FP2級がおすすめする保険会社の国内旅行保険【まとめ】

FP2級がおすすめする保険会社の国内旅行保険【まとめ】

クレジットカードの国内旅行保険では、携行品損害、個人賠償責任、救援者費用が付帯されていないため、保険会社提供の国内旅行保険に加入する必要があります。

また、登山やサーフィン、スキーなど保険の対象外となるアクティビティを計画している場合も同様のことが言えます。

このページではファイナンシャルプランナー2級の資格を持つ旅井がおすすめする国内旅行保険をまとめていますので、「どれがいいのかよくわからない」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

AIG損保の国内旅行傷害保険

AIG損保
AIG損保は海外旅行保険でも定番の保険会社です。国内旅行保険は加入手続きが面倒なものも多いのですが、AIG損保はとにかく契約がスムーズに終わります。初心者でも気軽に加入可能。

携行品損害の項目ではスマホやノートパソコンなどの電子機器が対象となっているのもいいですね。オプションで航空遅延も補償してもらうことができます。

デメリットとしてはクレジットカード払いにしか対応していないこと。銀行振込やコンビニ払い、携帯払いができません。

18歳以上であればクレジットカードの発行も可能ですので、持っていない場合はこれを機に検討してみてもいいでしょう。楽天カードのように申し込みから発行まで2~3日で届くカードも多いため、旅行まで少し時間がある場合は十分間に合います。

⇒AIG損保の国内旅行傷害保険 申込ページ

ジェイアイの国内旅行保険

ジェイアイ傷害火災保険の国内旅行保険
ジェイアイ傷害火災保険(通称:ジェイアイ)の国内旅行保険はJTBで旅行プランを契約した時に「一緒にどうですか?」と勧誘されることが多いです。今回ご紹介した補償項目は全て対象となっています(航空機欠航はオプション)ので、入っておけばある程度のケガや持ち物の紛失に対応できます。

インターネット経由で契約する場合は『クレジットカード決済のみ』となっていますので、持っていない場合は新しくクレジットカードを発行するか店舗で契約するようにしましょう*1

⇒ジェイアイの国内旅行保険 申込ページ

SBIマネープラザのモバイル保険

SBIマネープラザのモバイル保険
SBIマネープラザのモバイル保険はスマホやパソコンの補償に特化した保険(国内旅行保険ではありません)です。「iPhoneを落として画面が割れた」「ノートPCが水に濡れて起動しなくなった」などに対応。補償対象となる機器はスマホ、パスコン、ノートパソコン、タブレット、スマートウォッチ、ミュージックプレイヤー、携帯ゲーム機です。

国内旅行保険の中にはこれらの機器が携行品損害の対象外となっているものもありますので、組み合わせて使うのもありです。

⇒SBIマネープラザのモバイル保険 申込ページ

飛行機遅延・欠航だけを利用したいならクレジットカード一択

飛行機遅延・欠航だけを補償してもらえる国内旅行保険はありませんので、クレジットカード付帯のものを利用するのが最適解となります。

ゴールドカード以上であれば1万円~2万円補償されているものがあるため、すでにゴールドカードを保有している方は保険内容を確認してみましょう。

新しく飛行機遅延・欠航の補償が付いたゴールドカードを発行するなら国内旅行保険が充実したおすすめクレジットカードをご覧ください。

国内旅行保険の保険料比較表

最後に「できるだけ安い保険料で加入したい」という人のために国内旅行保険料の比較表も書いておきます。分かりやすく比較するために補償内容が似ているプランを選別して掲載しています。さらに長期での契約や高額な補償を希望される場合は、お手数ですが各公式サイトをご覧ください。

↓横にスライドできます↓
AIG損保
国内旅行傷害保険
ジェイアイ
国内旅行保険
au損保
国内旅行の保険
三井住友海上
国内旅行傷害保険
エイチ・エス損保
国内旅行総合保険
楽天損保
国内旅行傷害保険
損保ジャパン日本興亜
国内旅行総合保険
保険料日帰り/1泊2日:934円
2泊3日/3泊4日:1,105円
日帰り/1泊2日:800円
2泊3日/3泊4日:800円
日帰り/1泊2日:262円
2泊3日/3泊4日:321円
日帰り/1泊2日:800円
2泊3日/3泊4日:1,000円
日帰り:400円
1泊2日:410円
2泊3日/3泊4日:470円
日帰り/1泊2日:800円
2泊3日/3泊4日:900円
日帰り/1泊2日:1,000円
2泊3日/3泊4日:1,200円
死亡・後遺障害34万円~
850万円
414万円~
676万円
500万円950万円500万円1,441万円
~1,735万円
715万円
~740万円
入院日額9,000円3,000円~
4,000円
4,000円4,500円5,000円5,000円5,000円
手術費用入院日額の
5倍~10倍
入院日額の
5倍~10倍
2万円
または4万円
入院日額の
5倍~10倍
入院日額に
含む
入院日額の
5倍~10倍
入院日額の
5倍~10倍
通院日額1,500円2,000円~
2,500円
1,000円3,000円1,500円3,000円5,000円
携行品損害10万円5万円×日帰り/1泊2日:25万円
2泊3日/3泊4日:30万円
×15万円30万円
個人賠償責任3,000万円3,000万円200万円3,000万円3,000万円3,000万円3,000万円
救援者費用200万円150万円200万円200万円200万円100万円200万円
航空機遅延・欠航費用1万円(※1)1万円(※1)×××××
※:調査は2019/11/11のものです。保険料は予告なく変更されることもありますので、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
※1:航空機欠航補償付きプランを契約した場合
店頭で契約するタイプとネットで契約するタイプは契約内容が微妙に違います。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました