海外旅行中クレジットカードはどこに入れる?定番で安全な持ち歩き方

海外旅行中クレジットカードはどこに入れる?定番で安全な持ち歩き方

クレジットカードは海外旅行中の支払いに活躍してくれるため、パスポートと同じぐらい重要なアイテムだと言えます。

しかし、最も盗難にあいやすいアイテムの1つでもあり、持ち運びには細心の注意が必要です。

このページでは、最も安全にクレジットカードを持ち歩ける方法や具体的にどこに入れておくべきか?などを解説していきます。

定番のクレジットカードを入れる場所

1.財布の中

一番イメージしやすいのが財布

ただ、日本国内で使うような感じではありません。

まず、海外旅行では財布を2つ~3つ用意します。そして、各財布に1枚ずつクレジットカードを入れておきます。

複数の財布に1枚ずつクレジットカードを入れておく理由は、スリや置き引きなどの盗難に備えるためです。

海外は日本よりもスリや置き引きが頻繁に起きます。パリのようにスリが頻繁に起こる都市では、小さな子供でさえスリ集団として旅行者を襲うケースがあります。

相手はスリのプロです。狙われてしまうとこちらが負ける可能性の方が高いわけですから、財布を複数に分けておくことで、万が一1つを盗られたとしても旅行を続けることができます。

海外旅行の財布の分け方は『メイン財布』『サブ財布』『保管用財布』の3つが基本です。

メイン財布は高額紙幣(米ドルなら100ドル札)やパスポートなどを入れておく財布のこと。この中にカード払いのメインカードとして使うクレジットカードを一緒に入れておきましょう。

国際ブランドであれば、VISAかMasterCardが妥当です。

サブ財布は小額紙幣や小銭を入れておく財布。小銭入れの場合はカードを入れる場所がないため除きますが、普通の折り畳み財布を使っているのであれば、こちらにも入れておくと1枚紛失したときも安心です。

国際ブランドでいうとJCBやアメリカン・エキスプレスなど、旅行特典目的で使用するサブカードを入れておくといいでしょう。

保管用財布は、スーツケースの中に入れておく財布です。観光中に盗難・紛失で所持金やクレジットカードを失くしたとき用に置いておきます。

後ほど詳しく紹介しますが、キャッシング用のクレジットカードを入れておくといいでしょう。

2.ウエストポーチやカバンの中

財布をそのままポケットに入れておくこともできますが(女性は入れないと思いますが)、ウエストポーチやカバンの中に入れておくとさらに安全です。

単純に盗むまでの手順が多くなりますからね。

特にウエストポーチであれば、自分の前に持ってくることで常に視界の中に入れることができますし、支払いのタイミングが来てもスムーズにカードを取り出すことができるため、安全性と実用性のバランスが取れていておすすめです。

3.スーツケースの中

財布を3つほどに分けた場合、1つはスーツケースの中に入れておきましょう。ホテルの客室内においておけば、万が一観光中に財布を無くしてしまったとしても、ホテルに戻れば旅行を続けることができます。

スーツケースの中に入れておくクレジットカードのおすすめは、キャッシング用に使うクレジットカードです。

キャッシングは現金さえ用意してしまえば役割を終えますよね?おそらく、多くの人は初日の空港や街中のATMで現金を引き出すために使うはずですので、スーツケースの中に入れておいても問題ないかと思います。

使わないクレジットカードを持って街中をうろうろするメリットもありませんから、緊急用として保管しておきましょう。

4.靴下や靴の中

「どうしても心配」「盗難は自己責任だから完璧に対策したい」という旅行者の中には、靴下や靴底の下など他人にほぼ間違いなく触られない場所に忍ばせておく人もいます。

抵抗がないのであれば、ここまで完璧に対策をしておくといいのですが、「さすがにちょっと…笑」という場合は上記1~3の対策から取り組んでみましょう。

海外旅行中にクレジットカードを入れておく財布の選び方

おそらく多くの人が財布の中にクレジットカードを入れておくと思います。

海外旅行では海外旅行用の財布を用意するのが一般的ですので、簡単に選び方をご紹介しておきます。

ポイント1.チェーンや紐が付いている

チェーンや紐の付いた財布であればベルトやバッグに結び付けておくことができますので、必然的に盗難のリスクが減ります。

ポイント2.ブランド物の財布ではない

高価なブランド物の財布は、お金持ちであることをアピールしているようなもの。

無駄なリスクを回避するためにも、ノーブランドの財布や海外旅行用の財布を販売しているブランドのものを選びましょう。

これらは見た目が派手ではないため、一般的な住民としてのカモフラージュにも役立ちます。

ポイント3.長財布ではない

普段の生活では長財布を使っている人も、旅行中は二つ折りの財布を使うように。

二つ折り財布の方がコンパクトに収納できますから、バッグやウエストポーチなどの中で開くことができ、お会計の際により安全に現金(またはクレジットカード)を取り出すことができます。

ポイント4.スキミング防止の財布である

スキミングは財布の上からでもカード情報を抜き取ることが可能です。そのため、スキミング防止の財布を使うとより安心して旅行を楽しむことができます。

スキミング防止の財布はGoogleやAmazon、楽天市場などで調べるとすぐに出てきますので、口コミで評判のよいものを買っておけばとりあえず安心。

あまり優劣が付くものではありません(口コミで「全く意味がない」といったコメントが多いものは除く)ので、見た目の好みで選んでも問題ありません。

まとめ

長くなったのでまとめると、

  • クレジットカードはメイン財布とサブ財布、保管用財布の中にそれぞれ1枚ずつ入れておく
  • 財布はチェーンや紐付きの二つ折りで、スキミング防止のものを選ぶ
  • クレジットカードを入れた財布はウエストポーチやカバンの中に入れて持ち運ぶ

が、海外旅行でクレジットカードを安全に持ち歩くためのポイントとなります。

普段の生活とは違った準備が必要となるため戸惑う部分も多いかと思いますが、一つひとつのポイントを丁寧に抑えていきましょう。

また、旅行準備の段階で気を付けることはカードの持ち運びだけではありません。安全にクレジットカードを使えるように、以下のページも参考にしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました