海外旅行保険で本当に見るべきポイント

クレジットカードの魅力の一つに旅行保険があります。例えば、「海外旅行保険最高3,000万円自動付帯」や「国内旅行保険最高1,000万円利用付帯」といったものです。

これはクレジットカードを持っている(または旅費の一部をカードで支払う)と、旅行中にケガや病気の時に保険がが適用されてお金が支払われるというものです。

関連記事:自動付帯と利用付帯の違いは?

しかし、最高3,000万円と書かれていたとしても、実は病気やケガをしたからといって必ず3,000万円まで補償されるというわけではありません
クレジットカードの旅行保険は細かく以下のように分けられており、それぞれ補償される範囲が違います。

  • ケガによる死亡・後遺症
  • ケガ・病気の治療費
  • 賠償責任
  • 持ち物の損害
  • 救援者費用

そして、この中で一番大事なのが「ケガ・病気の治療費」です。


旅行保険で本当に大事なのは「傷害・疾病保険」

旅行保険で最高○○万円と書いてあっても、その額が支払われるのは保険適用者が死亡または重度の障害が残るケガをした場合のみです。
つまり、骨折して入院した場合などには適用されないというわけです。

では、どうやって適用されるのかといえば「傷害・疾病保険」です。
傷害・疾病保険は旅行中にケガまたは病気になったときに支払われる保険で、最高100~300万円というのが一般的です。
旅行保険の中で一番使う確率が高いですから、この保険が高額であるほど安心して旅行へ行くことができます。

クレジットカードによっては最高○○万円の海外旅行保険と書いてあっても、実は「傷害・疾病保険」が補償されないというクレジットカードもありますから、保険を重視する場合は注意してください。

安い年会費で充実した傷害・疾病保険を付帯しているクレジットカードならセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。
年会費3,000円でありながら、傷害・疾病保険は最大300万円とかなり高額で充実しています。
このぐらいの年会費のカードだと、50~100万円程度が相場ですから、旅行保険を充実させる目的でクレジットカードを選ぶ場合は1番おすすめです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(以下:セゾンブルーと記載)は、安い年会費と手厚い海外旅行保険を備えたコストパフォーマンスの高いクレジットカー...

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。