旅行に強いクレジットカード > 国別クレジットカード情報 > アジア地域 > シンガポール旅行におすすめのクレジットカードと選び方

シンガポール旅行におすすめのクレジットカードと選び方

シンガポール旅行におすすめのクレジットカードと選び方


シンガポールにおすすめのクレジットカードの選び方

  • ショッピング用・キャッシング用にVISA(またはMasterCard)を絶対に持っておく
  • 優待や割引、現地日本語サービス目的でJCBを持っておけば、旅行がもっと快適に
  • 海外旅行保険が充実したVISAカードも魅力的
  • 緊急時サポートは銀行系カードが強い
  • MasterCardならUSS(ユニバーサルスタジオシンガポール)で割引

シンガポールはクレジットカードが普及しているため、VISAかMasterCardのカードであればほとんどのお店で使うことができます。使えないのは屋台や電車、個人経営の小さなお店ぐらいですので、ショッピング用にVISAかMasterCardのカードを持っていれば最低ラインは合格です。

また、海外キャッシングについてもVISAかMasterCardであれば、ほとんどのATMで現地通貨を引き下ろすことができます。シンガポールの場合、現金を両替するよりもキャッシングした方がレートがいいのでお得です。

後は、「現地で優待割引を利用したい」「旅行保険が付帯している」「現地の海外デスクを利用したい」などプラスで求める条件によって発行するクレジットカードを選べばOK。こちらで選ぶカードはサブカードとして利用することで、シンガポール旅行がより快適&お得になります。

例えば、JCBには会員専用の優待アプリ「たびらば」があり、現地でのレストランやギフトショップ、スパ、アミューズメントパークなど100店舗以上で割引優待を使うことができます。スマホでクーポン画面を提示し、JCBで支払うだけで割引となりますので使い方も簡単。優待以外にも現地スタッフによるおすすめスポット紹介なども掲載されていますので、よりシンガポールを楽しむことができますよ。

JCBも日本人観光客の多い地域では普通に使うことができますので、支払い用としても悪くありません。

カード紛失や不正利用など、緊急時の対応が丁寧なクレカがいい場合は銀行系のクレカを選ぶといいでしょう。おすすめは三井住友VISAクラシックカードA。メガバンクの三井住友銀行の提供するカードであり、サポートデスクの対応が丁寧です。私も一度だけ利用したことがありますが、わざわざ海外ホテルに問い合わせてもらい、助かった経験があります。国際ブランドがVISAであるため、支払いとしても万能に使えます。

シンガポール旅行におすすめのクレジットカード

安定のVISAカード!三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAクラシックカードAの詳細年会費1,500円(税抜) 初年度年会費無料
国際ブランドVISA/MasterCard
旅行保険海外/国内:最高2500万円(自動付帯)
ポイント1000円⇒1P(ワールドプレゼントポイント)
マイル還元率ANA:0.3%
  • 海外旅行に特化した三井住友VISAカード
  • 年会費が安く、海外・国内旅行保険がしっかりと付帯されている
  • クレヒスを育てることでゴールドカードにグレードアップできる

三井住友カードは国際ブランドが「VISA」と「MasterCard」の2種類が用意されているため、支払い用のクレジットカードとしては完璧。しかも、2枚目を年会費半額で発行できるデュアル発行というサービスも用意しているため、三井住友カードだけで「VISA」と「MasterCard」両方を揃えることが可能です。

「1枚目を発行したあとに、新しく開設されたマイページから2枚目の発行申込をする」という簡単な方法で申込むことができますし、同じカード会社でまとまっていれば明細も見やすくなりますので、旅行から帰ってきてからも「自分が何にお金を使ったのか?」がハッキリと分かります。

世界のお得なお店ガイド

また、三井住友カードを持っていれば「世界のお得なお店ガイド」というクーポンアプリを使用することができます。シンガポールにあるショップやレストラン、マッサージ店などで最大20%割引になりますので、持っておくとお得です。

「スマホでクーポン画面を見せ、三井住友カードで支払いをする」これだけでクーポンが適用されますので、使い勝手も簡単。

また、主要な観光スポットや交通案内、治安状況などお役立ち情報もチェックすることができ、便利な旅行ガイドとして使うこともできますよ。

『デュアル発行』と『世界のお得なお店ガイド』は三井住友カードであればどれでも使えますが、一番のおすすめは海外旅行に特化した三井住友VISAクラシックカードAです。海外旅行保険の補償額が大きく、付帯条件も自動付帯(持っているだけで無条件適用)ですので、いざというときに役立ってくれます。

年会費無料なのにゴールド並の旅行保険!エポスカード

エポスカードの詳細年会費無料
国際ブランドVISA
旅行保険海外:最高500万円(自動付帯)
ポイント200円⇒1P(エポスポイント)
マイル還元率ANA:0.5%
  • 年会費無料カードの中ではトップレベルの傷害・疾病治療補償の充実度
  • 国内飲食店やカラオケの優待サービスが豊富
  • 全70種類の豊富なカードデザインで女性から人気

年会費無料なのにゴールドカード並の海外旅行保険を充実していることで人気なのがエポスカード。『傷害治療補償(ケガの治療費を補償)』と『疾病治療補償(病気の治療費を補償)』がそれぞれ200万円以上補償されています。

利用付帯が自動付帯なので、面倒な手続きも一切必要ありません。エポスカードを持ってシンガポールへ行くだけでOK。海外旅行保険は空港でも加入することができますが、1万円近くかかってしまうこともありますので、節約できるのは大きいですよ。美味しいご飯や観光の費用に回しましょう。

国際ブランドはVISAなので、支払い用・キャッシング用としても問題ありません。

また、エポスカードを持っていれば割引優待サイト「エポトクプラザ」を利用することができます。旅行関係ではH.I.S.でタビジョツアー(女性限定のお得なツアー)代金が2%OFFにな優待が用意されていますので、女性の方には特におすすめです。エポトクプラザ経由でH.I.S.のツアー予約をするだけで割引が適用されるので簡単です。

とにかくお得にシンガポールを楽しむなら!JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGEの詳細年会費無料
国際ブランドJCB
旅行保険海外:最高2000万円(利用付帯)
ポイント1,000円⇒1P(OkiDokiポイント)
マイル還元率ANA/JAL:0.3%
  • 29歳以下限定のJCBカード!
  • 5年間年会費無料&ポイント還元率高め
  • 貯めたポイントでディスニーランド入場券もゲットできる

「JCB海外優待 たびらば」や「JCBハワイガイド」の詳細
JCB CARD EXTAGEを持っていればJCB会員専用優待アプリ「たびらば」を利用することができ、シンガポール内のホテル、レストラン・カフェ、ショッピングモール、アミューズメント施設、レジャースポット、マッサージなどで割引してもらうことができます。上記で紹介した三井住友カードやエポスカードと比べても割引になる店舗は多いですので、「シンガポールをお得に旅したい」という人はJCB CARD EXTAGEがおすすめです。

たびらばのクーポンは見せるだけでOKなので、とても簡単。アプリ内では現地のキャンペーン情報やスタッフによるおすすめスポット紹介などもあります。

たびらばはJCBカードを持っていれば発行することができますが、他のJCBカードは有料となりますので、お金をかけたくない人はJCB CARD EXTAGEが一番おすすめです。

年会費は発行から5年間無料。家族カードやETCカードも無料で発行することができます。

決済ごとにOkiDokiポイントを貯めることができ、入会月から3ヶ月は還元率1.5%(1000円⇒3P)、4ヶ月目以降も還元率0.75%で貯めることができます。さらに、海外利用では常にポイント2倍で貯めることができます。

また、国内でもスタバやAmazon、オリックスレンタカー、セブンイレブン、JCBトラベルなど様々な場所で3倍~10倍のポイント優待が用意されており、特に意識していなくてもザクザクポイントを貯めることができます。

家族旅行を快適に!アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細年会費29,000円
国際ブランドAMEX
旅行保険海外:最高1億円(利用付帯) 国内:最高5000万円(利用付帯)
ポイント100円⇒1P(メンバーシップ・リワード)
マイル還元率ANA:0.5%
  • 旅行を快適にする特典の多さNo.1
  • 海外旅行保険は最高1億円まで保障!家族も1000万円まで保障
  • 国内外700ヶ所以上の空港ラウンジを使えるプライオリティパスが年会費無料に

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(通称:アメックスゴールド)は旅行が快適&お得になるサービスはたくさん付帯されているカードですので、シンガポールでも活躍してくれます。年会費は29,000円とここまで紹介してきたクレジットカードの中では一番高いですが、正直年会費以上のメリットは簡単に得られます。

いくつか魅力的な特典がありますが、一番は「プライオリティパスが無料発行できること」

プライオリティパスは世界700ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるカードのことで、通常は年会費399ドル(約4万2千円)します。しかし、アメックスゴールドを持っていれば年会費無料で持つことができ、さらに会員ランクも一番上に設定してもらえるため、ラウンジ利用料もずっと無料です。これだけ年会費以上のメリットですね。

シンガポールではシンガポール・チャンギ国際空港の空港ラウンジを使用することができ、ゆったりとしたソファーに座りながらジュースやアルコール、軽食を取りながら贅沢な時間を過ごすことができます。出張ならパソコンで仕事をしながら過ごしたり(電源完備)もできますし、照明がほどよく暗いので夜中は仮眠を取ることもできます。

シンガポール・チャンギ国際空港空港ラウンジの様子

シンガポール・チャンギ国際空港空港ラウンジの様子

シンガポール・チャンギ国際空港空港ラウンジの様子

↑実際の空港ラウンジの様子↑

飲食が無料となれば、わざわざ空港内でレストランを探す手間や飲食代を省くこともできます。空港ラウンジ内では意外と子連れの方も多いですので、「今度家族でシンガポールに行こうかな~」と考えている方は持っておくと役立ちますよ(もちろん子供が騒いでしまうと他のお客様に迷惑がかかるのでNGですが)。

この他にも、航空券の手配から手術の手配まで行ってくれる電話サポート「オーバーシーズアシスト」を使うことで、気軽にレストランやレジャースポットの予約を代行してもらえるので「よく分からないな」というときもストレスフリーでシンガポールを楽しむことができますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。