オーストラリア旅行にクレジットカードは必要?【クレジットカード事情を解説】

オーストラリア旅行にクレジットカードは必要?【クレジットカード事情を解説】「世界最小の大陸にして、世界最大の島」と言われるオーストラリア。世界遺産ツアーやダイビングなどの海外旅行に限らず、長期留学やワーキングホリデーの就労先としても人気の国です。

「世界で最も住みやすい都市」の代表としてメルボルンやシドニーが知られていますが、オーストラリア旅行に行かれる方はクレジットカードは必要なの?と疑問に持たれる方も多いかと思います。

先に結論を申し上げますと「クレジットカード」は現地で必要です。理由は現金主義の日本と異なり、豪州はキャッシュレス化が進んでいるからです。

今回はオーストラリアのクレジットカード事情や具体的な使い方までご紹介していきたいと思います。

オーストラリアのクレジットカード事情

海外では日常生活に現金を必要としないキャッシュレス化が非常に進んでいます。オーストラリアもクレジットカード大国の代表国で、日本よりも圧倒的にクレジットカードの普及率が高いく、どこでもカード決済が可能です。

1つ注意しておくべきポイントとしては、日本と異なり「手数料がかかること」

オーストラリアでは『クレジットカード会社がお店側に請求する手数料を、お店側が勝手にお客さんの請求に加算していい』という法律があります(日本では法律で禁止)。

オーストラリアのクレジットカードの手数料

よくある「現地通貨と日本円のどちらで支払うか」という問題で日本円を選んでしまうと発生する手数料とは別の手数料であるため、たとえ現地通貨払いを選んだとしても購入した商品よりも請求額が高くなることがあります。

旅井
旅井

もちろん、手数料をお客さんに負担させると来客数が減ってしまうため、店舗側で負担しているお店もあります。お店のレジには『surcharge(手数料)』と書いた注意書きがありますので、どれぐらいの手数料がかかるのか決済前に確認するといいでしょう。

オーストラリア旅行に最適な国際ブランド

オーストラリアでは、アメリカン・エクスプレス、バンクカード、ダイナース・クラブ、マスターカード、VISA、ユニオンペイ、JCBなどのクレジットカードをご利用いただけます。VISAまたはマスターカードは、クレジットカードを受け付ける場所ならどこでも使用できます。アメリカン・エクスプレスおよびダイナース・クラブは、大手スーパーマーケットおよびデパート、数多くの観光地で使用できます。
引用元:旅のアドバイス – オーストラリア政府観光局

オーストラリア政府観光局の公式サイトを見ると、オーストラリアでは全ての国際ブランドが使えることが記載されており、特にVISAとMasterCardがどこでも使えることが明記されています。

「オーストラリア旅行でどのクレジットカードを持って行けばいいのかな?」と迷ったら、まずVISAまたはMasterCardであるかを確認してみましょう。もし違うのであれば旅行用に新しく発行しておくことをおすすめします。

国際ブランド使いやすさ
VISA、Mastercard◎(使い勝手が良い)
観光地であればほとんどの店舗で使用できる
JCB◯(使用店舗が限定される)
加盟店は20万店舗以上あるものの1枚のみ海外で使用するのは少し不安。海外ではVISAとマスターと比べ少しだけ取扱店舗が減る。
AMEX△(手数料が高い)
取扱店がかなり限定されるのは店舗側の負担も大きいのが理由
ダイナース△(使用できる店舗が他と比べて少ない)
観光地を外れると使用できる店舗が減る

関連記事:オーストラリア旅行におすすめのクレジットカードと選び方

オーストラリアはほぼ全ての場所でカード決済できる

ホテルやレストランはもちろん、小さなお店や自動販売機、タクシーなども全てカード決済が可能です。それほどインフラ整備が進んでいます。特にシドニーなどの都市部ほどこの傾向が強いため、数日滞在して現金を全く使わないことも珍しくありません。

また、オーストラリアではチップの文化が一部残っていますが、そういった場合もカードの決済額に上乗せして払うことが可能です。

旅井
旅井

 初日の1万円を豪ドルに両替(これでもかなり余る)しておけば、数日~1週間の滞在は現金に困ることなく過ごせますよ。

オーストラリアでのクレジットカードの使い方

店舗での支払い時には、レジ付近にクレジットカードを読み取るカードリーダーの機械が置いてあるので、自分自身で機械に抜き差ししたり、タップすることで決済できます。

【クレカ決済の流れ】

  • STEP1: 店員にクレジットカードで支払う旨を伝える
  • STEP2: クレジットカードをカードリーダー差し込む(又はタップする)
  • STEP3: “Check Account”と”Saving Account”、”Credit”と表示されます。
    ※端末によっては「CHQ (チェックアカウント)」「SAV(セービングアカウント)」「CR(クレジット)」と表示される。
    ※CHQは当座預金の口座、SAVは普通預金、CRはクレジットカード口座です。
    ※日本のクレジットカードを利用している場合はCR(クレジット)だけしか選べません。
  • STEP4: 100ドルを超える場合は4桁のPIN(暗証)番号を要求されるので入力する
  • STEP5: 合計金額を確認し、ENTER (確定)を押し決済完了

クレカ決済といえばサインをイメージする方もいるかもしれませんが、現在は暗証番号の方が主流です。クレカを作った際に設定した4桁の暗証番号を旅行前に確認しておきましょう。

また、暗証番号は海外キャッシングでATMからオーストラリアドルを引き出すときにも使用します。

コンタクトレス決済なら支払いが最強にスムーズ

オーストラリアは世界的に見てもコンタクトレス決済の発達した国です。同国で発行されるMasterCardは全てコンタクトレス決済に対応するほどの徹底ぶり。お店の決済端末も全てコンタクトレスに対応しています。

↓このマークがあればコンタクトレス決済が可能↓

コンタクトレス決済の目印

日本では最近になってコンタクトレス決済が注目されはじめましたが、オーストラリアでは2015年あたりには全国民がコンタクトレス決済使っていますので、コンタクトレス決済に対応したクレカを持っているのであれば持って行って損はありません。

Google PayやApple payにクレジットカードを登録しておけば、登録したクレカをGoogle PayやApple pay経由で決済することもできます。

関連記事:海外で国内のApple Payは利用可能【対応国や対応カードまとめ】

また、学生さんや新社会人の方で、これから新しくクレジットカード作る予定ならコンタクトレスに対応したクレジットカードを発行するのもおすすめです。

お店でコンタクトレス決済を利用する方法は、店員に「Tap here please」と言われたら専用の機械にかざすだけ。

コンタクトレス決済に対応した機械

引用元:たびこふれ

上画像のようにコンタクトレスマークが付いていますので、そこにクレジットカード(またはスマホ)をかざしましょう。

まとめ

オーストラリア旅行にどのクレジットカードを持って行くか迷ったらVISA、MasterCard、JCBの中から選んでおけば間違いありません。どこでクレカが使えますので、少額の現金を準備して、後はカード払いをメインにすれば快適に旅行を楽しめますよ。

手数料の上乗せだけが少し特殊ですが、レジで明示されていますので、事前にどれぐらい手数料が発生するのか確認しておけば失敗もありません。

関連記事:オーストラリア旅行におすすめのクレジットカードと選び方

オーストラリア旅行におすすめのクレジットカードと選び方
オーストラリアはどこでもクレジットカードを使えるため、持っておくと支払いをスムーズに終わらせることができますし、ホテルではデポジット請求のときに提示する必要がありますので、旅行の際は必ず必要になります。また、宿泊代金や航空券の決済はクレ...
タイトルとURLをコピーしました