ディズニー貯金はいくら貯めればいい?:目標金額と効率のいい貯金方法

ディズニー貯金はいくら貯めればいい?:目標金額と効率のいい貯金方法「ディズニーランド行くために貯金をはじめたいけど、いくらぐらい貯めればいいんだろう?効率よく貯めて、家族みんなでディズニーに行きたいな」

そんなお悩みを持っている方のために、今回はディズニー貯金の目標額と効率のいい貯め方についてご紹介していきたいと思います。

ディズニー貯金の目標金額:家族4人の2泊3日で20万円~25万円が相場

地方から行く夫婦2人+子供2人(どちらも小学生)では、ディズニー旅行にかかる費用は20万円~25万円ぐらいが相場です。

内訳は

項目費用
交通費
(新幹線・飛行機)
2万円~9万円
宿泊費10万円~30万円
チケット代
(2デー)
43,600円
(大人2名+小学生2名)
食事代4万円
(家族全員2泊3日分)
お土産代0円~3万円

といった感じです。

特に交通費は住んでいる場所や子供の年齢(飛行機の場合、小学生以上は大人と同じ料金)によって大きく変動しますので、九州や北海道に住んでいる人ほどディズニー貯金の目標額が上がります。

私も福岡に住んでいるので、飛行機代だけでも結構持っていかれます^^;

また、宿泊代に関しても、やはりディズニーのオフィシャルホテルに泊まりたくなりますので、2泊すると10万円~30万円します。夏休みや年末年始、春休みなど人気のシーズンだと特にこの傾向が。

費用をもう少し抑えるならパートナーホテルがおすすめ。ディズニーリゾートの近くにあり、かつ宿泊料金もオフィシャルホテルより安いです。

【ディズニーパートナーホテル一覧】

  • オリエンタルホテル東京ベイ
  • 三井ガーデンホテルプラな東京ベイ
  • ホテルエミオン東京ベイ
  • 浦安ブライトンホテル東京ベイ

素泊まりや早割を使えば2泊で4万円~8万円も余裕ですので、ディズニー貯金の目標額もグッと下げられます。

食事代は1人1日5,000円を目安にしておくと、我慢することなくパーク内の食事を楽しむことができます。出発日や帰宅日はコンビニで安く済ませると上手に節約できます。

また、パーク内は飲み物の持ち込みOKなので、こちらも事前にコンビニで買って行くのがおすすめ。パーク内で買うと2倍ぐらいの料金がかかりますからね。

関連記事:ディズニーランドの費用と節約方法:家族4人の2泊3日の相場は20万円~25万円

効率のいいディズニー貯金の方法

まずは出費をチェック

闇雲に貯金をはじめるよりも、まず家計の状況をチェックしておくことが大切です。「どんな出費が多いのか?」ということを見つけ出しましょう。

【チェック項目】

  • 家賃
  • 光熱費
  • 食費
  • 服飾費
  • 交際費
  • 日用品
  • 教育費

これらの中で節約できそうなものを考えます。

例えば、普段からコンビニ食や外食が多いのであれば、自炊を増やして出費を抑えるのが効果的。

服飾費が多いのであれば、購入を我慢して0円にしてしまうといいでしょう。フリマやメルカリなどで古着を購入するのもいいですね。

家計簿をつけて、どんぶり勘定をやめる

出費を記録しておくと使った金額に意識がいくので、余計な出費を減らすことができます。最近ではスマホでの家計簿アプリなんかもあり、レシートを撮影しただけで記録をつけてくれますよ。

関連記事:家計簿マネーフォワード

クレジットカードで無駄なくポイントを貯める

クレジットカードを使うとポイントが貯まります。クレジットカードの種類にもよりますが、JCBカードであればポイントをディズニーの入場チケットに交換することができ、節約に繋がります

「ポイントを貯める」という考え方は貯金に近いですが、効率で言えばこちらの方が圧倒的に上です。

私の例で言うと、光熱費や食費の支払いをクレジットカードにまとめただけで、たった半年でディズニーランドの入場チケットを1枚無料でゲットすることができました。もちろん我が家の世帯年収は400万円ほどなので、特別お金持ちなわけではありません。

関連記事:JCBのクレジットカードでディズニーランド入場チケット交換分のポイントを貯める5つの裏技

まとめ

ディズニー旅行を家族で行くとどうしてもお金がかかってしまいますが、子供たちの楽しそうな笑顔や自分たちが楽しめることを考えれば、お金以上の価値があります。コツコツ貯金をして、ディズニー旅行を実現しましょう。

あわせて読みたい:ディズニーランドに行きたい!を叶える13の方法:安い入場チケットや交通費・宿泊費の節約術を解説

タイトルとURLをコピーしました