いです。メインとして死亡・後遺障害や入院費額などを含めた国内旅行保険に加入する必要があります。

また、遅延に関しては『4時間以上の遅延で発生した場合に限る』と条件が付いている場合もありますので、必ず約款を確認しておきましょう。

高価なカメラを使っている人

高価なカメラを使っている人最近は写真を趣味にしている方も多いと思いますが、国内旅行保険に加入していれば故障した場合に修理費用を補償してもらうことができます(厳密には修理費用と再購入費用のどちらか安い方ですが、修理費用の方が安いケースが大半でしょう)。

「カメラ買った時の5年間保証じゃダメなの?」と思うかもしれませんが、購入時の保証は自然故障のみが対象です。「山の中で撮影していたら川の中にカメラを落としてしまった」「鳥取砂丘で撮影していたらレンズに砂が入って傷がついた」「落としてカメラが起動しなくなった」などのケースは全て保険対象外です。

一方、国内旅行保険では携行品損害が上記全てのケースをカバーしてくれます。自己負担として3,000円~10,000円が必要になりますが、全額を支払うよりかは何倍もお得ですよね。

高速バス・深夜バスの国内旅行保険の必要性は低め

高速バス高速バスや深夜バスに申し込むと国内旅行保険への加入を勧められますが、そもそもバスの運営会社は別に保険加入しており、私たち利用者もこの保険への加入が強制(料金プランに含まれている)されているため、仮にバス乗車中に事故にあっても保険金は支払われます。そのため、必要性は他のケースに比べるとやや低くなります。

ただ、バスの運営会社の加入する保険はバス降車中のケガは対象外となりますので、「パーキングエリアで車にひかれた場合にも対処したい」といった場合は加入しておいた方がいいです。

ちなみに、興味深いTweetを見つけたのでご紹介しておきます。


31人中約25人がバスの国内旅行保険に加入しないようですね。

国内旅行保険の3つの加入方法

ここから国内旅行保険の加入方法をご紹介していきます。

旅行代理店で旅行プランと一緒に購入

【加入手順】

  1. 旅行代理店へ行く
  2. 旅行プランやツアーを契約する
  3. スタッフに紹介される国内旅行保険を確認する
  4. 保険を契約する

JTBのような旅行代理店で旅行プランを契約すると「国内旅行保険に加入しませんか?」と聞かれますので、これに加入するだけでOK。支払いをまとめられますし、分からないことはスタッフに直接聞くことができるため、旅行初心者でも気軽に利用できます。

ネットから加入

【加入手順】

  1. ネット加入できる国内旅行保険を検索する
  2. 公式サイトで補償金額や保証内容を確認する
  3. 申し込み&契約する

インターネットから直接加入することもできます。旅行代理店の国内旅行保険に比べると保険料が安いものが多いのが特徴です。例えば、au損保であれば日帰り・1泊旅行で262円から利用できます。

クレジットカードに付帯されたものを利用する

【加入手順】

  1. 特になし

クレジットカードに付帯されている場合は別途加入する必要はありませんが、付帯条件はチェックしておく必要があります。

付帯条件とは、保険が適用される条件のこと。クレジットカードの国内旅行保険では、特定の場面でカード決済に利用すると適用される『利用付帯』無条件で適用される『自動付帯』の2種類あります。

自動保険であれば何もする必要はありませんが、利用付帯であれば各カード会社が定める条件をクリアする必要があります。国内旅行保険の場合、『公共交通乗用具の料金やツアー料金のカード払いで利用する』が条件になっていることが多いです。

Q.公共交通乗用具とは何ですか?

航空法・鉄道事業法・海上運送法等に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運行される乗用具をいいます。
例)航空機、船舶(定期便)、高速バス、タクシー(無許可タクシーは対象外)、路線バス、トロリーバス、モノレール、ケーブルカー、リニアモーターカー、電車(いつ、どの区間に乗車し、その料金がいつ決済されているかを明確に証明できる場合のみ対象)等

なお、保険金請求の際には、各機関が発行する「事故証明書」の取付が必要となります。

※:装飾は当サイトによるもの

つまり、航空券代や新幹線代、高速バス代などの支払いを利用付帯の国内旅行保険を付帯したクレジットカードで決済すると、保険が適用されるわけです。普段クレジットカードを使わない方にとっては付帯条件はなじみの薄いものかと思いますので、注意しておきましょう。

付帯条件が分からない場合は『自分のカード名 国内旅行保険 付帯条件』で検索し、対象となる公式ページを確認します。公式ページ以外では表記が間違っているケースもありますので、あくまでも参考程度にとどめてくようにしましょう*1

加入するときの注意点・チェックするべき項目

保険は専門用語も多く、文章も非常に長いため、全てを理解するのは難しいです。そこで、ここからは国内旅行保険に加入するときに最低限注意しておきたい点(チェックするべき項目)をご紹介していきます。

1.補償範囲

『国内旅行保険の概要』で紹介した補償範囲ごとの項目は最重要チェックポイントです。同じ国内旅行保険でも、保険会社ごとによって保証している範囲が違うため、確認しておかなければ「せっかく保険に入ったのに保険金がもらえなかった…」となってしまいます。

逆に言えば補償範囲を確認しておくだけで国内旅行保険の50%は正しく利用できますので、保険選びの際は「どの項目が補償されるのかな?」と考えながら選別するといいでしょう。

2.適用条件

保険が適用される条件も確認しておく必要があります。クレジットカードの利用付帯・自動付帯以外にも、個別に設定された『保険⾦をお⽀払いできない主な場合』に書かれた内容を最重要チェックポイントの1つです。

au損保の国内旅行保険の一部

上画像はau損保の国内旅行保険の約款(2019年12月1日~)の一部ですが、赤枠内を見てみると『⑤妊娠、出産、早産または流産』『⑦地震もしくは噴火またはこれらによる津波』『⑨ 山岳登はん(ピッケル等の登山
用具を使用するものおよびロッククライミング等をいいます)、職務以外での航空機操縦、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗などの危険な運動を⾏っている間の事故』などが対象外となっていることが分かります。

また、携行品損害の項目では

au損保の国内旅行保険の携行品損害の一部

携帯電話やノートパソコンなどが対象外になっていることが分かります(上画像の赤枠内)。よくスマホを落としてしまう人や出張でノートパソコンを持っていく予定の人、旅行の移動中にiPadで動画配信サービスを利用する予定の人などは相性が悪いですよね?

国内旅行を正しく利用するための残り50%は『適用条件』ですので、補償範囲と同じレベルで注意深く確認しておきましょう。

ファイナンシャルプランナーおすすめの国内旅行保険

最後にファイナンシャルプランナーである当サイトの管理人・旅井が、個人的におすすめの国内旅行保険をご紹介しておきます。

AIG損保の国内旅行傷害保険

AIG損保
AIG損保は海外旅行保険でも定番の保険会社です。国内旅行保険は加入手続きが面倒なものも多いのですが、AIG損保はとにかく契約がスムーズに終わります。初心者でも気軽に加入可能。

携行品損害の項目ではスマホやノートパソコンなどの電子機器が対象となっているのもいいですね。オプションで航空遅延も補償してもらうことができます。

デメリットとしてはクレジットカード払いにしか対応していないこと。銀行振込やコンビニ払い、携帯払いができません。

18歳以上であればクレジットカードの発行も可能ですので、持っていない場合はこれを機に検討してみてもいいでしょう。楽天カードあたりは申し込みから発行まで2~3日で届くことも多いため、旅行まで少し時間がある場合は十分間に合うかと思います。

⇒AIG損保の国内旅行傷害保険 申込ページ

ジェイアイの国内旅行保険

ジェイアイ傷害火災保険の国内旅行保険
ジェイアイ傷害火災保険(通称:ジェイアイ)の国内旅行保険はJTBで旅行プランを契約した時に「一緒にどうですか?」と勧誘されることが多いです。今回ご紹介した補償項目は全て対象となっています(航空機欠航はオプション)ので、入っておけばある程度のケガや持ち物の紛失に対応できます。

インターネット経由で契約する場合は『クレジットカード決済のみ』となっていますので、持っていない場合は新しくクレジットカードを発行するか店舗で契約するようにしましょう*2

⇒ジェイアイの国内旅行保険 申込ページ

SBIマネープラザのモバイル保険

SBIマネープラザのモバイル保険
SBIマネープラザのモバイル保険はスマホやパソコンの補償に特化した保険(国内旅行保険ではありません)です。「iPhoneを落として画面が割れた」「ノートPCが水に濡れて起動しなくなった」などに対応。補償対象となる機器はスマホ、パスコン、ノートパソコン、タブレット、スマートウォッチ、ミュージックプレイヤー、携帯ゲーム機です。

国内旅行保険の中にはこれらの機器が携行品損害の対象外となっているものもありますので、組み合わせて使うのもありです。

⇒SBIマネープラザのモバイル保険 申込ページ

飛行機遅延・欠航だけを利用したいならクレジットカード一択

飛行機遅延・欠航だけを補償してもらえる国内旅行保険はありませんので、クレジットカード付帯のものを利用するのが最適解となります。ゴールドカード以上であれば1万円~2万円補償されているものがあるため、すでにゴールドカードを保有している方は保険内容を確認してみましょう。

新しく飛行機遅延・欠航の補償が付いたゴールドカードを発行するなら国内旅行保険が充実したおすすめクレジットカードをご覧ください。

国内旅行保険の保険料比較表

最後に「できるだけ安い保険料で加入したい」という人のために国内旅行保険料の比較表も書いておきます。分かりやすく比較するために補償内容が似ているプランを選別して掲載しています。さらに長期での契約や高額な補償を希望される場合は、お手数ですが各公式サイトをご覧ください。

↓横にスライドできます↓
AIG損保
国内旅行傷害保険
ジェイアイ
国内旅行保険
au損保
国内旅行の保険
三井住友海上
国内旅行傷害保険
エイチ・エス損保
国内旅行総合保険
楽天損保
国内旅行傷害保険
損保ジャパン日本興亜
国内旅行総合保険
保険料日帰り/1泊2日:934円
2泊3日/3泊4日:1,105円
日帰り/1泊2日:800円
2泊3日/3泊4日:800円
日帰り/1泊2日:262円
2泊3日/3泊4日:321円
日帰り/1泊2日:800円
2泊3日/3泊4日:1,000円
日帰り:400円
1泊2日:410円
2泊3日/3泊4日:470円
日帰り/1泊2日:800円
2泊3日/3泊4日:900円
日帰り/1泊2日:1,000円
2泊3日/3泊4日:1,200円
死亡・後遺障害34万円~
850万円
414万円~
676万円
500万円950万円500万円1,441万円
~1,735万円
715万円
~740万円
入院日額9,000円3,000円~
4,000円
4,000円4,500円5,000円5,000円5,000円
手術費用入院日額の
5倍~10倍
入院日額の
5倍~10倍
2万円
または4万円
入院日額の
5倍~10倍
入院日額に
含む
入院日額の
5倍~10倍
入院日額の
5倍~10倍
通院日額1,500円2,000円~
2,500円
1,000円3,000円1,500円3,000円5,000円
携行品損害10万円5万円×日帰り/1泊2日:25万円
2泊3日/3泊4日:30万円
×15万円30万円
個人賠償責任3,000万円3,000万円200万円3,000万円3,000万円3,000万円3,000万円
救援者費用200万円150万円200万円200万円200万円100万円200万円
航空機遅延・欠航費用1万円(※1)1万円(※1)×××××
※:調査は2019/11/11のものです。保険料は予告なく変更されることもありますので、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
※1:航空機欠航補償付きプランを契約した場合
当サイトでも各カードの解説ページで表記しています。間違いがないように常に最新情報を掲載するように心がけていますが、内容を必ずしも保証するものではありませんので、公式ページを同時に閲覧されることを推奨致します。
店頭で契約するタイプとネットで契約するタイプは契約内容が微妙に違います。
タイトルとURLをコピーしました