旅行に強いクレジットカード > アメリカン・エキスプレス・カード > ANAアメリカン・エキスプレス・カード > ANAアメリカン・エキスプレス・カードの特徴!マイルの貯まりやすさや旅行特典について解説

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの特徴!マイルの貯まりやすさや旅行特典について解説

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの特徴!マイルの貯まりやすさや旅行特典について解説ANAアメリカン・エキスプレス・カード(通称:ANAアメックス)は、ANAとアメリカン・エキスプレス・カードが提携したカード。日ごろのショッピングや食事など日常生活もで効率よくANAマイルを貯めることができ、アメックスならではの充実した特典が付いたクレジットカードです。


ANAアメリカン・エキスプレス・カードの特徴

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの詳細年会費7,000円
国際ブランドAMEX
旅行保険海外:最高3000万円(利用付帯) 国内:最高2000万円(利用付帯)
ポイント100円=1P
マイル還元率ANA:1.0%
  • ANA航空券購入はポイントが1.5倍に!
  • 貯まったポイントは1000P=1000マイルで交換可能!
  • 空港ラウンジ無料利用や手荷物無料宅配サービスなど旅行に強い特典も満載

ANAアメックスの特徴は「100円=1P=1ANAマイルを貯まる」「空港ラウンジ無料利用や手荷物無料宅配サービスなど旅行に強い特典」の2つです。

ANAアメックスのマイルの貯まりやすさを解説

100円=1P=1ANAマイルを貯まる

ANAアメックスでは100円利用ごとにメンバーシップリワード・ポイントが1ポイント貯まります。貯まったポイントは1P⇒1マイルでANAマイルに交換可能。1000P単位の交換になりますが、メンバーシップリワード・ポイントは有効期限無制限ですので、ムダにすることなくキッチリANAマイルに交換することができます。

他のANAカードと同じくマイル移行手数料として年間6000円が別途必要になります。

しかし、ANAアメックスは100円ごとに1P、ANAカードは1,000円ごとに1Pとなっており、ANAアメックスの方がちょっとした買い物でもポイントを貯められるようになっています。陸マイラー方にとっては非常にありがたいです。

カード名年会費マイル移行手数料含む年会費マイル還元率
ANAアメックス7,000円13,000円100円=1P=1マイル
ANA一般カード2,000円8,000円1000円=1P⁼10マイル
ANAワイドカード7,250円13,250円1000円=1P⁼10マイル
ANAワイドゴールドカード14,000円14,000円(無料で加入)1000円=1P⁼10マイル

ANA航空券や機内販売でポイント1.5倍に

ANAグループでANA航空券や旅行商品の購入、機内販売などでANAアメックスを使うとポイントが1.5倍で貯められます。他のANAカードには付いている特典ですが、本家アメックスカードには付いていません。

提携店では追加で最大100円ごとに1マイルが直接貯まる

ANAカードマイルプラス提携店で決済すると、通常のポイントに加え自動的にANAマイルが加算されていきます。航空券や機内販売はもちろん、ホテルやレストラン、セブンイレブンやマツモトキヨシなど普段から利用するお店も提携店に含まれていますので、陸マイラーにはありがたいです。

提携店の例マイル換算率イトーヨーカドー200円=1マイルセブン-イレブン200円=1マイルマツモトキヨシ00円または200円=1マイル~大丸・松坂屋200円=1マイル~高島屋200円=1マイル~阪急百貨店100円または200円=1マイル~出光興産200円=1マイルENEOS100円=1マイル

この特典も他のANAカードには付いており、本家アメックスカードには付いていません。

ボーナスマイルは年会費のわりにあまり良くない

ANAアメックスのデメリットはボーナスマイルが良くないこと。

カード名年会費入会ボーナス継続ボーナス区間基本マイル
ANAアメックス7,000円1,000マイル1,000マイル10%
ANA一般カード2,000円1,000マイル1,000マイル10%
ANAワイドカード7,250円2,000マイル2,000マイル25%
ANAワイドゴールドカード14,000円2,000マイル2,000マイル25%

同じぐらいの年会費であるANAワイドカードと比較しても全てのボーナスマイルが少ないことが分かります。アメックスの旅行特典を付いていることを考えれば決してANAアメックスも悪くないカードですが、「ANAアメックスにたくさん乗りながらANAマイルを効率よく貯めたい」という人はANAワイドカードANAワイドゴールドカードの方がおすすめです。

どちらかというと陸マイラー寄りの人や「アメックスの特典がメインの目的で、ついでにANAマイルが効率よく貯まればいい」という方はANAアメックスを発行しておいて間違いありません。

ANAアメックスの旅行に強い特典

国内主要空港のラウンジの無料利用特典

国内空港のカードラウンジを無料で利用することができます。同伴者1名も無料。本家ANAカードではANAワイドゴールドカードのみに同じ特典が付帯されています。

本家AMAアメックスカードの場合はアメックスグリーンアメックスゴールドにプライオリティ・パスの無料発行特典が付帯されており、プライオリティ・パスを持っていれば航空会社が提供する空港ラウンジを利用できます(利用料1人3000円)。豪華さが違いますので、より快適な旅行を楽しみたいのであれば本家アメックスカードの方がおすすめです。

手荷物無料宅配サービス

成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港限定で空港⇔自宅間を無料でスーツケース1個を運んでもらうことができます。対象空港を利用して海外旅行へ行く人におすすめです。

グローバル・ホットライン

レストランの予約から緊急時の支援までしてもらえるグローバル・ホットラインを利用することができます。

ANAアメックスの旅行保険

海外旅行保険死亡・後遺障害3,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害100万円
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
国内旅行保険死亡・後遺障害2,000万円
入院・通院保険金日額
手術保険金
ショッピング保険海外200万円
国内200万円

一番利用頻度の高い「傷害治療(ケガの治療費を補償)」「疾病治療(病気の治療費を補償)」が100万円まで補償されていますが、最近では年会費無料のクレジットカードでもこれぐらい補償されていますので、年会費のわりにはあまりよくありません

ANAワイドゴールドカードであれば300万円まで補償してもらえますし、家族特約で18歳未満の子供や両親なども最大100万円まで補償してもらえます。旅行保険ではANAワイドゴールドカードの勝ちです。

一方、アメックスグリーンはANAアメックスと同じく100万円まで補償されず、家族特約も付帯されていません。どちらを発行するか迷っている場合は、単純にANAマイルの貯まりやすさに魅力を感じるかで決めればいいでしょう。ANAマイルを貯めるのであれば、ANAアメックスを発行しておいて間違いありません。

ANAアメックスのスペック

カード名ANAアメリカン・エキスプレス・カード
カードデザインANAアメリカン・エキスプレス・カードの詳細
申込資格20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
年会費7,000円
家族カード2,700円/1枚 初年度年会費無料
ETCカード年会費無料
発行期間通常1~3週間
国際ブランドAMEX
マイルANAマイルメンバーシップ・リワード・プラスの場合(年会費:無料)
1000ポイント⁼1000マイル(1000ポイント単位)
海外旅行保険傷害死亡・後遺障害3,000万円
傷害治療補償100万円
疾病治療補償100万円
救援者費用200万円
賠償責任3,000万円
携行品損害100万円
国内旅行保険傷害死亡・後遺障害2,000万円
電子マネー楽天Edy
ポイント還元率0.33%~0.75%

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。