1秒で海外旅行保険を確認できる!クレカ付帯保険チェッカーを使ってみた

1秒で海外旅行保険を確認できる!クレカ付帯保険チェッカーを使ってみた
クレカ付帯保険チェッカーは、スマホでクレジットカードを撮影するだけで付帯されている海外旅行保険が分かる便利アプリです。

旅行&クレジットカード好きとしては「お!面白そうなものが出たな」と気になったので、ちょっと使ってみました。

アプリをインストール

まずはApp Storeでインストールします(Android版は事前登録のみ)。調べるときはjustInCase」と調べると出てきます。「クレカ付帯保険チェッカー」と調べて出てこないのは、正式にはjustInCaseというアプリの機能の一つとしてクレカ付帯保険チェッカーがあるからです。

justInCaseのインストール画面

上画像がお目当ての「justInCase」です。下にも同じ名前のアプリがあるので間違えないように。

justInCase初期画面

アプリを開くと「Facebookで登録」か「メールアドレスで登録」のどちらかを選べます。登録すると初期パスワードが送られてきますので、そのパスワードを入力するとログインすることができます。

クレカを撮影して海外旅行保険をチェック

justInCase
今回は楽天カードを使用して付帯されている海外旅行保険をチェックしてみました。

justInCaseでクレジットカードを撮影
このような感じで枠内にクレジットカードを写すだけでOK。

カードの候補
認識されるといくつかのカードの候補が表示されます。今回は楽天カードを撮影したので「楽天カード」を選択。

楽天カードの海外旅行保険の結果
正しい楽天カードの海外旅行保険が表示されていますね。付帯条件も「利用付帯」としっかり記載されています。

また、海外旅行保険以外にも国内旅行保険や航空機遅延などの保険、緊急連絡先なども表示してもらえます

旅井
一度撮影しておけばマイページにリストで登録されますので、いつでも保険内容や緊急連絡先が確認できて便利です。

不正利用が心配な場合は候補から選択も可能

アプリにクレジットカードの情報を撮影するのに抵抗のある人も多いかと思います。その場合は、あらかじめ用意されているタブから選択することも可能です。

候補から選択
全てのクレジットカードが登録されているわけではないので候補に掲載されていない可能性もあります。

クレジットカードの候補
まだまだ機能が搭載されて日が浅いため仕方がありませんが、20枚~30枚ほどしか候補がありません。掲載されているのは三井住友カードやANAカード、楽天カードなど知名度の高いクレジットカードが中心。

旅井
もう少しマイナーなカードまで網羅できれば、このアプリだけで海外旅行保険の管理が完結できて便利そうです。
タイトルとURLをコピーしました