旅行に強いクレジットカード > クレジットカードの海外旅行保険について > 海外旅行保険の家族特約が付いているおすすめクレジットカード

海外旅行保険の家族特約が付いているおすすめクレジットカード

海外旅行保険の家族特約が付いているおすすめクレジットカード家族特約はゴールドカード以上のクレジットカードに付帯されているのが一般的。カードによって補償範囲は微妙に違いますが、家族カードを持たない配偶者や親、19歳未満の子供も海外旅行保険の対象にすることができるため、海外旅行での安心度をグッと高めることができます。

当ページでは、海外旅行保険の家族特約が付いているおすすめクレジットカードをご紹介します。

関連記事クレジットカードの海外旅行保険は子供や配偶者も適用される?家族カードや家族特約について解説


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細年会費29,000円
国際ブランドAMEX
旅行保険海外:最高1億円(利用付帯※) 国内:最高5000万円(利用付帯)
入院・通院300万円(※1)
マイル還元率ANA:0.5%
  • 旅行を快適にする特典の多さNo.1
  • 海外旅行保険は最高1億円まで保障!家族も1000万円まで保障
  • 国内外700ヶ所以上の空港ラウンジを使えるプライオリティパスが年会費無料に

海外に強い特典が満載のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(通称:アメックスゴールドカード)では、家族特約によって『配偶者や生計を共にする親族の方まで』保険を適用してもらうことができます。利用付帯の場合は傷害・疾病治療補償が300万円補償、自動付帯なら傷害・疾病治療補償が200万円補償と、使い方によって補償額が変動します。

また、アメックスゴールドカードはの魅力は家族特約だけではなく「手荷物無料配送サービス」「オーバーシーズ・アシスト(現地情報の提供や緊急時の日本語サポート)」「プライオリティパス無料発行(世界中の空港ラウンジが使える)」など、旅行を快適にしてくれるサービスがとにかく多いこと。特に緊急時のサポートは全てのクレジットカードの中でも最高水準であり、最寄の病院紹介だけはなく『救急車の手配』『手術の手配』など他のクレジットカードではサポートしてもらえない部分までサポートしてもらうことができます。

さらに、プライオリティパスを使えば世界中の空港ラウンジを利用することができますので、長い飛行機の待ち時間も家族みんなで静かにゆっくりとソファーに座りながら待つことができます。ラウンジ内の飲食は全て無料。家族みんなでワンランク上の海外旅行ができる1枚です。

昔は審査も厳しかったのですが、現在は25歳以上で年収300万円を超えていれば審査に通るぐらい簡単に手に入るカードとなっているので狙い目です。

※:5000万円までは自動付帯
※1:自動付帯は200万円まで

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードの詳細年会費10,000円 初年度年会費無料
国際ブランドVISA
旅行保険海外/国内:最高5000万円(利用付帯※)
入院・通院300万円
マイル還元率ANA:0.3%
  • インターネット入会で初年度年会費無料!
  • 国内主要ラウンジを無料で利用可能
  • 家族特約で家族も旅行保険の対象に(※1)

三井住友VISAゴールドカードは、家族も含めて傷害・疾病治療補償が自動付帯で補償してもらうことができます。VISAブランドなので世界中どこでも使用することができ、使い勝手で言えばアメックスゴールドカードよりも上です。

緊急時の日本語サポートをしてくれるデスクはありますが、救急車の手配ぐらいまでのサポートしかしてくれませんので、「緊急時にはきっちりとサポートしてもらいたい」という場合はアメックスゴールドカードの方がおすすめ。

一方、「年会費は安いほうがいい」「国内でも普段使いしやすい方がいい」「補償額がしっかりとしていればいい」という方は、三井住友VISAゴールドカードがおすすめです。

※:1000万円までは自動付帯
※1:対象となる家族の範囲は本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族、本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子

JCBゴールドカード

JCBゴールドカードの詳細年会費10,000円 初年度年会費無料
国際ブランドJCB
旅行保険海外:最高1億円(利用付帯※) 国内:最高5000万円(自動付帯)
入院・通院300万円
マイル還元率JAL/ANA:0.3%
  • ハワイやグアム、アジア圏での使い勝手抜群
  • 国内主要ラウンジとハワイ・ホノルル空港ラウンジを無料で利用可能
  • ショッピングガード保険が500万円と高額補償

国内唯一の国際ブランド『JCB』のゴールドカード。「JCBカードは海外ではほとんど使えない」と言われていますが、ハワイやグアム、中国や韓国などのアジア圏のように日本人が頻繁に訪れる地域では使い勝手抜群ですので、VISAやMasterと同じように使用することができます。むしろ、JCB優待のお店が多くなりますので、他のクレジットカードよりもお得になります。

家族特約では傷害・疾病治療補償が200万円自動付帯してもらえます。ただし、条件は『本会員様と生計をともにするご家族で満19歳未満のお子様』となっていますので、親や配偶者は適用外となります。なので、家族カードを発行するか、別途保険会社の海外旅行保険に加入しておきましょう。

ショッピングガード保険が500万円補償というのは他のゴールドカードと比べても充実している(普通は200万円~300万円)ポイントなので、この点はJCBゴールドカードの魅力です。

※:5000万円までは自動付帯
※1:対象となる家族の範囲は本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族、本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。