スカイトラベラーとANAアメックスとANAワイドゴールドカードを比較してみた

スカイトラベラーとANAアメックスとANAワイドゴールドカードを比較してみた
ANAを含め15社の航空会社のマイルに交換できるスカイトラベラーについて調べていたのですが、ANAアメックスやANAワイドゴールドカードと比較するとどちらがおすすめなのか気になったので、今回はこの3枚のカードについて情報を比較しながら、まとめていきたいと思います。

※以下ではアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードをスカイトラベラー、ANAアメリカン・エキスプレス・カードをANAアメックス、ANAワイドゴールドカードをANAワイドゴールドと通称で表記します。

年会費はANAアメックスが一番安い

  • スカイトラベラー:10,000円/家族カード1枚5,000円
  • ANAアメックス:7,000円/家族カード1枚2,500円
  • ANAワイドゴールド:14,000円/家族カード1枚4,000円

ANAアメックスはアメックスの中でも年会費の安いクレジットカードとして人気です。初めて「年会費の高いクレジットカードに挑戦しようかな!」と考えている方にもおすすめ。

ANAマイル移行手数料を含めてもANAアメックスが一番安い

貯めたポイントをANAマイルへ移行する場合は、移行手数料を年会費として別途支払う必要があります。

  • スカイトラベラー:5,000円
  • ANAアメックス:6,000円
  • ANAワイドゴールド:無料

ANAワイドゴールドはANAが自社で発行しているだけあって無料です。ANAとアメックスが提携したANAアメックスがスカイトラベラーよりも1,000円高いのは謎ですね(笑)。

ただ、トータルで見てもANAアメックスが一番安いので、お得度は一番高いです。

※ANAマイルを貯める際に移行手数料を支払わない選択肢はない(還元率がかなり落ちるから)ので、ここからは移行手数料を支払うことを前提に話を進めます。

ANAマイルの貯まりやすさはスカイトラベラーが一番

航空券やショッピングでもらえるポイント数を比較

スカイトラベラーANAアメックスANAワイドゴールド
通常利用100円=1ポイント100円=1ポイント1,000円=1ポイント
対象航空券購入100円=3ポイント100円=2.5ポイント1,000円=1ポイント
+ 100円=1マイル
マイル交換1ポイント=1マイル1ポイント=1マイル1ポイント=10マイル

それぞれのカードは貯めたポイントをANAマイルに交換することができます。

通常利用は全て同じマイル数。ANA航空券購入では1,000円ごとに、

  • スカイトラベラー:30マイル
  • ANAアメックス:25マイル
  • ANAワイドゴールド:20マイル

となります。

スカイトラベラーはANAとJALを含めた世界28社の航空会社で100円=3マイル(3ポイント)で貯められるのが最大の特徴ですので、単純な貯まりやすさで言えばNo.1ですね。ANAを含めた15社の航空会社のマイルに交換できるのも便利です。

今はANAだけに注目して比較していますが、実はスカイトラベラーならJALの無料航空券をゲットすることもできます

「JALと同じワンワールドグループであるBritish Airways(BA)のマイルに交換し、BAのマイルでJALの無料航空券に交換する」

という手順です。

しかも、BAはJALマイレージバンクよりも少ないマイル数(だいたい2,000~3,000マイル少ない)で国内線特典航空券と交換が可能。つまり、JALマイルを直接貯めるよりも効率的なわけです。

「ANAとJALどちらに乗るか特に決めてない」という場合は、スカイトラベーの方が都合が良くておすすめですよ。

また、旅行や出張で世界中の航空会社を利用する場合も、スカイトラベラーの方が効率よくマイルを貯めることができます。

ANAマイルの年間移行上限はANAアメックスとANAワイドゴールドの勝ち

  • スカイトラベラー:4万マイル(2018年末までは8万マイル)
  • ANAアメックス:無制限
  • ANAワイドゴールド:無制限

スカイトラベラーだけが移行できるマイル数が4万マイルと制限されています。年間400万以上決済するようなヘビーユーザーであれば、スカイトラベラーの上限は足かせになるでしょう。

【少し補足】
ANA以外の海外航空会社のマイルへの移行は無制限で行えます。先ほど紹介したBAも無制限ですので、JAL用にスカイトラベラーを使うのも1つの手です。

ポイントの有効期限

  • スカイトラベラー:無期限
  • ANAアメックス:無期限
  • ANAワイドゴールド:2年

アメックス系のカードはポイントが無期限なのが魅力ですよね。「今年はちょっとANAに乗らないかも」というときも無駄にすることなく、じっくりと貯めることができます。

一方、ANAワイドゴールドは2年しかありませんので、特に年間の決済額が少額な陸マイラーはスカイトラベラーかANAアメックスの方が都合がいいですよ。

ボーナスマイルを比較

スカイトラベラーANAアメックスANAワイドゴールド
入会ボーナスマイル3,000ポイント1,000ポイント2,000マイル
継続ボーナスマイル1,000ポイント1,000ポイント2,000マイル

長く使い続けるならANAワイドゴールドカードがお得ですが、基本的にはショッピング利用や航空券の購入でマイルを貯めることが前提となりますので、ボーナスマイルだけを見て選ぶのはおすすめしません。

その他の特典で比較

スカイトラベラーANAアメックスANAワイドゴールド
空港ラウンジ
プライオリティパス×××
海外旅行保険最高3,000万円最高3,000万円最高1億円
航空便遅延費用補償最高2~4万円最高2~4万円

だいたい似たような感じですね。

海外旅行保険はANAワイドゴールドが一番充実しています。ケガや病気の治療費の補償額もゴールドカードらしくそれぞれ300万円(スカイトラベラーとANAアメックスは100万円)付帯されています。

利用できる国内空港ラウンジは3枚とも共通しています。プライオリティ・パスはついていません。

まとめ:飛行機にたくさん乗るならスカイトラベラー、陸マイラーはANAアメックスがおすすめ

航空券購入で一番マイルが貯まるのはスカイトラベラーですから、旅行や出張でたくさん飛行機に乗る場合はスカイトラベラーで間違いありません。

一方、航空券をあまり購入しない陸マイラーであればANAアメックスで十分です。ショッピング利用でのマイル還元率は同じですから、年会費の分だけANAアメックスの方がコスパがいいです。

タイトルとURLをコピーしました