比較だけじゃない!海外旅行保険を安くする3つの方法

比較だけじゃない!海外旅行保険を安くする3つの方法海外旅行に必須の海外旅行保険ですが、「できることなら安く節約したいな」という方も多いかと思います。

私も海外旅行が好きでよく行きますが、やっぱり「ちょっともったいないかもな~」って気になりますもんね。必ずお世話になるわけでもありませんし(ありがたいことなのですが)。

ただ、そんな海外旅行保険も安くできる方法は存在します。特に裏技的な方法ではありませんし、私がいつもやっていることなので、簡単にマネできるはずですよ。

方法1.海外旅行保険を比較して料金の安い保険会社を探す

まずは基本中の基本。

海外旅行保険は損保ジャパンやエイチ・エス損保、三井住友海上など、様々な保険会社が提供しており、料金もバラバラなので、一括見積サイトや比較サイトを使って料金の安い会社を探すのがおすすめです。

ちなみに私は三井住友海上のネットde保険@とらべるを使っています。やっぱり治療保証を2,000万円付けても一番安いですからね。

リピート割引もあって非常に助かります。

方法2.クレジットカードの海外旅行保険を使う

クレジットカードには海外旅行保険が付帯されています。

補償内容はカードによって違いますが、充実したものだと年会費無料でもケガや病気の治療費を200万円~300万円補償してもらえることもあります。

また、クレジットカードの海外旅行保険はカードの枚数だけ加算することができます。1枚1枚の補償額が少なくても、複数枚持つことで補償額がグングン上がります。

後ほど詳しく紹介しますが、国によってはクレジットカードの海外旅行保険だけで医療費をカバーすることもできるので、海外旅行保険の節約に大きく貢献してくれますよ。

すでにクレジットカードを持っている方は、一度付帯されている海外旅行保険の内容を確認してみてください。

見るべき項目は「傷害治療補償」と「疾病治療補償」の2つです。それぞれケガの医療費と病気の医療費を補償してくれます。

方法3.クレジットカードで足りない部分を保険会社で補う

クレジットカードの海外旅行保険は便利ですが、アメリカやヨーロッパのように医療費の高い国だと医療費をカバーできません。

補償額の高い海外旅行保険に加入するのもいいですが、やはりその分保険料も高くなってしまうので、クレジットカードの海外旅行保険で足りない部分を補う方法がおすすめです。

私がいつもやっている方法をご紹介すると

  • 韓国やタイなどのアジア:クレジットカード2枚持ち(補償額500~600万円)
  • ハワイ:クレジットカード2枚持ち(補償額500~600万円)+ 三井住友の海外旅行保険(2,000万円)
  • ヨーロッパ:クレジットカード2枚持ち(補償額500~600万円)+ 三井住友の海外旅行保険(2,000万円)

といった感じです。いつもだいたい1週間ぐらいの滞在で保険料は2,000円~7,000円ぐらいですね。

三井住友の海外旅行保険はネットで簡単に加入できるし、クレジットカードの方は申請しなくても勝手に適用されるので、手間自体もほとんどかかりません。

私もいろいろ調べましたが、万が一のケガや病気の治療費を100%カバーしながら海外旅行保険を安く節約する方法としては、この方法が間違いなく最強です。

まとめ

以上が海外旅行保険を安くする3つの方法でした。

方法1「保険会社を比較する」や方法2「クレジットカードの海外旅行保険を使う」だけでも安くできますが、やはり方法3「クレジットカードで足りない部分を保険会社で補う」が一番海外旅行保険の節約に貢献してくれますね。

海外旅行保険の高さにお困りの方は、ぜひ試してみてください。

海外旅行保険が充実したクレジットカードを知りたい場合は、こちら↓も参考にしてみてくださいね。

補償額1,000万円以上!旅行好きが選ぶ海外旅行保険が充実したおすすめクレジットカード

タイトルとURLをコピーしました