三井住友VISAデビュープラスとクラシックカードAの違いは何?どちらがお得か比較してみた

三井住友VISAデビュープラスとクラシックカードAの違いは何?どちらがお得か比較してみた三井住友VISAカードの中でも特に人気度の高い三井住友VISAデビュープラスカード三井住友VISAクラシックカードA

前者は大学生や専門学生、新社会人など初めてクレジットカードを持つ人から人気ですし、後者は海外旅行保険に特化しているため海外旅行を機に発行する人が多いカードです。

では、「初めて海外旅行へ行く学生」や「卒業旅行を機にクレジットカードを初めて発行する人」にとってはどちらのクレジットカードがおすすめなのか?気になりますよね。

そこで今回は、三井住友VISAデビュープラスカードと三井住友VISAクラシックカードAどちらがおすすめなのか「旅行中のメリット」と「普段使いのメリット」2つに分けてご紹介していきたいと思います。

【合わせて読みたい】

三井住友VISAカードの一般カードには三井住友VISAクラシックカードAと三井住友VISAクラシックカードの2種類があります。どちらも見た目はほぼ同じですし、名前も一文字...

三井住友VISAデビュープラスカードとクラシックカードAの比較表

カード名三井住友VISAデビュープラスカード券面三井住友VISAデビュープラスカード三井住友VISAクラシックカードA券面三井住友VISAクラシックカードA
申込条件満18歳~25歳の方満18歳以上の方
年会費無料(※)1,500円
国際ブランドVISAVISA/MasterCard
家族カード無料(※1)
ETCカード500円(※2)500円(※2)
学生カード
ポイント還元率1.00%
(1,000円=2P)
0.50%
(1,000円=1P)
電子マネーiD(カード型)、iD(携帯)、PiTaPa、WAON、Visaのタッチ決済iD(一体型)、iD(カード型)、iD(携帯)、PiTaPa、WAON、Visaのタッチ決済、MasterCard Contactless
Apple Pay
海外旅行保険傷害死亡・後遺障害2,000万円
傷害治療費用100万円
疾病治療費用100万円
賠償責任2,500万円
救援者費用100万円
携行品損害20万円
(3,000円は自己負担)
付帯条件自動付帯
※:前年1回以上のご利用条件。利用が無い場合1,250円+税
※1:2枚目以降は550円+税。本会員が学生の場合は125円+税
※2:初年度無料。年1回定の利用で次年度年会費も無料

デビュープラスとクラシックカードAを比較すると上記のとおり。

デビュープラスは若年層向けのクレカであるため、申し込めるのは25歳までとなっています。ポイント還元率も優遇されており、常にクラシックカードAの2倍多く貯めることができます。ゴールドカードになってもポイント還元率はクラシックカードAと同じであるため、実は三井住友カードの中で一番ポイントを貯めやすいのがデビュープラスです。

一方、クラシックカードAは海外旅行に特化しており、海外旅行保険が付帯されています。海外旅行保険が付帯されていれば、わざわざ旅行前に保険会社の提供する海外旅行保険に加入する手間が省けますし、保険料の節約にも繋がります。

国内で使う分に関してはクラシックカードAに特に大きなメリットはありませんので、デビュープラスに申込める年齢の場合はデビュープラスを発行しておいた方がお得になりやすいです。

【こんな感じで選べばOK!】

  • デビュープラス ⇒ 特に理由がなければこっち
  • クラシックカードA ⇒ 年齢が26歳以上。海外旅行の予定がある

【各カードの申込はこちらから】

申込できる年齢・審査の難しさを比較

デビュープラス:満18歳~25歳の方
クラシックカードA:満18歳以上の方

各カードの申込条件は上記の通り。デビュープラスは満18歳~25歳なら申し込みが可能です。26歳以上の方は必然的にクラシックカードAが選択肢となります。

未成年の場合はどちらのカードも親権者の同意が必要です。申込後に親権者(一般的には両親)の連絡先に確認の電話が入りますので、それを受け取れば同意があったとみなされます。電話に出られない場合は審査不合格になってしまいますので、必ず事前に「電話が来るかも」と伝えておきましょう。

審査難易度に関してはクラシックカードAの方が厳しめ。デビュープラスは収入の少ない学生や新社会人をターゲットとしているため審査基準も低いのに対し、クラシックカードAは18歳以上全員をターゲットしていますからね。

もし「大学生だけど海外旅行に行くからクラシックカードAを発行したい」という場合は、クラシックカードAの学生カードを申し込むといいでしょう。学生カードは利用限度額を制限することで大学生や専門学生といった収入の少ない人でも持てるようにしたクレジットカードです。

ポイント還元率を比較

ポイントが貯まりやすいのはデビュープラス

デビュープラス:ポイント還元率1.0%
クラシックカードA:ポイント還元率0.5%

デビュープラスはクラシックカードAの2倍ポイントが貯まりやすいように設計されています。クラシックカードAであれば1,000円利用ごとにワールドプレゼントポイント(三井住友カードで貯まるポイントの名称)が1ポイント貯まるのに対し、デビュープラスは2ポイント貯まります。

ワールドプレゼントポイントは1ポイント=5円相当の他社電子マネーやキャッシュバック、商品などと交換することができるため、ポイント還元率はそれぞれ『デビュープラス:1.0%(1,000円=2P=10円相当の還元)』『クラシックカードA:0.5%(1,000円=1P=5円相当の還元)』となるわけです。

ポイントアップ店を利用してもデビュープラスの方がお得

三井住友カードは特定のお店で使うともらえるポイントがアップする特典が付いています。具体的にはセブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニやマクドナルドなどが対象店に入るのですが、ポイントアップ率自体はどちらのカードも変わりませんので、もともとのポイント還元率が高いデビュープラスの方が常にお得になります。

また、「クラシックカードA限定のポイントアップ!」といったキャンペーンも基本的にはありません(私は三井住友カードを使って5年以上経ちますが見かけたことがありません)ので、ポイントをたくさん貯めたいならデビュープラスで間違いなしです。

電子マネーを比較

クラシックカードAならiD一体型を発行可能

iD三井住友カードは電子マネーのiDを使うことができます。デビュープラスではSuicaのような『カード型』とスマホのアプリで使える『携帯型』の2種類のiDを使うことができますが、クラシックカードAならさらにカード自体にiD機能が搭載された『一体型』も選ぶことができます

コンビニなどで支払う際に「iDで」と店員さんに伝え、専用の機械にクラシックカードAをかざすだけで支払いが完了するため、キャッシュレスな生活を手に入れることができます。もちろんサインや暗証番号などは一切必要ありません。

旅井
私はわざわざクレカを取り出すのが面倒なのでスマホを使って支払うのが好きなのですが、スマホにカード情報を登録したくない場合やお財布の中に余分なカードを増やしたくない場合は一体型のiDが便利に感じるでしょう。

ポイントの貯まりやすさやApple Payへの対応などに違いはなし

iD一体型が発行できること以外に関しては違いはありません。使えるお店の数は同じですし、ポイントアップの倍率も同じ、Apple PayやGoogle Payなどスマホへの登録も全て同じです。

純粋に『iD一体型は必要かどうか』という部分だけで判断して大丈夫です。

海外旅行での使用感を比較

海外旅行で必須の『クレジットカード』。クラシックカードAは海外旅行に特化している分、この項目では圧勝となります。詳しく見ていきましょう。

海外旅行保険はクラシックカードAの方が充実

三井住友VISAデビュープラスカード券面三井住友VISAデビュープラスカード三井住友VISAクラシックカードA券面三井住友VISAクラシックカードA
傷害死亡・後遺障害2,000万円
傷害治療費用100万円
疾病治療費用100万円
賠償責任2,500万円
救援者費用100万円
携行品損害20万円
(3,000円は自己負担)
付帯条件自動付帯

海外旅行保険はクラシックカードAのみ付帯されています。一番利用頻度の高い『傷害治療費用(ケガの治療費を補償)』『疾病治療費用(病気の治療費を補償)』がそれぞれ100万円付帯されているため、医療費の安いアジア圏を旅行する場合は、クラシックカードAの海外旅行保険でカバーできる可能性が高いです。

保険会社が提供する海外旅行保険へ加入する手間を省けるメリット、保険料を節約できるメリットなどもあります。

付帯条件は自動付帯なので、クラシックカードAを持っているだけでOK。事前に申請する必要はなく、ケガや病気になっときにサポートデスクに連絡し、指定された病院で診察・治療を行えば補償の対象となります。

普段元気な人も海外旅行では思わぬケガ・病気に出くわしますので、海外旅行保険が付帯されていないデビュープラスを使う場合は、必ず保険会社の海外旅行保険に別途加入しておきましょう。

国際ブランドはクラシックカードAの方が選択肢が広い

デビュープラスはVISAしか選べませんが、クラシックカードAはVISAとMasterCardの好きな方を選ぶことができます。

さらに、デュアル発行と呼ばれるサービスを利用することでVISAとMasterCardを両方発行することも可能です。しかも、2枚目の年会費は割引価格となるため、少ないコストで保有することができます。

旅井
別のカード会社でVISA(またはMasterCard)を発行しようとすると、短期間の多重申込とみなされて審査落ちしてしまうリスクがあったり、海外旅行中の明細がバラバラになって管理が面倒になるデメリットがあるため、デュアル発行はかなり便利ですよ。

VISAは世界シェアNo.1であるため、基本的には世界中どこのお店でも問題なく使用できるのですが、稀に磁気不良などのエラーによってクレカが使えなくなることがありますので、2枚用意しておくと安心して旅行を楽しむことができます。

コンタクトレス決済もクラシックカードAの方が選択肢が広い

コンタクトレス決済は電子マネーと似たような決済方法のことで、デビュープラスではVisaのタッチ決済、クラシックカードAではVisaのタッチ決済(VISAを発行した場合)とMasterCard Contactless(MasterCardを発行した場合)の2種類を使うことができます。

コンタクトレス決済は海外で普及しているため、コンタクトレス決済があることでカードをかざすだけで支払いを終わらせることができます。サインを書いたり暗証番号を入力する手間を省けるだけではなく、店員にカードを渡す必要がなくなるのでスキミング防止にも役立ちます。

また、MasterCard ContactlessであればApple Pay経由で利用することもできますので、カードを財布から出す必要すらありません。

まとめ

以上をまとめると

  • 普段使いのお得さで選ぶならデビュープラス
  • 年齢26歳以上、海外旅行で使うならクラシックカードA

となります。デビュープラスとクラシックカードAは明確に特徴が分かれていますので、利用目的にあわせて選ぶと間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました