海外旅行の快適度100倍!プライオリティ・パスが無料発行できるおすすめクレジットカード

海外旅行の快適度100倍!プライオリティ・パスが無料発行できるおすすめクレジットカードプライオリティ・パスを使えば世界700ヶ所以上の空港ラウンジを使用できるようになり、より快適な海外旅行を楽しむことができます。今回はプライオリティ・パスを無料発行できるクレジットカードをご紹介していきたいと思います。

プライオリティ・パスって何?

まず「プライオリティ・パスって何?」という人のために簡単に説明しておきたいと思います。

世界中の空港ラウンジを使える

プライオリティ・パスは世界中の空港ラウンジに入る資格を得られる会員特典です。できることだけはそれだけですが、海外では飛行機の乗り継ぎに数時間待つのが普通ですし、勝手の分からない海外だと空港内や空港周りを探索して時間を潰すのもやや難しかったりします。

そういった場合に空港ラウンジがあると非常に便利ですので、プライオリティ・パスは海外旅行の快適度をアップするのに非常に役立ちます

空港ラウンジ内ではフリードリンクや軽食、ソファー、雑誌や新聞、電源完備の机やネット接続の設備、シャワールームなどが用意されています

また、空港ラウンジには「カードラウンジ(ゴールドカード以上を持っていれば入れる。サービスは普通)」と「VIPラウンジ(限られた人しか入れない。サービスも豪華)」の2種類があり、プライオリティ・パスを持っていればVIPラウンジも入ることができます(空港によっては入れません)。VIPラウンジでは上記サービスに加え、アルコール類も飲み放題だったり、高級ホテルのような食事が無料で食べられたりなど、よりハイレベルな時間を過ごすことができます。

プライオリティ・パスには3つのランクがある

ランク年会費ラウンジ利用料同伴者の利用料
スタンダード会員99米ドル(約11,000円)32米ドル32米ドル
スタンダードプラス会員299米ドル(約33,500円)32米ドル(10回まで無料)32米ドル
プレステージ会員429米ドル(約48,000円)無料32米ドル

プライオリティ・パスは公式サイトから入会することができます。会員ランクも3つ用意されており、プレステージ会員になれば全ての空港ラウンジを無料で使うことができます

ラウンジ内でのサービスに違いはありませんが、やはり上位会員の方がラウンジの利用量を支払う必要がなくなりますので、お得度は高くなります。

プレステージ会員なんかは普通に発行しようとすると年会費約4万円も必要となりますので、無料発行できる特典だけでクレジットカード以上のメリットを簡単に得ることができます

注意 – プライオリティ・パスのランクは発行できるクレジットカードによって違う

一つ注意しておきたいのが、クレジットカードの特典で「プライオリティ・パスが無料発行できる」と書いていても、実はプレステージ会員以外のプライオリティ・パスしか入会できない場合もあるということ。

当然、一番魅力的なのは「プレステージ会員のプライオリティ・パスを無料発行できる」という特典ですので、狙うならここ。

プラチナカード以上のクレジットカードに付帯されている場合が多いですが、中には楽天プレミアムカードのようにゴールドカードでも入会できるものもあります。

最近ではいろいろなサイトで「〇〇はプライオリティ・パスが発行できます」と紹介されていますが、実は一番下のスタンダード会員でしか入会することができず、結局空港ラウンジを利用するときに32ドル(約3,500円)の利用料を支払う羽目になりますので、必ず「どのランクのプライオリティ・パスなのか?」ということにも注目してクレジットカードを選びましょう

定番中の定番!一番安くプライオリティ・パスを発行するなら楽天プレミアムカードがおすすめ

楽天プレミアムカードの詳細年会費10,000円(税抜)
国際ブランドVISA/Master/JCB/AMEX
旅行保険海外/国内:最高5000万円(自動付帯)
ポイント100円=1P(楽天ポイント)
マイル還元率ANA:0.5%
  • 海外空港ラウンジを使えるプライオリティパスが無料発行できる
  • 充実した旅行保険が自動付帯されている
  • 楽天トラベルの決済でポイント+1%
  • 国内宿泊ご優待サービス
  • 手荷物無料宅配サービス

プライオリティ・パスのプレステージ会員に格安で入会するなら楽天プレミアムカードがおすすめ。定番中の定番であり、楽天プレミアムカードよりも安くプライオリティ・パスのプレステージ会員に入会できるクレジットカードはありません。

楽天プレミアムカードの年会費は10,000円(税抜)ですから、プライオリティ・パスの特典だけで年会費のもとは回収することができます。

ポイント還元率自体も非常に高く、楽天トラベルで利用すればポイント還元率2倍以上で貯められますので、旅行好きなら持っておいて損はありません。

家族カードにもプライオリティ・パスの無料入会特典が付くMastercard Black Card

Mastercard Black Card券面年会費100,000円(税別)
国際ブランドMasterCard
旅行保険海外:最高1億2,000万円(自動付帯) 国内:最高1億(利用付帯)
ポイント1.25%~2.75%
マイル還元率ANA / JAL:0.6%
  • 他のクレジットカードにはないスタイリッシュなデザイン
  • 専任のコンシェルジュが国内外問わず、いつでもサポート
  • ワンランク上の旅行を体験できる特典の数々
  • ポイント還元率1.25%と高め
  • ハワイアン航空の上級ステータスに無条件昇格

夫婦や家族でプライオリティ・パスを持つならMastercard Black Card(以下、ラグジュアリーカード ブラック)がおすすめ。

家族カードもプレステージ会員のプライオリティ・パスを持つことができますので、家族旅行でもみんなで空港ラウンジを無料で使うことができます。

また、ハワイアン航空の上級会員に無条件昇格できたり、世界3000ヶ所以上の高級ホテルで部屋のアップグレードや朝食無料サービスなどの特典を受けることができますので、トータルで満足度の高い海外旅行・海外出張を満喫することができます。

格安のプラチナカードならセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面年会費21,600円
国際ブランドAMEX
旅行保険海外:最高1億円(自動付帯) 国内:最高5,000万円(自動付帯)
ポイント1,000円⇒1P(永久不滅ポイント)
マイルANA:0.3% JAL:0.25%~最大1.125%
  • 年間ショッピング利用額200万円以上で次年度年会費が半額の10,800円に!
  • SAISON MILE CLUBが年会費無料に!1,000円⇒10JALマイルで効率◎
  • プライオリティ・パスが年会費無料で発行可能
  • 安心の超充実した海外・国内旅行保険
  • 利用限度額が大きい!クレヒスを積めば1,000万円も可能
  • 気さくで話しやすい24時間対応のコンシェルジェ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンプラチナビジネス)は年間ショッピング利用額が200万円を超えた場合、次年度年会費が半額の10,800円になる特典があるプラチナカードです。プライオリティ・パスはプレステージ会員が年会費無料に。プラチナカードなだけあって特典や保険の内容がかなり充実していますので、プライオリティ・パス以外のメリットも欲しい方におすすめです。

名前に「ビジネス」と付いていますが個人でも発行が可能です。

JCBプラチナ

JCBプラチナの詳細年会費25,000円
国際ブランドJCB
旅行保険海外/国内:最高1億円(利用付帯)
ポイント1000円=1P(OkiDokiポイント)
マイル還元率ANA/JAL/スカイ:0.03%

JCBのプラチナカード「JCBプラチナ」でもプレステージ会員のプライオリティ・パスを発行可能。プラチナカードの中でも特に年会費が安いため、持っていてもコストになりにくいのが大きな魅力。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナと比べると「家族カードはプライオリティ・パスの無料発行特典がない」というデメリットがありますが、「自分だけがプライオリティ・パスを発行できればいい」という場合は年会費の安いJCBプラチナの方がおすすめです。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナよりも審査基準が少し高く、「25歳以上の安定した収入のある方」が基準となります。年収の制限は公表されていませんが、おそらく年収500万円あたりがボーダーラインとなるでしょう。

アメックスグリーン

アメリカン・エキスプレス・カードの詳細年会費12,000円
国際ブランドAMEX
旅行保険海外/国内:最高5000万円(利用付帯)
ポイント100円=1P(メンバーシップ・リワード)
マイル還元率ANA:0.5%
  • 抜群に信頼度の高いステータスカード
  • 国内外のグルメ・エンタメを優待で楽しめる
  • 緊急時も安心の万全な対応力

T&Eの定番アメックスグリーンではスタンダード会員のプライオリティ・パスを発行することができます。年会費のことを考えても、プライオリティ・パスの無料発行特典だけを見れば楽天プレミアムカードにも劣りますが、支払いでの安全度や緊急時の対応などはアメックスグリーンの方が優秀です。

特に楽天系はサポート面の評判があまりよくありませんので、トラブル時も丁寧にサポートしてもらいたいのであればアメックスグリーンの方が安心できます。

アメックスゴールド

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細年会費29,000円
国際ブランドAMEX
旅行保険海外:最高1億円(利用付帯※) 国内:最高5000万円(利用付帯)
ポイント1000円=1P(メンバーシップリワード)
マイル還元率ANA:0.5%
  • 旅行を快適にする特典の多さNo.1
  • 海外旅行保険は最高1億円まで保障!家族も1000万円まで保障
  • 国内外700ヶ所以上の空港ラウンジを使えるプライオリティパスが年会費無料に

アメックスゴールドでもスタンダード会員のプライオリティ・パスを発行することができます。アメックスグリーンとは違い、同伴者1名も無料で空港ラウンジを利用できますので、夫婦やカップル、友人と海外旅行を楽しみたい人はこちらの方がおすすめです。

また、サポート面もアメックスグリーンよりも充実しています。例えば、海外旅行にケガをした場合アメックスグリーンだと最寄りの病院を紹介してくれるぐらいですが、アメックスゴールドだと救急車や場合によっては手術の手配まで代行してくれます。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細年会費10,000円
国際ブランドAMEX
旅行保険海外/国内:最高5000万円(自動付帯)
ポイント1000円=1.5P(海外1000円=2P)
マイル還元率JAL:0.01%
  • 国内空港ラウンジの無料利用特典
  • プライオリティ・パスが優待割引
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス
  • 本家JALカードよりもJALマイルがザクザク貯まる!
  • 最高5000万円の充実した旅行保険
  • ポイントも無期限でじっくり貯められる
  • 申込から最短3日で発行可能

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードではプレステージ会員に年会費1万円の優待価格で加入することができます。カード本体の年会費と合わせると合計で2万円の年会費になりますが、プライオリティ・パス プレステージ会員の年会費4万円を考えれば2万円もお得です。

また、アメックスグリーンやアメックスゴールドなど本家アメックスカードと違い国内旅行での使い勝手もいいですし、意外とマイル(JALマイル)も貯まりやすいので、年会費から考えてもコスパの高いクレジットカードですよ。

プライオリティ・パスを無料発行できるクレジットカード一覧

カード名年会費プライオリティ・パス会員ランク
楽天プレミアムカード10,000円プレステージ会員
アメリカン・エキスプレス・カード12,000円スタンダード会員
アメリカン・エキスプレス・カードゴールド・カード31,000円スタンダード会員
JCBゴールド ザ・プレミア10,000円~15,000円プレステージ会員
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード20,000円プレステージ会員
MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード20,000円プレステージ会員
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード20,000円プレステージ会員
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード20,000円プレステージ会員
静銀セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード20,000円プレステージ会員
HeartOneプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード20,000円プレステージ会員
“ザ・プラチナ” 出光 セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード20,000円プレステージ会員
JCBプラチナ25,000円プレステージ会員
JCBプラチナ法人30,000円プレステージ会員
セディナプラチナカード30,000円プレステージ会員
エポスプラチナカード30,000円プレステージ会員
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ31,000円プレステージ会員
三井住友カード プラチナ50,000円プレステージ会員
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners50,000円プレステージ会員
道銀VISAプラチナカード50,000円プレステージ会員
しんきん VISA プラチナカード50,000円プレステージ会員
むさしのVISAビジネスプラチナカード50,000円プレステージ会員
北陸Visaプラチナカード50,000円プレステージ会員
中部しんきんVISAプラチナカード50,000円プレステージ会員
福岡銀行プラチナカード50,000円プレステージ会員
※:全て税抜き表記

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました